子どもの誘拐に関するハーグ条約に違反して、日系アメリカ人の子どもを国際的な親の誘拐から保護する日本の失敗

リソースに関する一般情報:

言語: 英語

どんな内容ですか?

国際私法に関するハーグ会議は、国際的な親の誘拐を取り巻く法的問題に対応して、1980年に国際的な子の奪取の民事面に関する条約(ハーグ条約)を設立しました。 2016年現在、米国と日本を含む96カ国が条約を採択しています。

2014年に条約に署名して承認する前は、日本に連れて行かれた誘拐された子供たちのほとんどが二度と見られなかったため、日本は離婚した親の誘拐された子供たちの「ブラックホール」として知られていました。 ハーグ条約を批准した後も、日本は独自の戸籍法、家族法に関する民法および刑法、ハーグ条約実施法のすべてが共同親権、意味のある執行メカニズム、および適切な救済策を事実上欠いているため、非準拠のままです4。放棄された親のために。

日本における米軍のプレゼンスは、日系アメリカ人の軍の家族に独特の監護権の問題を引き起こします。 たとえば、トーランド対フタギの独創的な事件では、トーランド米海軍司令官は、元妻が日本の米軍基地から娘を誘拐した後、娘を監護することができなかったと主張しました。 彼の元妻が後に自殺したとき、トーランドは子供の日本の祖母から監護権を得ようとしました。 しかし、日本の裁判所はこの問題の解決を拒否し、メリーランド州の裁判所も同様に管轄権を拒否しました。 サヴォワ対マーティンでは、米国市民のサヴォワは、テネシー州の裁判所がサヴォワに完全な監護権を与えたにもかかわらず、彼女が日本への訪問から子供を返すことを拒否した後、彼の元妻から子供を取り戻すことができませんでした。 どちらの場合も、誘拐された親が監護権の取り決めにもかかわらず子供たちを物理的に支配したとき、日本の法制度は米軍のメンバーに救済策を提供することができませんでした。

日本の家族登録法、家族法に関する民法および刑法、および施行法は、特に「重大なリスク」の条項に関して、米軍メンバーの日系アメリカ人の子供をよりよく保護し、ハーグ条約を遵守するために改正されるべきである。および「同意」条項。 日本の家族登録法、家族法に関する民事および刑法、および実施法は、特に米軍のメンバーが経験したように、放棄された親および誘拐された子供を保護することができません。

このパートIIは、この問題を引き起こした歴史的および法的背景、この問題が存在する現代の法的文脈、および日本の法文化が衝突する適用可能な国際法を提供します。

この第III部では、日本の戸籍法、家族法の民事および刑法、および実施法がハーグ条約にどのように違反しているかを分析します。

このパートIVは、日本がハーグ条約に基づく義務を果たすために、日本の法律を改正し、国際的な圧力を利用するための勧告を提供します。

このコメントのパートVは、日本がハーグ条約に基づく義務を遵守していないと簡単に結論付けています。

あなたが興味を持つかもしれない他のリソース