ここで続いている子供の誘拐事業の闇は、ハーグ条約を殺した「悪役」です

リソースに関する一般情報:

言語: 英語

どんな内容ですか?

第二特別スクープ:なぜ日本は子供の誘拐国家として知られるようになったのか。 いわゆる人権弁護士や他の支持者は、親による子供の誘拐を求め、この問題の舞台裏でひもを引っ張ってきました。 ハーグ条約を無力化する彼らの方法は、この版で明らかにされています。

親による子の奪取を指揮する弁護士

今年3月24日、参議院法務委員会で意外な事実が報告された。 2018年5月15日、外務省と日本弁護士連合会は、パリで「子の監護権(物理的監護権)とハーグ国際結婚条約セミナー」を開催し、親が子を誘拐する方法について助言を受けた。

ハーグ条約は正式には「国際的な子の奪取の民事面に関する条約」と呼ばれています。 国際的な誘拐問題を解決するために、この条約は、子供を元の常居所の国に戻し、両親のアクセス権の行使を確保するためのプロセスで構成されています。 日本は2014年にハーグ条約を批准しました。

パリで開催されたセミナーでは、日本弁護士連合会から派遣された弁護士の柴池敏輝氏が、フランス在住の日本人の両親(主に母親)を対象にハーグ条約について講演しました。 国際人権法実務ハンドブックを執筆した柴池(大谷美紀子弁護士、国連児童の権利委員会委員)は、人権弁護士として広く知られています。

柴池がパリで言ったことはすべて、参加者の一人が録音したものです。 記録された内容によると、彼はハーグ条約の精神と一致する方法で参加者に助言しませんでした。 これは、子供たちのニーズを最優先にしながら、カップルが友好的に離婚する方法について話し合うことだったでしょう。 それどころか、彼は、ハーグ条約を適用せずに子供を日本に連れて行くことがどのように可能であるかを提案することによって、子供の権利を侵害する方法を具体的に助言した。

例えば、「ハーグ条約で主張しても、子供を連れて帰国した後は返還されないことを知りたい。 それについて少しお話ししたいと思います…あなたのケースが返還拒否の要件を満たしていない場合、それらのいずれも満たされていないので、日本で裁判が行われる場合はあなたの子供を返還しなければならないと思うかもしれません。 日本の裁判所は合意によって返還するかどうかを決定できるので、それは真実ではありません。これは日本の裁判所と日本のハーグ事件の独特の特徴です。 だからあなたはあきらめる必要はありません。

日本独自のルール

ハーグ条約は45の記事で構成されています。 それらの中で、2つの記事だけが子供の返還を拒否するための要件に言及しています。 このことから、この条約の主な焦点は、子供を彼らの習慣的な生活場所に戻すことを拒否しないことであることが明らかです。 これは、非常に例外的な状況でのみ許可されます。 これは、子供の誘拐を防ぐために設計された条約であるため、理解できます。 それにもかかわらず、柴池は、ほとんどの場合に当てはまらないという事実にもかかわらず、この返還拒否の要件を満たすために何をすべきかを30分間詳細に説明しました。 したがって、このイベントが子供の誘拐勧誘セミナーと呼ばれる可能性があることは非常に論理的です。

どうすれば子供を誘拐することができますか? 芝池の説明は以下のとおりです。
「記事を簡単に見てください。 記事は重要なので、見てみましょう。 第28条があります。 第28条は、返還を拒否する理由を規定しています。 ここに記載された理由を満たせば、子を返還することはできません…この第28条を参照してください。子が戻るという重大なリスクがある場合、裁判所は子の返還を命じないものとします。常居所の状態は、子供を身体的または心理的危害にさらすか、さもなければ子供を耐え難い状況に置くでしょう… この段落を見ると、重大なリスクには母親に対する家庭内暴力は含まれていないようです…しかし、他の段落では、上記の重大なリスクには、申立人による暴力などの対象となるリスクが含まれていると規定されています。回答者と子供が常居所に入った場合、子供に心理的危害を及ぼすような方法で。 ここに書かれている回答者は、母親、またはあなた方全員を意味します。 被申立人とは、ハーグ条約に基づいて請願に応じなければならない人を意味します。 言い換えれば、回答者は子供を連れて行く人です。 この記事は、子供を返還するかどうかは、(妻と)子供がフランスに戻った場合に、妻が夫から暴力を受けて子供に心理的危害を加えるリスクに依存すると規定している。」

