大やけど3歳児放置母と同居男が指控内容认める

有关资源的一般信息:

涵盖的主题: 虐待儿童
语: 日本人

什么事啊

大やけどを负った长女=当时(3)=に治疗を受けさせず放置したとして,保护责任者遗弃の罪に问われた母亲の无职,桥本佳歩(かほ)被告(22)と,同居しいた无职,田中聡被告(21)の初公判が23日,横浜地裁(片山隆夫裁判官)で行われ,両被告は承认内容を认めた。

冒头陈述で検察侧は「被害者は入院が必要で,放置していれば死につながる可能性もあった」などと犯行の悪质性を指摘した。

犯罪状によると,両被告は3月1日ごろ,横浜市鹤见区の自宅で,女児が全身にやけどを负っていることを知りながら医师による治疗を受けさせず,パチンコ店に出かけるため,共谋し桥本被告まで“误って热汤のシャワーを浴びせてしまった”と供述していた。

次回公判は7月16日に同地裁で行われる。

您可能感兴趣的其他资源

男児遗弃容疑の母,突然の育児放弃か保育所へ通わせず

大阪市で铃木琉圣(りゅうせい)ちゃん(1)とみられる遗体が见つかった事件で,死体遗弃容容ででされた母亲の无职铃木玲奈(れな)容疑者(24)が3月に突然,琉圣ちゃんを保育所に通わせなくなっていたことが,关系者への取材で分かった。それまでは健诊を受けさせるなど问题はなかった。遗体は低栄养状态で,府警は,3〜 4月に育児态度が急変してネグレクト(育児放弃)状态になった可能があるとみている。

阅读更多 ”

交际相手の5歳长女を逆さづり,浴槽の水に头つける…31歳の男「暴行30回くらいした」

同居する交际相手の长女(当时5歳)の両手両足を缚って逆さづりにし,头を浴槽の水につけたとして,大阪府警は10日,大阪市东成区中本,会社员末次一茂被告(31) )(别の暴行罪などで起诉)を暴行容疑などで康复などで。末次被告は容疑を大筋で认め,「ご饭をこぼすなどした时,殴ったり蹴ったりの暴行を过去に30回くらいした」とと供述しているという。

阅读更多 ”