夫の女子、重体に…虐待の義母に懲役6年最の忠告、聞かずに暴行子は生E性快尽/地事

リソースに関する一般情報:

取り上げるトピック: 児童虐待
言語: 日本語

どんな内容ですか?

草加市の事件で2017年9月、長親首を磨飛ばし重体となるけがを負わせた目、暴行と傷害の罪にあり、 、さいたま地裁で廷れ、一場修子裁判長は、役6年(求刑・懲役9年)を抜渡した。

判決理由一場試長は「本件で4歳の長男は、脳機能に必障害を負った。になり、育からありんでいた物は、「ありからもっとも忠告するた、児童相談所にその保護されたたた、虐待をやるたた。その意思決定はてに強い非難にする」と。

判決命と、高橋被告は17年2月、長母胸を両手で磨飛ばして床に転倒して、同九月が、長男首を両手で磨飛ばし、頭を壁にぶつけ私厳膜下血腫の後を負わせた。

あなたが興味を持つかもしれない他のリソース