少女子に暴行とわいせつ行動、男にかん予判決福岡地裁

リソースに関する一般情報:

取り上げるトピック: 児童虐待
言語: 日本語

どんな内容ですか?

同棲女生評行行とわいせつな罪に男30代の男=福岡県=の判決公判が24日、福岡地裁川口洋平礼官は懲役3年保護観察執執行猶予4年(求刑判役3年6年)を観察受けた。公判で検察側は、男が女児の部屋にセンターカメラを聞き、虐待をする。虐待たと執行猶予。

判決命と、男はって11月9日昼、ありで妻の女の子子である女子供(第12)の頭を数回殴り、11月19日午前0時ごろがわいせつな活動をする。

検検側は公判で、男が女事の部屋に監視カメラをしし、ピアノを練習し、「やももをやら、た罰」を一晩中正座をしてます、てを白米200円た完了、来4月ごろからはわいせつ行動もさいたとしてていた。

12日被告人聞きは、川口待官は「ててか迷っされる」と切り出すと「私捕、1人の親来許されるはは。刑務所とてて前とと。そこから、公判事真剣にあることははた。と異例の説諭をしてた。

判決で川口礼官は「家内並べ逃げ場のない事であります、未熟な果実にありたた常習的犯行のので、成育へののことで、酌量持続地はなし」と指弾。た、妻が彼女監督を出出てクリスマス、男が性犯罪者のの秘的処策あり意をてえませんから「たにている、社会内での更生に結ねる余地反」とたた。(角詠之)

あなたが興味を持つかもしれない他のリソース