あなたは土曜日の朝と同じようにジムから帰ってきますが、今回は家は静かです。

リソースに関する一般情報:

言語: 英語

どんな内容ですか?

ザ・子どもの権利協議会日本(CRCJapan)毎年少なくとも100人の子供が日本人の配偶者に誘拐されていると推定されており、日本は国際的な親権を認めていないため、彼らを取り戻す、あるいは連絡する法的方法はありません。 インタビューを受けた多くの親によると、日本は面会仲裁を強制したり、合法的な共同親権を提供したり、外国人と公平に取引したりしていません。 元妻に誘拐された子供を取り戻そうとしたために日本で投獄されたアメリカ人クリストファー・サヴォワの最近の事件に続いて、読者は日本が1980年のハーグへの署名を拒否した唯一のG-7国であることを知っているでしょう。国際的な子の監護権の決定を認め、親に誘拐された子の引き渡しを規定する条約協定。 しかし、子供との接触を取り戻すのに苦労しているほとんどの外国人の親は、可能であれば彼らの窮状をさらに絶望的にする配偶者や法廷での非難を恐れて発言することを躊躇しているため、多くの直接の説明を聞いたことがないかもしれません。

親による子供の誘拐との最初の出会いは5年生のときで、クラスの女の子の父親が私たちの目の前で彼女を食堂からひったくり、蹴ったり叫んだりしました。 その後、彼女は決して同じではなく、私たちも同じではありませんでした。

数年前、私は妻と小さな男の子と一緒に飛行機に乗って、ダラスに戻って訪問しました。 私の妻はキャビンの反対側の男に目を向け続けました。 「あそこのクレイグじゃないの…ブレンダの夫?」彼女はわたしに聞きました。 彼らは神奈川の私たちの友達でした。 私は彼と彼の2人の子供に「こんにちは」と言いに行きました。 「ブレンダはどこ?」 私は尋ねた。 その時、彼は、彼が感じたものには、和解できない違いがあると説明しました。彼は成田空港で「ハッピーミールのために」それらを取り出していた…。 彼は怖がっているように見え、子供たちはシェルショックを受けたように見えました。 しかし、彼が米国にいた直後に、法制度が始まり、子供たちは一週間で母親と一緒に戻ってきました。 離婚と共同親権について話し合われましたが、幸いなことに問題は和解できることがわかりました。 今日まで、クレイグとブレンダは子供たちと一緒にいます。

米国および多くの外国では、一方の親が他方の親の意向に反して子供を別の国に連れて行く国際的な親による子供の誘拐は犯罪です。 これは、どちらの親も誘拐の前に監護命令を持っていない場合でも当てはまります。 もし日本だけがその国の一つだったら、私はこの記事を書いていなかっただろう。

「タオルが投げ込まれるとは思っていませんでした。 6年前、日本人の妻が子供たちのガベ(10)とモーガン(7)をビーチハウスから連れて行ったときに「取り残された」東京のリクルーター、トッド・シュミットは言った。千葉で隠れていました。 それ以来、彼は娘に2回、それぞれ2時間の監視下で会っています。 彼は息子に会うことを許されなかった。 「それが最初に始まるとき、あなたは夢中になるでしょう」とトッドは説明しました。 「あなたがまだ結婚していても、学校はあなたに話しかけません。それは非常に苛立たしいことです」と彼は大きな制約を持って言います。

トッドは、「(外国人が)あなたの子供がどこにいるのか尋ねて、あなたが 『わからない』と言ったら、 『あなたが知らないというのはどういう意味ですか?しかし、それを日本人に言うと、彼らはすぐに理解します。それは完全に受け入れられており、まったく議論されていません。」 トッドは、日本に何年も住んでいるが、日本文化のこの側面については何も聞いたことがないと述べた。

トッドは、私が話をした多くの父親のように、法制度からの明白な差別を感じていないと言います。 日本の子どもの権利ネットワークの推定によると、裁判所は通常、80%の確率で母親を完全に監護することを支持している。 小泉純一郎元首相も例外であるが、それでも二人の子供は母親と接触することはなく、離婚時に妊娠していた子供も同様に父親に会ったことがない。 裁判所の間での一般的な意見は、「安定性」の観点から、子供は片方の親と独占的に留まる方がよいというもののようです。 彼らは、子供が両親の間を行ったり来たりするという選択肢は有害であると考えています。 さらに、最近の慣習では、男性がビジネスの世話をし、女性が子供たちの世話をするように指示されています。役割が混ざり合うことはありません。 したがって、離婚や別居があった場合、父親は「先に進む」ことが期待されます。 実際、この同じ態度は、西洋文化から消え始めたばかりです。

