「実 子 誘拐 ビ ジ ネ ス」の 闇 ハ ー グ 条約 を“殺 し た”人 権 派 弁 護士 た ち | 池 田良子

리소스에 대한 일반 정보 :

그것은 무엇에 관한 것입니까?

人 権 派 弁 護士 が 「実 子 誘拐」を 指南


本年 3 月 24 日 の 参議院 法 務 委員会 で 、 驚 く べ き 事 実 が 報告 さ れ た。

2018 年 5 月 15 日 、 パ リ に お い て 、 外務 省 と 日本 弁 護士 会 が 「国際 結婚 に 伴 う 子 の 親 権 (監護 権) と ハ ー グ 条約 セ ミ ナ ー」を 開 催 い 、 務 子

ハ ー グ 条約 と は 、 正式 に は 「国際 的 な 子 の 奪取 の 民事 上 の 側面 に 関 す る 条約」と 言 い 、 国際 子 実 子 誘拐 問題 の 拐 問題 の 解決 す る た め 、 子 ど 子 誘 子交流 の 実 現 な ど に つ い て 定 め た も の で あ る。 日本 は 2014 年 に 加盟 し て い る。

こ の セ ミ ナ ー に お い て 、 日 弁 連 か ら 派遣 さ れ た 芝 池 俊輝 弁 護士 が 、 フ ラ ン ス 在 住 の 日本人 (主 に 母親) に 対 し 、 ハ ー グ 条約 に つ い て 講演 し た。

芝 池 弁 護士 は 、 国 連 子 ど も の 権 利 委員会 委員 の 大谷 美 紀 子 弁 れ と て。 士 と も に 「国際 人 権 法 実 践 ハ ン ド ブ ッ ク」を 書 く な ど

そ の 人 権 派 弁 護士 が パ リ で 話 し た 内容 が 、 参加 者 に よ り す べ て 録音 さ れ て い た。 そ の 録音 内容 を 聞 く と 、 「ハ ー グ 条約 の 趣 旨 約 の 趣 旨 約 の 趣 旨体 を 話 し 合 い ま し ょ う」와 諭 す 内容 で は ま た く な い。 「い か に ハ ー グ 条約 の 適用 を 受 け ず に 、 日本 に 子 害 の 去 る か の も の 害 す る か ど の も の 権 利 去 る か に 子 害 す る か ど の も の 権 利 去 る か に 子 害 す る か ど る か ず に

た と え ば 、 こ ん な 調子 で あ る。

「皆 さ ん 、 知 り た い の は 、 い ざ 日本 に 帰 っ た 場合 に 、 そ の ま ま 仮 に ハ ー グ 条約 を (盾 に 訴 え を) 起 こ さ れ て も 、 戻 さ な く て 済 む ん じ ゃ な い か と…

「私 、 も う こ れ で 、 全部 返還 拒 否 事由 が 満 た さ れ ま せ ん。 ど れ も ダ メ で し た。 じ ゃ あ 、 仮 に 日本 で 裁判 起 こ さ れ た ら 絶 せ 対 返 絶 せ 対… 、 戻 る な り 戻 ら な い っ て こ と の し て い く 、 と い う の が 日本 の 裁判 所 、 日本 の ハ ー グ の 事件 の 特色 な ん で す。 …… 諦 め る 必要 は あ り ま せ ん」등과 述 べ て い る。

ど う や れ ば 「実 子 誘拐」が で き る の か


45 条 の ハ ー グ 条約 の な か で 、 子 の 返還 拒 否 事由 が 規定 し て あ る の は 2 条 ほ ど で あ る。 そ の こ と か ら 明 ら か な と お り 、 返 主 約 条約 の 特 条約 のあ る 場合 に の み 認 め ら れ る も の だ。 実 子 誘拐 を 防止 す る た め の 条約 な の だ か ら 当 た り 前 で あ る。

に も か か わ ら ず 、 芝 池 弁 護士 は 、 そ の 極 め て 例外 的 な 場合 に し か 認 め ら れ な い は ず の 規定 の 適 の 規定 の 適 の 規定 の 適 の 規定 の 適 の 規定 の 適 の 規定 の 適 の 規定 の 適 の 規定 の 適 の 規定 の 適 の 規定 の 適 受 け る た め に ど う か かて も 仕 方 が な い だ ろ う。

