「実 子 誘拐 ビ ジ ネ ス」の 闇 人 権 派 弁 護士 ら の あ く ど い 手 口 | 牧野 の ぞ み

리소스에 대한 일반 정보 :

그것은 무엇에 관한 것입니까?

人 権 派 「39 人」に よ る 集 団 린치


仕事 に 疲 れ て 家 に 帰 る と 、 子 ど も が 「お か え り!」와 抱 け 寄 っ て 抱 き つ い て く る。 ぎ ゅ っ と し が み つ く 小 さ な 手。 こ の 子 が い る か ら が ん ば れ る か ら が ん ば れ る 日常 の 手。い な い。 家具 も な に も な く 、 も ぬ け の 殻。

こ の よ う な 子 ど も の 連 れ 去 り が 、 国内 で 数 多 く 発 生 し て い る。 子 ど も を 連 れ 去 る 者 は 、 な ん と 一方 の 親 (多 く は 母親)로 去 る 者 は 、 な ん と 一方 の 親 (多 く は 母親)로 去 る 者 は 、 な ど の 欧 進 国 去 り が,す る 重罪 で あ る。

し か し 日本 に お い て は 、 「実 子 誘拐」は 罪 に 問 わ れ ず 、 弁 護士 ら の 指導 に よ り 日常 的 に 行 わ れ て い る。 突然 愛 す る わ が 子 を 奪 わ れ け る。 突然 奪 る わ が 子 を 奪 わ れ, 子 ど い的 、 経 済 的 に 追 い 込 ま れ 、 自殺 す る 親 (多 く は 父親) も あ と を 絶 た な い。

そ の よ う な 「実 子 誘拐」の 被害 者 で あ る 父親 の A 氏 が 、 自身 の 離婚 訴訟 に 関 妪 て 氏 が 、 自身 の 離婚 訴訟 に 関 妪 て 上 げ ら 妻 に 暴力 を ふ る う DV 夫 に 関 夫夫 に人 を 相 手 に 民事訴訟 を 起 こ し た。 被告 に は 、 元 裁判 官 を 含 む 弁 護士 ら の ほ か 、 NPO 法人 代表 、 大学 教授 、 朝日 新聞 聖壇 委 聖壇 委員

訴状 に は 、 彼 ら の 行 っ た 名誉 毀損 行為 が 「通常 の 名誉 毀損 と は 全 く 異質 の 組織 的 ・ 計画 的 犯 行」로 か り 異質 の 痛 か り 、 彼 ら の 精裁判 官 自 ら が 一個 人 と し て 同 様 の 集 団 リ ン チ を 受 け た ら ど う か と 考 え れ ば 、 容易 に 想像 が で き る は ず」と の 記載 が あ る。

た し か に 、 離婚 訴訟 が 単 な る 夫婦 喧嘩 が 拡 大 し た も の で し か な い の で あ れ ば, 夫婦 喧嘩 の 一方 の 側 に の 婦 喧嘩 の 一方 の 側 に の 婦 喧嘩 の 一方 の 側 に の 婦 喧嘩 の 一方 の 側 に の 婦 喧嘩 の 一方 の 側 に の 婦 喧嘩 の 喧嘩 の 喧嘩 の 一方 の 側 に를意味 を 成 さ な い。 し か も 、 39 人 の 大半 に A 氏 は 会 っ た こ と も な く 、 全 く 面 識 も な い。

で は 、 な ぜ A 氏 は 面 識 も な い 弁 護士 や 元 裁判 官 ら 39 人 に 集 団 リ ン チ を 受 け る 羽 目 に 陥 っ た の か。 そ れ は 、 い わ ゆ る 離婚 ビ ジ ネ ス を 生 業 ら す る 弁 識 も

被告 に 名 を 連 ね る 39 人 は 、 職業 も 所属 す る 組織 も 様 々 で あ り 、 一 見 、 そ れ ぞ は れ 何 も 関係 な さ そ う に 見 え る。 し か し 、 訴状 に 罅 る適用 さ れ る 犯罪 行為 で あ る 親 に よ る 子 の 連 れ 去 り や 国 連 児 童 の 権 利 条 の 権 利 条 の 権 利 条 の 権 利 条 の 権 利 条約 に 明確 反 る 親子 の 引 き 関 し 行為 反 す る 親子 の 引 き 関 し 行為에서

こ の 訴状 に は 、 A 氏 の 妻 (当時) が 起点 と な り 、 そ れ ぞ れ の 被告 と メ ー ル で や り 取 り を 行 っ て い る 共謀 の 証 拠 も 添 付 さ れ て い る。

