当時9歳娘の頭殴りケガ 日常的に”虐待”?…37歳継母と38歳実父逮捕 凶器使用か

General information about the resource:

Topics covered: Child Abuse
Language: Japanese

What is it about?

当時9歳の娘の頭を複数回殴りケガをさせたとして、37歳の女と38歳の男が逮捕されました。

 傷害の疑いで逮捕されたのは、北海道留萌市に住む無職の37歳の女と、会社員の38歳の男です。

 2人は共謀し2016年2月ごろ、自宅で当時9歳の女児の頭を複数回殴り、ケガをさせた疑いがもたれています。

 女児は頭の皮膚が裂けるほどの傷を負うなど、全治2週間のケガをしました。何らかの凶器で殴られた可能性もあるということです。

 旭川児童相談所が翌月の3月に「留萌市居住の児童で、虐待の恐れがある事案を把握したので、警察にも協力してほしい」と警察に通報したことで、事件が発覚。2人は2021年3月7日に逮捕されました。

 警察は2人の認否を明らかにしていません。

 警察によりますと2人は再婚した夫婦で、女児は男が連れてきた子どもだということです。当時、家には女児の他にも5人の子どもがいて、計8人暮らしでした。

 現在、女児は児童養護施設で保護されているということです。

 警察は2人が女児に対し日常的に暴力をふるっていた可能性もあるとみて、詳しく調べています。

Other resources that might interest you

Japan Resources

夫の連れ子、重体に…虐待の継母に懲役6年 友人の忠告、聞かずに暴行 子は生涯にわたり回復困難/地裁

草加市の自宅で2017年9月、長男の背中を突き飛ばし重体となるけがを負わせたとして、暴行と傷害の罪に問われた母親の無職高橋冴季被告(27)の判決公判が25日、さいたま地裁で開かれ、一場修子裁判長は懲役6年(求刑・懲役9年)を言い渡した。

Read More »