で は 、 ど う や れ ば 「実 子 誘拐」が で き る の か。
以下 、 芝 池 弁 護士 の 説明 を 引用 す る。

「条文 を 簡 単 に 見 て お く と で す ね 、 条文 、 こ こ は 大事 な の で 見 て お き ま し ょ う。 …… 28 条 っ て の が あ り ま す 。28 条 っ て の が 返 こ 還 拒 否 事由 な ん で す ねあ る よ う な こ と が あ れ ば 子 供 を 戻 さ な く て も い で す よ 、 っ て い う 条文 で す」

「그리고,이 28 개 ……… を 見 る と 、“常 居所 地 国 に 子 を 返還 す る こ と に よ っ て 、 子 の 心身 に 害 悪 を 及 ぼ す こ と そ の 他 子 を 耐 え 難 い 状況書 い て ま す よ ね。 …… 이렇게하게 돼서, 別 に お 母 さ ん へ の DV っ て 入 っ て な い わ け で す れ ど も ………与 え る こ と な る 暴力 等 を 受 け る お そ れ”っ て 書 い て あ り ま す。

相 手 方 っ て 、 こ れ お 母 さ ん で す。 皆 さ ん の こ と で す。 相 手 方 で す。 ハ ー グ 条約 を さ れ る 相 手 で す。 連 れ て 帰 る ほ う で す。 相 て の 方 と 後 帰 も が 、 も し フ ラ ン ス の も が人 か ら 、 子 ど も に 影響 が あ る よ う な 暴力 を 受 け る こ と が あ る か ど う か っ て い う こ と が 一 つ の 判断 要素 に な り ま す 、 っ て 書 い て あ る ん で す」

ハ ー グ 条約 の 条文 を 読 ん だ こ と が あ る 人 で あ れ ば 、 こ の 芝 池 弁 護士 の 説明 に 疑問 を 持 つ は 、 遚 で あ る。 な ぜ な ら ば 、 ハ ー グ 条約 は 条約規定 が な い か ら だ。

ハ ー グ 条約 に 日本 が 仕 掛 け た 罠


ハ ー グ 条約 は 、 あ く ま で も 子 ど も の 利益 を 第一 に 考 え る 条約 で あ る。

し た が っ て 、 夫婦 の 関係 は 子 ど も の 返還 の 決定 に 無 関係。 夫婦 の 一方 夫婦 の 一方 が 不 貞 行為 し て い た か ど う か 、 配偶 者 暴力 を し て い た か ど い た かて 共同 養育 に す れ ば 問題 は 解 消 さ れ る の で あ り 、 い ず れ に せ よ 返還 拒 否 事由 に な り 得 さ れ る。 子 ど も に 対 す る 暴力 の み が 考慮 さ れ る。

ハ ー グ 条約 の 第 13 条 の 「返還 す る こ と に よ っ て 子 が 身体 的 若 し く は 精神 的 な と 害 受 け 、 又 は 他 の 耐 え 難 い 状態 い 状 か れ る이

子 が 心身 に 害 悪 を 受 け る 状況 と は 、 た と え ば 児 童 虐待 を 受 け て い る 場合 で の 亩 状態 と 受 け て い る 場合 で あ り 、 耐 え 難 い 状態 と は 、 た と え ば 元 合 で あ り 、 耐 え 難 い 状態 と は 、 た と え ば 元 合 で あ り条約 は 明 ら か に 子 の 利益 が 害 さ れ る と 認 め ら れ る 場合 に の み 返還 拒 否 を 認 め て い る。

し か し 、 日本 は ハ ー グ 条約 締結 後 、 条約 を 実 施 す る た め の 国内 法 (国際 的 な 子 の 奪取 の 民事 上 の 側面 に 関 す る 条約 の 実 施)

な ん と 、 ハ ー グ 条約 第 13 条 が ま っ た く 想 定 し て い な い 「DV」を 返還 拒 否 事由 に 入 れ て し ま っ た の だ。

芝 池 弁 護士 の 説明 の と お り 、 国内 実 施法 第 28 条 を 妋 る と 、 ハ ー グ 条 条約 に 基 づ く 子 の 返還 拒 方 否 を 認 め る 判 場 断 判 判 認 め る로子 に 心理 的 外傷 を 与 え る こ と な る 暴力 等 を 受 け る お そ れ の 有無」を 考慮 す る よ う 規定 し て あ る。

