ケアから行方不明の子供たち:2019アップデート

どんな内容ですか?

2014年の「性的人身売買の防止と家族の強化に関する法律」1に準拠する州のケア機関が増えるにつれ、これらの機関は、法執行機関だけでなく、全米行方不明・搾取児童センター®にも、ケアから行方不明になった子供を報告する必要があります。 (NCMEC)、私たちは州のケアから行方不明になる子供たちについてますます学びます。 法案が可決される前と数年後の両方で、これらの行方不明の事件を分析すると、行方不明の子供たちの特徴と彼らの状況に関して違いが現れ始めました。 このレポートでは、2つの期間の違いについて詳しく説明します。 このアップデートは、主に2017年10月1日から2019年9月30日までの会計年度に焦点を当てています2。 該当する場合、この期間は、2012年10月1日から2017年9月30日までの過去5会計年度のデータと比較されます。 したがって、これは、ケアを逃している子供たちが直面している状況のスナップショットを提供します。 注目すべきことに、初期の時間枠では、他のどの人種グループよりも多くの黒人の子供たちがケアから行方不明になっていると報告されていました。 2017〜2019年度には、白人の子供(37%)がどのグループよりもケアを欠いていると報告され、黒人の子供(33%)とヒスパニックの子供(15%)がそれに続きました。 直近の期間では、以前の分析(14%)と比較して、ケアを欠いていると報告されたヒスパニック系の子供たち(16%)が増加しました。 さらに、2017-2019データセットで欠落していると報告された子供は、2012-2016データセットで欠落していると報告された子供よりもわずかに短い欠落期間でした。

あなたが興味を持つかもしれない他のリソース