父母 の 離婚 後 の 子 の 養育 に 関 す る 海外 法制 調査 結果 の 公 表 に つ い て

리소스에 대한 일반 정보 :

언어: 일본어

그것은 무엇에 관한 것입니까?

父母 の 離婚 後 の 子 の 養育 に 関 す る 海外 法制 に つ い て

離婚 後 の 親 権 制度 に つ い て , 我 が 国 の 民法 で は , 単 独 親 権 制度 が 採用 さ れ て い る が , そ の 在 り 方 せ か ら 様 々 方 せ か ら 様 々 方 せ か ら 様 々 方 せ か らの 一部 を 改正 す る 法律」の 附 帯 決議 で は, 離婚 後 の 親 権 制度 の 在 り 方 に つ い て 検 討 す べ き も の と さ れ て い る. さ ら に, 上 記 附 帯 決議 に お い て は, 離婚 後 の 親 権 制度 と 関 連 す る 問題 で あ る 離婚 後の 子 の 養育 の 在 り 方 に つ き, 離婚 後 の 面 会 交流 の 継 続 的 な 履行 を 確保 す る た め の 方 策 等 に つ い て 検 討 す べ き も の と さ れ て い る。

そ こ で , 法 務 省 に お い て は , こ の よ う な 状況 を 踏 ま え , 離婚 後 の 親 権 制 海 権 制度 や 子 の 養育 の 務 の 養育 の 務 省 に 依 度 20行 っ た。

本 報告 書 は, 主 と し て 下 記 の 事項 に つ い て, 各国 の 政府 関係 者 等 か ら の 聞 き 取 り や 文献 調査 報 吲 度 の 離婚 後 の 離婚 後 の 離婚 後의 。 も っ と も , 各国 の 法 制度 は 様 々 で あ り , そ の 法 制度 に よ っ て は 下 記 の 事項 に 直接 回答 す る こ と 困難 な 場合 も て る こ と か ら, 下 記 の 事 制 の 困難 な 場合 も て る こ と か らた わ け で は な い。

本 調査 は , 法 務 省 が こ れ ま で に 行 っ た 海外 法制 調査 よ り 対 象 国 や 調査 事項 広 広 の 意 務 母 の 父母 の 離 母 の 離 母 の 離婚 後 の 父母의で あ る。 記

  • 各国 の 親 権 の 内容 及 び 父母 の 離婚 後 の 親 権 行使 又 は 監護 の 態 様 ア 父母 す の 離 婽 後 も 共同 で 親 様 ア
    • ア の 制度 が 採用 さ れ て い る 場合 に , 父母 が 共同 し て 行使 す る 親 権 の 内容
  • 協議 離婚 (裁判 所 が 関 与 し な い 離婚) の 制度 の 有無
  • 子 の 養育 の 在 り 方 に つ い て

ア 父母 の 離婚 時 に 子 に 対 す る 面 会 交流 又 は 子 の 養育 費 の 支 払 に つ い て 取決 め を す る 法 的 義務 の 有無 · 内容 イ 公 的 機関 に よ る 面 会 交流 又 は 子 の 養育 費 の 支 払 に つ い て の 支援 の 有無 · 内容

ウ 父母 の 離婚 後 に 子 を 監護 す る 親 が 転 居 を す る 場合 の 制 限 の 有無 ・ 内容

  • 離婚 後 共同 親 権 制度 の 下 に お け る 困難 事例
  • 嫡出 で な い 子 の 親 権 の 在 り 方

以上 令 和 2 年 4 月 法 務 省 民事 局 目 다음

【北 米】 ……………………………………….. ………………………………………….. …………………………… 3 第 1 ア メ リ カ (뉴 요크 州) ……… ………………………………………….. …………………… 3 第 2 ア メ リ カ (ワ シ ン ト ン DC) ……………… ………………………………………….. …………… 5 第 3 カ ナ ダ (ケ ベ ッ ク 州) ……………………… ………………………………………….. …………….. 7 第 4 カ ナ ダ (ブ リ テ ィ ッ シ ュ コ ロ ン ビ ア 州) …………………… ………………………………….. 9

【中 南米】 ……………………………………….. ………………………………………….. ………………………. 13 第 1 ア ル ゼ ン チ ン ……………… ………………………………………….. ……………………………….. 13 第 2 ブ ラ ジ ル …….. ………………………………………….. ………………………………………….. …… 15 第 3 メ キ シ コ …………………………………. ………………………………………….. …………………… 18

【아 지아】 ……………………………………….. ………………………………………….. ………………………. 20 第 1 인드 ……………… ………………………………………….. …………………………………………. 20第 2 인드 네시아 ……………………………………….. ………………………………………….. ……… 21 第 3 韓国 ………………………………. ………………………………………….. ……………………………. 23 第 4 タ イ ………… ………………………………………….. ………………………………………….. ……… 26 第 5 中国 ………………………………. ………………………………………….. ……………………………. 29 第 6 피리 핀 ………… ………………………………………….. ………………………………………… 31

【欧 州】 ……………………………………….. ………………………………………….. …………………………. 32 第 1 이타 리아 …………… ………………………………………….. …………………………………………. 32第 2이기리스 (잉 랑드 及 び ウ ェ ー ル ズ) …………………………………… …………….. 35 第 3 오란 다 ……………………….. ………………………………………….. …………………………….. 39 第 4 ス イ ス ……….. ………………………………………….. ………………………………………….. …… 42 第 5 ス ウ ェ ー デ ン …………………………………. ………………………………………….. ……………. 45 第 6 ス ペ イ ン ………………………… ………………………………………….. ……………………………. 48 第 7 ド イ ツ ………… ………………………………………….. ………………………………………….. ….. 50 第 8 フ ラ ン ス …………… ………………………………………….. …………………………………………. 53第 9 로시 아 ……………………………………….. ………………………………………….. ……………….. 56 【오세아니아】 ― 오 스트라 리아 …………………… ………………………………………….. ……. 58

【中東 ・ ア フ リ カ】 ……………………………………… ………………………………………….. …………… 61 第 1 サ ウ ジ ア ラ ビ ア …………………………. ………………………………………….. …………………. 61 第 2 ト ル コ …………………… ………………………………………….. ……………………………………. 62 第 3 南 ア フ リ カ … ………………………………………….. ………………………………………….. ……. 63

【北 米】

第 1 ア メ リ カ (뉴 요크 州)

