「本物の子供誘拐ビジネス」の闇人権弁護士のクレイジーなトリック|牧野のぞみ

リソースに関する一般情報:

言語: 英語

どんな内容ですか?

「10年前の今日(5月6日)、娘が誘拐されました。2歳だった娘は現在、中学生です。」 突然、彼の父(Aさん)は彼の最愛の子供を奪われました。 彼はどうなりましたか? その背後には、偽のDVなどの「本物の子供を誘拐する」方法を取り上げて指示した人権弁護士による違法な動きがありました。 最愛の娘を奪われた父親は魂を責められる! 日本で日常的に行われている「本物の子誘拐事業」の闇に迫る!

人権団体「39人」によるグループリンチ

ゲッティのロゴ

仕事に飽きて家に帰ると、子供が急いで抱きしめます。 小さな手がしっかりしがみついています。 この子がいるので頑張ります。 そのような毎日の幸せは突然奪われます。 私が家に帰ったとき、誰もいません。 家具はなく、シェルは空です。

そのような子供たちの多くが日本で連れ去られました。 子供を連れ去る人は両親の一人(主に母親)です。 西側などのほとんどの先進国では、これは誘拐の重罪です。

しかし、日本では「本物の子どもの誘拐」は無罪であり、弁護士の指導の下、日常的に行われています。 突然、愛する子供を奪われ、子供が見えなくなり、養育費だけを払い続けることで、精神的、経済的に動機付けられ、両親(主に父親)が自殺します。

このような「自分の子の誘拐」の被害者だった父親のAさんは、離婚手続きに関連して妻に暴力を振るうDV夫にされて恥をかかされた。 彼は人に対して民事訴訟を起こした。 被告人には、元裁判官を含む弁護士、NPOの代表者、大学教授、朝日新聞の論説委員(当時)が含まれます。

訴状では、彼らが犯した名誉毀損行為は「通常の名誉毀損とは完全に異なる体系的かつ体系的な犯罪」であり、「精神的苦痛と経済的損失はどれほど大きかった」と述べています。裁判官自身が個人と同様のグループリンチを受け取るかどうかは容易に想像できます。 「」

確かに、離婚手続きが単に夫婦間の喧嘩の拡大であるならば、39人もの人々が夫婦間の喧嘩の一方の側に関与し、もう一方の側はグループとして名誉を毀損するでしょう。 それは意味がありません。 また、Aさんは39人のほとんどに会ったことがなく、知り合いもいません。

では、なぜA氏は、39人の見知らぬ弁護士と元裁判官によってグループリンチされたのでしょうか。 それは、彼がいわゆる離婚事業に住む弁護士の虎の尻尾を踏んだからです。

39人の被告人は、所属するさまざまな職業や組織を持っており、一見、お互いに関係がないように見えます。 しかし、訴状は、「被告人の共通点は、誘拐が適用される犯罪行為である西側諸国での子どもの誘拐と、明らかに違反している親子の分離に関与していることである。国連児童の権利条約。、この法律が日本で引き続き実施されることを望む人々。」

訴状には、A氏の妻(当時)から始まり、各被告と電子メールで連絡するという陰謀の証拠も含まれています。

A氏の事件は、家族を混乱させ、小さな子供の心を傷つけ、片方の親を駆り立てる「本物の子供を誘拐する」という問題を凝縮しており、この事件を詳細に見ると、その背後にある。 「本物の子誘拐事業」で蠢く集団の実情をご覧いただけます。

グループの中心にいる裁判官や弁護士は、一般的に「子供を誘拐する」ことにどのように関与していますか?

弁護士が「本物の子供を誘拐する」方法を教える

裁判官は通常、以下に説明する「継続の原則」に基づいて「子供を誘拐した」親を監護します。 したがって、監護権の剥奪を確実にするために、弁護士は離婚を考えている親に「子供を誘拐する」ことを勧め、それを行う方法を指示します。 これは推測ではありません。 多くの証拠があります。

ある女性誌のある弁護士は、「監護権紛争への最初の対応が重要です。家を出るときはいつでも、子供を連れて行ってください」と誇らしげに書いています。

日弁連法務研究会が発行した本の冒頭で、「開業医にとって、監護権をめぐる争いがある離婚事件では、弁護士は常識を持っている。それでは、まず、子を確保することを意味する。クライアントの下で。」