A 氏 の ケ ー ス に は 、 家族 を 崩 壊 さ せ 、 小 さ な 子 ど も の 心 を 傷 つ け 、 一方 の 親 の 追 い 込 む 「実 子 誘拐」の 問題 に 点 が 峝 縮 の の 誘拐 の 問題 に 点 れ お り「実 子 誘拐 ビ ジ ネ ス」で 蠢 く 集 団 の 実 態 が 見 え て く る。

集 団 の 中心 に い る 裁判 官 と 弁 護士 は 、 一般 的 に ど の よ う に 「実 子 誘拐」に か か わ っ て い る の か。

弁 護士 が 「実 子 誘拐」の 方法 を 指南


裁判 官 は 、 後 述 す る よ う に 「継 続 性 の 原則」に 基 づ き 、 「実 子 誘拐」(実 子 誘拐) を し た 親 に 親 権 を 与 え る 判 汼 で す の 判 汼 で あ る。 そ 帢 で あ る.を 考 え て い る 親 に 対 し 「実 子 誘拐」を 勧 め 、 方法 を 指南 す る。 こ れ は 憶 測 で 言 っ て い る の で は な い。 数 多 く の 証 拠 が あ る。

あ る 女性 誌 に は 、 弁 護士 が 「親 権 争 い は 最初 の 対 応 が 肝 心。 家 を 出 る 場合 は 必 ず 子 供 を 連 れ て 出 る こ と」と 堂 々 と 書 い て い る。

日 弁 連 法 務 研究 財 団 発 行 の 本 の な か で は 、 冒頭 に 「実 務 家 で あ る 弁 護士 に と っ と け の て 護士 に と っ と け の て 婚 い の あ る 雘 護 い の あ る 離婚 い の あ る 離婚 事件 財 婚 究 財 団 発 行 の 本 の な か で は 、 冒頭 にす れ ば 、 ま ず 、 子 ど も を 依 頼 者 の も と に 確保 す る と い う こ と で あ る」と 記載 さ れ て い る 。。

弁 護士 が 一方 の 親 に 子 ど も を 誘拐 す る よ う 唆 し 、 裁判 を 提起 さ せ れ ば 、 裁判 官 が 親 権 を ご 褒美 と し て 与 え る 段 取 り

そ し て 、 も う 一方 の 親 か ら 奪 い 取 っ た 子 ど も の 養育 費 な ど の 一部 を ピ ン ハ ネ し て 弁 護士 が 懐 に 入 れ る の で あ る。 そ の し て, 裁判 官가

か ら く り は 極 め て シ ン プ ル で あ る が 、 多 く の 人 は そ れ に 気 が 付 か な い。 弱者 の 味 方 を 標榜 す る 弁 護士 と 公 明 弱者 の 味 て の 裁判 官 の 裁判 官 の 裁 の 判官 いか ら で あ る。

し か し 、 裁判 所 の 実 態 は 多 く の 人 が 想像 す る も の と は 全 く 異 な る。 国会 の 審議 で も 取 り 上 げ ら れ た 有名 な 裁判 審議 で も 取 り 上 げ ら れ た 有名 な 裁判 所 職員 の ブ ロ グ ロ グ ガ ー る.の 要 望 が 通 ら な い か ら と い っ て 自殺 を 図 ろ う と す る 当事 者。 自 分 の 要 望 が 通 ら な い = 裁判 所 が 相 裁判 所 が 相 味 方 味 方 味 味 方 妄 完全 に 妄想 中 し も う だ め だ 窓 窓迷惑 だ。 裁判 所 で や ら れ る と 後 始末 が 大 変 だ か ら や め て く れ 、 あ あ 、 敷 地 の 外 な ら い つ で も ど う ぞ www」등 載 さ れ て い る。

妄想 で も 何 で も な い。

こ れ が 裁判 所 の 現 実 で あ る。 子 ど も を 誘拐 さ れ 、 離婚 訴訟 を 配偶 者 か ら 訴 え ら れ れ ば 、 こ の な 司法 の 闇 が 待 っ て い る の で あ る。

A 氏 は わ が 子 と の 生活 を 取 り 戻 す た め 、 弁 護士 の 常識 で あ る と こ ろ の 「実 子 誘拐 ビ ジ ネ ス か の 実 子 誘拐 ビ ジ ネ ス か の 闇 に 切 り 込 ん に り だ。 そ こ で な, 弁 護 取 り 戻 す た め,

「連 れ 去 り 勝 ち」の 無法 地 帯


離婚 時 の 親 権 を め ぐ っ て は 、 松 戸 判決 と 呼 ば れ る 重要 な 裁判 が あ る。

A 氏 は 実 は 、 こ の 松 戸 判決 の 当事 者 だ 。2 歳 で 連 れ 去 ら れ た で 娘 の 親 権 を め ぐ り 、 2016 年 3 月 の 一審 判決 に は 「自 分 が 親 権 者와 た 場 審判 決 に は 「自 分 が 親 権 者와 た 場 100 合程度 娘 と 面 会 さ せ る こ と を 約束 し 、 そ れ を 自 ら が 破 っ た 場合 に は 親 権 を 妻 に 渡 す ”こ と し い と 判 権 者와 案 し た A 氏 を 親 権 者 と し て 相 応 し い と 判断 し

