「私の暴行でない」4歳児虐待死,母亲が指控内容否认

有关资源的一般信息:

涵盖的主题: 虐待儿童
语: 日本人

什么事啊

2017年のクリスマスイブに大阪府箕面市の集合住宅で当时4歳の长男に暴行を加えて死亡させたとして,伤害致死罪などに问われた母亲の筒井麻衣被告(28)に対する裁判员裁判の初公判が15日午前,大阪地裁(大寄淳(おおよりじゅん)法官长)で始まった。筒井被告は“私自の暴行によって生じたものではありません”として指控内容を否认した。

犯罪状などによると,筒井被告は,17年11月から同居していた当时の交际相手の松本匠吾(しょうご)受刑者(26)=同罪などで惩役10年の実刑确定=と知人の大12月中旬ごろから,筒井被告の长男歩梦(あゆむ)ちゃんと当时2歳の次男に暴力を振るい,同月24〜25日に歩梦ちゃんの腹を殴って死亡させたとされる。

検察侧面は冒头陈述で,筒井被告が同年11月中旬〜12月上旬ごろまで歩梦ちゃんと次男に暴力を振るって「これがうちのやり方」と両受刑者に说明したと对应。その后両受刑者に歩梦暴の暴行を指示し,24日午后からの暴行で歩梦ちゃんが亡くなったとした。

一方,刑护侧は冒头陈述などで,筒井被告诫自身は致命伤となる暴力は振るっていなかったと反论。両受刑者に息子を杀されてしまった。両受刑者は思いも寄もい暴力をさらに,投诉内容は谁の人のような暴行で歩梦ちゃんが亡くなったのか特定していないとして,公诉弃却も求めた。

筒井被告は昨年2月の両受刑者の公判で弁护侧证人として出廷した际は黙秘していたが,この日の罪状认否では「このような结果が生じたことは责任を感じています」とも述べた。

箕面市年事件を受け,虐待リスクを判断を童の保护などを决める市要保护児童対策协议会の実务者会议に警察官と弁护士,大学教授を加えた。18年4月には,滥の恐れ米子どもとその家庭を支援する専门组织「児童相谈支援センター」を开设した。(米田优人,多鹿ちなみ)

您可能感兴趣的其他资源

男児遗弃容疑の母,突然の育児放弃か保育所へ通わせず

大阪市で铃木琉圣(りゅうせい)ちゃん(1)とみられる遗体が见つかった事件で,死体遗弃容容ででされた母亲の无职铃木玲奈(れな)容疑者(24)が3月に突然,琉圣ちゃんを保育所に通わせなくなっていたことが,关系者への取材で分かった。それまでは健诊を受けさせるなど问题はなかった。遗体は低栄养状态で,府警は,3〜 4月に育児态度が急変してネグレクト(育児放弃)状态になった可能があるとみている。

阅读更多 ”

交际相手の5歳长女を逆さづり,浴槽の水に头つける…31歳の男「暴行30回くらいした」

同居する交际相手の长女(当时5歳)の両手両足を缚って逆さづりにし,头を浴槽の水につけたとして,大阪府警は10日,大阪市东成区中本,会社员末次一茂被告(31) )(别の暴行罪などで起诉)を暴行容疑などで康复などで。末次被告は容疑を大筋で认め,「ご饭をこぼすなどした时,殴ったり蹴ったりの暴行を过去に30回くらいした」とと供述しているという。

阅读更多 ”
fmp-japan-olympics-campaign-parental-alienation-child-trafficking-2020-1

每年有20万日本儿童被其父母抢走!

日本孩子为国家的单一监护权法付出了代价,却错过了父母的爱。