弁護士が片方の親に子供を誘拐して訴訟を起こすように勧めた場合、裁判官は報酬として監護権を与えます。

次に、弁護士は、もう一方の親から盗まれた養育費の一部をポケットに入れます。 お礼として、裁判官が引退したときに法律事務所に雇われる場合が多いです。

からくりはとてもシンプルですが、多くの人は気づいていません。 弱者の同盟国を擁護する弁護士と公正であるはずの裁判官がそのように結束しているとは夢にも思わない。

しかし、法廷の現実は、ほとんどの人が想像するものとは完全に異なります。 議会の審議でも取り上げられた有名な裁判所職員のブログがあります。 そこで彼は、子供を誘拐した両親を嘲笑し、「彼の要求が通らなかったという理由だけで自殺しようとする党。 彼の要求が通過しない場合=裁判所は相手方の側にあります。 私は妄想です。 それが良くない場合、窓から飛び出すのは本当に迷惑です。 法廷で行われた場合、それを取り除くのは難しいので、やめてください。

それは妄想でも何でもありません。

これが法廷の現実です。 子供が誘拐され、配偶者が離婚手続きをした場合、そのような司法の闇が待ち受けています。

A氏は、子供との生活を取り戻すために、弁護士の常識である「本物の子供誘拐事業」の闇に切り込みました。 そこでは、弁護士と裁判官が社会的に徹底的に一掃されようとしていました。

「テイクアウト勝利」の無法地帯

離婚時の監護権をめぐる松戸判決という重要な裁判があります。

Aさんは実はこの松戸の決定の当事者です。 2歳で連れ去られた娘の監護権について、2016年3月の第一審判決は、「私が監護権になった場合、母である妻に約100人の娘を訪ねることを約束した。彼は、「妻が壊れた場合は妻に監護権を与える」ことを提案したA氏が監護権者として適切であると判断し、A氏に監護権を与えた。

判例以前は、月に一度、市場価格を監督して面会を行い、親を認める際には「継続の原則」を用いて同居する親を優先していた。 ..

なかでも松戸は、親の愛情で子どもたちがしっかりと成長できるように、「より寛容な親」を優先する「親しみやすい親のルール」を採用した画期的な決断です。 気づきました。 大岡越前の「子どもたちの闘い」を彷彿とさせる名前判定として多くのメディアから評価されました。

しかし、2017年1月の東京高等裁判所の2回目の判決は、1回目の判決を覆しました。

裁判官は「子供を連れ去った親に監護権を与える」と述べたが、そのような決定を下すために必要な理由は悪名高い「継続の原則」である。

この原則に基づいて、一方の親をだまし、離れている間に子供を誘拐し、その後、子供ともう一方の親との接触を完全に遮断した親が親として認識されます。 この原則は、法的根拠のない単なる法廷慣行です。

むしろ、それは「持ち帰り」を生み出し、他の先進国は法廷での子供の利益に反してそのような慣行を採用していません。

東京高等裁判所の2回目の判決では、裁判官は継続性の原則を採用した後、「友好的な親の規則」を明確に否定し、A氏の妻を娘の監護権にすることを決定した。 この文は、「親子の訪問はそれほど重要ではありません。年間100日間の訪問は、近所の友人との交流を妨げる可能性があり、必ずしも子供に利益をもたらすとは限りません」と述べています。 ..

同年7月、最高裁判所はA氏の控訴を棄却し、最終決定した。 もともと、法的判断が第1審と第2審に分かれている場合、最高裁判所はそれを受け入れて審議しなければなりません。 しかし、最高裁判所はそれを受け入れないことを決定し、審議することさえ拒否しました。 その決定を下した裁判長は鬼丸かおるです。 弁護士の裁判官。

日本は「子どもの誘拐国家」です

国際的には、日本は「子の奪取国家」であり、その原因は司法にあるという認識が定着しつつあります。

連邦捜査局(FBI)の最重要指名手配者リストは、テロリストのように、元夫の許可なしに子供と一緒に日本に帰国した日本人女性の名前を扱っています。

米国では、10年近く議会で公聴会が何度も行われており、日本の司法はそのような「誘拐犯」の引き渡しを拒否するだけでなく、「誘拐犯」を監護している。 彼はそうすることによって「自分の子供の誘拐」を促進したとして彼を繰り返し非難している。

さらに、米国国務省は、2018年の子供の誘拐に関する年次報告書で、国際的に子供の誘拐を禁止するハーグ条約に違反していると日本を特定しました。

同年3月、EU大使26名が、子どもの親との面会の権利を尊重するよう日本に訴える文書を発行した。 昨年6月、フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、安倍首相に「子供を誘拐する」という問題を提起し、「容認できない」と述べた。