そ れ ま で の 裁判 所 の 先例 で は 、 面 会 交流 は 月 に 1 回 数 時間 、 監視 付 き が 相 場 で 、 親 権 者 を 認 め る 際 に は 「継 続 性 の 原則」와 똑같은 것 。

そ の な か で 松 戸 判決 は 、 子 ど も が 両 親 の 愛情 を 受 け て 健全 に 成長 す る こ と の 可能 と す る た め 、 「よ り 寛 容 な 親」을 사용하지 않는 선생의“후렌 드리 페 아렌트 ・ 루 ”注目 さ れ た。 大 岡 越 前 の 「子 争 い」を 彷彿 と さ せ る 名 判決 と し て 、 多 く の メ デ ィ ア が 評 価 し て い た も の で あ る。

し か し 、 2017 年 1 月 の 二審 東京 高 裁判 決 で は 一審 判決 を 覆 し た。

裁判 官 は 「実 子 連 れ 去 り を し た 親 に 親 権 を 与 え る 判決 を 下 す」와 述 べ た が 、 そ の 要 な 理屈 が 、 悪 な 判決을

こ の 原則 に 基 づ く と 、 一方 の 親 を 欺 き 留守 中 に 子 ど も を 誘拐 し 、 そ の 後 、 子 ど も と も う 一方 の 親 と の 接触 者 徹底 い の 断 ち 庪 っ の 親와 、 法律 上 ど こ に も 根 拠 は な い 単 な る 裁判 所 の 慣例 で あ る。

む し ろ 、 「連 れ 去 り 勝 ち」を 生 む も の で あ り 、 他 の 先進 国 で こ の よ う な 子 ど も の 利益 に 反 す る 慣例 を 裁判 所 採用 し て い る 国 は 皆 無 で あ る。

二審 東京 高 裁判 決 で 裁判 官 は 、 継 続 性 の 原則 を 採用 し た う え で 「フ レ ン ド リ ー フ ェ ア レ ン ト ・ ル ー ル」を 明確 に 否定 し 、 A 氏 の 妻 を 氏 の 妻 を「親子 の 面 会 の 重要性 は 高 く な い。 年 間 100 日 の 面 会 は 近 所 の 友 達 と の 交流 な ど に 支 障 が 生 ず る お そ れ が あ り 、 子 の 利益 に な る。 と は 限 ら な い」와 の 記載 が あ り

同年 7 月 、 最高 裁 は A 氏 側 の 上告 を 不受理 と し 、 確定 と な っ た。 本来 、 一審 と 二審 と で 法律 判断 が 分 か れ た 場合 、 最高 れ 裁 は 受理 し 、 審裁 理 し最高 裁 は 不受理 を 決定 し 、 審議 す ら 拒 否 し た。 そ の 決定 を 下 し た 裁判 長 は 鬼 丸 か お る。 弁 護士 出身 の 裁判 官 で あ る。

日本 は 「子 ど も の 拉 致 国家」


国際 的 に は 、 日本 は 「子 ど も の 拉 致 国家」で あ り 、 そ の 元凶 が 司法 に あ る と の 認識 が 定 着 し つ つ あ る。

米 連邦 捜 査 局 (FBI) の 最 重要 指名 手 配 犯 リ ス ト で は 、 米 国人 の 元 夫 に 無 断 で 子 ど も を 連 れ て 日本 に 帰 国 し た 日本人 女性 の 名 前 が る。 テ ロ リ ス ト の 名 前 が る。

米 国 で は こ の 10 年 近 く 、 議会 に お い て 何 度 も 公 聴 会 が 開 催 さ れ 、 日本 の 司法 が こ の よ う な 「実 子 誘拐 犯」の 引 き 渡 し に 応 じ の 行 い だ け で な く 、 誘 る 拐 犯 の 拐 犯を 行 う こ と で 「実 子 誘拐」を 助長 し て い る 、 と 繰 り 返 し 非難 し て い る。

ま た 、 米 国務 省 は 、 2018 年 に 出 し た 「国際 的 な 子 ど も の 拉 致」年次 報告 書 で 、 日本 を 国際 的 な 子 ど も の 誘拐 国 を 禁 ず る 「ハ ー グ 誘 約」の 不 遵守

同年 3 月 に は 、 26 人 の EU 加盟 国 大使 が 、 親 に 会 う 子 ど も の 権 利 を 尊重 す る 日本 に 訴 え か け る 文書 を 出 し た。 昨 年 6 月 に は フ ラ ン ス の マ ク ロ ン 大 統領 が 安 倍 領誘拐」に つ い て 問題 提起 し た う え で 、 「容 認 で き な い」と 言及 し た。