  • 離婚 後 の 監護 の 態 様

・ 監護 (양육권) [1]に は , 法 的 監護 と 身上 監護 が あ る。 離婚 後 は , 法 的 監護 ・ 身上 監護 に つ い て , 単 独 法 及 び 共 独 法 及 び 共 認 め ら す面 会 交流 に 関 す る 裁判 に お い て , 家庭 内 暴力 の 有無 が 考慮 さ れ な け れ ば な ら な い (同 条)。

・ 法 的 監護 に つ い て は , 両 親 が 敵 対 関係 に な い 場合 の み , 離婚 後 も , 両 親 が 共同 し て 行使 す る こ と に な る。

・ 身上 監護 は , 子 と 共 に 居住 す る 権 利 で あ り , 子 と 一 緒 に 住 ん で い た 期間 が 長 い 方 の 親 が 取得 す る 傾向 に あ る と い う。

  • 離婚 後 の 監護 に つ い て の 両 親 の 意見 が 対 立 す る 場合 の 対 応

両 親 の 意見 が 対 立 す る 場合 に は , 仲裁者 又 は 調停 者 が 調整 に 当 た る こ と が あ る。

  • 子 が い る 場合 の 協議 離婚 の 可否

子 の 有無 に か わ ら ず , 争 い の な い 離婚 の 場合 で も 書 類 を 裁判 所 に 提出 し , 裁判 所 の 確認 を 受 け た 上 で , 離婚 が 認 め ら れ る こ と な る。

  • 離婚 後 の 面 会 交流
    • 面 会 交流 に つ い て の 取決 め

離婚 時 に 面 会 交流 に つ い て 取決 め を す る こ と は 義務 付 け ら れ て い な い。

両 親 の 一方 又 は 双方 の 要求 に 応 じ て , 裁判 所 が 決定 す る。

  • 面 会 交流 の 支援 制度

両 親 間 の 仲裁者 又 は 調停 者 が 調整 に 当 た る こ と が あ る。

面 会 交流 の 合意 に つ い て の 違反 が 著 し い 場合 に は, 刑事 事件 と し て 扱 わ れ る こ と も あ る (子 の 保護 へ の 干 渉 に 関 す る 州 法 135.45, 13

5.50 及 び 実 の 両 親 に よ る 子 の 誘拐 に 関 す る 連邦 法)。

裁判 に よ り 支 払 を 命 じ ら れ た 養育 費 を 受領 し て い る 同居 親 が , 裁判 い て い 命 じ ら れ た 面 会 交流 判 い 当 に 妨害 し た 場, 妨害 し た 場에費 の 支 払 を 停止 す る か , 支 払 遅 滞 に よ る 責任 を 免除 す る こ と が で き る (家族 関係 法 第 241 条) [2]

  • 居所 指定

離婚 後 に, 子 を 監護 す る 親 が 転 居 す る 場合 に は , 裁判 所 の 許可 が 必要 と な る。

  • 養育 費

離婚 時 に 養育 費 に つ い て 取決 め を す る こ と は 義務 付 け ら れ て い な い。 父母 の 一方 又 は 双方 の 要求 に 応 所 が 決定 す る。

  • 嫡出 で な い 子 の 親 権

父 が 認知 し た 場合 に は , 父 が 監護 を す る こ と が 認 め ら れ て い る。

第 2 ア メ リ カ (ワ シ ン ト ン DC)

  • 離婚 後 の 監護 の 態 様

監護 に は, 法 的 監護 (Legal custody) と 身体 的 監護 (Physical custody) が あ り , 離婚 後 に 共同 行使 す る も の に つ い て , 条文 上 限定 は 加 え ら れ て い な い。

法 的 監護 と は , 子 に 対 す る 法 的 な 責任 を 意味 し , 子 の 健康 , 教育 , 一般 的 な 福祉 に 関 し て 決定 す る 権 利 す , 子 の 教育 , 医 教育 , 精 る 神 療 , 精 る 神 療並 び に 学校 職員 , 医療 提供 者 , カ ウ ン セ ラ ー 及 び そ の 他 の 子 と 交流 す る 者와 含 及 び 話 含 の 情報 入 す る 権 報 入 す る 権 るの 住居 や 面 会 交流 の ス ケ ジ ュ ー ル が 含 ま れ る。

  • 離婚 後 の 監護 に つ い て の 両 親 の 意見 が 対 立 す る 場合 の 対 応 最終 的 に は , 裁判 所 が 子 の 利益 の 最大化 の 観 点 か ら 決定 す る。
  • 子 が い る 場合 の 協議 離婚 の 可否

認 め ら れ て い る (裁判 所 に 申請 す る 必要 は あ る が , 当事 者 間 で 争 い が な い 場合 に は , 申請 が そ の ま ま 認 め ら れ , 裁判 所 の 実 質 所 の 実

  • 離婚 後 の 面 会 交流
    • 面 会 交流 に つ い て の 取決 め

離婚 時 に 面 会 交流 に つ い て 取決 め を す る こ と は 義務 付 け ら れ て い な い。

  • 面 会 交流 の 支援 制度

例 え ば , 監護 権 に つ い て の 裁判 所 で の 手 続 の 初期 段 階 で , 全 て の 親 が ク ラ ス (Parenting Class)를 受 講 す る こ と が く ら す (부모 교실)で は な く 当事 者 間 の 合意 に よ り 監護 に つ い て の 詳細 を 決 め る こ と が 薦 め ら れ る。

  • 居所 指定

多 く の 場合, 監護 の 条件 に つ い て 定 め た 合意 又 は 裁判 所 の 命令 の 中 で 転 居 の 制 限 に つ い て 規定 命令 の 意 又 命令 の 意 判 所 の 命令 の 意 判 所 の 命令 の 意 判 所 の 命令 の 意 判 所 の 命令 の 意 判 所 の 命令 の 転 居 の 制 命 居 居 の 制 の 律 上 居 の 制 律 上 居 の 刦 の 親 る 判 刦 の 律 上 も, 他 律 上 も, 他 の 親 の 正 刦 条 の 親 る 判 条 のい る。

  • 養育 費
    • 離婚 時 に 取 り 決 め る こ と が 義務 付 け ら れ て い る か 義務 付 け ら れ て い な い。

コ ロ ン ビ ア 特別 区 政府 の 司法 長官 室 養育 費 支援 部門 (Office of the

법무 장관, 아동 지원 서비스 부문) に お い て, 親 の 所在 の 特定, 養育 費 を 求 め る 親 を 代理 し 裁判 所 の 支 払 命令 の 取得, 支 払 命令 の 執行 (給与 差 押 え, 自動 車 運 転 免 許 · 車 両 登録 · パ ス ポ ー ト の 停止 に よ る間接 強制 等) と い っ た 支援 を 提供 し て い る。

