引 き 離 さ れ る 親子 を 救 い た い! 『子 ど も の 未来 と 心 を 守 ろ う! オ レ ン ジ パ レ ー ド』を 開 催

리소스에 대한 일반 정보 :

언어: 일본어

그것은 무엇에 관한 것입니까?

3 월 22 일에 「子 ど も の 権 利 条約 9 条 を 守 る 会」の 主 催 に よ り 、第二 回 ウ ォ ー キ ン グ フ ェ ス 『子 ど も の 未来 と 心 を 守 ろ う! オ レ ン ジ パ レ ー ド』が 渋 谷 に て 開 催 さ れ ま し た。

パ レ ー ド で は 参加 者 が オ レ ン ジ 色 の 風 船 や 着 ぐ る み 姿 な ど で 渋 谷 周 辺 を ウ ォ ー キ ン グ し 、 『子 ど も が 愛 さ れ る 未来』を 訴 え ま し た。

新型 コ ロ ナ ウ イ ル ス の 影響 で 参加 自 粛 さ れ る 参加 者 が 多数 い る 中 で 、 国内外 か ら 子 ど も の 連 れ 去 り 被害 に 遭 っ た 親 集 り や 、 そ の 支 約 者 な ど 約 者

第一 回 ウ ォ ー キ ン グ フ ェ ス の 様 子 は 下 記 の 記事 よ り ご 覧 く だ さ い。

日本 で も 離婚 後 の 「共同 親 権」導入 を (親子 が 親子 で あ る こ と を 当 た り 前 の 社会 へ) (明智 カ イ ト)

「子 ど も の 権 利 条約 9 条 を 守 る 会」と は

3 月 22 日 オ レ ン ジ パ レ ー ド の 様 子 (提供 : 子 ど も の 権 利 条約 9 条 を 守 る 会)

主 催 団 体 で あ る 「子 ど も の 権 利 条約 9 条 を 守 る 会」は 全国 の 親 と 子 が 引 き 離 さ れ た 当事 者 の 大小 様 々 な グ ル ー プ や 団 り 灩 属 す る ま 志가없는 경우

具体 的 に は 離婚 後 共同 親 権 な ど の 法 改正 を 求 め る グ ル ー プ 、 合意 な き 強強 意 な き 強強 め の 別 居 意 な き 強 意 な き 強 意 の 別 居 強 婚 去 り)グ ル ー プ 、 国 連 報告 や 国 賠 訴訟 で 今 の 世 の 中 を 変 え よ う と す る グ ル ー プ 、 主 に 交流 会 な ど を 開 催 し 子 ど も に 悩 い 当事 者 の 悩 み に 寄 り 悩 み に 寄 り 悩 みに 所属 す る 者로 構成 さ れ て い ま す。 目的 や 方法 は 違 っ て も 『子 ど も に 会 え な い 日本』は お か し い と い う 共通 認識 を も と に 繋 が っ て い ま す。

日本 は ハ ー グ 条約 に 先 立 ち 「子 ど も の 権 利 条約」に 署名 し て お り 、 同 条約 第 9 条 に 定 め ら れ て い る 通 り 、 日本 は 非 親 権 者 の 面条 に 定 め ら れ て い る 通 り 、 日本 は 非 親 権 者 の 面 会 交 せ 流 子 ど も の 通 り,し か し 、 日本国 最高 裁判 所 は 、 非 親 権 者 は 子 ど も と 会 う 権 利 は な く 、 国家 に よ る 面 会 交流 の 強制 は 、 親 や 子 ど も の 権 利 は な い と 裁定 し て い ま す。協力 な し に は 、 面 会 交流 は 不可能 と な っ て い る の で す。

オ レ ン ジ パ レ ー ド の 概要 な ど に つ い て の 詳細 は 下 記 よ り ご 覧 く だ さ い。

第二 回 ウ ォ ー キ ン グ フ ェ ス 『子 ど も の 心 と 未来 を 守 ろ う! オ レ ン ジ パ レ ー ド』

子 ど も た ち の 『親 に 会 い た い』と い う 声 を 代 弁 し た い

3 月 22 日 オ レ ン ジ パ レ ー ド の 様 子 (提供 : 子 ど も の 権 利 条約 9 条 を 守 る 会)

子 ど も た ち は 様 々 な 生 き づ ら さ を 抱 え な が ら 過 ご し て い ま す。 親 の 離婚 も そ の 一 つ で す。 年 間 3 組 に 1 組 が 離婚 い ま す が 、 そ の た め 組 に人 い ま す。 親 だ け で は な く そ の 片 親 の 祖父母 や 従 兄弟 な ど 親戚 と も 疎 遠 ち い な て い ま す。 そ の 中 で 子 ど も た ち は れ や ど も た ち는 『親 弟 の 祖父母 や 従 兄弟 な ど 親戚 と も 疎 遠 ち い な て い ま す。 そ の 中 で 子 ど も た ち は ん や ど も た ち は 『親 い』な が ら 過 ご し て い ま す。

