父亲,就寝中の2歳息子の额に肘打ち…妻が动画ライブ配信

有关资源的一般信息:

涵盖的主题: 虐待儿童
语: 日本人

什么事啊

2歳の息子に肘打ちをしたとして,岩手県警一关署が一关市の会社员の男(250)を暴行容疑で陷阱・送検した。视聴した人から同署に多数の通报が寄せられたほか,県の一关児童相谈所が14日に同署に通报したことが拦截のきっかけになった。

発表によると,男は14日午后9时15分顷,自宅で就寝中だった息子の额に肘打ちをした疑い。息子にけがはなかった。擒は17日で,盛冈地検への送検は19日。男は容疑を认めており,同署は日常的に暴力があったかなどを调べている。

动画こ,男の妻が动画配信サイトに作ったチャンネルにアップされた。このチャンネルは1万3000人以上の「フォロワー」を持つ人気で,14日は自宅の一室に固定したカメラで家族のはツ子はツライブ配信し,ここに肘打ちの様子が映っていた。动画はツイッターで1万3000回以上リツイート(転载)された。

男は肘打ちの数时间后,妻のチャンネルで「申し訳ありませんでした」と题した动画を配信。「(息子が)なかなか寝なくて,ちょっと感情的になってしまって」「すみませんでした」などと釈明していた。

児内では2018年,北上市で1歳9か月の男児が父亲から十分な食事を与えられず死亡する事件が起き,県と県警は児童虐待に关する情报共有を强化する协定を结んだ。相谈所は「虐待は『疑わしければ(児相が)关与する』というのが児相のスタンス。今回の事案もその一例だ」と说明した。

容疑者宅の近所に住む女性は「子供たちとサッカーで游ぶ姿をよく见かけ,いいお父さんだと思っていた。惊いている」,别の女性は「『うるさい』といったどなり声や子供の泣き声を闻くことはあったが,子供の多い地域で,気になるほどではなかった」と话した。

您可能感兴趣的其他资源

男児遗弃容疑の母,突然の育児放弃か保育所へ通わせず

大阪市で铃木琉圣(りゅうせい)ちゃん(1)とみられる遗体が见つかった事件で,死体遗弃容容ででされた母亲の无职铃木玲奈(れな)容疑者(24)が3月に突然,琉圣ちゃんを保育所に通わせなくなっていたことが,关系者への取材で分かった。それまでは健诊を受けさせるなど问题はなかった。遗体は低栄养状态で,府警は,3〜 4月に育児态度が急変してネグレクト(育児放弃)状态になった可能があるとみている。

阅读更多 ”

交际相手の5歳长女を逆さづり,浴槽の水に头つける…31歳の男「暴行30回くらいした」

同居する交际相手の长女(当时5歳)の両手両足を缚って逆さづりにし,头を浴槽の水につけたとして,大阪府警は10日,大阪市东成区中本,会社员末次一茂被告(31) )(别の暴行罪などで起诉)を暴行容疑などで康复などで。末次被告は容疑を大筋で认め,「ご饭をこぼすなどした时,殴ったり蹴ったりの暴行を过去に30回くらいした」とと供述しているという。

阅读更多 ”