大田区の3歳女児死亡母亲自身も両亲からネグレクトされていた止められなかった虐待の连锁

有关资源的一般信息:

涵盖的主题: 虐待儿童
语: 日本人

什么事啊

东京都大田区蒲田の自宅マンションションにンに长女を8日间置き去りにして死亡させたとして,保护责任者遗弃致死の疑いで母亲の梯(かけはし)沙希容疑者(24)が警视庁に捕捉された事件は,亡くなった稀华(のあ)ちゃん(3)は部屋に一人っきりで,母が帰ってくるのを待ち続けていたとみられる。

「のんたん」と呼んでかわいがっていた

母子家庭の2人は,川沿いに立つマンつマン1阶の1DKで3年前から暮らしていた。近くのコンビニ店の女性によると,梯容疑者は娘を「のんたん」と呼んでかわいがり,「仲がいい亲子だった」と话す。

捜查关系者によると,梯容疑者が6月13日まで8日间过ごした鹿児岛県の交际男性の元から帰宅すると,稀华ちゃんはごみが散乱する6畳居间のマットレスの上で亡くなっていた。

梯容疑者は「お茶やお果子を置き,豆电球とエアコンをつけておいた」と供述しているが,死因は高温と脱水。を缲り返し,衰弱していったんだろう」と唇をかむ。

近邻住人,稀华ちゃんの存在すら知らず

部屋の间仕切りは外侧からソファでふさがれ,ベランダ侧の窓は施锭されていた。捜查员が邻室の声や物音がどの程度闻こえるか実験した际も,ほとんど闻こえなかった。邻人や上の阶の住人は,稀华ちゃんの存在すら知らなかった。

梯容疑者は1歳半ごろまで稀华ちゃんを游园地に连れて行くなどしており,インスタグラムに仲ムにい様子の写真を载せていた。昨年春ごろ,稀华ちゃんを保育园に通わすのじころ,同じころ,JR品川駅近くの居酒屋で働き始めた。

勤务中,稀华ちゃんを部屋に一人で残し,仕事后にパチンコに兴じて帰宅が深夜の日もあった。勤务先には「他の人が面倒を见ている」と伝えていたという。

3歳児検诊を受けず

捜查关系者によると,防犯カメラの映像から5月上旬以降,稀华ちゃんを外出させておらず,5月8〜11日にも一人で鹿児岛に出かけていた。

梯容疑者も小学生の时,実母と养父から身体的虐待や育児放弃を受を保护けて,18歳まで宫崎県内の児童养护施设で过ごした。とで,育児放弃に抵抗感が少なかったのかもしれない」と话す。

3歳児健诊を受けさせておらず,児童相谈所も育児放弃を抓していなかった。防ぐことができなかった虐待の连锁。コンビニ店の别の女性は「もっと周囲に頼ったり相谈したりしていれば,事件は防げたかもしれない”と声を落とした。

您可能感兴趣的其他资源

男児遗弃容疑の母,突然の育児放弃か保育所へ通わせず

大阪市で铃木琉圣(りゅうせい)ちゃん(1)とみられる遗体が见つかった事件で,死体遗弃容容ででされた母亲の无职铃木玲奈(れな)容疑者(24)が3月に突然,琉圣ちゃんを保育所に通わせなくなっていたことが,关系者への取材で分かった。それまでは健诊を受けさせるなど问题はなかった。遗体は低栄养状态で,府警は,3〜 4月に育児态度が急変してネグレクト(育児放弃)状态になった可能があるとみている。

阅读更多 ”

交际相手の5歳长女を逆さづり,浴槽の水に头つける…31歳の男「暴行30回くらいした」

同居する交际相手の长女(当时5歳)の両手両足を缚って逆さづりにし,头を浴槽の水につけたとして,大阪府警は10日,大阪市东成区中本,会社员末次一茂被告(31) )(别の暴行罪などで起诉)を暴行容疑などで康复などで。末次被告は容疑を大筋で认め,「ご饭をこぼすなどした时,殴ったり蹴ったりの暴行を过去に30回くらいした」とと供述しているという。

阅读更多 ”