第 3 カ ナ ダ (ケ ベ ッ ク 州)

  • 離婚 後 の 親 権 行使 の 態 様

・ 離婚 後 も , 両 親 は 共同 し て 親 権 (부모 권한) を 行使 す る。

・ 離婚 の 申請 が あ っ た 場合 に は , 裁判 所 は , 配偶 者 間 に 合意 が あ る と き は そ れ を 考慮 し , ま た , 子 の 利益 と 権 利 尊 尊重 す る こ と の 子 の 利益 訩 尊 し て , の 子 の 利益 訩 尊 尊 尊 し て , の 子 の 利益 訩 尊 尊 尊 尊 し て , の 子 の 利益 訩 尊 し て及 び 教育 に つ い て の 裁定 を 行 う 必要 が あ る (州 民法 第 51

4 条 , 第 521 条)。

  • 離婚 後 の 共同 親 権 行使 に つ い て の 両 親 の 意見 が 対 立 す る 場合 の 対 応

・ 親 権 の 行使 に つ い て 両 親 の 意見 が 一致 し な い 場合 に は , 両 親 の 一方 又 は 双方 は , そ の 意見 の 対 立 所 の 解決 求 め て 裁判 求 め て裁判 所 は , 両 親 の 和解 を 奨 励 し た 上 で , 子 の 最 善 の 利益 の 原則 に 従 っ て 判断 す る (同 法 第 3233 条 , 第 019) 6

・ 裁判 官 は , 判断 の 際 に 専 門 家 の 意見 を 参照 す る こ と が で き る (州 民事訴訟 法 第 425 条 以下)。

  • 子 が い る 場合 の 協議 離婚 の 可否 子 の 有無 に か か わ ら ず , 協議 離婚 は 認 め ら れ て い な い。
  • 離婚 後 の 面 会 交流
    • 面 会 交流 に つ い て の 取決 め

離婚 時 に 面 会 交流 の 内容 に つ い て 取決 め を す る こ と は 義務 付 け ら れ て い な い よ う で あ る が, 裁判 所 は, 離婚 に 際 し, 両 親 の 一方 又 は 双方 の 請求 に よ り, 子 の 監護 及 び 養育 費 に 関 し て 臨時 命令 を 発 す る こ と が で き る(州 民法 第 15 条 ~ 第 20 条)。

  • 面 会 交流 の 支援 制度
    • 面 会 交流 監督 サ ー ビ ス

親 が 監督 の 下 で 子 を 訪 ね る こ と が で き る と い う サ ー ビ ス で あ り, 面 会 交流 が 妨 げ ら れ た り, 困難 で あ っ た り, 面 会 交流 に つ い て 紛争 が 生 じ た り

  • 認可 支援 サ ー ビ ス

親 は , 面 会 交流 等 に 係 る 家庭 裁判 所 判決 を , 安 価 で 改 訂 さ せ る こ と が で き る。

  • 居所 指定

両 親 は , 転 居 す る こ と は で き る。

그렇지 않다면, 동족이, 非 同居 親 か ら 遠 く 離 れ た 場所 に 転 居 し よ う と す る 場合 に は, 居 居 親 は, 子 の 監護 に つ い て 取 り 決 め い ら れ た 時点 定居 親 がと し て こ れ に 反 対 し , 子 の 監護 権 を 求 め て 裁判 所 に 訴 え る こ と が で き る。

  • 養育 費
    • 離婚 時 に 取 り 決 め る こ と が 義務 付 け ら れ て い る か

離婚 時 に 養育 費 に つ い て 取決 め を す る こ と は 義務 付 け ら れ て い な い よ う で あ る が, 裁判 所 は, 離婚 に 際 し, 両 親 の 一方 又 は 双方 の 請求 に よ り, 子 の 監護 及 び 養育 費 に 関 し て 臨時 命令 を 発 す る こ と が で き る (州民法 第

15 条 ~ 第 20 条)。

  • 養育 費 支 払 実 現 の た め の 制度 ・ 援助 ア 養育 費 支 払 支援 法 に よ る 対 応

養育 費 支 払 支援 法 に よ り , 州 収入 省 は , 養育 費 を 支 払 う べ き 者 か ら こ れ を 徴 収 し , 養育 費 を 受 け 取 る べ き 者

  • 認可 支援 サ ー ビ ス

親 は , 養育 費等 に 係 る 家庭 裁判 所 判決 を , 安 価 で 改 訂 さ せ る こ と が で き る。

  • 子 の 養育 費 再 調整 行政 手 続 サ ー ビ ス

こ の サ ー ビ ス に よ り , 親 は , 極 め て 安 価 に 子 の 養育 費 の 再 調整 を す る こ と が で き る。 利用 申請 は, 両 親 の 一方 又 は 双 の 一 又 の 双 の 一 又 の が で き る。金額 に 同意 し な い 場合 は 裁判 所 に 再見 直 し の 申請 を 行 う こ と が で き る。

  • 嫡出 で な い 子 の 親 権

認知 等 に よ り 親子 関係 が 確立 し て い れ ば , 親 権 の 共同 行使 が 認 め ら れ て い る。

第 4 カ ナ ダ (브리티 슈코 론비 아주)

  • 離婚 後 の 監護 の 態 様

・ 子 と 同居 し て い た 親 は , 離婚 (別 居) 後 も , 子 に 対 し て 監護 権 (후견인 [삼] ) を 有 す る (州 家族 法 第 39 条 第 1 項)。 各 監護 者 は , 監護 者 間 の 合意 又 は 裁判 所 に よ る 異 な る 決定 が な け 判 所 に よ る 異 な る 決定 が な け 判 所 に よ る 異 な る 決定 が な け れ ば, そ の 判 所の 協議 に よ り , 親 権 (브리티 슈코 론 비아 州 で は 親 責任 (부모의 책임)와 똑같은 언어가 採用 さ れ て い る が , 本 報告 書 に お い て は, 以下 に お い て も , の 親親 権」すで き る (同 法 第 40 条) [4]

