世界中で、人身売買の被害者のほぼ20%が子供です。 人身売買された500万人の子供のうち、66%は女の子です

リソースに関する一般情報:

取り上げるトピック: 児童労働, 子どもの人身売買
言語: 英語

どんな内容ですか?

155か国から収集されたデータに基づいて、人身売買の範囲とそれと戦うために何が行われているのかについての最初の世界的な評価を提供します。 含まれるもの:人身売買パターンの概要。それに応じて取られた法的措置;人身売買、被害者、起訴の報告された事例に関する国別の情報。

UNODCの事務局長であるアントニオ・マリア・コスタは、ニューヨークでの報告書の発表時に、「多くの政府は依然として否定している。人身売買の事件の報告または起訴に関しては、怠慢さえある」と述べた。 彼は、人身売買の有罪判決の数が増加している一方で、UNODCレポートの対象となる5カ国のうち2カ国が1つの有罪判決を記録していなかったという事実を指摘した。

報告書によると、人身売買の最も一般的な形態(79%)は性的搾取です。 性的搾取の犠牲者は主に女性と少女です。 驚いたことに、人身売買業者の性別に関する情報を提供した国の30%で、女性が人身売買業者の最大の割合を占めています。 世界の一部の地域では、女性を人身売買する女性が一般的です。

人身売買の2番目に一般的な形態は強制労働(18%)ですが、性的搾取のための人身売買よりも強制労働の検出と報告の頻度が低いため、これは不実表示である可能性があります。

世界中で、人身売買の被害者のほぼ20%が子供です。 ただし、アフリカの一部とメコン地域では、子供が大多数を占めています(西アフリカの一部では最大100%)。

人身売買は人々が大陸を越えて移動することを意味しているように見えますが、ほとんどの搾取は家の近くで行われます。 データは、地域内および国内の人身売買が人身売買の主要な形態であることを示しています。

人身売買に反対する国連議定書(この分野で最も重要な国際協定)は、2003年に発効しました。 報告書は、過去数年間で、議定書を真剣に実施している加盟国の数が2倍以上になったことを示しています(対象となる155か国のうち54か国から125か国)。 しかし、必要な法的手段や政治的意思を欠いている国はまだたくさんあります。

「このレポートは、現代の奴隷市場についての私たちの理解を深めますが、それでも私たちの無知を明らかにします」とコスタ氏は言いました。 「私たちは全体像を持っていますが、印象的で深みがありません。問題が悪化しているのではないかと心配していますが、データ不足のためにそれを証明することはできず、多くの政府が妨害しています」と彼は認めた。 したがって、UNODCの長は、人身売買に関する情報収集と共有を改善するよう政府と社会科学者に求めた。 「この知識の危機を克服しなければ、目隠しされた問題と戦うことになるだろう」と彼は警告した。

コスタ氏は、「否定と良性の怠慢の暴露」に関するパネルディスカッションで、人身売買との闘いを強化するよう政府、民間部門、そして一般市民に呼びかけました。 「被害者の脆弱性を減らし、人身売買業者へのリスクを高め、現代の奴隷の商品やサービスに対する需要を減らすためには、さらに多くのことをしなければならない」と彼は述べた。

コスタ氏は、人身売買に対する国民の意識を高め、世界を結集して人身売買と戦うために、アカデミー賞を受賞した女優ミラ・ソルヴィノを人身売買と闘う親善大使に任命しました。 「人身売買被害者の窮状に対するミラのコミットメントは、人々を現代の奴隷制に反対する行動を起こすように動かすことを私たちは知っています」とUNODCの事務局長は言いました。

あなたが興味を持つかもしれない他のリソース