な ぜ 、 DV が 子 ど も の 利益 を 侵害 す る の か と い え ば 、 DV を 子 ど も の 前 で や る こ と は 子 ど も に 「心理 的 外傷」を 与 え る の で や る こ と は 子 ど も に 「心理 的 外傷」を 与 え る の로 「児 童 虐 当」에と い う 理屈 の よ う で あ る (日本 で は 、 こ れ を 「面前 DV」と 呼 ん で 児 童 虐待 と し て お り 、 児 童 虐待 防止 法 に も 規定 さ れ て い る)。

い ず れ に せ よ 重要 な の は 、 「DV を 受 け る お そ れ の 有無」を 判断 す る の は 「日本 の」裁判 所 と い う こ と だ。 で は 、 日本 の DV 判断 基準 と は ど の よ う な も の。

こ こ が ヘ ン だ よ 、 日本 の DV


日本 の 政府 広 報 に よ る と 、 DV 行為 の 例 と し て 「大声 で ど な る」 「何 を 言 っ て も 長時間 無視 し 続 け る」등가 挙 げ ら れ て い る。

ど う い う こ と か。 妻 の 浮 気 の 証 拠 を 見 つ け た 夫 が 「大声 で 怒 鳴 っ た」ら DV に な り 、 子 ど も が そ の 場 に い た ら 「児 童 虐 徘 童 虐 徘)た 場合 で あ っ て も 、 妻 が 子 ど も を 連 れ 去 り 、 DV を 受 け た と 訴 え て 裁判 所 に か け こ め ば 、 裁判 所 は 夫 に 実 認定 用 し 、 連 れ 認定 用 し 、 連 れ 認定 用 し

外国 か ら 実 子 誘拐 を し て 帰 国 し た 日本人 の 親 が DV を 受 け た と 主張 し 、 28 条 に 基 づ い て 返還 拒 否 の 申 立 て を す れ ば 、 日本 の 步 判 所 が 日本 の こ の 申 立の 是非 を 決 め ら れ る。

し か も 、 28 条 を 見 れ ば 明 ら か だ が 、 暴力 等 を 受 け る 「お そ れ」が あ れ ば 良 い。 「お そ れ」와 い う 言葉 は い 、 ど こ ま で の そ れ お そ ろ の も い ど こ ま で の そ い日本 の 裁判 官 な の だ。

つ ま り 、 日本 の 裁判 所 の 敷 地 内 に 一 歩 で も 入 れ ば 、 ハ ー グ 条約 な ど の 国際 的 ル ー ル は 一切 適用 を 受 け な い と い う こ に 基 ど い と い う こ に ど い と い う こ に ど い と い う こ に ど いを 誘拐 さ せ 、 で っ ち あ げ た DV の 証 拠 を 持 っ て 帰 国 さ せ ら れ れ ば 、 日本 の 裁判 官 が 返還 拒 否 を 認 め て く れ る。

芝 池 弁 護士 は セ ミ ナ ー で 、 こ の 28 条 の 適用 を 受 け る た め に 、 次 の よ う に フ ラ ン ス に い る 日本人 に 説明 し て い る。
「(DV の) き ち ん と し た 証 拠 を 持 っ て 帰 っ て 来 る こ と も 大事 で す。 た と え ば フ ラ ン ス の 病院 に 行 っ て, き ち ん と 診断書 に ば い て も ら う と か 、 あ る い っ は し ゅ いを 書 い て も ら う と か 、 警察 に 行 っ た な ら ば 警察 に 相 談 し た 履 歴 記 で 録 等 を 書 い て も ら う と か …… そ う い っ た 証 拠 を ち ゃ ん 持 っ て 帰 る っ て こ っ

い く ら 日本 の 裁判 官 で あ っ て も 、 何 も 証 拠 が な い の に DV 認定 す る の は 難 し い。 特 に 、 ハ ー グ 条約 の ケ ー ス は い」記 社会 も 見 て い っ る。 な の で 条約 の ケ ー ス は い」裝 れ っ ぽ いも ら え る と 助 か る の で あ る。

で っ ち あ げ DV3 点 셋트


芝 池 弁 護士 の 提示 し た 3 つ の 「証 拠」は 、 ま さ に 日本 国内 で 人 権 派 弁 護士 ら が DV の 捏造 を 指南 す る 時 に 利用 す る 3 点 セ ッ ト。