そ ん な 子 ど も た ち の 「親 に 会 い た い」と い う 声 を 代 弁 し 、 様 々 な 事情 が あ っ て も 問題 を 解決 し な が ら 『会 い た い 親 に 会 え る 社会 律 用 ・ 行 す 政 運用 ・ 行 す 会た 当事 者 親子 の 声 を 世間 に 届 け 、 日本人 の 意識 や 文化 を 「親子 が 引 き 離 さ れ る (子 ど も に と て は 虐待)」와 意 意 い と て は 虐待 変 え て い 意 い こ と だ」表 参 道 で パ レ ー ド を 行 い ま し た。

連 れ 去 り に 遭 っ た 子 ど も は 当日 ま で 何 も 知 ら さ れ ず 、 住 み 慣 れ た 街 や 家 ・ 通 い 慣 れ た 学校 や 幼稚園 、 友 達 や 先生 に も お 別 れ も 出来 ず, 全 稚 園、 片 方 の 親 も で す。

翌日 か ら は 右 も 左 も わ か ら な い 知 ら な い 街 で 、 友 達 の い な い 学校 や 幼稚園 に 無理 矢 理 通 わ さ れ 、 離 れ ば な れ に な っ た 親 と て は い た く て き も 会 わ せ て も ら え ず せて も ら え ま せ ん。 こ の よ う な 行為 は 精神 的 な 児 童 虐待 で す。

子 ど も 達 に は 一切 逃 げ 道 は あ り ま せ ん… 、 両 親 の 離婚 に 巻 き 込 ま れ た 子 ど も 達 が 一番 の 被害 者 な の で す。

子 ど も 達 か ら す れ ば 「パ パ か? マ マ か?」の 離婚 後 単 独 親 権 · 単 独 養育 制度 で は な く, 「パ パ も! マ マ も!」の 離婚 後 共同 親 権 · 共同 養育 制度 が 必要 な の で す. 夫婦 の 別 れを 親子 の 別 れ に し な い 社会 へ 変 え な け れ ば 、 子 ど も 達 は 救 わ れ ま せ ん。

公園 遊 具 の 除菌 活動 や 献血 活動

公園 遊 具 の 除菌 活動 (提供 : 桜 の 会)

ま た 、 同時 期 に 離婚 後 や 離婚 係 争 中 で 子 ど も 達 と 会 え な い 親 た ち が 中心 と な っ て 公園 遊 具 の 除菌 活動 や 献血 活動 が 行 わ れ ま し た。

公園 遊 具 の 除菌 活動 は 、 渋 谷 区 役 所 へ 国 指定 薬 剤 等 を 含 め た 遊 具 清掃 の 使用 許可 申請 園 行 い 、 渋 請 区 具 具 渋 具 掃 の 使用 許可 申請 掃 の 使用 許可 申請 区た め 外 で 遊 お こ と に 不安 を 抱 く 子 ど も 達 が 、 少 し で も 安心 し て 公園 遊 具 で 遊 ん で も ら い た い と の 思 い で 企 画 し た と の こ と で す。 当日 は 11 名 が 作業 を 行 い ま し た。

公園 遊 具 の 除菌 活動 を 企 画 し た 「桜 の 会」代表 の 平 山 雄 一郎 さ ん (40 代) は 『遊 具 清掃 中 に 公園 へ 遊 び に き て い た 親子 連 れ か ら あ り 園 へ 遊 び に き て い た 親子 連 れ か らお 声 掛 け を た く さ ん 頂 き 、 継 続 し て 取 り 組 ん で い こ う と 思 い ま す。 公園 で 楽 し く 遊 い も た ど も 達 の 笑顔 を 見 て 、 改 め て る 子 ど も 達 の 末 も 達 の 未 も断絶」が 広 く 周知 さ れ る こ と が 私 た ち の 使命 だ と 思 い ま し た。』と 、 そ の 熱 い 想 い を 語 っ て く れ ま し た。

ま た 、 離婚 後 12 年 近 く 一度 も 面 会 交流 を さ せ て も ら え ず 、 子 ど も と 引 き 離 さ れ て い る 岡 直 幸 さ ん (50 代) は 献血 の 呼 び 掛 け を 行 い ま し た。

今 、 世界 中 が 新型 コ ロ ナ ウ イ ル ス の 影響 で 自 粛 ム ー ド が 漂 っ て い ま す が 、 そ ん な 中 で 献血 す る 人 も 減 り 、 困 っ て い る 人 た ち が 拢 い ま す が い ま す が血液 が 足 り な か っ た ら ・ ・ ・ 、 そ う 思 う と 献血 を 呼 び 掛 け ず に は い ら れ な か た と さ ん は 言 い ま す。

