子供のオンライン誘惑:CyberTiplineレポートの詳細な分析

リソースに関する一般情報:

言語: 英語

どんな内容ですか?

全米行方不明・搾取児童センターは、児童の性的搾取が疑われる国の中央集権的な報告システムであるCyberTiplineを運営しています。 2017年だけでも、1,020万件を超えるレポートを受け取りました。この数は、毎年指数関数的に増加しています。 CyberTiplineは、NCMECを独自に位置付けて、子供の「オンライン誘惑」を含む、子供の性的搾取のパターンと傾向を特定します。オンライン誘惑は、広範囲の被害をカバーし、すべてのプラットフォームで発生します。 オンラインで子供を誘惑する人は、さまざまな動機と戦術を持つことができます。 多くの場合、オンラインの誘惑には、性的に露骨な画像を共有するように子供を誘惑すること、性的な目的で直接会うこと、子供を性的な会話やロールプレイングに参加させること、または場合によっては、子供の性的な画像を他の人に販売または交換することが含まれます。 この分析には、厳密にオンラインで発生した誘惑のみが含まれ、会議が行われたという兆候はありませんでした。 オンライン誘惑のもう1つの形態である「セクストレーション」として知られる恐喝は含まれていませんでした。 セクストレーションの詳細な分析は、MissingKids.org / sextortionで入手できます。 今後の分析では、直接会うことを含むこれらのレポートを詳しく調べます。このタイプの被害をよりよく理解するために、2015年1月1日から2015年12月31日までの5,863件のCyberTiplineレポートを分析しました。 子どものオンライン誘惑に関する個人間の相互作用/情報交換について、インターネット企業、他の機関、および一般の人々から提供された情報に基づいて、パターンと傾向を分析しました。 これらすべての事件で、CyberTiplineに報告が行われ、管轄区域が特定され、報告は適切な法執行機関に転送されました。

あなたが興味を持つかもしれない他のリソース