大津女児暴行死 4月から兄妹同居 児相、トラブル把握なし

リソースに関する一般情報:

資源の種類: 実話/記事
取り上げるトピック: 児童虐待
言語: 日本語

どんな内容ですか?

大津市の無職少年(17)が自宅で小学1年の妹(6)を暴行し死亡させたとして傷害致死容疑で逮捕された事件で、少年と妹と母親の3人が4月からほぼ同時に同居を始めていたことが5日、大津・高島子ども家庭相談センター(児童相談所)への取材で分かった。センターは兄妹間のトラブルは把握していないとし、滋賀県警が経緯を調べている。

【写真】事故現場とされていたジャングルジム  センターの説明では、少年と妹は、家庭の経済的な理由でそれぞれ県外の別の児童養護施設で生活し、3人が一緒に暮らすのは4月以降がほぼ初めてだった。  センターや県警によると、兄妹は7月21日、大津市内のコンビニに来店。未明だったため店員が不審に思い110番した。大津署から「夜間徘徊(はいかい)」などとして連絡を受けたセンターは母親に連絡し、深夜の外出をやめさせるよう指導。その際、妹に目立ったけがなどは確認されず、母親からは兄妹の不仲の話などはなく、センターは直ちに身体への危険性はないと判断し、大津署が自宅に送り届けた。  センターは今月4日に母親と面談し、家庭状況や養護について聞き取る予定だったという。「もう少し早く面会していればという思いもあるが、兄の暴行は想定できず、通告以降の対応はやむを得なかった」としている。  県警は5日午後、傷害致死容疑で少年を送検する。県警によると、少年は1日午前、妹が市内の公園のジャングルジムから転落したとして、公園近くの住民に助けを求めた。県警は申告は虚偽だったとみている。

あなたが興味を持つかもしれない他のリソース