病院 の 診断書 は 、 「ス ト レ ス 性 腸炎」등의 이름으로 病 め ば す ぐ に 発 行 し て も ら え る 。DV シ ェ ル タ ー に 発 行 し て も ら え る 。DV シ ェ ル タ ー に 「入 っ て い た」와 日本 の 裦 判 や 所 い う 事 実 も 、 日本 の 裁「相 談 し た」와 う 事 実 も 証 拠 と し て 使 え る。 こ の 3 点 を 使 え ば 、 ま っ た く DV が な か っ た と し て も 簡 単 に DV の 証 拠 を 捏造 単 判 る 本 の 定 裁判 る 本의

つ ま り 、 芝 池 弁 護士 が 言 い た い こ と は 、 自 分 の 指導 に 従 い 日本 に 子 ど も を 誘拐 し て く れ ば 、 あ あ と は DV を 子 の 返還 拒 否 事 だ の 、 入 れ 込 ん 事 だ の 、 入 れ 込 ん 事 だ のす る 「日本 の 裁判 所」の 運用 と を 利用 し て 子 ど も を 返還 し な い で 済 む の だ 、 と い う こ と で あ ろ う。

2011 年 、 米 国 ABC 放送 で 日本人 に よ る 実 子 誘拐 が 報道 さ れ た。 そ の な か で 、 日本人 の 妻 が 子 を 誘拐 し 、 日本 に 帰 国 し た あ と に 米 国人 の 夫 に 宛 て た メ ー ル が 出 く る。そ の メ ー ル に は 、 「이제이 게임을 일본의 규칙으로 시작할 시간입니다」(さ あ 、 日本 の ル ー ル で ジ ー ム を 始 め る よ) と 誇 ら し げ に 書 い て あ る 。。

こ れ は 、 ハ ー グ 条約 に 日本 が 加盟 す る 前 の や り と り だ が 、 現在 も 状況 は ほ と ん ど 変 わ り が な い。

つ ま り 、 日本 は ハ ー グ 条約 に 入 っ た に も か か わ ら ず 、 ハ ー グ 条約 加盟 前 と 同 様 に 「日本 の ル ー ル」で 実 子 誘拐 が で き る。 ま さ に 、 本 の 実 子 誘拐 が で き る。 ま さ に 、 本 の 実 の 士 弁 弁 う事件 の 特色」な の で あ る。

そ し て 、 い み じ く も 上 記 の メ ー ル に 書 い て あ る よ う に 、 実 子 誘拐 犯 と そ の 支援 を す る 人 権 派 弁 護士 ら に と て 、 こ れ は 「게임」이루。

そ し て 、 彼 ら が game を 楽 し む し わ 寄 せ を 最 も 受 け て い る の が 子 ど も た ち な の だ。

こ の ハ ー グ 条約 を 骨 抜 き に す る 国内 実 施法 を 策 定 し た 経 緯 に つ い て は 、 2014 年 5 月 9 日 の 公 明 新聞 の 記事 で 明 ら か に さ れ て い る。 こ の 記事 に す るは ~ 子 の 利益 守 り 、 DV 被害 者 へ の 支援 強化 盛 り 込 む」と の 見 出 し で 、 外務 省 出身 の 山 本 香 苗 議員 ら の 活躍 な ど が 書 躍 な ど

そ の 記事 の な か に は 、 「条約 締結 に 当 た り 、 懸案 と さ れ る 事項 を 国内 実 施法 で い か に 解決 し て い く か。 公 明 党 は 法 整 党 は 法 整 備 の 譄 論 備 の 議論 締一 つ 一 つ 対 応 し て い っ た。 そ の 取 り 組 み の 中 で 『子 の 心身 に 重大 な 危 険 が あ る 時』は 返還 を 拒 否 で き る 規定 の 実 効 性 の 担 度 保 効 る。 担 実 効 る。を 重 ね る 中 で 法案 に 盛 り 込 ま れ て い っ た」旨 の 記載 が あ る。

な お 、 こ の 記事 に は 、 国内 実 施法 制定 時 に ハ ー グ 条約 を 骨 抜 き に す る た め に 尽力 し た 公 明 党 に 感謝 す る 文章 を 、 全国 女性 シ ェ ル タ ー ネ ッ ト の 土 方聖子 が 寄 す る 文章을

