中国每年有多少孩子被拐卖?

有时,只一瞬间没回头,生命中的最重要就消失不见。 这是电影《亲爱的》中一句最经典的台词,看完整个电影,就会明白失去孩子的父母有多无助,拐卖孩子的人贩子有多可恨。 5月31日,山西阳泉市中级人民法院对被告人王某等12人拐卖儿童、收买被拐卖的儿童一案进行了一审公开宣判,被告人王某、刘某判处死刑,二人系母女关系。 经当地法院查明,2015年开始,该母女二人及一些家庭成员为谋取非法利益,开始通过各种途径收买数量众多的婴儿,并通过山东籍被告人王某、李某、徐某等人将婴儿送往山东进行贩卖。 此案是近年来山西侦破的最大一起跨省拐卖儿童贩卖案件。 而在不久之前,河南周口,光天化日之下,一年轻妈妈带着4个月大的孩子走在街上,不注意被人迷晕,醒来时孩子已经不见,幸运的是之后孩子被找到…… 而被拐卖后没有找到或者找不到的孩子,不计其数…… 中国每年有多少孩子被拐?至今为止没有权威的数据 被拐卖的孩子都来自哪些途径? 1. 无力生养的父母送养或遗弃。 数据显示,在35850个被父母寻找的孩子中,因父母(亲属)送养导致的失踪有13360人,直接被遗弃的人数也达到了2376人。 因参与拐卖22名儿童案而被判处死刑的谭永志,曾在受审时强调自己是“做好事”。 他在法庭上供述,有工人告诉他,孩子不想要了,让他去打听有没有人要小孩。“我认为我是在办好事,帮助别人解决需要,不算违法。也没有骗、偷孩子,更没有伤害孩子。” 正是由于很多父母会将自己的孩子不合法地送出,甚至是卖出,司法部门一直将“亲子亲卖”作为打击的重点。 需要强调的是,父母(亲属)寻找失踪孩子时,主动承认是自己送养和遗弃,需要一定的勇气。还有相当一部分父母送养、遗弃、甚至卖掉了孩子,但从未坦承过甚至意识到有错。父母(亲属)抛弃孩子的实际情况可能更加严重。 2. 人贩子直接或间接拐卖甚至是抢夺孩子。 不少案例都告诉我们,因为诱人的利益,人贩子会采取意想不到的手段来达到抢夺、拐卖孩子的目的。 有的是当街利用交通工具正大光明地抢…… 有的是趁监护人不注意利用某些物品诱惑孩子,进而拐走孩子…… 有的甚至团伙作案,颠倒黑白,在“数个好心人”的帮助下众目睽睽夺走孩子…… 火车站、市场、学校等场所要特别注意,不要以为自己保护好孩子就可以万无一失,孩子这件事情上,哪怕有1%的概率,都是致命的。 父母找到被拐卖的孩子有多不容易? 就目前的情况来看,一般情况下孩子被拐卖后几乎没有找到的可能,或因找寻时间过长而孩子长大后变了模样后认不出来,或因孩子被人贩子乔装打扮或是将其损害到残疾,真的遇见了,有的父母不敢认甚至是无法接受。 “宝贝回家”上有七万多条寻亲消息,但目前为止实现家人团聚的只有2500多人。 电影《亲爱的》中有这样一句台词:找了这么久,为什么偏偏是你的孩子?我真的找不动了…… 不少家长不顾一切走在寻找亲生骨肉的路上。 儿时曾经听过这样一个故事,一位父亲去外地出差,到达火车站后,一个瘸了腿不会说话的小乞丐死死拽着他的裤腿,不让他离去,任凭这位父亲怎么弄,小乞丐都不愿意松手。 后来经查证,小乞丐是这位父亲失散多年的亲儿子。 […]

フランスの日仏間戦略的パートナーシップ協定に子の拉致や共同親権問題の記載

フランス国会で2021年4月7日登録された日仏間戦略的パートナーシップ協定批准の報告書に、日本人による子の連れ去り、単独親権、面会交流について説明があり、日本国が国際法を遵守しておらず、深刻な違反があった場合はパートナーシップ協定の停止、およびEUと日本の間の他の二国間協定の停止など、適切な措置を行うと明記されています。 No.4049国民議会 1958年10月4日の憲法第15議会  2021年4月7日に国会の議長に登録されました。欧州連合およびその加盟国と日本との間の戦略的パートナーシップ協定の批准を承認する。 以下、該当箇所(page.21-22)の原文と日本語訳(機械翻訳)です。 A. OBJECTIFS DE L’ACCORD ET VALEURS PARTAGÉESDe façon assez classique, l’article 1er de l’accord en énumère les principaux objectifs, parmi lesquels on trouve :– le […]

