世界中の人に力を与える

AIテクノロジーを通じて、家族を見つけ再会するための
セルフサービスツールとして。

今現在日本に毎時一人子供が実子誘拐拉致の被害に会ってます

親を探そうは、人々が家族を探し、再会するためのシンプルでありながら効果的かつ安全な方法を編み出しました。

ステップ

安全で機密性の高いウェブサイトにて、本人およびその家族の情報を入力します。

ステップ 2

情報を送信すると、当社のウェブサイトが、入力されたすべての情報をもとに一致するものを探します。

ステップ 3

情報の一致する家族が見つかると、私たちのチームが情報の正確さを再検証した上で、家族を再会させるための道を開きます。

私たちは、親による実子誘拐拉致を子どもたちが経験する必要はないと信じています。

ひとり親家庭で、両親の1人に誘拐拉致された子どもたちは、多くの社会的および心理的問題に苦しんでいます。 これらの子供たちは、感情的、肉体的、性的虐待を受ける可能性が高いです。 そして、こうした親と子は貧困に苦しむ可能性がはるかに高く、質の高い教育や医療サービスなどが遠い存在となっています。 調査によると、実の親による誘拐拉致に苦しんでいる子どもや過去に被害にあった方は、もう一方の親の家族との接触、文化全体、言語、自己認識、歴史の感覚などの、アイデンティティの半分を奪われて心理的な問題や世代間のトラウマを経験します。

0
世界的に影響を受けた子どもたちの数

親を探そうは、誘拐、児童虐待、親による子どもの誘拐、人身売買などの問題についての認識を、世界的に高めることに取り組んでいます。

現在、データベースは英語、スペイン語、デンマーク語、日本語のみですが、私たちのチームは、ウェブサイトとデータベースを、最も一般的に話されている20の言語に翻訳し、利用できるようにすることで、世界中からの利用を可能にできるよう取り組んでいます。 私たちは世界中のパートナー達と協力して、効果的なシステムの変更を提唱し、行方不明の子供たち全員ができるだけ早く家族と再会できるように努力しています。

当社の創立者について

創立者兼CEOのエンリケ・グティエレスは、子どもとその親が離れ離れになることの辛さを知っています。 日本で離婚した結果、エンリケは美しい娘のメリーンから合法的に引き離されてしまいました。 単独親権法と面会権の執行がないため、エンリケは過去2年間、娘に会えず、元妻からの連絡もありません。 さらに悪いことに、メリーンにはエンリケを探す方法がありません。 エンリケは、彼の娘が彼を探し、連絡できる手段を持っているべきであることに気づき、親を探そうを設立しました。

エンリケに起こったことは珍しい話ではありません。 日本だけでも300万件以上の事例があります。 子どもとその親は、米国やメキシコなどの国境で日常的に離れ離れになっており、彼らが再びお互いを見つける方法はありません。 さらに、一方の親が国外へと子供を連れて行き、意図的にもう一方の親から子どもを引き離すと、違法な実子の誘拐が発生します。

私たちの知識ベース

親の疎外と誘拐で必要なすべての疑問、質問、サポートを支援するために作成され、キュレーションされています。

Семейные похищения: что мы узнали

Семейное похищение определяется как похищение, удержание или сокрытие ребенка младше 18 лет одним из родителей, другим лицом, имеющим семейные отношения с ребенком, или его или ее агентом в нарушение прав опеки, включая право посещения родителем или законным опекуном. В период с 2008 по 2017 год Национальный центр пропавших без вести и эксплуатируемых детей® (NCMEC) принял 16 264 ребенка, похитители которых были причастны к семейным похищениям в 11 761 человек. Дети и похитители были проанализированы на предмет демографических данных, а также информации о пропавших и выздоровлении. В этом отчете также представлена информация, касающаяся продолжительности пропуска, а также количества времени, необходимого для получения государственного ордера или помещения ребенка в Национальный центр информации о преступности (NCIC). В большинстве случаев речь идет о детях, которые были похищены биологическим родителем. (89,9%). Семейные похищения чаще происходят, когда ребенок (дети) моложе, а похищение чаще всего происходит летом. Средний возраст детей, похищенных членами семьи, скорее всего, составлял 5 лет. Почти треть (32,2%) этих детей были похищены в летние месяцы (июнь, июль, август). В последнее десятилетие наблюдается общее сокращение периода времени, в течение которого ребенок разлучен со своим опекуном родителем / опекуном, когда он похищен членом семьи. В делах с международным компонентом продолжительность пропуска была больше, чем в делах внутри страны. но продолжительность обоих сокращалась. Этот отчет обнаружил значительную корреляцию между временем, которое потребовалось для выдачи государственного ордера, и отсутствием срока пребывания ребенка.

