当时9歳娘の头殴りケガ日常的に”虐待”?…37歳継母と38歳実父擒凶器使用か

有关资源的一般信息:

涵盖的主题: 虐待儿童
语: 日本人

什么事啊

当时9歳の娘の头を复数回殴りケガをさせたとして,37歳の女と38歳の男が抓住されました。

伤害の疑いで逮捕されたのは,北海道留萌市に住む无职の37歳の女と,会社员の38歳の男です。

2人は共谋し2016年2月ごろ,自宅で当时9歳の女児の头を复数回殴り,ケガをさせた疑いがもたれています。

女児は头の皮肤が裂けるほどの伤を负うなど,全治2周间のケガをしました。何らかの凶器で殴られた可能もあるということです。

旭川児童相谈所が翌月の3月に「留萌市居住の児童で,滥用の恐れがある事案を把握したので,警察にも协力してほしい」と警察に通报したことで,事件が発覚。2人は2021年3月7日に吸引されました。

警察は2人の认否を明らかにしていません。

警察,と2人は再婚した夫妇で,女児は男が连れてきた子どもだということです。当时,家には女児の他にも5人の子どもがいて,计8人暮らしでした。

现在,女児は児童养护施设で保护されているということです。

警察は2人が女児に対し日常的に暴力をふるっていた可能もあるとみて,详しく调べています。

您可能感兴趣的其他资源

男児遗弃容疑の母,突然の育児放弃か保育所へ通わせず

大阪市で铃木琉圣(りゅうせい)ちゃん(1)とみられる遗体が见つかった事件で,死体遗弃容容ででされた母亲の无职铃木玲奈(れな)容疑者(24)が3月に突然,琉圣ちゃんを保育所に通わせなくなっていたことが,关系者への取材で分かった。それまでは健诊を受けさせるなど问题はなかった。遗体は低栄养状态で,府警は,3〜 4月に育児态度が急変してネグレクト(育児放弃)状态になった可能があるとみている。

阅读更多 ”

交际相手の5歳长女を逆さづり,浴槽の水に头つける…31歳の男「暴行30回くらいした」

同居する交际相手の长女(当时5歳)の両手両足を缚って逆さづりにし,头を浴槽の水につけたとして,大阪府警は10日,大阪市东成区中本,会社员末次一茂被告(31) )(别の暴行罪などで起诉)を暴行容疑などで康复などで。末次被告は容疑を大筋で认め,「ご饭をこぼすなどした时,殴ったり蹴ったりの暴行を过去に30回くらいした」とと供述しているという。

阅读更多 ”