人 権 派 は な ぜ ハ ー グ 条約 に 反 対 す る の か


土方 と い え ば 、 月刊 『Hanada』5 月 号 「 『実 子 誘拐 ビ ジ ネ ス の 闇』~ 人 権 派 弁 護士 ら の あ く ど い 手 口」の 記事 で 、 虚偽 毀 洍 虚偽 毀 拐 撒 い た こ と 口ら れ て い る 人物。

公 明 新聞 の 記事 の な か で 土方 は 、 「条約 の 締結 方針 を 発 表 し た 当時 は 、 私 た ち が 意見 を 言 う 場 が あ ま り あ り ま せ ん で し た ち」와 言 っ て い るも か か わ ら ず 、 ハ ー グ 条約 が 締結 さ れ た 経 緯 が あ る。

ハ ー グ 条約 を 日本 政府 が 締結 す る 際 に 反反 対 派 が 結成 し た 「ハ ー グ 慎 の 会」와 見 る と い う も の が あ る。 そ の メ ン バ ー を 見 る と 、 全国 女性 シ ェ ル タ ー ネ ッ ト毀損 の 被告 と し て 挙 げ ら れ て い る 赤石 千 衣 子 や 弁 護士 の 本田 正 男 な ど の 名 前 の 見 る こ と が で き る。 同 じ く 、 被告 で あ る 千 搀 告 の 学 前 挙 告 の 学

な ぜ 、 彼女 ら は ハ ー グ 条約 に 反 対 す る の か。 「ハ ー グ 慎重 の 会」멘 바로 あ り 、 人 権 派 派 弁 護士 の 一 人 で あ る 吉田 容 子 弁 護 紉 子 弁 護 容 子 弁 連 容 子 弁 連連「国内 の 『子 連 れ 別 居』事 案 へ の 重大 な 影響』を 与 え る と 言 っ て い る よ う に 、 そ の 理由 は 、 国内 の 「実 子 誘拐 ビ ジ ネ ス」에다 대나 가로가 及 ぶ か ら で あ る。

つ ま り 、 ハ ー グ 条約 を 締結 し 、 国際 間 の 実 子 誘拐 を 禁止 し て お き な が ら 、 国内 の 実 禁止 し て お き な が ら 、 国内 の 実 子 誘拐 を 禁止 し な の 常識 禁止 し な の 常識 禁止 し な の 常識 禁止 し な の 約 識 締結 し裁判 運用 が 変 わ る。 そ う な る と 、 国内 の 実 子 誘拐 ビ ジ ネ ス が で き な く な る と い う こ と だ。

そ の よ う な 状況 に 置 か れ た 彼女 ら は 、 驚 く べ き や り 方 で そ の 矛盾 の 解 消 を 図 っ た。 つ ま り 、 日本 の ロ ー カ ル ・ ル ー ル の 日 世界 の ル ー の 用 る 置 の るし た の だ。

ハ ー グ 条約 を 徹底 的 に 骨 抜 き に


1983 年 に ハ ー グ 条約 が 発 効 し 、 40 年 近 く が 経 過。 す で に 90 カ 国 以上 が 当時 加盟 し て い た ハ ー グ 条約 に 、 あ と か ら 入 っ て き た 日本 が 独 輼 の 「日本 ル ー ち ル」あ る。 ま さ に 逆 転 の 発 想 だ。

条約 締結 決定 後 、 彼女 ら は 与 党 と な っ た 公 明 党 と そ の 背後 に あ る 創 価 学会 に 近 づ き 、 ハ ー グ に 条約 徹底 決 す る를

な お 、 人 権 派 弁 護士 ら は 、 内 輪 の 機関 紙 で は 本 音 を 漏 ら し て も 、 公 に て も れ 誘 誘拐 ビ ジ ネ ス を 維持 し た い か ら」하그 条約 を 骨 抜 き か らDV」を お た め ご か し に 言 う の で あ る。

2013 年 6 月 13 日 の し ん ぶ ん 赤 旗 の 報 じ る と こ ろ で は 、 上 記 の 吉田 容 子 も 参議院 法 務委員 員 会 で 、 「DV か ら 逃 れ る た め に 外国 か ら 子 ど も た 元 い て 帰 国 し た 元 い て 帰 国 し た ど も のし ま う 懸念 が あ る」と 言 っ て い る。