ハーグ条約の記事を読んだ人は誰でも、柴池の説明に懐疑的であるはずです。 これは、ハーグ条約には、子の返還を拒否する理由としての家庭内暴力に関する規定がないためです。

日本がハーグ計画に設定した罠

ハーグ条約は、子供たちの利益を最優先する条約です。 したがって、夫婦関係は、子供を返還する決定とは無関係です。 カップルの1人が不誠実であったかどうか、または家庭内暴力があったかどうかは関係ありません。 家庭内暴力があっても、夫婦が別々に住んで共同養育を導入すれば問題は解決します。 したがって、返還拒否の理由として使用することはできません。 ハーグ条約は、子供への暴力を考慮に入れるべきであると述べているだけです。

ハーグ条約第13条の規定では、「彼または彼女の帰国が子供を身体的または精神的危害にさらす、あるいは子供を耐え難い状況に置く重大なリスクがある場合」、帰国は可能性があると述べています。拒否されます。 子供を身体的または心理的危害にさらす状況は、例えば、子供が虐待されている場合です。 耐え難い状況の例は、彼または彼女がかつて住んでいた国が戦争状態にあるときです。 したがって、ハーグ条約は、子の利益が損なわれることが明確に認められた場合にのみ、子の返還の拒否を認めています。

しかし、ハーグ条約の批准後、日本は国内法を操作し、条約を実施した。 これは、国際的な子の奪取の民事面に関する条約の実施に関する法律と呼ばれています。 日本政府は、この法律に子供を返還することを拒否する理由として家庭内暴力を含めましたが、ハーグ条約の第13条自体には含まれていません。

芝池が説明したように、施行法第28条は、ハーグ条約に基づいて子の返還を拒否することを決定する場合、裁判所は、被申立人が次のような方法で申立人による暴力を受けるリスクを考慮しなければならないと述べている。回答者と子供が常居所の状態に戻った場合、子供への心理的危害。

家庭内暴力が子どもの利益を害する理由は、家庭内暴力が子どもの前で発生すると、子どもに心理的危害をもたらすため、児童虐待と見なすことができ、子どもは身体的および精神的危害にさらされるためです。 日本では、これは家庭内暴力の目撃と呼ばれ、児童虐待防止法の下で児童虐待の一形態と見なされています。 いずれにせよ、重要なのは、そのような家庭内暴力を目撃するリスクがあるかどうかを決定するのは日本の裁判所であるということです。 したがって、日本の基準に従って家庭内暴力を決定するための日本における基準が何であるかを知ることは重要です。

日本の家庭内暴力の基準について何が珍しいのか

日本政府の情報によると、家庭内暴力行為の例には、長い間叫んだり無視したりすることが含まれます。 言い換えれば、妻のいちゃつく証拠を見つけた夫は、妻に向かって叫んだ場合、家庭内暴力として非難される可能性があり、子供がそこにいる場合、これは児童虐待と見なされる可能性があります。 また、夫婦間の喧嘩があった場合、妻が子供を誘拐した場合、日本の裁判所は夫の行動を家庭内暴力として認め、彼女がこれらの行動の犠牲者であると訴えます。 これは日本の裁判所では一般的な慣習です。

外国から子供を誘拐し、ドメスティック・バイオレンスの被害者であると主張して帰国した日本人の親が、第28条に基づいて返還の拒否を申し立てた場合、日本の裁判所は、日本におけるこの家庭内暴力の判断基準。 また、第28条から明らかなように、暴力の危険性があれば十分です。 リスクという言葉は、幅広い解釈で悪用される可能性のある炎症性の言葉です。 このようなリスクを決定するのは、やはり日本の裁判官です。

言い換えれば、日本の法廷で一歩でも踏み出せば、ハーグ条約などの国際的な規則はまったく適用されません。 日本の親が、いわゆる人権弁護士が示唆する汚いトリックを使って作られた家庭内暴力の証拠を持って、現在住んでいる国から子供を日本に誘拐することに成功する限り、日本の裁判官は、ハーグ。