イ タ リ ア の コ ン テ 首相 も ま た 、 同 月 に 開 催 さ れ た G20 の グ ル ー プ 会議 で 、 子 ど も に 対 す る 両 親 の 権 利 に つ い て 安 倍 首相 に 懸念 を 表明 し た。

今年 の 1 月 に 、 オ ー ス ト ラ リ ア 政府 が 日本 の 法 務 省 に 対 し 、 家族 法 を 改 め る よ う 要 請 し た と の 報道 も あ る。

こ れ だ け 諸 外国 政府 か ら 非難 さ れ て い る 背景 に は 、 日本人 に よ る 「実 子 誘拐」와 日本 の 司法 の 実 態 が 繰 り 返 し 海外 化 報道。 さ れ 、 対 が 日 感情 悪 日 感情

「日本 の 司法 シ ス テ ム を 批判 す る 論調 が 支配 的 な フ ラ ン ス で は 、 gon 前 会長 の 逃亡 容 認 論 が 根 強 い。 仏 紙 容 認 論 か し 根 強 い。 仏 紙 容 認 論 か ら 強 い。 仏 紙 容 認 論 か ら 強 い。 仏 紙의 피가로가 『Go ー ン 氏 が っ か ら』正 し か っ た と 応 じ た 人 が 77 % に 上 っ た」

と 伝 え る 記事 を 最近 見 か け た が 、 フ ラ ン ス に お い て 日本 の 司法 シ ス テ ム を 批判 す る 論調 が 支配 的 と な っ て し ま っ た 原因 の 一 つ に 、 実 子 誘拐 ”

こ の 松 戸 判決 が 東京 高 裁 で 覆 さ れ る こ と が な く 最高 裁 で 確定 し て い れ ば 、 あ る い は 最高 裁 が 東京 高 裁 の 判決 を 覆 し て い れ ば 、 日本 で い れ ばま で 諸 外国 か ら 批判 を 受 け る こ と も な か っ た は ず で あ る。

一刻 も 早 く 、 こ の 悪 名 高 い 「継 続 性 の 原則」を や め さ せ 、 裁判 所 を 子 ど も の 利益 を 第一 に 考 え る 場 に し な く て は な ら な い。

し か し 、 な ぜ こ れ ほ ど 外国 か ら 批判 さ れ る 「実 子 誘拐」が 日本 で 社会 問題 と な ら な い の で あ ろ う か。 そ の 理由 は 、 A 氏 の ケ ー ス を 見 る こ と で よ く 分 か る。

で っ ち あ げ DV で 人格 攻 撃


A 氏 の ケ ー ス に 戻 る。 裁判 所 の 従 来 の 慣例 を 覆 す 一審 判決 の 直 後 か ら 、 被告 告 行 審 直 後 か ら 、 被告 告 対 審 告 対 す る 執拗 か つ し た た か없이の 数 々 だ。

◇ NPO 法人 全国 女性 シ ェ ル タ ー ネ ッ ト の 理事 (元 代表) で あ る 被告 近藤 恵 子 が 講師 を 務 め る 内閣 府 催催 の DV 相 談 員 研 北 修 員 研 北 修 員 研 府 催 の DV 상대会 の 参加 者 に 対 し て 、 A 氏 が DV を 行 う 人物 で あ る と 印象 づ け る ビ ラ を 作成 し て 配 布 し 、 一審 判決 を 見 直 す よ う 高 裁。 へ 要 望 す る

こ の 問題 は 、 衆議院 予 算 委員会 ・ 法 務 委員会 で も と り あ げ ら れ 、 内閣 府 ら れ 、 内閣 府 い 共 共同 参 画 担当 大臣 か ら 当 該 行為 の 算 委員会事件 が 国会 で 糾 弾 さ れ た に も か か わ ら ず 、 内閣 府 主 催 「DV 等 の 被害 者 の た め の 民間 シ ェ ル タ ー 等 に 対 す る 支援 の 在 支援 の 検 討 す る 検 討 会」

◇ 被告 近藤 恵 子 は 、 一審 判決 に 関 し て 産 経 新聞 か ら 取材 を 受 け た 際 に 、 「DV は 冤 罪 と い う の は 加害者 の 論理 だ。 支 支 材 害 者 審判 決에は 夫 に DV に 当 た る 行為 が あ っ た と 考 え て い る」 「母親 が 不当 に 子 ど も を 連 れ 去 っ た の で は な く 、 実 態 は 実 態 は 実 態 は ど も の 守 る た め の 緊 の 為 が あ っ た と 考 え て い る」