米国国務省によると、米国で法的に監護されている親から親によって日本に誘拐されたすべての子供のうち、1人が返還されたことはありません。 私が話をしたトッドと他の両親は、北朝鮮が日本人を誘拐したことで非難されているのに、なぜこれが容認されるのか知りたがっています。

隣人から電話があり、根岸基地の外に移動バンがある理由を尋ねられたとき、米海軍の司令官ポール・トーランドが働いていた。 家に帰る頃には、妻の悦子は赤ん坊のエリカと一緒にいなくなっていた。

「彼女の母親は私たちと一緒に引っ越してきました…しかし、私たちは米国に(再配置される予定で)予定されていました、そして悦子は私と日本を離れることを拒否した彼女の母親の間で引き裂かれました。」 パウロはそれがこれに来るとは本当に思っていませんでした。

そして2007年、ポールの妻悦子が亡くなりました。 パウロは悲しみましたが、ついに娘に会えると思いました。 しかし、裁判所は、エリカが日本の祖母と一緒にいるのが最善であると感じました。 ポールは娘を取り戻すために戦うことを決してやめませんでした、そして、彼は多くの父親のように、「エリカ・トーランドを家に連れて行くのを手伝ってください」と題されたフェイスブックで専用のインターネットプレゼンスを維持します。

ポール・ブラウンは、3年前に赤ちゃんだったので、息子のリアムに会うことを許可されていません。 リアムがオーストラリアで生まれる前から妻のトミコが脅迫していたので、彼にとっては当然のことでした。 「妊娠すると、私たちの子供は私を必要とせず、自分で育てることができるといつも言っていました。」 当然のことながら、ポールの元妻は自分自身が父親なしで育った子供でした。 ポールはアクセスを試み続けていますが、それが起こるという本当の希望はないと彼は言います。 「彼の母親が私について彼に言ったことにもかかわらず、彼が彼の父親が誰であるかを知りたいと思うことを願っています。」

2人の娘の父親である東京在住のトレイシーワイアットは、妻が子供たちを誘拐した後、子供たちに会うために何年も激しく戦いました。 「私の女の子は私にとって世界で最も重要なことです。私は彼女のために何でもしますが、妻も大好きです。」とトレイシーは叫びました。 何年もの間、彼は妻に再考するように説得し、励ましてきました。敵意の基盤の上でのみ、求愛のように遅いプロセス。

神奈川県のPTA会員によると、父親は収入を提供する以外に子供たちにとってほとんど重要ではないが、母親の関係は「神聖」である。 「母親は子供たちにとって神です…父親が(彼の役割において)役に立たない場合、彼は立ち去るべきです」と彼女は匿名で表明した。 繰り返しますが、これはここで理解され、めったに議論されないと考えられています。 しかし、すべての日本人が同意するわけではありません。

「私はすでに夫に(息子を誘拐する)ようなことは絶対にしないと言っています」と子供の英語学校のマネージャー、マミ・ジョンソンは言います。 彼女はまた、子供たちは両親の両方を知っているべきだと信じています。 「片方の親が押しのけられたときに子供たちに何が起こるかを見てきました…それは子供たちにとって、感情的に非常にひどいものです」と彼女は説明しました。

トッドは繰り返しました。「子供を作るには2人が必要です。子供を育てるには二人かかる。子供には両親が必要です…私は子供を彼女から遠ざけようとは決してしません。」 しかし、ブローバックはどうですか? 誘拐された親は、彼らが永遠に彼らを引き離すことはできないことを知っていませんか? 日本の法律では、子供たちが14歳になると、住みたい場所を選ぶことができます。 しかし実際には、彼らは他の親に対して非常に教化されているので、それまでに、ストックホルム症候群と同様に、しばしば片親引き離し症候群に屈し、他の親に対する不合理な恐怖を発達させます。 トレーシーはこれを所有している親のせいにします。 「彼らは、もう一方の親が脅威であるか、存在しないことを子供たちに伝えるために邪魔をしません。」