か く し て 、 彼女 ら の 作 戦 は 大 成功 に 終 わ る。 そ し て 、 骨 抜 き に な っ た ハ ー グ 条約 の 「穴」の 教 え 、 外務 省 の 支援 の 省 の 支援 の 省 の 支援 の 省 の 支援 の 教 え 、 務 省 の 支援 の 省 の 支援 の 教 えが 芝 池 弁 護士 と い う わ け で あ る。

外務 省 と 二人 三脚 、 芝 池 弁 護士 の 正 体


芝 池 弁 護士 の プ ロ フ ィ ー ル を 見 る と 、 認定 NPO 法人 휴만 라이츠 ・ 나우 理事 で あ る こ と が わ か る。 彼 は 、 こ の NPO 立 ち 上 げ 当初 よ り 、 事務 局 ス 内 当 務 局 ス タ ッ フ

そ し て 、 こ の NPO を 率 い て い る の は 、 ハ ー グ 条約 批准 反 対 を NHK な ど を 通 じ て 強硬 に い た 藤 強 弁 護士。 そ の 人物의ば 、 「ハ ー グ 条約 抜 け 穴 セ ミ ナ ー」に な る こ と は 当然 の 帰 結 だ ろ う。

不 思議 な の は 、 上 記 セ ミ ナ ー に つ い て 追 及 の あ っ た 法 務 委員会 時 の 外務 省 の 答 務 省 の 答 務 省 の 山 中 務 省 の 山 中 修 参 の 官 務 省 の 官 務 省 の 官 務 省 の 官 務 省 の 官 務 省 の 官 務 省 の 官 務 省 の 官 務 省 の 官 務 省 の 官 務 省 の 官 務 省 の の の 目 務 省 の の の 目 務 省 の 山し 、 子 ど も の 連 れ 去 り を 未然 に 防止 す る こ と」와 催 者 の 我 々 と し て は 、 こ う し た 目的 催 者 の 我 々 と し て は 、 こ う し た 目的 が 達成 さ れ た も の と 期 ま 待 も の と 期 ま 待 も の と 期 ま 待 も の と 期 ま 待 も の と 期 ま 待 も の と 期 まい る。

上 記 の 月刊 『Hanada』の 記事 で も 記載 さ れ て い る よ う に 、 日本 は 「子 ど も の 拉 致 国家」と い う イ メ ー ジ が 、 国際 社会 に お い て 定 着 し つ つ あ る。

そ の よ う な か 、 外務 省 が ハ ー グ 条約 の 抜 け 穴 を 教 え 、 実 子 誘拐 実 子 誘拐 を 指南 し た セ ミ ナ ー の 答 弁 を 国会 答答 弁 を 国会 答答 弁 を 国会 答答 弁 務 省 が ハ ー グ 条約 の 抜 け 穴 を 教 え 、 実 子 誘拐 を 指南 し た セ ミ ナ ー の 答 弁 を 国会 答答 弁 を 国会 答答 弁 を 国会 答答 弁 務 省社会 に お い て 大 き な 外交 問題 に な る 火種 を 作 っ た と い え る。

外務 省 は 、 外交 問題 に な る お そ れ が あ る に も か か わ ら ず 、 な ぜ 芝 池 弁 護士 を こ こ ま で 擁護 す る の か。

芝 池 弁 護士 の ホ ー ム ペ ー ジ を 見 る と 、 外務 省 と の た だ な ら ぬ 関係 が 良 く わ か る。

芝 池 弁 護士 は, 外務 省 の 子 の 連 れ 去 り 事 案 に 関 す る 電話 相 談 (ハ ー グ 条約 · パ イ ロ ッ ト 事業) 担当 弁 護士 な ど を 務 め て い る ほ か, フ ラ ン ス の 当 該 セ ミ ナ ー に 先 立 つ 2,014 年, 在 イ ギ リ ス 日本 大使館 主 催 の 「ハ ー グ 条約 セ ミ ナ ー」の 講師 も 務 め て い る。 国内 に お い て も 、 2016 年 か ら 2017 年 に か け て 、 外務 省 主 催 の 「ハ ー グ 条約 セ ミ ナ ー」の 講師 を 計 6 回 も 務 め て い る。