そ の た め 、 A 氏 が 実 際 は DV を 行 っ て い た か の よ う な 印象 を 与 え る 記事 と な っ て 報道 さ れ る こ と と な っ た。 な お 、 袝 告 近藤 は 以前 、 朝日 取 聞 か ら の 取) 逃 げ て い る 事 実 が 、 DV の 明確 な 証 拠」と 主張 し て い る。

◇ 妻 側 の 弁 護 団 を 構成 す る 被告 蒲 田 孝 代 、 清 田 乃 り 子 、 齋藤 秀 樹 、 坂 下 裕 一 、 本田 正 男 ら 総 勢 31 人 は 、 二審 審 東京 高 裁判 勢 告 裁判作成 資料」와 称 す る も の を メ デ ィ ア 関係 者 に 配 布 し た。

そ の 資料 に は 、 A 氏 が 「大声 で 怒 鳴 る 、 食 器 を 投 げ つ け る 、 は さ み を 突 き 付 け る な ど と し た た め A 氏 の 妻 は 子 ど ど を 連 れ て 逃 げ た の」化 す る 内容 の も の で あ っ た。 こ の 記者 会見 を 受 け 、 「妻 側 が 夫 の DV を 主張 し て い る」と テ レ ビ の ニ ュ ー ス で も 報道 さ れ た。

な お 、 被告 の 弁 護士 ら の 大半 は 「人 権 派」弁 護士 会 と 称 さ れ る 者 た ち で あ る。 特 に 、 妻 側 弁 弁 護 団 の 主任 弁 護 蒲 士 の 被告 蒲 派 告 蒲 派「人 権 派」弁 護士 で あ る。

「人 権 派」た ち の 裏 の 顔


◇ NPO 法人 の 代表 理事 で あ る ほ か 、 「イ ク メ ン (育 MEN) 프로 제크 트 推進 委員会」(厚生 労 働 省 主管) 、 「子 ど 生 労 働 省 主管) 、 「子 ど も ・ 子 育 て 会 府 の 主管 府 府 主管)会」(内閣 府 主管) の 委員 な い し メ ン バ ー で あ り 、 か つ 、 日 弁 連 の 市民 会議 委 上 員 で あ る 被告 駒 崎 弘 樹 は 、 二審 判決 が 出 さ れ た 数 当 ラ 日出 さ(父) に 引 き 渡 す わ け な い だ ろ う。 少 し 裁判 調 べ れ ば 分 か る こ と だ」등 、 裁判 で は 全 く 認 判 判 で は 全 く 認 判 判 で は 全 く 認 か ら れ て い な い こ と 判 渡 す わ け る れ た か の 認 め る れ た か も 裁

◇ 페미니즘을 専 門 と す る 大学 教授 の 被告 千 田 有 紀 は 連 合 会館 に お い て 、 A 氏 の 妻 が A 氏 の 暴力 が 原因로 「実 子 誘 行 講 拐」を し た の だ と 行 印 授 の 被告 千 田 有 紀 は 連 合 会館

な お 、 被告 千 田 と 被告 駒 崎 は 、 「実 子 誘拐」の 被害 者 で あ る 親 に は 上 て 格 に 問題 が あ る か の よ う な 印象 を 与 え る 프로 파간 더誘拐」の 被害 者 で あ る 父親 を 誹謗 中傷 す る 記述 の 隣 に ナ イ フ を 持 っ た 男 の 写 か の 置 く こ と 、 あ た か も 者 実 子 誘拐 等 の 被害 者가イ メ ー ジ を 読 者 に 抱 か せ る 効果 を 狙 う な ど 、 そ の 手法 は 非常 に 洗練 さ れ て い る。

◇ 朝日 新聞 の 論壇 委員 (当時) を 務 め て い た 被告 木村 草 太 は, 被告 蒲 田 が 投稿 し た 法学 セ ミ ナ ー 記事 を 朝日 新聞 紙面 で 「論壇 委員 が 選 ぶ 今 月 の 3 点」と し て 取 り 上 げ 「離婚 後 の 面 会交流 の あ る べ き 形 や 『フ レ ン ド リ ー ペ ア レ ン ト ・ ル ー ル』の 弊害 등 、 多 く を 学 ぶ こ と が で き る 論 稿 で あ る」と 記載 し た。

さ ら に 、 NPO 法人 代表 で あ り 朝日 新聞 の 論壇 委員 (当時) で あ っ た 被告 赤石 千 衣 子 は 、 被告 木村 の 記事 再 っ 㻩 上 で 再 引用 し て る 「A 重要」木村す る 主張 を 拡 散 し た。

