妻の連れ子、重傷負う…再婚の男、殴る蹴る踏むの暴行 容疑で逮捕 5人暮らし…妻が説明「木から落ちて」

General information about the resource:

Topics covered: Child Abuse, Divorce, Parenting
Language: Japanese

What is it about?

当時小学3年の三男(10)に暴行を加えて重傷を負わせたとして、埼玉県の西入間署は26日、傷害の疑いで、鶴ケ島市富士見1丁目、無職の男(30)を逮捕した。「間違いない。殴ったり蹴ったりした」と容疑を認めており、同署が動機や経緯を調べている。

 逮捕容疑は2019年5月26日、自宅で、当時小学3年の三男に対し、腹を複数回蹴ったり、踏み付けるなどの暴行を加え、全治約6カ月の右肺挫傷、右腕骨折などの重傷を負わせた疑い。  同署によると、男は妻(50)と長女、次女、三男の5人暮らし。3人はいずれも妻の実子で、男とは再婚だった。3年ほど前から同居していたという。  当時は男と三男、次女が在宅していた。負傷を知った妻が「子どもが木登り中に転落して腕を骨折した」と119番。三男は救急搬送されて12日間入院した。  昨年8月25日、川越児童相談所から「子どもがけがをしたのは父親に暴力を振るわれたためだ」と西入間署に通報があった。関係者への聴取などから男の犯行を特定した。  男については18年6月と昨年4月の2回、児童虐待と疑われる事案があり、同署が川越児相に通告していた。  同署は日常的な虐待があったかについても調べる。

Other resources that might interest you

Japan Resources

夫の連れ子、重体に…虐待の継母に懲役6年 友人の忠告、聞かずに暴行 子は生涯にわたり回復困難/地裁

草加市の自宅で2017年9月、長男の背中を突き飛ばし重体となるけがを負わせたとして、暴行と傷害の罪に問われた母親の無職高橋冴季被告(27)の判決公判が25日、さいたま地裁で開かれ、一場修子裁判長は懲役6年(求刑・懲役9年)を言い渡した。

Read More »