セミナーでは、柴池は第28条を適用するために、フランスの日本人の両親に次の点をさらに説明した。 「家庭内暴力の適切な証拠を持って戻ってくることも重要です。 たとえば、フランスの病院に行って適切な診断書を取得するのが良い方法です。 避難所にいる場合は、避難所に行き、避難所にいることを証明する紙を書くようにスタッフに依頼してください。 警察に行く場合は、警察との協議の記録などを書き留めてもらうよう警察に依頼してください。 そして、そのような証拠を適切に持ち帰ります。」

日本の裁判官がどんなに無関心であっても、証拠なしに家庭内暴力の決定を下すことは困難です。 特にハーグの場合、国際社会でも見られます。 したがって、母親が何らかの「証拠」を示すことができれば、日本の裁判官が母親に対する家庭内暴力のために子供を返還することを拒否することは有益であろう。

虚偽の家庭内暴力の主張のためのスリーピースツールセット

芝池が提示した3種類の証拠は、これらのいわゆる人権弁護士が日本で使用するための偽の家庭内暴力証拠の作成を指示する際に使用する3ピースのツールセットです。 ストレスによる腹痛などの診断がある場合は、診断書を利用できます。 女性が避難所に滞在したという事実は、日本の裁判所での家庭内暴力の証拠として認めることができます。 女性が警察や女性カウンセリングセンターに相談したという事実も証拠として使用することができます。 これらの3つの点により、家庭内暴力が発生していなくても、満足のいく「証拠」を提供することが可能であり、日本の裁判所はこれを証拠とみなします。 言い換えれば、芝池が言いたいのは、ドメスティック・バイオレンスを提供する施行法を利用して、子供を日本に誘拐した場合、子供を日本に誘拐する必要はないということです。虚偽の家庭内暴力の主張を事実として扱う日本の裁判所。

2011年、日本人による子供の誘拐がアメリカ合衆国のABC放送局で報道されました。 プログラムでは、子供を誘拐して日本に帰国した日本人の妻からアメリカ人の夫に送られたメールが表示されました。 メールには、「日本のルールでこのゲームを始める時が来た」と誇らしげに書かれています。 この特定の電子メールは、日本がハーグ条約を批准する前に送信されましたが、今日の状況はほとんど変わっていません。 言い換えれば、日本がハーグ条約を批准したにもかかわらず、ハーグ条約に参加する前と同じように、日本の規則の下で子供を誘拐することは依然として可能である。 確かに、柴池が言うように、これは「日本の裁判所と日本のハーグ事件の特徴」である。 そして、上記のメールに書かれているように、これは子供の誘拐犯とそれを支援するいわゆる人権弁護士のためのゲームです。 そして、このゲームを楽しむ人々の究極の犠牲者となるのは子供たちです。

ハーグを殺したのは誰ですか?

ハーグ条約を廃止する施行法の制定の歴史は、2014年5月9日の公明新聞の記事で明らかにされました。この記事のタイトルは「公明党はいつどのようにプレーしたか」です。ハーグ条約の施行法が法制化されましたか?–子どもたちの利益を維持しながら、家庭内暴力の犠牲者の支援を強化する条項を追加しました。」この記事では、国会議員で元外務省の役人である山本鼎氏の活動について説明しています。

公明党は、「公明党は、ハーグ条約の施行法を成立させる過程で、ハーグ条約の規定に関する問題を解決した。公明党は、締結を恐れた人々の不安を話し合い、鎮めた。公明党は、「ドメスティック・バイオレンスの被害者の帰国が子供を身体的または身体的にさらす重大なリスクがある場合に、子供を拒否する規定の有効性を確保することを主張した。心理的危害。」 日本政府との交渉を重ねた結果、施行法に盛り込まれた」と語った。

なお、この記事では、NPO全日本女性シェルターネットワークの代表である日方誠子氏が、施行法の制定時にハーグ条約を打ち砕くために最善を尽くした公明党に感謝の意を表した。 ひじかたは、今年5月号のHANADA誌の「子の誘拐事業の闇」という記事で、偽の家庭内暴力チラシを配布したことで名誉毀損で訴えられたと述べられた。 記事の中で、日方は「ハーグ条約を締結する計画が発表された当時、私たちの意見を表明する十分な機会がなかった」と述べています。 確かに、土方とその仲間たちがそれに抗議したにもかかわらず、ハーグ条約は批准された。