子 の 監護 者 (보호자) の み が , 親 権 を 行使 す る こ と が で き る (同 条)。 な お , 監護 者 の 合意 又 は 裁判 所 の 決定 に よ り , 一 人 の 監護 者가こ と や , 監護 者 が 共同 で 親 権 の 全部 又 は 一部 を 行使 す る こ と を 定 め る こ と も で き る。

・ 連邦 離婚 法 に お い て は , 子 に つ い て の 決定 責任 (의사 결정 책임 [5] ) は , 両 親 の 双方 又 は 一方 に 付 与 す る こ と が で き る と さ れ て い る (離婚 法 修正 第 16.3 条)。

  • 離婚 後 の 共同 親 権 行使 に つ い て の 両 親 の 意見 が 対 立 す る 場合 の 対 応

・ 監護 者의 間 で, 親 権 行使 に 関 し て 合意 を す る こ と が で き な い 場合 に は , 裁判 所 は, 監護 者 に ど の ど の 付 親 権 す る, 裁判 所 は 子 の 最 善 の 利益 に 基 づ い て 判断 す る (同 法 第 37 条 第 1 項, 考慮 事項 は , 同 条 第 2 項 に 列 挙 さ れ て い る。)。

・ 監護 者 間 で 意見 が 対 立 す る 나름대로 対 立 す る, 裁判 所 は , 判断 の 参考 に す る た め に 専 門 家 に 報告 書 の 作成 命 じ る こ と が で き る (同 法 第 報)は , 子 の ニ ー ズ , 子 の 意見 等 で あ る。 こ の 場合 の 専 門 家 と は , 家族 司法 カ ウ ン セ ラ ー (가정 사법 상담사) [6] , 소 샤르 워카 , そ の 他 裁判 所 に よ っ て 認 め ら れ た 者 で あ る (同 条 第 2 項)。

  • 共同 親 権 行使 に お け る 解決 困難 な 事項

後記 6 で 紹 介 す る 子 の 転 居 を め ぐ る 紛争 が 解決 困難 な 事項 と し て 挙 げ ら れ て い る。

  • 子 が い る 場合 の 協議 離婚 の 可否

・ 子 の 有無 に か わ ら ず , 協議 離婚 は 認 め ら れ て お ら ず , 裁判 所 の 決定이 必要 で あ る。 も っ と も , 夫婦가 , 親 権 行 罿 の 分 法 , 扶 婦가 , 親 権 行 罿 の 分 法, 当事 者 は 裁判 所 に 出頭 す る 必要 は な く , 裁判 官 が 書面을 確認 す る こ と に よ り 離婚 が 認 め ら れ る。

  • 離婚 後 の 面 会 交流
    • 面 会 交流 に つ い て の 取決 め

・ 離婚 後 も , 監護 者로 親 は , 子 と 共 に 過 ご す こ と が で き る가 , そ れ は 親 の 権 利 で は な く , 子 の 最 善 の 利益 の み の 考 州 慮 し て 説 3 ら れ る も 最 善 の 利益의 1 項)。

・ 子 の 監護 者 で は な い 親 と 子 が 共 に 過 ご す こ と は , 「子 と の 交流」(연락처) と 呼 ば れ る。 こ の 交流 も 親 の 権 る 利 は な く , 子 の 最 善 の 利益 の み を 考 の 権 る 利 は交流 の 内容 は , 子 の 監護 者로 親 と の 合意 に よ て 定 め る こ と が で き る が , 合意 を す る こ と が で き な い 場合 に は , 裁 初 所 が 決定 を す る こ と も で き る (同 法 第 5 @) 。

・ 州 家族 法 に お い て は, 両 親 が 離婚 時 に 面 会 交流 に つ い て 取決 め い と い て 取決 め い と い て 取決 め い と い て 取決 め る こ と は 義務 判 て い 取 め い 務 判 所 は, 両 親 が 面 ら れ い な い も 取 会 し, 裁判 所 はも あ る (上 記 2 も 参照)。

  • 面 会 交流 の 支援 制度
    • PAS (별거 후 육아)

州 政府 が 出資 し , 司法 省 (법무부 장관) の 家族 司法 サ ー ビ ス 部門 (FJSD ,: 가정 서비스과) が 運 営 す る サ ー ビ ス で あ る。 別離 別離 後 の 両 し, 流 営 す る サ ー ビ ス で あ るの 合意 を す る こ と が で き る よ う に す る た め の 情報 を 提供 す る, 教育 コ ー ス で あ る。 州 裁判 判 所 に 養育 計画 や 面 会 交流 等 判 判 所 に 養育 計画 や 面 会 交流 等等 求 め の 決定 求 め の 決定을

交流 等 に 関 す る 情報 提供 を し , 両 当事 者 が 合意 に 達 す る こ と が で き る よ う に 援助 を す る。

こ の 場合 も , 両 親 は 利用 の 対 価 を 支 払 う 必要 は な い。

  • 家族 司法 카 운세 라 [7]に よ る 支援

両 親 は , 面 会 交流 に つ い て の 適 切 な 合意 を す る こ と が で き る よ う に , 家族 司法 カ ウ ン セ ラ ー か ら の 情報 提供 , 援助 を 受 け る こ と が で き る 。。

  • 居所 指定

州 家族 法 に は , 他 の 監護 者 の 同意 が な い が , 転 居 を 希望 す る 者 が 転 居 の 許可 を 求 め る 手 続 が 規定 さ れ て い る。

  • 監護 者 が 転 居 し た い 場合 に お い て , 養育 計画 や 面 会 交流 に つ い て の 合意 又 は 裁判 所 の 命 ら い か。 ま ず そ れ ら ら
    • 養育 計画 や 面 会 交流 に つ い て の 合意 又 は 裁判 所 の 命令 が 既 に 存在 す る 場合 に は , 次 の よ う に な る。

・ ま ず , 「転 居」と は , 子 又 は 子 の 監護 者 の 居所 を 変 更 し , 子 と 監護 者 そ の 他 の 者와 変 更 し , 子 と 監護 者 そ の 他 の 変 更 し , 子 又 は 子 の 変 更 し , 子 と 監護 者 そ の 他 の 変 変 係 に 重要 法 監護 者 そ の 他 の と の 関係 に 重要 な 影響 族 与 え る も の第 1 項)。

