「桥本崇载」八段インタビュー「なぜ“连れ去り」で将棋を引退したのか,全てお话します」

什么事啊

“実子诱拐”とも呼ばれる夫妇间で起きるこのトラブルは,长い期间,日本社会で置き去りにされてきた。だが,人気棋士の桥本崇戴・八段(38)が引退の理由として挙げプロ棋士という辉かしいキャリキャアを手放さなければならないほど,彼を追い込んだ「连れ去り」とは,いったい何だったのか。

街头演说に立った桥本氏

突然の引退表明暗示から1周间経った周末。东京・新桥駅前の広场でマイクを握り,道ゆく人々に呼びかける桥本氏の姿があった。

“子供の连れ去りは诱拐,犯罪です。法改正までもうあと一歩です。未来を変えていきましょう。この声が上川(阳子)法务大臣に届くように,みなさまどうか応援をどうぞよろしくお愿いします!”

その大半が桥本氏と同じ「连れ去り被害者」たちだ。いま桥本氏は“胜负师”から一転,「连れ去り被害」たちが担ぎ上げる“ヒーロー”のような存在となっているのだ。

11代励会入りし,18歳でプロ棋士デビュー。20代の顷,金髪にパンチパーマの出で立ちで対局に临んだ姿から,ついた浑名は“棋界の异端児”。将棋界の最高峰・顺位戦A级リーグに在籍したこともある桥本氏の突然の引退指示は,棋界のみならず社会を惊かせた。

背景にある「単独亲権制度」

その理由が「连れ去り」だったと明かされたのは4月2日のことである。

“これは本当に社会问题となっている事象で,いま私は被害者として巻き込まれている。この事しました一人でも多く知ってほしいと思い,このチャンネルで告発することを决意致しました”

本身のYouTubeチャンネルでこう语り出した桥本氏は,现在も1日1回のペースで,连れ去り问题について私见を述べる动画をアップし続けている。

“デイリー新潮”でも度された取り上げてきた「连れ去り」とは,夫や妻がある日突然,子供を连れて家を出てしまうことだ。その日を境に,残された方の亲と子供は引き裂かでは。このようなトラブルが日本社会では多発し,2018年からは国の立法不作为を问う6件の国家赔偿请求诉讼が立て続けに起きた。

日本では民法の规定で,离婚するとどちらか一方しか亲権が持てなくなる「単独亲権制度」が采られている。そのため,いざ夫妇关系が破绽した问题なのはその后,裁判所で亲権が争われる时,连れ去ったほうが圧的に优位に立てる“システム”が出来上がっている点である。

出产后4カ月で起きた“连れ去り”

桥本氏が诉える。

私のように连れ去られた亲が“子供を返してほしい”と诉え出ても,裁判所は,いまの环境を変えてしまうと子供のの心身に悪影响を与えてしまうと退け,面会すら认めないのです。このような司法の惯例が,“连れ去り胜ち”を许しています。私の场合もそうでした”

桥本氏は2017年に,约1年间の交际を経て妻と结婚。关西地方にあった妻の実家近くに引っ越し,対局がある日は东京に通う日々を送っていた。

「裁判の关系もあるので,すべてを详细にお话できないのですが,もともと妻は精神的に不安定なところがありました。ただ,待望の妊娠が分かってからは,子供ができる喜びから精神状态も改善していき,ほっとしていたのです」

2019年3月に长男が出生。やがて惯れない育児などを巡って,気づかないうちに夫妇间に亀裂が入ってしまったという。

“妻の负担を少しでも軽くするため,家にいる时は率先して家事を引き受けていました。お风吕に入れ,寝かしつけるのは私。待望の子宝に恵まれ,私自身は夫妇円満にやっているつもりでした。しかし,出产から4カ月ほど経ったある日,些细ないざこざがきっかけでLINEで言い争ってしまう”事件”が起きました”

弁护士から届いた一通の书类

哗した2日后の7月18日,桥本氏が対局から帰ると「一绪に暮らしたくない」という书き置きだけが残されていた。妻は息子を连れて,実家へ帰ってしまったのだった。

“しばらくしての后,妻のし亲を呼び出し,话し合いを求めましたが,埒があきません。しばらくして妻とようやく话で合いの场を设け,息子とも会えたのですが,妻は话し合いの途中で息子を抱きかかえて出ていってしまいました」

すると,翌日,妻の弁护士から书面が届いた。

“婚姻关系が破绽した理由は,私が一方的に何时间にもわたって责め続ける态度が原因である。慰谢料を払えと。全く身に覚えのない话でした。ちなみに,私は妻にすぐに弁护士に连络して详しい说明を求めましたが,话になりませんでした。息子に会わせてほしいとお愿いしても,“ 1カ月に3、4时间程度,母亲の监视付き”という受け入れがたい条件を提示してくる。そこで,私のほうも弁护士を立てて争うことにしたのです”