それが機能する方法

私が話をした父親は、日本(子供が関係している)での離婚プロセスを「茶番」にほかならないと説明しました。 「私が共同親権を望んでいると言ったとき、(裁判所は)それは「甘い」と思った」とトッドは皮肉を込めて言った。彼は、彼が日本人の父親であるならば、これがそれほど違うとは思わなかったと言った。私が話をした多くの父親は、システムが現状を支持していると説明しました。子供たちがどこにいても、そして彼らの状況が何であれ、日本の裁判所はそれを維持することを好む方法です。彼が言うように、「無法システム」。

私が話をした両親によると、システムは通常次のようになります:離婚の聴聞会で唯一の監護権が授与されます(共同監護権はメニューにありません)。 両親は両方ともこれを承認する必要があります。 その時点で、子供たちは一方の親の子になり、もう一方の親の子ではなくなります。戸籍または家族の登録。 もう一方の親は、第二の家庭裁判所が面会などの問題を手配すると言われています。 彼らに言われていないのは、それらの裁判所は厳密に「歯」のない仲裁であるということです。 離婚が解決すると、子の監護権を持つ親は、もう一方の親にアクセスを許可する必要はありません。 他の親が固執する場合、合法的な親はしばしば、金銭を強要する手段として自分の子供を見たいという他の欲求を利用します。 「10万円送ってください。息子から電話があります。」 当然のことながら、教育を受けた外国人は、日本での離婚を絶対に避けようとします。

トーランド司令官の妻が娘を誘拐したとき、彼は彼に日本の法廷制度を通過するように忠告した軍の弁護士を見ました。 トーランドによれば、「弁護士が言うべきだったのは、日本の法廷制度を通過しないことだった」とのことで、彼はすぐに監護権を剥奪され、軍事法廷に頼ることができなくなった。 「仲裁は奇妙でした」と彼は思い出しました。 「彼らが話していたのはお金だけでした。」 その過程で、彼の日本の弁護士は彼に謝罪しました、&ldqu
;あなたは持っているでしょう
私たちのシステムを許すために;人種差別に満ちています。」彼は彼を守ることは「タリバンを守ることのようだ」と言った。

のようなグループがあります子どもの権利協議会そしてその日本子どもの権利ネットワーク親を支援し、日本に法律を変えるよう説得しようとしています。 CRC Japanのモットーは、「最高の親は両方の親である」です。

これは単に日本文化の一面であると主張する人もいますが、マミ氏は「日本では国際結婚と出産だけが減少するのではなく増加しているので、外国の態度も尊重しなければならない」と指摘します。

トッドは息子にまた会えると思うかと尋ねられたとき、「彼がまだ子供の間に彼に会いたいのですが、そうなるとは思いません。幸いなことに、私たちはインターネットを持っており、私は彼を愛しているという情報を投稿し続けます。彼は避けられないでしょう。」

10月、トーランドは、クリストファー・サヴォワ事件を受けて、娘に再び会い、全国で計画されている抗議集会を支援することを期待して日本を訪れました。 彼は日本にいる間に米国の国会議員のクリス・スミスと会い、娘に会い、日本への子供の誘拐と戦うために提案されたスミスの法案を支持するために何ができるかについて話し合った。

私が話したり読んだりした数え切れないほどの父親のうち、成功したのは1人だけです。 トレーシーは徐々にチャンネルを再開し、「私は私の女の子を見ることができ、私と私の元は今素晴らしい関係を築いています」と言いました。 彼は、彼女が娘を再び誘拐することを心配しないと言います。 「私をリラックスさせたのは、娘たちが二度とそれをさせないことを知っていることだと思います。彼らは13歳と10歳で、私が彼らの生活の重要な一部であり、私が彼らをとても愛していることを理解しています。」 トレーシーは、「彼らが自分の名前をあきらめて私を忘れることを拒否したとき、すべてを変えたのは」と説明した。 しかし、当分の間、トレーシーの場合は例外であり、日本は、子供を誘拐し、他の親のアクセスを拒否することを選択した日本の親にとっての天国であり続けます。

あなたが興味を持つかもしれない他のリソース