イタリアのコンテ首相も同月のG20グループ会合で安倍首相に親の子供に対する権利について懸念を表明した。

今年1月、オーストラリア政府が日本の法務省に家族法の改正を要請したと報じられた。

このような外国政府からの批判の背景には、日本人による「子どもの誘拐」や日本の司法の実情が海外で繰り返し報道されており、日本に対する感情が悪化している。

「日本の司法制度に対する批判の口調が支配的なフランスでは、ゴーン前議長の脱出受け入れ理論が根付いている。フランスの新聞フィガロが読者に尋ねたとき、「ゴーン氏は日本から逃げているのだろうか?」回答者の77%が正しいと答えました。」

最近、そういう記事を見ましたが、フランスで日本の司法制度に対する批判の口調が支配的になっている理由の一つは、「本物の子供を誘拐する」という問題だと考えられています。

この松戸判決が東京高等裁判所によって覆されておらず、最高裁判所によって最終決定された場合、または最高裁判所が東京高等裁判所の判決を覆した場合、「本物の親による子供の誘拐事業」は日本では不可能になります。ここにあるよ。 他の国から批判されるべきではありませんでした。

できるだけ早く、この悪名高い「継続の原則」を終わらせ、裁判所を子供たちの利益を最優先する場所にする必要があります。

しかし、海外から批判されている「本物の子どもの誘拐」が日本の社会問題にならないのはなぜか。 その理由は、Aさんのケースを見れば理解できます。

偽のDVによる人格攻撃

出典:http://tokatsu-law.com

100回嘘をつくと本当だろう…?

Aさんの場合に戻ります。 裁判所の従来の慣行を覆した第一審判決の直後に、39人の被告であるA氏に対する執拗で執拗な人格攻撃が開始された。 以下は、今回A氏が提起した名誉毀損行為の数です。

◇内閣府主催のDVカウンセラー研修会では、NPO全国女性シェルターネットの取締役(元代表)である近藤恵子被告が講師を務め、北中千里被告と檜方誠子被告が共同代表を務める。法人は、訓練しています。 会議の参加者に、ドメスティック・バイオレンスを行っている人物としてA氏を感動させる別荘を作成して配布し、高等裁判所に第一審判決の再検討を求める文書に署名するよう依頼しました。

この問題は衆議院の予算委員会と法務委員会でも取り上げられており、内閣府特命大臣はこの行為に「望ましくない」と回答した。 被告北中は、「ドメスティック・バイオレンス等の被害者のための私設シェルター支援研究会」の会員に選ばれました。この事件が国会で非難されたという事実にもかかわらず、内閣府が後援した。

◇被告の近藤恵子さんは、産経新聞に第一審判決の取材を受けた際、「DVは加害者の論理です。支援の場合、虚偽の告発DVはありません。今回も私たち私の夫は家庭内暴力で誤って告発されたと思います。「母親は彼女の子供を不当に連れ去ったわけではありませんが、現実は彼女自身と彼女の子供を家庭内暴力から守るための緊急避難でした。」

そのため、Aさんが実際にDVをやっているような印象を与える記事として報告されました。 被告近藤容疑者は以前、朝日新聞とのインタビューで、「被害者が(避難所に)逃げているという事実は、家庭内暴力の明らかな証拠である」と主張した。

◇妻側の防衛チームを構成する鎌田隆代、清田典子、齋藤英樹、坂下雄一、本田正夫を含む計31人の被告は、司法記者会見の決定後、記者会見で述べた。 2回目の裁判東京高等裁判所。 いわゆる「準備資料」をメディアに配布しました。

文書には、A氏は「大声で叫んだり、食器を投げたり、はさみを叩いたりしたので、A氏の妻は子供と一緒に逃げた」と述べ、「子供を誘拐した」ことを正当化した。 変身する内容でした。 この記者会見に続いて、テレビのニュースで「妻は夫の家庭内暴力を主張している」と報じられた。

被告人の弁護士のほとんどは「人権」弁護士と呼ばれています。 特に、切妻弁護士の主任弁護士である鎌田隆代弁護士は、千葉弁護士会会長、日本弁護士連合会理事を歴任した著名な「人権弁護士」です。

「人権団体」の裏側

出典:https://florence.or.jp

あなたが言っていることはあなたがしていることの正反対です!