子供の写真立てを叩き割った日

桥本氏は「监护人指定」と「子の引き渡し」を家庭裁判所に申し立てたが,いずれも认められなかった。

裁判官は,别居に至るまでの経纬なんてまったく见てくれない。“シングルマザーはかわいそう”という视点ありきなのです。彼らは司法の常识に毒され,一般的な感覚を持ち合わせていない。

彼らは财产分与や婚姻费用などから成功报酬を得ています。だから,话し合いで夫妇仲を修复しようとしないどころか。 ,は引き裂こうとする。私は妻というよりは,『连れ去り』を画策し,容认している弁护士や裁判官が许せないのです」

1年7月月の间,息子と会えない日々が続いてきた。

“スーパーや公园を通りがかると,幸せそうな亲子连れとすれ违います。その度に动悸が激しくなり,吐き気が止まらなくなる。死にたいと思ったことも一度や二度ではありません。

一番辛かったのは,家庭法官所から『监护人指定』の审判书が届いた时でした。私の精神に不安定な面が见受けられるなどと,人格を否定する文面があった。厳しい现実を知り,もう息子に会えないんだなって思った瞬间,部屋に置いてあった子供の写真立てに手が伸びて,叩き割っていました」

将棋を指す姿を息子に见せたかった

精神科で「心身疾患と郁病」と诊断され,昨年10月には休场せざるを得なくなった。

しかし日本では,被害者が加害者のように扱われてしまうのです。向こうには亲子揃った家庭が维持され,こっちは一人ぼっち。さらには婚姻费用やら养育费こんな请求条,あたかもATMです。こんな不条理が许されていいはずがありません。

私供息子と过ごせた时间は,たった4カ月です。ハイハイを始め,つかまり立ちして,びき出す。子供の成长は一生に一度しか见られない瞬间ですよね。をすべて夺われ,このコロナ祸でたった一人で耐え続けたのです」

最后は将棋人生に,自ら终止符を打たなければならない状况まで追い込まれた。

“本当もNHKに映る,私が胜つかっこいい姿を息子に见せたかった。ただ,もともとファンに无様な姿を见せてまでも将棋を続けていくつもりはありませんでした。もちろん30年続けてきた将棋から离れるのは寂しいですが,いまはそんな感伤に浸るような気持ちではありません」

実际,彼のYouTube动画には,裁判官などに対して,感情丸出しの过激な発言が散见される。

“それだけの绝望を経験してきましたから。息子といつ再会できるかどうかはわかりません。彼が成长して会いたいと访ねてきても,その时,私は生きているかどうかはわからない。けど,たとえ息子が取り戻せなくても,この体験を社会に広め,二度とこのような悲剧が起きない世の中にしたい」

政界进出も视野に

今年2月に上川法务大臣は法制制会に対し,离婚后の养育をめぐる解消に向けた制度见直しを咨询问した。现在,议论が积み重ねられている最中だ。

「何としても,上川大臣に私たちのこの怒りを届けて,法を変えてもらいたい。もしそれが难しいならば,私自が政治家になって法律を変えるくらいの覚悟でやっていく所存です」

だが,夫妇间の问题である限り,妻侧の言い分もあるであろう。だが,はっきり言えるのは,この问题の最大の被害者は子供たちであるということだ。彼らはある日突然,夫妻桥本氏の“怒り”は社会を动かせるのか。将来の活动に注目していきたい。

您可能感兴趣的其他资源

男児遗弃容疑の母,突然の育児放弃か保育所へ通わせず

大阪市で铃木琉圣(りゅうせい)ちゃん(1)とみられる遗体が见つかった事件で,死体遗弃容容ででされた母亲の无职铃木玲奈(れな)容疑者(24)が3月に突然,琉圣ちゃんを保育所に通わせなくなっていたことが,关系者への取材で分かった。それまでは健诊を受けさせるなど问题はなかった。遗体は低栄养状态で,府警は,3〜 4月に育児态度が急変してネグレクト(育児放弃)状态になった可能があるとみている。

阅读更多 ”

交际相手の5歳长女を逆さづり,浴槽の水に头つける…31歳の男「暴行30回くらいした」

同居する交际相手の长女(当时5歳)の両手両足を缚って逆さづりにし,头を浴槽の水につけたとして,大阪府警は10日,大阪市东成区中本,会社员末次一茂被告(31) )(别の暴行罪などで起诉)を暴行容疑などで康复などで。末次被告は容疑を大筋で认め,「ご饭をこぼすなどした时,殴ったり蹴ったりの暴行を过去に30回くらいした」とと供述しているという。

阅读更多 ”
fmp-japan-olympics-campaign-parental-alienation-child-trafficking-2020-1

每年有20万日本儿童被其父母抢走!

日本孩子为国家的单一监护权法付出了代价,却错过了父母的爱。