夫の连れ子,重体に…虐待の継母に惩役6年友人の忠告,闻かずに暴行子は生涯にわたり回复困难/地裁

有关资源的一般信息:

涵盖的主题: 虐待儿童
语: 日本人

什么事啊

草加市の自宅で2017年9月,长男の背中を突き飞ばし重体となるけがを负わせたとして,暴行と伤害の罪に问われた母亲の无职高桥冴季被告(27)の判决公判が25日,さいたま地裁で开かれ,一场修子裁判长は惩役6年(求刑・惩役9年)を言い渡した。

判决理由で一场裁判长は「本件で当时4歳の长男は,脳机能に着しい障害を负った。生涯にわたり回复は难しく,伤害罪としてこの上なく重大」と指摘。长男は夫の连れ子で,突然母亲そ,育児に悩んでいたことなどがあったとしても,「友人から何度も忠告を受けたり,児童相谈所に一时保护されたにもかかわらず,虐待を継続させた。その意思决定は相当に强い非难に値する」と述べた。

判决によると,高桥被告は17年2月,长男の胸を両手で突き飞ばして床に転倒させ,同9月には,长男の背中を両手で突き飞ばし,头を壁にぶつけ急性硬膜下血肿の伤害を负わせた。

您可能感兴趣的其他资源

男児遗弃容疑の母,突然の育児放弃か保育所へ通わせず

大阪市で铃木琉圣(りゅうせい)ちゃん(1)とみられる遗体が见つかった事件で,死体遗弃容容ででされた母亲の无职铃木玲奈(れな)容疑者(24)が3月に突然,琉圣ちゃんを保育所に通わせなくなっていたことが,关系者への取材で分かった。それまでは健诊を受けさせるなど问题はなかった。遗体は低栄养状态で,府警は,3〜 4月に育児态度が急変してネグレクト(育児放弃)状态になった可能があるとみている。

阅读更多 ”

交际相手の5歳长女を逆さづり,浴槽の水に头つける…31歳の男「暴行30回くらいした」

同居する交际相手の长女(当时5歳)の両手両足を缚って逆さづりにし,头を浴槽の水につけたとして,大阪府警は10日,大阪市东成区中本,会社员末次一茂被告(31) )(别の暴行罪などで起诉)を暴行容疑などで康复などで。末次被告は容疑を大筋で认め,「ご饭をこぼすなどした时,殴ったり蹴ったりの暴行を过去に30回くらいした」とと供述しているという。

阅读更多 ”
fmp-japan-olympics-campaign-parental-alienation-child-trafficking-2020-1

每年有20万日本儿童被其父母抢走!

日本孩子为国家的单一监护权法付出了代价,却错过了父母的爱。