ハーグ警戒協会は、日本政府がハーグ条約に署名しようとしたときに設立されました。 このグループのメンバーを見ると、全日本女子プロレスネットワークのメンバーだけでなく、上記のHANADAの記事で名誉毀損で告発されたと言及されている赤石千子などの他の人々も見ることができます。弁護士の本田正夫。 学生時代に千田有紀の教授だった上野千鶴子の名前もあります。 仙田は名誉毀損事件の被告でもある。

「人権宗派」が反対する理由

なぜ彼らはハーグ条約の批准に反対したのですか? その理由は、いわゆる人権弁護士の一人で「ハーグ警戒協会」の会員である吉田陽子氏がニュースレターで報じているように、ハーグ条約の批准が国内の児童誘拐事業に大きな影響を与えた可能性があるためです。日本弁護士連合会男女共同参画委員会の報告「ハーグ条約の批准は、国内の子供との分離事件に大きな影響を及ぼしている」。

言い換えれば、ハーグ条約の採択によって国際的な子供の誘拐を禁止することは論理的に不可能であり、国内の子供の誘拐も禁止していません。 したがって、この矛盾を解決するために、関連する国内法と日本の裁判所の判決は当然変更されることになります。 そうなると、これらのいわゆる人権弁護士は、日本で子供を誘拐する事業を行うことができなくなります。 この状況のために、彼らは驚くべき方法で矛盾を解決しようとしました。 言い換えれば、彼らは日本の地方の規則を世界の規則と一致させる代わりに、日本の規則を世界の他の地域に適用しようとしたのです。

1983年にハーグ条約が発効してから約40年が経過し、日本が加盟した時点ですでに90カ国以上が加盟していた。 このような状況下、新参者である日本は、独自の日本のルールを条約に持ち込もうとした。 これは、発生する方法とは逆です。 条約批准後、与党と連立したばかりの公明党と、党の背後にあった創価学会に反対する団体が、実施法を法制化することにより、ハーグ条約に水を差す。 さらに、これらのいわゆる人権弁護士は、国内の児童誘拐事業を維持するためにハーグ条約を打ち破ろうとする彼らの本当の意図を公に決して述べなかった。 彼らは協会のニュースレターで本当の意図を明かしているが、家庭内暴力の犠牲者を保護するために条約を批准することに反対しているように公式にふりをした。

2013年6月13日の「赤旗(赤旗)」(日本共産党発行の新聞)の報道によると、吉田陽子氏は参議院法務委員会でも「母親が外国から帰国しても家庭内暴力から逃れるために子供と一緒に、子供は元の習慣的な居住国に戻されます。 それが私の懸念です。」

彼らの戦略はうまくいきました。 そして、伝道者のように、外務省の支援を受けてハーグ条約の抜け穴を説明することにより、日本の両親に国際的に子供を誘拐し続けるように扇動するのは柴池です。 柴池さんのプロフィールを見ると、NPOヒューマンライツナウのディレクターであることがわかります。 このNPOの設立以来、事務局職員として国内外でさまざまな人権問題に取り組んできたようです。 このNPOは、NHK(日本放送協会)などを通じてハーグ条約の批准に反対を主張し続けた弁護士伊藤和子が率いる。 彼女の下で働いていた芝池がハーグ条約セミナーを委託されたとしたら、それはハーグ条約の抜け穴セミナーであると結論付けるのは当然だろう。

「人権セクト」の守護者としての外務省

不思議なのは、上記のセミナーが取り上げられた法務委員会の時の外務省の返事です。 外務省カウンセラーの山中修氏は、このセミナーの目的は「子どもの連れ去りの問題について多くの人々の正しい理解を促進し、子どもの連れ去りを防ぐこと」であると明確に述べた。 それにもかかわらず、彼は「このセミナーの主催者として、これらの目的が達成されたことを期待している」と誇らしげに述べた。

前述の5月号のHANADAの記事で述べたように、子供の誘拐国家としての日本のイメージは国際社会の間でますます確立されつつあります。 このような状況下、ハーグ条約の抜け穴と子どもの誘拐の仕方を公式に教えたセミナーを称賛する国会外務省の声明は、フランスだけでなく、日本人はそこでそのようなセミナーを開催しているだけでなく、国際社会全体も開催しています。