続きを読む "

Produktion und aktiver Handel von Bildern zur sexuellen Ausbeutung von Kindern, die identifizierte Opfer darstellen

Das Nationale Zentrum für vermisste und ausgebeutete Kinder (NCMEC) hat Zugang zu eindeutigen Daten über Bilder zur Ausbeutung von Kindern, insbesondere von Bildern, an denen identifizierte Opfer und Täter beteiligt sind, und die von mehreren Strafverfolgungsbehörden gemeldet wurden. Durch die Zusammenarbeit von NCMEC und mit finanzieller Unterstützung von Thorn konnten wir Daten aus NCMEC-Datenbanken extrahieren, um mehrere Forschungsfragen zu beantworten. Das Hauptziel dieses Projekts war die Entwicklung von Wissen zur Unterstützung der Strafverfolgung bei der Identifizierung von Opfern sexuellen Kindesmissbrauchs Material und Interventionen zur Verhinderung der sexuellen Ausbeutung und des sexuellen Missbrauchs von Kindern. In dieser Studie, der ersten ihrer Art, konnten wir Daten aus zwei verschiedenen Datensätzen analysieren: (1) Ein historischer Datensatz, der alle aktiv gehandelten Fälle umfasste, an denen identifizierte Opfer ab dem 1. Juli beteiligt waren , 2002 bis 30. Juni 2014 (518 Fälle mit 933 Opfern); (2) ein moderner Datensatz, der alle Fälle umfasst, an denen identifizierte Opfer vom 1. Juli 2011 bis zum 30. Juni 2014 beteiligt waren (1.965 Fälle, an denen ein Täter und ein Opfer beteiligt waren, und 633 Fälle, an denen mehrere Täter und / oder Opfer beteiligt waren; nur eine kleine Minderheit davon Fälle wurden aktiv gehandelt). Der historische Satz ermöglichte es uns, Trends im Zeitverlauf zu untersuchen, während der moderne Datensatz aufgrund eines umfassenderen Formulars zur Einreichung von Strafverfolgungsbehörden, das 2011 implementiert wurde, mehr Informationen enthielt.

続きを読む "

児 童 虐待 ~ 連鎖 の 軛 第 4 部 (1) 目 黒 5 歳 児 死亡 見 逃 さ れ た 母 の DV 被害

平 成 30 年 、 東京 都 目 黒 区 で 長女 の 船 戸 結 愛 (ゆ あ) ち ゃ ん = 当時 (5) = を 死 な せ た と し て 保護 責任 者 遺棄 致死 罪 に 問 問 わ れ事件 で は 「お ね が い ゆ る し て」 と 記 さ れ た 結 愛 ち ゃ ん の ノ ー ト が 見 つ か り 、 「母親 の に 子 子 供 を 守 ら な か っ っ た」

続きを読む "

부모의 소외-미친 문제

Ben Burgess, MA는 Western Michigan University에서 심리학 학위를 받았으며 현재 Fountain Hill Center for Counseling and Consultation에서 심리학을 실천하고 있습니다. 2006 년부터 그의 주요 초점은 분쟁이 심한 이혼 및 별거를 겪고있는 개인 및 가족에게 서비스를 제공하는 것입니다. 개인 및 가족 상담 외에도 Ben은 개인, 가족 및 법원이 정보에 입각 한 결정을 내리는 데 도움이되는 양육권 및 양육 시간 평가 및 양육 능력 평가와 같은 포괄적 인 평가를 제공합니다. 심리 테스트를 포함한 다양한 도구를 통해 그는 사람들이 자신의 감정적 환경을 더 잘 이해하고 장애물을 협상하기위한 전략을 식별하도록 돕습니다.

続きを読む "

あなたはダブルポッドキャストです

当社のパートナー

Our goal is to empower individuals around the world through AI technology as a tool to find and reconnect with their families.

By using our site, you agree to our privacy policy and terms.
© 2021 | 740 JARVIS DR. MH, CA 95037 | FIND MY PARENT, Inc., a CA PUBLIC CHARITY, C4616619.