妻の连れ子,重伤负う…再婚の男,殴る蹴る踏むの暴行容疑で陷阱5人暮らし…妻が表示「木から落ちて」

有关资源的一般信息:

涵盖的主题: 为人父母, 离婚, 虐待儿童
语: 日本人

什么事啊

当时小学3年の三男(10)に暴行を加えて重伤を负わせたとして,埼玉県の西入间署は26日,伤害の疑いで,鹤ケ岛市富士见1丁目,无职の男(30)を追を间。「间违いない。殴ったり蹴ったりした」と容疑を认めており,同署が动机や経纬を调べている。

罢容疑は2019年5月26日,自宅で,当时小学3年の三男に対し,腹を复数回蹴ったり,踏み付けるなどの暴行を加え,全治约6ka月の右肺挫伤,右腕骨折などの重伤を负わせた疑い。同署によると,男は妻(50)と长女,次女,三男の5人暮らし。3人はいずれも妻の実子で,男とは再婚だった。3年ほど前から同居し。当时は男と三男,次女が在宅していた。负伤を知った妻が「子どもが木登り中に転落して腕を骨折した」と119番。三男は救急搬送されて12日间入院した。昨年8月25日,川越児童相谈所へ「子どもがけがをしたのは父亲に暴力を振るわれたためだ」と西入间署に通报があった。关系者への聴取などから男の犯行を特定した。男については18年6月と昨年4月の2回,児童虐待と疑われる事案があり,同署が川越児相に公告していた。

您可能感兴趣的其他资源

男児遗弃容疑の母,突然の育児放弃か保育所へ通わせず

大阪市で铃木琉圣(りゅうせい)ちゃん(1)とみられる遗体が见つかった事件で,死体遗弃容容ででされた母亲の无职铃木玲奈(れな)容疑者(24)が3月に突然,琉圣ちゃんを保育所に通わせなくなっていたことが,关系者への取材で分かった。それまでは健诊を受けさせるなど问题はなかった。遗体は低栄养状态で,府警は,3〜 4月に育児态度が急変してネグレクト(育児放弃)状态になった可能があるとみている。

阅读更多 ”

交际相手の5歳长女を逆さづり,浴槽の水に头つける…31歳の男「暴行30回くらいした」

同居する交际相手の长女(当时5歳)の両手両足を缚って逆さづりにし,头を浴槽の水につけたとして,大阪府警は10日,大阪市东成区中本,会社员末次一茂被告(31) )(别の暴行罪などで起诉)を暴行容疑などで康复などで。末次被告は容疑を大筋で认め,「ご饭をこぼすなどした时,殴ったり蹴ったりの暴行を过去に30回くらいした」とと供述しているという。

阅读更多 ”