こ の 被告 蒲 田 の 記事 に つ い て は 、 中立 的 立場 に あ る 弁 護士 が ブ ロ グ で 「蒲 田 弁 護士 は 、 当事 者 で あ る 原告 (A 氏)을 『人格 攻 撃』し て い る が, 理 告し て い る こ と の 証 左 で あ る」 「蒲 田 弁 護士 の 一方 的 な 罵 詈 雑 言 の 類 が 書 い て あ る に 過 ぎ の 烈 に 批判 し て い る に 過 ぎ の 記事 批判 し て い 弁 証 左 で あ る」あ る。

に も か か わ ら ず 、 被告 木村 と 被告 赤石 は 、 こ の 記事 を 手 放 し で 賛美 し て い る の で あ る。 そ の 裏 に は 強 い つ な が り が あ る と 考 え る の が 自然 で あ る。

そ の つ な が り を 示 す 一例 と し て, 本年 1 月 27 日, 被告 赤石 が シ ン グ ル マ ザ ー サ ポ ー ト 団 体 全国 協議 会 代表 と し て, 被告 駒 崎 ら と と も に 「養育 費 の 取 り 立 て 確保 に 関 す る 要 望」を 法 務 大臣 に 提出 し た 事 実 が 挙 げ ら れ る。

要 望 書 に は 「養育 費 差 押 え の 支援」の ほ か 、 「共同 親 権 制度 共同 親 権 制度 な ど 親 権 の 在 り。 会 共同 親 権 制度 権 権 親 権 の 在 り。 会 共同 親 権 制度 権 権 親 権 の 権 の 親 権 の 権 の 親 載 も ら ど の 記載 別 差 差 押 え)苦 し ん で い る 親 か ら 金 を 奪 い と る こ と へ の 良心 の 呵責 は 微塵 も 感 じ ら れ な い。

被告 駒 崎 は 、 昨 年 12 月 「第三 文明」에 「子 ど も の 権 い の」와 張 害 す る 離婚 後 共同 親 権」와 見 出 し を つ け 自 説 い 展開 し た う え い で

이 기능을 모두 지원하는 것, 昨 年 の 2 月 に 国 連 子 ど も の 権 利 委員会 が“子 ど も の 権 利 条約 の 実 施 状況 ”の 対 ど の 実 施 状況離婚 後 の 親子 関係 に つ い て 定 め た 法律 を 改正 す る と と も に, 非 同居 親 と の 個人 的 関係 お よ び 直接 の 接触 を 維持 す る 子 ど も の 権 利 が 恒常 的 に 行使 で き る こ と を 確保 す る こ と」と, 日本 政府 に 勧 告 し た内容 に 矛盾 す る こ と か ら も 明 ら か で あ る。

ま た 、 被告 木村 は 、 離婚 後 に 両 方 の 親 が 親 権 を 共同 し て 行使 す る 共同 親 権 制度 導入 に 反 対 し 、 虚偽 を 流 布 し て い る。

た と え ば ば そ の 著書 に お い て 、 1982 年 に ド イ ツ 憲法 裁判 所 が 出 し た 判決 を 援用 し 、 「日本 の 離婚 後 の 単 独 親親 権 の 規定 は 合理 性 が る」離婚 後 の 単 独 親 権 制度 が 違憲 で あ る と 判 制度가 婚後 の 共同 親 権 制度 改正 の 立法 化 に つ な が っ た 画 期 的 인

そ の 判決 を あ た か も 単 独 親 権 を 支持 す る 判決 で あ る か の よ う に 読 者 に 紹 介 し て 印象 操作 す る や り 方 は 、 今 回 の A 氏가 있음

◇ 被告 に は 元 裁判 官 の 浅田 登 美 子 と 若 林 辰 繁 が 含 ま れ て い る。 被告 若 林 は 、 あ ろ う こ と か A 氏 の 事件 を 担 彏 せ し た 裁判 る 官 判官 で あ り 、 A者 で あ る。 若 林 は A 氏 を 敗訴 さ せ た あ と 、 A 氏 の 妻 の 代理人 で あ る 被告 坂 下 の い る 弁 護士 事務 ら 所 へ 天下 っ た。 な お 、 若 林 は 「継 続 性た ほ う が 得 だ と い う こ と が あ っ て は な ら な い」등의 法 務 大臣 発 言 に 対 し 、 「法 務 大臣 が 何 で す る れ て い る 人 関係 な い」와 言 い 放 た と 報 じ ら れ て い る 人

大衆 操作 で 「人格 破 壊」


こ の よ う に 、 A 氏 へ の 人格 攻 撃 は 様 々 な 場所 で 同時 多 発 的 に 展開 さ れ た。 見 事 な 連 携 プ レ ー で あ る。

訴状 で は 、 「被告 は A 氏 が 一審 で 勝訴 し た 結果 に 脅 威 を 覚 え 、 先例 と し て 最高 裁判 れ 判 い て 確定 し な い よ う 、 ま た 、 親 い ㎫ る의氏 の 評 価 を 集 団 で 徹底 的 に お と し め 、 社会 か ら 抹殺 し よ う と し た の だ」と 主張 す る。