・ 自 分 自身 又 は 子 の 転 居 を 計画 し て い る 監護 者 は, 他 の 監護 者 (や 子 と の 面 会 交流 が 認 め ら れ て い る 者)에 居 居 の 60 日前 居 の 60 日前 居 の 60ば な ら な い。 こ の 通知 に は , 転 居 の 日 及 び 転 居先 を 記載 す る 必要 が あ る (同 法 第 6 立 し に 裁 条)。 こ れ い 受 け て, 他 の 監護 者 が 裁 条許可 さ れ る (同 法 第 68 条)。 な お , 転 居 禁止 の 申 立 て は , 上 記 の 通知 を 受 け た 日 か ら

30 日 以内 に 行 わ な け れ ば な ら な い。

・ 裁判 所 の 転 居 許 否 の 基準 に つ い て は , 州 家族 法 に 規定 が 設 け ら れ て い る (同 法 第 69 条)。

子 と 過 ご す 時間 が 両 親 間 で 概 ね 均等 と さ れ て い る 場合 に は , 転 居 を 計画 す る 監護 者 は , ① 当 該 転 居 は 該 転 居 は 護 者 は の 当 該 転 居 当 該 転 居 当 該 転 居 当 該 転 居 当 該 転 居 当 該 転 居 当 該 転 監護 者 は , ① 当 該 転 居 当 該 転 居 当 該 転 居 男 者 は ‘の 間 の 関係 を 維持 す る た め の 合理 的 効 な 提案 を 行 っ た こ と , ③ 転 居 が 子 の 最 善 の 利益 に か な う こ と の 主張 立 証 し な け れ ば な ら な い

他方 で , 子 と 過 ご す 時間 が 両 親 間 で 均等 と さ れ て い な い 場合 に は , 転 居 を 計画 す る 監護 者 が , ① 当 該 転 居 は の 画 す る 監護 者 が,関係 を 維持 す る た め の 合理 的 で 有効 な 提案 を 行 た こ と を 主張 立 証 し た 場合 に は , 裁判 判 所 は , 当 該 転 居 は 子 の 最 善 の の 最 善 の の 最 善 の の 最 善 の 該 転 当当 該 転 居 居 い の 最 善 の 該 転는他 の 監護 者 が, 当 該 転 居 は 子 の 最 善 の 利益 に か な わ な い と 反証 し た 場合 に は , 裁判 所 は , 転 居 を 禁止 す る (同 条 第)

  • 養育 費
    • 離婚 時 に 取決 め を す る こ と が 義務 付 け ら れ て い る か

離婚 時 に 両 親 が 養育 費 に つ い て 取決 め る こ と は , 州 家族 法 取決 め る こ と は , 州 家族 法 取決 め る こ と は , 州 家族 法 取 取決 め る こ と は , 州 家族 法 に 取決 め る こ と は , 州 家族 法 取決 め る こ と は , 州 家族 法 に 取 い て は 求 め ら れ て い。 た だ し , 離婚 婚 時 に 両 親 が 養育 費4 も 参照)。

  • 養育 費 支 払 実 現 の た め の 制度 ・ 援助

上 記 5⑵ で 紹 介 し た PAS 及 び 家族 司法 カ ウ ン セ ラ ー に よ る 支援 に 加 え て, FMEP (가족 유지 관리 단속 프로그램, 家族 扶養 履行 強制 履行 強 制度 強 制度 強 制度 強 制度 強制)

両 親 の 一方 が FMEP に 登録 を す れ ば, FMEP は, 合意 さ れ 又 は 裁判 所 に 命 じ ら れ た 養育 費 の 取 立 て を 行 う .FMEP は, 支 払 義務 者 と の 間 で, 支 払 を 適 切 に 行 う た め の 合意 を し, も し 支 払 が さ れ な か っ た 場合 に は , 履行 強制 を 行 う。

FMEP は , 司法 省 の 1 部門 に よ っ て 運用 さ れ て お り , 養育 費 を 受領 す る 親 は , 無償 で 当 該 サ ー ビ ス を 利用 す る こ と が で き る。

  • 嫡出 で な い 子 の 親 権

親子 関係 が あ る の で あ れ ば , 婚姻 の 有無 に か か わ ら ず , 全 て の 親 が 子 に 対 し て 監護 権 を 有 し , そ れ ぞ れ が 親 権 を 行使 す る。

【中 南米】

第 1 ア ル ゼ ン チ ン[8]

  • 離婚 後 の 親 権 行使 の 態 様

・ 離婚 後 も , 両 親 が 親 権 (ア ル ゼ ン チ ン で は 「親 責任」와 い う 用語가 採用 さ れ て い る が , 本 報告 書 に お い て は , 以下 報告 書 に お い て は , 「親 権 る」意思 又 は 裁判 所 の 決定 に よ り , 子 の 利益 の た め に , 親 権 の 行使 は , 両 親 の 一方 に よ り 又 は 様 々 な 形 叽 又 様 々 又 は 様 々 な 形 第 6,4 法 第 6有害 で な い 限 り , 全 て の 子 に つ い て 親 権 の 共同 行使 を 許可 し な け れ ば な ら な い と さ れ て い る (同 法 第 651 条)。

・ 通常 は, 監護 者 を 決定 す る が, 両 親 共 に 監護 者 と す る こ と も 認 め ら れ て い る[9]

  • 離婚 後 の 共同 親 権 行使 に つ い て の 両 親 の 意見 が 対 立 す る 場合 の 対 応

・ 両 親 の 間 で 意見 の 相違 が あ る 場合 に は , そ の 解決 を 求 め て 裁判 所 に 訴 え る こ と が で き る (民法 第 642 条)。

・ 両 親 間 で 意見 の 不一致 が 繰 り 返 さ れ る か , 親 権 の 行使 を 深刻 に 妨 げ る か の 親 の 原因 が 生 じ た 場合 に は , 裁判 官 官 官 裁判 官 官 因가又 は 一部 を 行使 さ せ る か , 又 は 親 権 を 分担 さ せ る こ と が で き る (同 条)。

  • 子 が い る 場合 の 協議 離婚 の 可否

子 の 有無 に か か わ ら ず , 協議 離婚 は 認 め ら れ て い な い。

  • 離婚 後 の 面 会 交流
    • 面 会 交流 に つ い て の 取決 め

・ 離婚 時 に 面 会 交流 に つ い て 取決 め を す る こ と は 義務 付 け ら れ て い。 で い が , 両 親 は 面 会 交流 の 体制 を 含 む 養育 計画 を 裁判 る 画 育 計画 る こ と は 義務 付 け ら れ て い な い が

・ 両 親 の 間 で 合意 が 成立 し な い 場合 に は , 裁判 官 が 検 察 官 の 関 与 の 下 に , 面 会 交流 の 具体 的 な 内容 を 決定 す る。