献血 の 呼 び 掛 け に 応 え て 、 す ぐ に 参加 し て く れ た 方 や 、 休 み の 日 に 出 か け て く れ た 方 、 遠 く は 山口 県 で も 献 の 方 血 に 協力 し て く れ ま し た。 ま た 、 血病為 に ド ナ ー 登録 ま で し て く れ た 参加 者 も い ま し た。

親 で あ れ ば 子 ど も の 誕生 日 に 社会 貢献 と し て 献血 す る の も 、 子 ど も へ の 想 い と し て 有 り で は な い で し ょ う か。

子 ど も た ち の た め 、 そ し て 将来 そ の 子 ど も 達 が 大 き く な り 、 結婚 し て 子 ど や も が 出来 て 、 同 じ よ う に 「子 ど も の 連 れ 去 り 被害 り 被害 り)の こ と だ と い い ま す。

明智 カ イ ト 『NPO 法人 市民 ア ド ボ カ シ ー 連 盟』代表 理事

定期 的 な 勉強 会 の 開 催 な ど を 通 し て 市民 セ ク タ の ロ ビ イ ン グ へ の 参加 促進 、 ロ ビ イ ス ト 立 の 認知 拡 大 と 地位 向上 、 ア ド ボ カ シ ー の 体系 化 の 指 の 体系 化て 、 「い じ め 対 策」 「自殺 対 策」な ど の ロ ビ ー 活動 を 行 っ て き た。 著書 に 『誰 で も で き る ロ ビ イ ン グ 入門 社会 を 変 え る じ 技術』(光 文 社 策 術) (光 文 社 策 書)。 日本 技 策」멘바, 화이트 企業 の 証 し で あ る 「화이트 마크」を 推進 し て い る 安全 衛生 優良 企業 マ ー ク 推進 機構 の 顧問 な ど を 務 め て い る 。。

공식 사이트明智 カ イ ト の 公式 サ イ ト 『未来 へ 向 か っ て 一直 線 !!』

관심을 가질만한 기타 리소스

내 아이들 (납치 이야기)

아이들을 위해 만든 비디오와 일본과 그 국가가 후원하는 아동 납치 및 아동 학대에 대한 인식을 높이기 위해 제작했습니다. 자세한 내용과 납치범의 얼굴은 내 페이지를 참조하십시오.

더 읽기»

「橋本 崇 載」八段 イ ン タ ビ ュ ー 「な ぜ “連 れ 去 り”で 将 棋 を 引退 し た の か 、 全 て お 話 し ま す」

「連 れ 去 り」。 「実 子 誘拐」と も 呼 ば れ る 夫婦 間 で 起 き る こ の ト ラ ブ ル は 、 長 い 期間 、 日本 社会 で 置 き 去 り に 本 れ 洇 の 棋 の が 、 人 気 棋 去 りた こ と で 、 い ま に わ か に 大 き な 関心 を 集 め て い る。 プ ロ 棋士 と い う 輝 か し い 캐리 아오 수 방전 없음 「ば な ら な い ほ た ば か な ら い ほ い ど, 彼 を 追 い 込 ん だ い ど れ 去 り」라고합니다.

더 읽기»

「実 子 誘拐 ビ ジ ネ ス」の 闇 ハ ー グ 条約 を“殺 し た”人 権 派 弁 護士 た ち | 池 田良子

「実 子 誘拐」告 発 カ ン ペ ー ン 第 2 弾! な ぜ 日本 は 「子 ど も の 拉 致 国家」と 呼 ば れ て い る の か。 そ の 裏 に は 、 ハ ー グ 条 級 を “殺 し た”な ぜ 人 権 派 は 共同 養育 に 反 対 す る の か。 子 ど も の 権 利 を ど う 考 え て い る の か。 海外 の ケ ー ス だ け で は い。 国内 の も の か。 海外 の ケ ー ス だ け で は い。触 れ ら れ な か っ た 禁 断 の 扉 が つ い に 開 か れ る!

더 읽기»

交際 相 手 の 5 歳 長女 を 逆 さ づ り 、 浴槽 の 水 に 頭 つ け る… 31 歳 の 男 「暴行 30 回 く ら い し た」

同居 す る 交際 相 手 の 長女 (当時 5 歳) の 両 手 両 足 を 縛 っ て 逆 さ づ り に し 、 頭 を 浴 中 劽 の 水 に つ け た と し て 、 大 阡 庫 本 、 大 阡 庫 本 、 東 哂 市) (別 の 暴行 罪 な ど で 起訴) を 暴行 容 疑 な ど で 逮捕 し た。 末 次 被告 は 容 疑 を 大 筋 で 認 め 、 末 次 被告 は 容 疑 を 容 疑 を 末 ら し た め供述 し て い る と い う。

더 읽기»
fmp-japan-olympics-campaign-parental-alienation-child-trafficking-2020-1

매년 200,000 명의 일본 어린이들이 엄마 나 아빠를 강 탈당합니다!

일본 어린이들은 일본의 단일 양육권 법에 대한 대가를 치르고 부모의 사랑을 놓친다.