「こ の よ う な 行為 は 、 欧米 で は 『人格 破 壊 (캐릭터 암살)』と 呼 ば れ 、 大衆 操作 の 一 手法 と し て 知 ら れ る。 相 手 の 主張 や 行為 に そ の も の の 攻 撃 す る の 攻 撃 す る の등을 使 っ て 大衆 を 操作 し 、 相 手 の 社会 的 評 価 や イ メ ー ジ を 著 し く 下 げ る こ と で 、 そ の 影響 力 を 無力 化 さ せ る の で あ る」と も 主張 し て い る。

氏 が DV 行為 を 行 っ て い た 証 拠 は ど こ に も な い. 松 戸 判決 に お い て, 「(A 氏 の 妻 は 氏 に 対 し て) 身体 的 · 経 済 的 · 精神 的 · 性 的 暴力 を 婚姻 破綻 の 原因 及 び慰 謝 料 の 発 生 原因 と し て 主張 す る が 、 そ の よ う な 事 実 を 認 め る に 足 り る 証 拠 は な い」와 断 じ て い る。

判決 文 で こ こ ま で 踏 み 込 ん で 記載 す る こ と は 異 例 で あ る。 担当 裁判 官 が 「DV が 全 く な か っ た」と 確信 し て い な い 限 り 、 こ こ ま で の 言葉 当 裁判 官가が 全 く な か っ た の だ 、 と 推 認 さ れ る。

し か し そ の よ う な 判決 内容 は 、 39 人 も の 社会 的 影響 力 や 信用 力 の あ る 者 が 同時 多 発 的 に 虚偽 を 流 布 す れ ば 、 完全 に 上書 き で き る の で あ る。

さ ら に 、 訴状 や 提出 さ れ た 証 拠 資料 な ど を 見 る と 、 A 氏 の 妻 と 被告 ら は 共謀 し 、 「A 氏 の 妻 や 被 れ 告 ら 妻 や 被 れ 告 ら が 行 っ た 実 子 誘拐 実 子 誘拐 実 子DV を 捏造 し た 行為」を 報道 す る 記事 を 見 つ け る と 、 裁判 を す る ぞ な ど と 、 記事 を 書 い た 記者 や ラ イ タ ー 、 編 集 部 に 圧 力 ど せ た か ら せ 記者 や ラ イ タ ー 、 編 集 部 に 圧 力 ど せ た か ら せ 記事 を 報道 す る 記事 を 見 つ け る와て い た こ と も 分 か っ て い る。

こ れ は 表現 の 自由 を 侵害 す る 行為 で あ り 、 憲法 の 規定 に 違反 す る 重大 な 人 権 侵害 行為 で あ る が 、 こ れ る 憲法 学者 を 自称 す る 人 権 害 行為 で あ る が 、 こ れ る」て い る の は 皮肉 で あ る。

被告 ら の 工作 は こ れ ま で 成功 し て お り 、 一般 の 人 の 目 に 見 え る の は 、 被告 ら に と っ 都 合 の 良 い 記事 ば か り の 当 用 噓 も 100 回 言 え ば 本 当 に な る」 、 こ の 39 人 こ そ 、 そ の 言葉 が 真 実 で あ る と 実 感 し て い る こ と で あ ろ う。

「実 子 誘拐」ゼ ロ 社会 へ


い ま の 日本 で は 「実 子 誘拐」が 毎 日 の よ う に 行 わ れ 、 そ れ を 正当 化 す る た め に 虚偽 の DV が 捏造 さ れ て い る。 「実 子 誘拐 れ た ち の 誘拐」을 遂行 す る 者 た ち に 行 す る 者 た ち に 行 す る 者、 さ ら に DV 夫 ・ 虐待 母 の 烙印 ま で 押 さ れ る の で あ る。 そ の 無法 な 状況 を 社会 に 告 発 し よ う と す る メ デ ィ ア は 少 な い。

A 氏 の 訴訟 は 、 こ の 状況 を 打開 す る 一 筋 の 光 で あ る。

判決 を 書 く こ と に な る の は 被告 の 同 業 者로 あ る 裁判 官 で あ り 、 ま と も な 判決 が 出 る 可能性 は 少 な い の か も し れ な い。 し か し 、 裁判 所 の な る の は 被告 の 同 業 者로的 な 良心 を 持 つ 裁判 官 も い る。 大 岡 越 前 の 名 裁 き で 事態 が 変 わ る こ と を 期待 し た い。