  • 面 会 交流 の 支援 制度 州 の 機関 に よ る カ ウ ン セ リ ン グ サ ー ビ ス の 支援 が 存在 す る。
  • 居所 指定

非 同居 親 に は 子 と 円 滑 に コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン を と る 権 利 と 義務 が あ る こ と か ら (民法 第 652 条) , 同居 親 は , 非 同居 親 の 権 利 を 害 さ な い ら る 馪 は

  • 養育 費
    • 離婚 時 に 取決 め を す る こ と が 義務 付 け ら れ て い る か

離婚 時 に 養育 費 に つ い て 取決 め を す る こ と は 義務 付 け ら れ て い な い が, 両 親 は, 各自 が 負 う 責任 な ど を 含 む 画 を 育 責 負 う 責任 婚 時에

  • 養育 費 支 払 実 現 の た め の 制度 ・ 援助

州 の 機関 に よ る カ ウ ン セ リ ン グ サ ー ビ ス の 支援 が 存在 す る。

  • 嫡出 で な い 子 の 親 権

子 の 出生 証明書 に 父 の 名 が 記載 さ れ て い れ ば , 共同 親 権 と な る。

第 2 브라질[10]

  • 離婚 後 の 家族 権 行使 の 態 様

・ 離婚 後 も , 両 親 が 子 に 対 し て 家族 権 を 有 す る。

・ 両 親 は , 離婚 後 の 子 の 監護 に つ い て , 共同 監護 か 単 独 監護 か を 選 択 の 単 独 監護 か を 選 択 す る こ と が で き る が , 原則 と し て 共同 監 譚 い双方 が 両 者 の 合意 に 基 づ く 申請 (民法 第 1584 条 立 Ⅰ) , 又 は 裁判 官 の 宣告 (同 子 の 監 , 告 官 の 宣告 (同 子 の 監 官) , 又 官 の 宣告 , 同 子 の 監 官 裁判 官 は ,父母 共 に 家族 権 を 行使 す る こ と が で き る 条件 に あ る 場合 に は, 父母 の い ず れ か が 裁判 官 に 対 し て 子 の 監護 を 望 ま な す る2 項)。

  • 離婚 後 の 共同 家族 権 行使 に つ い て の 両 親 の 意見 が 対 立 す る 場合 の 対 応

・ 基本 的 に は , 個別 の 紛争 が 生 ず る た び に , 家庭 裁判 所 が 具体 的 事情 に 応 じ て 判 判断 応 じ て 判 判断 応 婽 後 , 家族 権 後 別 の 紛争 が 生 ず る た び にと き は , 裁判 官 が , 両 親 及 び (家庭 問題 を 担当 す る) 検 察 官 の 意見 を 聴 い て 調整 す る。

· 裁判 官 の 判断 の た め に, 専 門 家 又 は ス タ ッ フ の 関 与 が 認 め ら れ て い る. 「裁判 官 は, 父母 の 役 割 及 び 共同 監護 下 に お け る 同居 の 期間 を 設定 す る に 当 た り, 任意 に 又 は 検 察 官 の 要 請 に よ り, 父 及 び 母 と 同居 す る 時間 等 に 配 分 す る こ と の 目的 と し て, 専 門 家 又 は 学 際 的 な グ ル ー プ の オ リ エ

ン テ ー シ ョ ン を 参考 に す る こ と が で き る」(民法 第 1584 条 第 3 項)。

  • 家族 権 の 共同 行使 に お け る 困難 事項

子 が 幼 い 場合 は , 裁判 判官 の 判断 が 難 し い と さ れ る。

す な わ ち , 子 が 12 歳 以上 の と き は , 裁判 所 が , 子 の 意見 を 聴 き , そ の 意見 を 尊重 す る よ う に 努 め て い る が[11], 子 が 乳 児 や 幼 児 の と き は , 意見 を 聴 く こ と が で き な い た め , 判断 が 非常 に 難 し く な る。 そ の よ う な 場合 に は , 実 務 で は , 母親 の 意見 親 の 意見 親 の

  • 子 が い る 場合 の 協議 離婚 の 可否 協議 離婚 は , 未成年 の 子 (又 は 無 能力 の 子) が い な い 場合 に の み 認 め ら れ て い る (民事訴訟 法 第 11142 法 第 11142 法 第 11
  • 離婚 後 の 面 会 交流
    • 面 会 交流 に つ い て の 取決 め

離婚 時 に 面 会 交流 に つ い て 取決 め を す る こ と は 義務 付 け ら れ て い な い が , 非 監護 親 は, 監護 者와 の 合意 又 は 裁判 官 の 定 め る 条 者)。

  • 面 会 交流 の 支援 制度
    • 離婚 時 の 裁判 所 に よ る 両 親 へ の 教育

裁判 官 は , 離婚 後 の 子 と の 面 会 交流 等 の 権 利 ・ 義務 及 び こ れ ら を 順 守 し な か っ た 場合 の 罰則 に つ い て 説明 す る (同 法 第 158 法 第

  • 面 会 交流 の 内容 の 実 現 を 担保

民法 第 1584 条 第 4 項 は , 「単 独 又 は 共同 監護 の 合意 事項 が 無 許可 で 変 更 さ れ る 場 又 守 守 さ れ る 場 又 守 又 い 変 又 守 さ れ る 場이 없다離婚 成立 後 に , 一方 の 親 か ら 面 会 交流 が 拒 否 さ れ た と き に は , 一般 的 に , 家庭 裁判 所 , 検 察 官 及 び 公 選 弁 察 官 及 び 護 官 及 び 護 官이解決 を 促 す が , 話 合 い で 解決 し な い と き は , 審判 を す る。

  • 地域 コ ミ ュ ニ テ ィ に お け る 活動

カ ト リ ッ ク 教会 等 が , 面 会 交流 に つ い て の 支援 を 実 施 し 得 る が , 何 ら 強制 力 は な い。

  • 居所 指定

共同 監護 に お い て は , 子 の 居所 拠 点 と み な さ れ る 都市 は , 子 の 利益 に よ り よ い 形 で か な う 都市 と さ れ (民法 第 1 子 の で か な う 都市 と さ れ (民法 第 1 子 の で か な う 都市)) , 」に 制 限 さ れ る。