◇NPO法人代表取締役に加え、厚生労働省監修の「いくめん(育成MEN)プロジェクト推進委員会」、「子育て会議」(内閣府監修)、「輝く女性の活動を加速させる男性指導者」「会」(内閣府)の会員または会員であり、日本弁護士連合会の会員である駒崎弘樹被告厚生労働省は、2回目の裁判決定の日にツイッター(数万人のフォロワー)で述べた。それは(父)に引き渡されることはない。裁判を少し調べることでわかるだろう。」

◇フェミニズムを専門とする大学教授の千田有紀氏が連合会館で講演を行い、A氏の暴力によりA氏の妻が「子供を誘拐した」と感銘を受けた。

被告仙田と被告駒崎は、「自分の子供の誘拐」の被害者である親が人格に問題を抱えているという印象を与える宣伝記事をインターネット上で配布している。 たとえば、「本物の子供の誘拐」の被害者である父親を殺害するという説明の横にナイフを持った男性の写真を置くことで、「本物の子供の誘拐」の被害者は、殺人者。 そのようなイメージを読者に与える効果を狙うなど、非常に洗練された方法です。

◇朝日新聞の論説委員(当時)であった木村宗太被告は、朝日新聞の「論説委員が選んだ月の三点」として、蒲田被告が投稿した法律セミナー記事を取り上げた。離婚後の訪問」。 それはあなたが相互作用の理想的な形と「友好的な親の規則」の有害な影響について多くを学ぶことを可能にする社説です。

また、NPOの代表で朝日新聞の論説委員(当時)であった被告赤石千恵子氏は、木村被告の記事をツイッターで再引用し、「重要」と付け加えた。 A氏による暴力。主張をに広める。

この被告カマタの記事について、中立弁護士がブログに「カマダは党である原告(Aさん)を攻撃している」と書いているが、理由で責められないのは論理的に破れている。この記事自体は名誉毀損の標的は、「それはあなたがしていることの証拠である」そして「それはカマタ弁護士の一種の一方的な虐待的な雑多な言葉である」と批判している。

それにもかかわらず、木村被告と赤石被告はこの記事を無料で賞賛している。 その背後には強いつながりがあると考えるのは当然です。

この関係の一例は、今年1月27日、赤石被告が駒崎被告らとのシングルマザー支援団体全国協議会の代表として法務大臣に「養育費徴収の要請」を提出したことである。 。 ..

「養育費の差し押さえの支援」に加えて、「共同親権制度などの監護権の状態とは関係がない」という要請も含まれています。 この文書から、子供を奪われて会うことができないことに苦しんでいる両親を奪うことに対する良心の反省を感じることができます。

被告駒崎容疑者は、昨年12月の「第三文明」で「離婚後の子どもの権利を阻害する共同親権」という見出しで独自の理論を展開し、「公明党と最善を尽くしたい」と結論付けた。

この理論が完全に誤りであるという事実は、昨年2月に、国連の児童の権利委員会が、日本における「児童の権利条約の実施状況」の検討結果を発表したことである。 「子どもの共同親権を認める目的で。離婚後の親子関係に関する法律を改正し、子どもの個人的な関係を維持し、生きていない親と直接接触する権利を定期的に行使できるようにする。」それが内容と矛盾するという事実から。

被告木村氏はまた、離婚後に両親が共同監護権を行使する共同監護制度の導入に対して虚偽を広めた。

たとえば、彼の著書では、1982年にドイツ憲法裁判所が出した判決を使用して、「日本での離婚後の単独監護権の提供は合理的である」と主張しました。 しかし、この判決は、民法に定められた離婚後の単一監護制度は違憲であるとの判決を下した、離婚後の共同監護制度の改正を立法化した画期的な判決である。

読者に判決を紹介し、単独監護を支持する判決であるかのように印象を操作する方法は、今回のA氏の名誉毀損の方法と同様です。

◇被告には、元裁判官の浅田朋子さんと若林達重さんがいます。 被告若林は、A氏の事件を担当した裁判官であり、A氏を倒すための裁判状を書いた。A氏を倒した後、若林は、A氏の妻の代理人である坂下被告がいる法律事務所に行った。 。 また、若林首相は、法務大臣の「 『継続の原則』はあるので、取るべきではない」との発言に対して、「法務大臣の発言は関係ない」と述べたと報じた。それを離れて。」 されている人

大量操作による「個人破壊」

このように、A氏への人格攻撃は、さまざまな場所で同時に頻繁に展開されました。 素晴らしい協力プレイです。

訴状では、「被告は、第一審のA氏の勝利の結果に脅かされているため、最高裁判所が判例として確認することはなく、世論は、解任または分離を禁止するように指示されることはない。彼はグループとしての彼の評価を徹底的に断ることによって社会から彼を根絶しようとしました。」