A 氏 は 、 今年 3 月 10 日 か ら 始 ま る 今 回 の 民事訴訟 に 加 え 、 親 権 者 変 更 の 申 立 て を す る 予 定 で あ る と の こ と 変 更 の 申 立 て を す る 予 定 変 更 の 申 立 て を す る 予 定 で あ る と の こ と あ る。 松 戸 判決가 2 審父親 も い た こ と を 聞 き 、 自 分 や 自 分 の 娘 の た め だ け で な く 、 こ の 国 で 「実 子 誘拐」の 被害 に 遭 い 苦 し ん で い る 親子 の た め か と い も 諦 め て は な ぞ え。

子 ど も が 両 親 の 離婚 後 も 両 方 の 親 と 自然 に 会 う こ と が で き る 仕 組 み は 、 松 戸 判決 で 提示 さ れ た 「フ レ ン ド リ ー ー ペ ア レ ン ト ・ ル ー ル」를 입력日本 社会 は 大 き く 変 わ る は ず で あ る。

こ の 問題 は 、 日本 社会 の 根 幹 に か か わ る 家族 の 問題 で あ り 、 三 権 の 一角 を를 め る 司法 の 在 り 方 に か わ る 問題 で あ り 、 全 て の 人 に 関係 の 日 問 問題 で あ りや 孫 が 連 れ 去 ら れ 、 そ の 1 年 後 に 裁判 所 で 「自殺 す る な ら 敷 地 の 外 で し ろ」와 嘲笑 さ れ る 立場 に 陥 っ て い る か も し れ な い の で あ る。

是非 、 多 く の 人 々 が 自 分 の こ と と し て 真摯 に 考 え て ほ し い。 と も に 立 ち 上 が っ て ほ し い。 い ま こ そ 、 ま っ と う な 正義 を 取 り 戻 し 、 親子 が 引 き 裂 か れ な い 社会 時 現 取 り 戻 し

관심을 가질만한 기타 리소스

내 아이들 (납치 이야기)

아이들을 위해 만든 비디오와 일본과 그 국가가 후원하는 아동 납치 및 아동 학대에 대한 인식을 높이기 위해 제작했습니다. 자세한 내용과 납치범의 얼굴은 내 페이지를 참조하십시오.

더 읽기»

「橋本 崇 載」八段 イ ン タ ビ ュ ー 「な ぜ “連 れ 去 り”で 将 棋 を 引退 し た の か 、 全 て お 話 し ま す」

「連 れ 去 り」。 「実 子 誘拐」と も 呼 ば れ る 夫婦 間 で 起 き る こ の ト ラ ブ ル は 、 長 い 期間 、 日本 社会 で 置 き 去 り に 本 れ 洇 の 棋 の が 、 人 気 棋 去 りた こ と で 、 い ま に わ か に 大 き な 関心 を 集 め て い る。 プ ロ 棋士 と い う 輝 か し い 캐리 아오 수 방전 없음 「ば な ら な い ほ た ば か な ら い ほ い ど, 彼 を 追 い 込 ん だ い ど れ 去 り」라고합니다.

더 읽기»

「実 子 誘拐 ビ ジ ネ ス」の 闇 ハ ー グ 条約 を“殺 し た”人 権 派 弁 護士 た ち | 池 田良子

「実 子 誘拐」告 発 カ ン ペ ー ン 第 2 弾! な ぜ 日本 は 「子 ど も の 拉 致 国家」と 呼 ば れ て い る の か。 そ の 裏 に は 、 ハ ー グ 条 級 を “殺 し た”な ぜ 人 権 派 は 共同 養育 に 反 対 す る の か。 子 ど も の 権 利 を ど う 考 え て い る の か。 海外 の ケ ー ス だ け で は い。 国内 の も の か。 海外 の ケ ー ス だ け で は い。触 れ ら れ な か っ た 禁 断 の 扉 が つ い に 開 か れ る!

더 읽기»

交際 相 手 の 5 歳 長女 を 逆 さ づ り 、 浴槽 の 水 に 頭 つ け る… 31 歳 の 男 「暴行 30 回 く ら い し た」

同居 す る 交際 相 手 の 長女 (当時 5 歳) の 両 手 両 足 を 縛 っ て 逆 さ づ り に し 、 頭 を 浴 中 劽 の 水 に つ け た と し て 、 大 阡 庫 本 、 大 阡 庫 本 、 東 哂 市) (別 の 暴行 罪 な ど で 起訴) を 暴行 容 疑 な ど で 逮捕 し た。 末 次 被告 は 容 疑 を 大 筋 で 認 め 、 末 次 被告 は 容 疑 を 容 疑 を 末 ら し た め供述 し て い る と い う。

더 읽기»
fmp-japan-olympics-campaign-parental-alienation-child-trafficking-2020-1

매년 200,000 명의 일본 어린이들이 엄마 나 아빠를 강 탈당합니다!

일본 어린이들은 일본의 단일 양육권 법에 대한 대가를 치르고 부모의 사랑을 놓친다.