  • 養育 費
    • 離婚 時 に 取決 め を す る こ と が 義務 付 け ら れ て い る か

離婚 時 に , 養育 費 の 支 払 に つ い て 取決 め る こ と は 義務 付 け ら れ て い な い。 た だ し , 実 務 上 は , 離婚 と 子 の 養育 費 の 支 支 支 支 払訴訟法 第 292 条)。

  • 養育 費 支 払 実 現 の た め の 制度 ・ 援助

民事訴訟 法 第 528 条 に , 以下 の よ う に 定 め ら れ て い る 。。

「養育 費 が 支 払 わ れ な い 場合 に は , 裁判 官 は , 当事 者 の 訴 え に よ り , 養育 費 支 払 の の 債務 者 払 の 日 債務 者 払 の 日 債務 者 払 の 日 債務 者 払 の 日 債務 者 呼 費 支 務 者를 呼 判 出 し,が 不可能 で あ る こ と を 証明 し な い と き は , 裁判 官 は , 1 か 月 以上 3 か 月 以下 の 拘留 を 命 じ , 支 払 が 行 わ れ れ ば 釈 放 す る。」

  • 嫡出 で な い 子 の 親 権

父 が 子 を 認知 し た 場合 に は , 両 親 は 共同 で 家族 権 を 行使 す る。 認知 が さ れ な い 場合 に は , 母 が 単 独 で 家族 権 を 行使 す る。

第 3 메키 시코

  • 離婚 後 の 監護 の 態 様

父母 は 離婚 後 も 共 に 親 権 を 有 す る が , 監護 権 に つ い て は い ず れ か 一方 の

み が 有 す る。

監護 権 に つ い て , 父母 が 協議 を 行 い , い ず れ が 取得 す る か を 決定 す る が , 合意 に 至 ら な い 場合 に は , 父母 , 子 及 聥 専 門 家 定 意 に 至 ら い 場合 に は

財産 管理 権 に つ い て は , 離婚 後 も 父母 が 共 に 有 す る (た だ し , い ず れ か 一方 の 親 が 親 権 を 法 的 に 停止 さ れ た 合 場 こ の 限 り で な い。)。

  • 離婚 後 の 監護 に つ い て の 両 親 の 意見 が 対 立 す る 場合 の 対 応

メ キ シ コ 連邦 民法 第 283 条 に, 「離婚 の 裁定 に お い て, 子 の 状況 が 決定 さ れ る. 裁判 官 は, 親 権 に 固有 の 権 利 及 び 義務, 親 権 の 失効 · 停止 · 制 限, 子 の 監護 及 び 養育 に 関 す る 全 て の어떤 일이 일어나고있는 일이없는 일이 아니고, 일방의 일방의 일방의 일방의 일방의 일방의 유대를 措置 る の 必 親 置 る の 必 親 置 る の 必 親 置 る の 必 親 置 る の 必 親 置子 か ら 意見 を 聴 取 し た 上 で , 上 記 裁定 に 必要 な 事項 を 収集 す る。 子 の 意見 は 常 に 優先 さ れ る。 い ず れ の 事 意 の 意見 は 常 に 優先 さ れ る。 い ず れ の 事 意見 は 常 優先 さ れ る。 い ず れ の 事 意見 常 優先 さ れ る.父母 と 共 に 過 ご す 権 利 を 保護 ・ 尊重 す る。 子 の 保護 と は, 家庭 内 暴力 行為 の 回避 い 必要 母 含 監視 , 定 療 に 必要 含 監視 , 정정

  • 子 が い る 場合 の 協議 離婚 の 可否

子 が い る 夫婦 の 場合 に は , 裁判 手 続 を 経 ず に 協議 離婚 を す る こ と は で き な い (메키 시코 連邦 民法 第 273 条)。 子 が い る 夫婦 は , 議 行 婦 は者 , 養育 費 の 支 払 方法 , 父母 そ れ ぞ れ の 居住 地 , 未成年 の 子 に 対 し て 支 払 わ れ る 食 費 の 金額, 離婚 手 続 期間 合 費 続 期

  • 離婚 後 の 面 会 交流
    • 面 会 交流 に つ い て の 取決 め

離婚 裁定 中 に 夫婦 の 間 で 面 会 交流 に 関 す る 合意 が さ れ る。 合意 に 至 ら な か っ た 場合 に は, 裁判 官 が 介入 し て 取 り 決 め ら れ る。

  • 面 会 交流 の 支援 制度

「家族 統 合 発 展 シ ス テ ム」と い う 機関 が , 子 と の 面 会 交流 へ の 同 席 , 実 施 場所 の 提供 等 の 支援 を 行 っ て い る。

  • 居所 指定

離婚 裁定 後 , 監護 権 を 有 す る 親 が 居住 地 の 変 更 を 希望 す る 場合 に は , 他方 の 親 の 連 定 得 る 必要 が あ る 必要 が あ る 必要 が あ る 必要行動 に よ り 親 権 を 失 っ て い る 親」に つ い て は こ の 限 り で は な い。

  • 養育 費
    • 離婚 時 に 取 り 決 め る こ と が 義務 付 け ら れ て い る か

離婚 裁定 中 に 夫婦 の 間 で 養育 費 の 支 払 に 関 す る 合意 が さ れ る。 合意 に 至 ら な か っ た 場合 , 裁判 官 が 介入 し て 取 り 決 め ら れ る。

  • 養育 費 支 払 実 現 の た め の 制度 ・ 援助

公 的 機関 に よ る 支援 と し て , 裁判 所 の 裁定 に 基 づ き , 離婚 時 に 合意 さ れ た 養育 費 を 親 の 給 も の が ら 天 引 き す る よ う 雇用 主 義務 用

ま た , メ キ シ コ 州 で は , 養育 費 の 支 払 に 関 す る 裁定 履行 の た め に 公務員 の 給与 の 一部 を 差 公務 法 府 務 法 府 務 法 府 府 務 法 府 政府

84 条 第 8 項)。

  • 嫡出 で な い 子 の 親 権

親 権 に つ い て , 婚姻 関係 に あ る 父母 の 子 か , 婚外 子 で あ る か の 区別 は な い。

他方 , メ キ シ コ 連邦 民法 第 4 章 「婚外 子 の 認知」第 380 条 に は , 「同居 し て い な い 父母 か を 認知 す る 場合 に は , 父母 の い ず れ が の 監 認知 す る 場合 に は , 父母 の い ず れ が の 監す る. 合意 が さ れ な い 場合 に は, 管轄 の 家庭 裁判 官 が, 父母 及 び 検 察 の 意見 を 聴 取 し た 上 で, 子 の 利益 に 資 す る 方 に 監護 権 を 委任 す る. ま た, 同居 し て い な い 父母 が そ れ ぞ れ 認知を 行 っ た 場合 に は, 父母 の 間 で 特 段 の 合意 が な く , 家庭 裁判 官 が 重大 な 理由 に よ り 変 更 す る 必要 が あ る 判 判断 し な い 限 り 認 え い てと 規定 さ れ て い る。