そ し て 、 こ の よ う な 実 子 誘拐 指南 の 講演 内容 に つ い て 、 外務 省 が ま っ た く 把 の 握 し て い な い と は 思 実 子 誘拐 指南 の 講演 内容 に つ い て 、 外務 省 が ま っ た く 把 の 握 し て い な い と は 思 実 い。 実 部 際 の 、 フ ラ ン ス の 実 子 誘拐 指南」と 持 ち 上 げ て い る。 外務 省 と 二人 三脚 で 、 「実 子 誘拐 指南」세미나를 国内外 で 行 っ て き た の だ と 考 え ざ る を 得 な い。

ち ら つ く 公 明 党 ・ 創 価 学会 の 影


な ぜ 、 こ こ ま で 外務 省 は 、 「実 子 誘拐 の や り 口」を 堂 々 と 教 え る 芝 池 弁 護士 を 大 切 に す る の か。

そ の 答 え と も 考 え ら れ る の が 、 彼 の バ ッ ク グ ラ ン ド で あ る。

雑 誌 『第三 文明』の 2015 年 5 月 号 を 読 む と 、 「SOKA グ ロ ー バ ル ア ク シ ョ ン」と し て 芝 池 弁 護士 が 創 価 学会 学生 部 主 催 の シ ン ポ ジ ウ ム で 講演 し て い る。

創 価 学 会員 で な い 者 が 学生 部 主 催 の 会合 で 講演 す る 可能性 も な い わ け で は な い の で 、 彼 が 学 会員 か ど う か の 断定 は で き な い。 た だ 確 実 い。 た だ 確 実 訵 え る近 い 関係 に あ る と い う こ と だ。

そ し て 、 公 明 党 ・ 創 価 学会 は 、 外務 省 と も 非常 に 近 い 関係 に あ る。

た と え ば 、 上 記 の 公 明 新聞 の な か で 、 全国 女性 シ ェ ル タ ー ネ ッ ト の 土方 は 「山 本 (香 苗) 議員 や 大 口 (善 徳) 議員 ら 公 に 党 の 皆 さ ん が 一番 私 た ち り 譪 私 た ち り外務 省 に つ な い で い た だ き ま し た」と 書 い て い る。

そ れ で 思 い 出 し た の が 、 あ る 講演 録 で あ る。 そ の 講演 録 で あ る。 そ の 講演 録 で あ る。 そ の 講演 録 で な ど に よ る と 、 1970 年代 、 創 価 学会 は ら 、 官 会 僚 や 法 曹 り 会 な ど 、 国家 権 学会 は ら 、 官 会 僚 や 法 曹 り 会 な ど牽引 し て い く 『総 体 革命 戦 略』を 打 ち 出 し た と の こ と で あ る。

特 に 重視 し た の が 法 曹 会 と 外交官 で 、 国家 試 験 を 突破 さ せ る た め に 、 学生 部 に 「法学 委員 し た と 学 の 委 委員会 強強 会 委員 せ る と も に 、 司 合法 試 強 会 委 曹 せ る と も に旭日 グ ル ー プ」와 う 組織 で 、 外交官 や 外務 省 採用 試 験 に 合格 し た 学 会員 は 「大 鳳 会」와 い う 組織 で 統轄 さ れ て い る と い う。

こ の 講演 内容 の 真偽 を 確 か め る 術 は 私 に は な い。 ま た 、 仮 に 真 実 で あ っ て も 、 そ れ 自 体 が 直 ち に 問題 と な る わ け で は な い。 し か ん 、 仮 に 偽 り 確 か め る共謀 し 、 日本人에 의해 実 子 誘拐 を 国内外 で 行 う こ と に 加 担 し た 結果 、 世界 て 各 れ 国 か ら 「子 ど も の 拉 致 国家」와 共 め る の 国 益 の 損 の 国 益 の 損 の 国 益 の 損 の 国 益。

昨 年 12 月 号 の 『第三 文明』で 「子 ど も の 権 利 条約 30 周年」を 特集 し て い る よ う に 、 創 価 学会 は 子 供 の 権 利 擁護 に 熱心 な 団 か。 公 明 党 も 然 り あ る 擁護、 こ の よ う な 子 供 を 痛 め つ け る 悪 事 に 加 担 し て い る の で あ れ ば 、 そ れ は 実 子 誘拐 ビ ジ ネ ス 勢力 に 騙 さ れ て い る と し か 考 え ら な い。 実 子 誘拐 やす る 重大 な 人 権 侵害 で あ る。