「そのような行為は呼ばれる」 キャラクター暗殺」は欧米で「大量操作の方法として知られている。相手の主張を攻撃したり、自ら行動したりする代わりに、社会的評価を大幅に低下させるなどして大衆を操作することにより、メディアは体系的かつ体系的に相手のイメージ、影響が中和されます。」

Aさんが家庭内暴力をしていたという証拠はありません。 松戸の判決では、「(A氏に対するA氏の妻は)結婚の失敗の原因と賞の原因として、肉体的、経済的、精神的、性的暴力を主張している。認める十分な証拠はない」。

判決のテキストでこれまでに行くのは珍しいです。 担当裁判官が「ドメスティック・バイオレンスはなかった」と確信しない限り、今のところ言葉を書くことはできません。 A氏の妻の主張は完全に根拠のないものであったと推定されます。

しかし、39人もの社会的に影響力のある信頼できる人々が同時に虚偽を広めれば、そのような判決は完全に上書きされる可能性があります。

さらに、訴状と提出された証拠を見て、A氏の妻と被告は、「A氏の妻と被告によって子供を誘拐する行為であり、それを正当化するのは誤りである。 「DVを偽造する行為」を報告すると、記事を書いた記者、作家、編集部に、裁判をしてネットから落とすと言って圧力をかけることになります。 私もそうだったことを知っています。

これは表現の自由を侵害する行為であり、憲法の規定に違反する重大な人権侵害ですが、これは憲法学者である木村宗太氏と「人権団体」と呼ばれる弁護士によって行われています。 皮肉なことです。

被告人の仕事はこれまでのところ成功しており、一般の人々は彼らにとって都合の良い記事しか見ることができません。 「嘘を100回言うと本当だ」というイディオムがありますが、この39人はその言葉が本当だと気づきます。

ゼロ社会への「実子の拉致」

ゲッティのロゴ

今日の日本では、「本物の子どもの誘拐」が日常的に行われており、それを正当化するために偽のDVが偽造されています。 「自分の子供を誘拐する」ことを実行する人々によって子供が誘拐された親は、DVの夫および虐待的な母親としてさらにブランド化されます。 社会を違法な状況で非難しようとしているメディアはほとんどありません。

A氏の議事録は、この状況を克服するための光線です。

判決を書くのは被告の仲間である裁判官であり、まともな判決が出される可能性は低いかもしれません。 しかし、松戸判事の判決など、人間の良心を持った裁判所もある。 大岡越前の名前判断で状況が変わることを願っています。

A氏は、今年3月10日から民事訴訟に加えて、親権交代の申立てを行う予定です。 松戸容疑者の判決が二度目に覆されたことに絶望した父親は、自分と娘だけでなく、この国で「本物の子供誘拐」に苦しむ親子のために自殺したと聞いた。 彼はあきらめるべきではないと考え、そうすることに決めました。

松戸判決で提示された「親友ルール」を導入することで、両親の離婚後、子供が自然に両親と出会える仕組みが保証されています。 これが最高裁判所で採択されれば、日本社会は大きく変わるでしょう。

この問題は、日本社会の根幹をなす家族問題であり、三大国の一つである司法の状態にかかわる問題であり、すべての人に関係する問題です。 明日は誰もが子供や孫に嘲笑される立場にあるかもしれません。1年後、法廷で「自殺したいのなら、敷地の外に出てください」と言います。

多くの方に真剣に受け止めていただきたいと思います。 一緒に立ち上がってほしい。 今こそ、正義を取り戻し、親子がバラバラにならない社会を実現する時です。
(敬語は本文中で省略)

(初登場:月刊「花田」2020年5月号)

あなたが興味を持つかもしれない他のリソース

少年の遺容容疑の母、そのの育育育育所へ通わせず

大阪市で鈴木琉聖(りゅうせい)ちゃん(1)とみっち遺体がたた事件で、死体遺忘容疑で捕たたた母の無職鈴木玲奈(れな)容疑者(4)が3月になる、琉聖ちゃんを保育所に通わせ、私たた、関係者への取材でたた。 4月に育育かが急変してネグレクト(育子供ほど)状態ありたた性堅とみる。

続きを読む "
fmp-japan-olympics-campaign-parental-alienation-child-trafficking-2020-1

毎年20万人の日本人の子供たちがお母さんやお父さんを奪いました!

日本の子供たちは国の単一監護法の代償を払い、親の愛を逃します。