父母异化:研究领域的蓬勃发展

有关资源的一般信息:

语: 英语

什么事啊

父母疏远一直是家庭暴力的一种未被认识和理解的形式。 数十年来的法律和临床工作证明了这种现象,对父母异化及其行为的研究已经发展起来,导致了这一领域的“绿化”或增长。 如今,研究人员已经达成共识,即父母的疏远行为是什么以及它们如何影响孩子和家庭系统。 我们回顾了文献,以详细说明什么是父母疏远,它与其他亲子问题(例如疏远和忠诚冲突)有何不同,以及它如何在不同的社会系统内和之间得以延续。 最后,我们着重强调需要进一步研究以开发和测试有效解决方案的研究领域,以改善父母疏远的毁灭性影响。我们认为,我们不仅应考虑和理解父母对子女的虐待,还应将其理解为针对家庭暴力的一种形式对孩子和疏远的父母。

您可能感兴趣的其他资源

男児遗弃容疑の母,突然の育児放弃か保育所へ通わせず

大阪市で铃木琉圣(りゅうせい)ちゃん(1)とみられる遗体が见つかった事件で,死体遗弃容容ででされた母亲の无职铃木玲奈(れな)容疑者(24)が3月に突然,琉圣ちゃんを保育所に通わせなくなっていたことが,关系者への取材で分かった。それまでは健诊を受けさせるなど问题はなかった。遗体は低栄养状态で,府警は,3〜 4月に育児态度が急変してネグレクト(育児放弃)状态になった可能があるとみている。

阅读更多 ”

交际相手の5歳长女を逆さづり,浴槽の水に头つける…31歳の男「暴行30回くらいした」

同居する交际相手の长女(当时5歳)の両手両足を缚って逆さづりにし,头を浴槽の水につけたとして,大阪府警は10日,大阪市东成区中本,会社员末次一茂被告(31) )(别の暴行罪などで起诉)を暴行容疑などで康复などで。末次被告は容疑を大筋で认め,「ご饭をこぼすなどした时,殴ったり蹴ったりの暴行を过去に30回くらいした」とと供述しているという。

阅读更多 ”