親を探そうは、子どもの監護法や責任問題、共同親権と共同養育の重要性に対する認識の高まりに関連する、長期的で世界的な変化に焦点を当てています。 コラボレーションによって、統一された力としてこの大規模な目標を達成し、組織が単独で行うことは不可能である必要とされている変化を生み出せると信じています。

私たちは国際的な非営利団体であり、ローカルリソース、ソートリーダーシップやサポートなどを提供し支援することで、複数の国にいるパートナーと協力することが可能となります。

30か国以上で影響を受けた人々のためのリソース

30か国以上をカバーするデータ

30か国以上で簡単に利用可能

企業パートナーシップ

私たちは、子どもの権利を守るという私たちのビジョンを共有できる企業との提携を目指しています。 焦点を絞ったパートナーシップを通じ、私たちは物語を変えられる革新的なコラボレーションをすることができ、そして、監護権の問題と共同親権および共同養育の大きな変化を世界中に広めることができます。 これらの機会のいくつかは次のとおりです。

子どもの権利に関する政策の変更に影響を与えることを目的とし共有されるアドボカシーの目標について、企業統治および総務チームと協力します。 共有される重点的なコミュニケーション戦略を介し、拡大するため共に取り組む。

プロボノプロジェクトおよび/または、私たちの目的を支援する1日限りのボランティアによる、国際的および地方レベルの従業員の関与

会社の慈善活動と従業員の寄付プログラムを通じてメッセージを拡大する

私たちのメッセージを拡大し、変化を起こすことに焦点を当てた共同設計キャンペーン

非営利パートナーシップ

私たちは、既定の共同親権法と共同養育法の、先見の明のある政策変更提案を作成する目的で共に集まります。 直接影響を受けた子どもたちや、現在は大人になっている子どもたちの個人的な経験に基づいています。 私たちは、親が不承不承ではないときに、両方の親と面会できる子どもの権利を守ることに焦点を当てた、国際的に拠点を置くNGOの包括的な組織/同盟として努めます。 この立場により、大規模な主導権に集団的な支援と影響をもたらしながら、リソースとメッセージの効率を高めることができます。

fmp-japan-olympics-campaign-parental-alienation-child-trafficking-2020-1

毎年20万人の日本人の子供たちがお母さんやお父さんを奪いました!

日本の子供たちは国の単一監護法の代償を払い、親の愛を逃します。