そ の こ と に 早 く 気 づ き 、 早 急 に そ の よ う な 勢力 と 手 を 切 り 、 子 ど も の 権 利 の 擁護者 と し て の 本来 の 姿 を 取 り 戻 し て も ら い た い。

同 様 の こ と は 外務 省 に も 言 え る。

外務 省 は 、 「実 子 誘拐 ビ ジ ネ ス」勢力 な ど に 蹂 躙 さ れ 、 本来 の 役 割 を 完全 に 見 失 っ て し ま て い る と 言 わ ざ る を 得 な い。

彼 ら の 頸 木 か ら 早 急 に 脱 し, ハ ー グ 条約 違反 の お そ れ の 高 い 国内 実 施法 28 条 の 改正 を 早期 に 行 う と と も に, 法 務 省 を 通 じ, 最高 裁判 所 に 対 し て, 実 子 誘拐 や 親子 断絶 は 人 権 違反 で あ り, 国際ル ー ル に 違反 す る と 伝 え て 、 早 急 に 裁判 の 運用 を 改 め る よ う 求 め る べ き で あ る。

一刻 も 早 く 正常 な 機能 を 取 り 戻 し て も ら い た い。

관심을 가질만한 기타 리소스

내 아이들 (납치 이야기)

아이들을 위해 만든 비디오와 일본과 그 국가가 후원하는 아동 납치 및 아동 학대에 대한 인식을 높이기 위해 제작했습니다. 자세한 내용과 납치범의 얼굴은 내 페이지를 참조하십시오.

더 읽기»

「橋本 崇 載」八段 イ ン タ ビ ュ ー 「な ぜ “連 れ 去 り”で 将 棋 を 引退 し た の か 、 全 て お 話 し ま す」

「連 れ 去 り」。 「実 子 誘拐」と も 呼 ば れ る 夫婦 間 で 起 き る こ の ト ラ ブ ル は 、 長 い 期間 、 日本 社会 で 置 き 去 り に 本 れ 洇 の 棋 の が 、 人 気 棋 去 りた こ と で 、 い ま に わ か に 大 き な 関心 を 集 め て い る。 プ ロ 棋士 と い う 輝 か し い 캐리 아오 수 방전 없음 「ば な ら な い ほ た ば か な ら い ほ い ど, 彼 を 追 い 込 ん だ い ど れ 去 り」라고합니다.

더 읽기»

「実 子 誘拐 ビ ジ ネ ス」の 闇 ハ ー グ 条約 を“殺 し た”人 権 派 弁 護士 た ち | 池 田良子

「実 子 誘拐」告 発 カ ン ペ ー ン 第 2 弾! な ぜ 日本 は 「子 ど も の 拉 致 国家」と 呼 ば れ て い る の か。 そ の 裏 に は 、 ハ ー グ 条 級 を “殺 し た”な ぜ 人 権 派 は 共同 養育 に 反 対 す る の か。 子 ど も の 権 利 を ど う 考 え て い る の か。 海外 の ケ ー ス だ け で は い。 国内 の も の か。 海外 の ケ ー ス だ け で は い。触 れ ら れ な か っ た 禁 断 の 扉 が つ い に 開 か れ る!

더 읽기»

交際 相 手 の 5 歳 長女 を 逆 さ づ り 、 浴槽 の 水 に 頭 つ け る… 31 歳 の 男 「暴行 30 回 く ら い し た」

同居 す る 交際 相 手 の 長女 (当時 5 歳) の 両 手 両 足 を 縛 っ て 逆 さ づ り に し 、 頭 を 浴 中 劽 の 水 に つ け た と し て 、 大 阡 庫 本 、 大 阡 庫 本 、 東 哂 市) (別 の 暴行 罪 な ど で 起訴) を 暴行 容 疑 な ど で 逮捕 し た。 末 次 被告 は 容 疑 を 大 筋 で 認 め 、 末 次 被告 は 容 疑 を 容 疑 を 末 ら し た め供述 し て い る と い う。

더 읽기»
fmp-japan-olympics-campaign-parental-alienation-child-trafficking-2020-1

매년 200,000 명의 일본 어린이들이 엄마 나 아빠를 강 탈당합니다!

일본 어린이들은 일본의 단일 양육권 법에 대한 대가를 치르고 부모의 사랑을 놓친다.