外務省は、深刻な外交問題を引き起こすリスクがあるにもかかわらず、なぜ芝池をこれほど強力に擁護しているのでしょうか。 芝池のホームページを見ると、彼と外務省との並外れた関係が理解できます。 柴池氏は、外務省の子の奪取事件に関する電話相談(ハーグ条約問題/パイロットプロジェクト問題)を担当する公務員を務めるほか、大使館主催のハーグ条約セミナーの講師も務めています。フランスでのセミナーに先立ち、2014年に英国で日本。 日本でも、2016年から2017年にかけて、外務省主催のハーグコンベンションセミナーで合計6名の講師を務めました。

そして、外務省は、そのような講義の内容が子供の誘拐を助長していることに気づかなかったようです。 実際、フランスでのセミナーでも総領事館が出席し、柴池氏を専門家として称賛しました。 柴池氏と外務省が緊密に協力して、国内外で子どもの誘拐勧誘セミナーを開催していることは間違いありません。

外務省はなぜ親に誘拐の仕方を教える弁護士芝池を大事にしているのか。 彼の経歴がその答えだと考えられています。 創価学会学生部主催のシンポジウムで、2015年5月号の創価学会「第三文明」(公式誌)の記事を読み、芝池がSOKAグローバルアクションについて講演しました。 創価学会会員以外の方は、創価学会学生部主催のシンポジウムで講演を行うことができます。 ですから、しかし、芝池、公明党、創価学会はかなり密接な関係にあると言えます。

公明党と創価学会も外務省に非常に近い。例えば、上記の公明新聞では、NPO全日本女子プロレスネットワークのメンバーである公明新聞が、「国会の山本鼎(金江)、大口善徳)など、公明党のメンバーが私たちを最も心から世話して紹介してくれました。外務省の職員は何度も。 「」

それは私に講義のテキストを思い出させます。 講演文によると、1970年代に創価学会は「総革命」を発表しました。これは、創価学会が官僚などの国力の主力にメンバーを配置することですべての社会をリードすることを意味し、特にその職業に重点が置かれています。法曹界と外交官。 国家試験に合格するために、学生部は「法務研究委員会」などの研究会サークルを立ち上げた。 同時に、司法試験に合格したメンバーを支援するために、四善友の会(自然友の会)と極地グループ(ライジングサングループ)の組織と、大鳥会(ジャイアントフェニックス協会)の組織を設立しました。外交官試験に合格したメンバーを支援する..

これ以上深刻な人権侵害はありません

この講義の信憑性を確認する方法がありません。 また、それが真実であっても、すぐに問題になるわけではありません。 しかし、創価学会の組織に植えられ、日本人による子の奪取活動を強化し、日本に深刻な問題をもたらすために法曹界の専門家や外交官として働いているメンバーが、多くの人から子の奪取国として非難された場合国々では、それは非常に大きな問題になるでしょう。

創価学会は、2019年12月号の第3文明で「子どもの権利条約30周年」を特集し、子どもの権利の保護に取り組んでいる団体です。 公明党も例外ではありません。 しかし、彼らが子供を傷つける活動に関与しているのであれば、それが実際の子供誘拐事業の宗派にだまされていることは事実であるに違いありません。 子供の誘拐と親子関係の崩壊は深刻な人権侵害であり、国連の児童の権利条約の第9条に違反しています。 創価学会には、これを早急に実現し、子どもの権利の擁護者としての本来の姿を取り戻すために、早急にその宗派との関係を断ち切っていただきたいと思います。

同じことが外務省にも当てはまります。 外務省は、子どもの誘拐の支持者に襲われたため、本来の役割を見失ってしまった。 同省は、宗派との不適切な関係を直ちに断ち切り、ハーグ条約の精神と意図に違反する施行法第28条を改正すべきである。 また、親子誘拐や親子関係の断絶は人権侵害であり、早急に判決を改正する必要があることを法務省を通じて最高裁判所に直ちに告げるべきである。 外務省と最高裁判所ができるだけ早く適切な職務に復帰することを望んでいます。

あなたが興味を持つかもしれない他のリソース