全球研究项目:打击互联网上儿童性虐待材料的热线全球格局和共同挑战的评估

有关资源的一般信息:

语: 英语

什么事啊

全球研究项目由美国失踪与受虐儿童国家中心(National Center for Missing&ExploitedChildren®)实施,并由Google.org资助,旨在审查与互联网促进的儿童性虐待材料作斗争的热线电话。 对儿童的在线性剥削是一项全球性挑战,世界各地的国家正在团结一致,共同制定一项全面计划,以防止和破坏CSAM的在线传播。 通过开展这项研究,NCMEC希望能够更好地了解当前全球对CSAM的应对措施,热线所面临的挑战,最具体地说,是社区关注的技术进步如何能够增加热线的影响力。

您可能感兴趣的其他资源

男児遗弃容疑の母,突然の育児放弃か保育所へ通わせず

大阪市で铃木琉圣(りゅうせい)ちゃん(1)とみられる遗体が见つかった事件で,死体遗弃容容ででされた母亲の无职铃木玲奈(れな)容疑者(24)が3月に突然,琉圣ちゃんを保育所に通わせなくなっていたことが,关系者への取材で分かった。それまでは健诊を受けさせるなど问题はなかった。遗体は低栄养状态で,府警は,3〜 4月に育児态度が急変してネグレクト(育児放弃)状态になった可能があるとみている。

阅读更多 ”

交际相手の5歳长女を逆さづり,浴槽の水に头つける…31歳の男「暴行30回くらいした」

同居する交际相手の长女(当时5歳)の両手両足を缚って逆さづりにし,头を浴槽の水につけたとして,大阪府警は10日,大阪市东成区中本,会社员末次一茂被告(31) )(别の暴行罪などで起诉)を暴行容疑などで康复などで。末次被告は容疑を大筋で认め,「ご饭をこぼすなどした时,殴ったり蹴ったりの暴行を过去に30回くらいした」とと供述しているという。

阅读更多 ”