子どもに会うための共同親権制度では本末転倒

離婚後の親権を共同親権にする制度の検討が進行しているといいます。欧米などでは、共同親権が主流になりつつありますが、日本が共同親権を目指す考え方と、欧米の考え方では異なっているという指摘があります。そのため、日本は、制度をつくる前にもっとやるべきことがあるというのです。 親権とは、親が子どもに対して責任を果たすこと  日本では、夫婦が結婚している間は、父母の共同親権制度となっているのですが、夫婦が離婚すると、どちらか一方の親が子どもの親権をもつ単独親権制度になっています。その趣旨は、子どもの養育に関して、子どもと一緒に暮らして監護している方の親を親権者に指定して、その判断に委ねるということです。  子どもにとっては、一緒に暮らしている親も、離れている親も同じ親なので、その2人が自分のことで対立し続けることは非常にストレスになります。それは、子どもの成長にとって良いことではないからです。  つまり、親権とは、子どもの養育に関してきちんと責任をもつことであり、子どもを不安にさせたり、混乱させたりすることがないように、一緒に暮らす親にその責任を委ねるというのが、単独親権制度なのです。  もともと、そのような親権制度は、フランス民法から取れ入れた制度です。ところが近年では、そのフランスをはじめ、欧米諸国では、離婚後も共同親権制度を取り入れたり、取り入れる議論を行ったりしています。  それは、子どもは親の付属物ではなく、独立した人格であるのだから、それを監護する内容については、両親が離婚したからといって、どちらかの親が恣意的に決めるのではなく、離婚後もふたりが共同責任をとっていくものだ、という考え方が高まっていったからです。  実は、日本でも、離婚する夫婦が子どもに対する責任を感じ、制度上、単独親権にはなるものの、子どもの養育について事前にしっかり話し合い、共同で責任をとっていこうというケースは多くあります。そのような形で離婚する夫婦にとっては、親権制度は、ある意味、関係ないのです。 高葛藤夫婦の問題は共同親権では解決しない  欧米の動きに続いて、日本でも、超党派の議員たちにより、共同親権制度の導入を働きかける動きが出ています。しかし、その理由は、欧米諸国のように、親権を親の責任と考えるからではなく、離婚によって母親の単独親権になり、子どもに会えなくなった父親たちの不満の声を受けてのことのようです。  私は家庭裁判所の調停委員を長くやっていました。そこで目にしたのは、離婚協議がまとまらず家庭裁判所に持ち込まれるようなケースでは、二人の対立は激しく、高葛藤であることが多いということです。とても冷静に話し合える状態ではありません。  そこで、裁判所は、子どものより良い生活を考えて親権者を決定します。父親の場合はフルタイムで働いていることが多いので経済力はあるものの、なんらかのサポートがなければ、子どもにとって良い生活環境は得られないと考えがちです。残業で帰りが遅い父親を待っている間、子どもはひとりぼっちで、食事もできないということにもなりかねないからです。  それに比べ、専業主婦であった母親は実家のサポートを受けられるケースも多く、あくまでも実家のサポートを前提とする限りでは、子どもの生活に合わせてパートタイムで働くこともできることが多いため、母親を親権者にすることが多くなってしまいます。そのため、親権者のおよそ7割が母親になっています。  親権がなくなった父親は、それでも養育費を払うことになります。子どもには、扶養請求権という形で、親権のない父親からも養育費を請求することができるのです。  すると、高葛藤状態であった母親は、父親に対して、養育費は出させても、子どもに会わせないようにしたりすることも生じてきます。  例えば、裁判所が、養育費は月6万円という決定を出したにも関わらず、8万円出さなければ子どもには会わせない、と言ったりします。子どもを、養育費をつり上げる道具にしてしまうのです。  また、子どもに、父親に会いたくないと言え、と言う母親もいます。本当は父親に会いたい、という子どもの気持ちを考えてあげていないのです。  一方、男性は、子どもと接し、成長を見ることで、初めて父親の自覚が生まれるものだと思います。しかし、お金を払っているのだから会わせろ、という言い方はいかがなものでしょうか。子どもはモノではありません。親の付属物でもないのです。  日本人は、子どもを親の付属物のように考える感覚が非常に強いといわれます。だから、母親は、子どもを父親との駆け引きの道具のようにしたり、父親は父親で、母親への嫌がらせから、面会交流後に我が子を殺すという事件を起こしたりもしてしまうのです。  こうしたことは、共同親権という制度を導入しただけで解決するものでは決してありません。離婚後の共同親権の議論をする前に、他にやるべきことがたくさんあるのではないかと思います。 共同親権制度の前に、子どもに対する責任を尽くす仕組みが必要  実は、欧米の共同親権制度も、様々な仕組みの下で成り立っています。そもそも、社会基盤にキリスト教のカソリックがあるフランスなどでは、神に誓った婚姻関係を解消することはできないという概念があります。  そこで、教会や市役所などの第三者が介入し、子どもに対する責任を共同で尽くしていくことを話し合い、それを神やコミューンに誓約することで、初めて離婚が成立します。  この話し合いができないような高葛藤の場合は、問題のある親の親権を剥奪することもあります。例えば、DVや虐待、また、親権の濫用などがあれば、すぐに親権を剥奪する制度があり、そのうえで共同親権があるのです。  先に、日本でも、離婚の際に話し合い、子どもの養育について共同で責任をとっていく夫婦も多いと述べました。そういう両親にとっては制度がどうであれ、実質的には共同親権なのです。  逆に、裁判所に持ち込まれるような高葛藤の離婚の場合は、共同親権制度の欧米でも、例外的に一方の親権が剥奪され、実質的に単独親権になることもあり得るのです。  つまり、いま、日本で起きている議論は、単独親権制度によって親権を失った一方の親が、子どもに会う権利を得るために共同親権にしろといっていることが多いのですが、それは本末転倒なのです。なぜ会えなくなったのか、なぜ会わそうとしないのか。まず、それを冷静に話し合うことが最も必要なのです。  日本では、話し合いがつかず、高葛藤になってから家庭裁判所などの第三者が介入することになりますが、欧米のように、話し合いの段階から父母をサポートする仕組みが必要だと思います。  実は、すでにFPIC(公益社団法人 家庭問題情報センター)という機関があり、そこには、高葛藤の夫婦の調停を行ってきた家庭裁判所の書記官や調査官出身の職員が就いていて、離婚に関わるサポートを行っています。 […]