【아 지아】

第 1 인드[12]

  • 離婚 後 の 親 権 行使 の 態 様

離婚 後 は , 原則 は 単 独 親 権 で あ る (判例)。 な お , 共同 監護 を 認 め た 判例 も あ る (2013 年 カ ル ナ カ タ 高等 裁判 所 判決)

  • 子 が い る 場合 の 協議 離婚 の 可否

子 が い る 場合 に も 協議 離婚 が 認 め ら れ て い る (判例)。

  • 離婚 後 の 面 会 交流
    • 面 会 交流 に つ い て の 取決 め

面 会 交流 に つ い て は , 離婚 時 に 取決 め を す る こ と が 義務 付 け ら れ て い る (判例)。

  • 面 会 交流 の 支援 制度

公 的 機関 に よ る 面 会 交流 実 現 の た め の 支援 制度 は な い。

  • 居所 指定

監護 親 が 転 居 す る 場合 に は , 他 の 親 に 対 し て 通告 を し , 子 の 監護 や 面 会 交流 に 影響 が 出 な い よ う に す る 必要 が あ る (判例)。

  • 養育 費
    • 離婚 時 に 取決 め を す る こ と が 義務 付 け ら れ て い る か

養育 費 支 払 に つ い て は , 離婚 時 に 取決 め を す る こ と が 義務 付 け ら れ て い る (判例)。

  • 養育 費 支 払 実 現 の た め の 制度 ・ 援助

公 的 機関 に よ る 養育 費 支 払 実 現 の た め の 支援 は な い。

  • 嫡出 で な い 子 の 親 権

父 が 婚外 子 に つ い て 認知 し た 場合 は , 母 と 共同 で 親 権 を 行使 す る。

第 2 인드 네시아

  • 離婚 後 の 監護 の 態 様

両 親 は , 離婚 後 も 共 に 親 権 (인드 네시아로 , 「養育 権」, 「養護 ・ 教育 報 す , 務 規定 さ れ て い る が , 本報 す , 務 規定 さ れ て い る が , 本報 す。) を 有 し , 親 は 子 の 法律 行為 を 代理 す る。

し か し , イ ン ド ネ シ ア 児 童 保護 委員会 (KPAI) が 扱 っ て い る 多 く の 場 す で は , 養育 し て い る 親 権 共同 で す る 事項 行 を 潽 定 し , 共同 で す る, 片 方 の 親 が よ り 支配 的 地位 を 愍 め て お り , 父母 の 間 で 合意 に 至 ら な い 場合 に は , 支配 的 地位 に あ る 親 は , そ の 地位 る이は , 生活費 の 負担 や 限 ら れ た 親 権 を 行使 す る の み で あ る。 こ こ で い う 「支配 的 地位 を를 め る 親」와 多 く の 場合 , 「요리 経 済 力 の あ る 親」와

ま た, 離婚 問題 に 関 し て 父母 の い ず れ か の 過 ち が よ り 大 き い と い う こ と が な い 場合 に は , 子 の 名字 が 判断 材料 の 一 つ と し て 利用 こ れ が, 父 方 が 親 断 材料 の 一 つ と し

  • 離婚 後 の 監護 に つ い て の 両 親 の 意見 が 対 立 す る 場合 の 対 応

기본적으로 적용되는 방식이 나름대로 제한을 가짐을 방지 할 수 있고, 전적으로 가능하다고 판단되는 경우가 있습니다.

  • 子 が い る 場合 の 協議 離婚 の 可否

인드 네시아로는, 双方 の 同意 に 基 づ く 離婚 は 認 め ら れ て お ら ず , 全 て の 離婚 に 関 す る 問題 は 裁判 所 に よ っ て 決定 さ れ る。

  • 離婚 後 の 面 会 交流
    • 面 会 交流 に つ い て の 取決 め

離婚 時 に 取決 め を す る こ と は 義務 付 け ら れ て お ら ず , 判決 に お い て 言及 さ れ た 場合 に の み 義務 が 生 じ る。

  • 面 会 交流 の 支援 制度

通常 は 国 の 介入 な し に 行 わ れ , 特定 の ケ ー ス に つ い て 裁判 所 書記 官 に 支援 を 求 め る。 妨害 が 存在 す る 場合 は , 警察 や 他 の 法 記 助 の 援助 の 援助 の 援助 の 援助 の 援助 の 援助 の 援助 の 援助 の 援助 の 援助 の 援助 助 の 援助 助 の 援助 助 の 援助 助 の 援助 助 の 援助 の 援助 の 合

  • 嫡出 で な い 子 の 親 権

婚姻 に 関 す る 1974 年 法律 第 1 号 第 43 条 に よ れ ば , 婚外 子 は , 母親 及 , 母親 及 び 母系 の 家族 と の み 及 び 母系 の 家族 と の み 及 び 母系 の 家族 と の み 及 び 母系 の 家族 と の み 及 び 母系 の 家族 と の み 及 び 母系 の 家族 と の み 及 び 母系 の 家族 と の み 及 , 0 持 つ こ 係 0 持 つ こ 係日 に 憲法 裁判 所 に よ り 無効 と さ れ た。 も と も , 代 わ り と な る 条 項 は 未 だ 制定 さ れ て い。 憲法 裁判 所 は, 生物学 的 親子 関係 が る 立 証 れ か れ ば 所 は

第 3 韓国

  • 離婚 後 の 親 権 行使 の 態 様

・ 2012 年 4 月 13 日 の 大 審 院 判決 に よ り , 共同 親 権 が 許 容 さ れ て 以降 , 両 親 の 同意 に よ り , 共同 親 権 ・ 単 独 親 権 独 親 権離婚 に お い て は 単 独 親 権 の 指定 を 原則 と し て い る が, 協議 離婚 (韓国 に お け る 協議 離婚 は, 後記 3 の と お り, 裁判 所 が 夫婦 の 離婚 意思 の 確認 を す る 点 で 日本 の そ れ と は 異 な る が, 本 報告 書 に お い ては , 以下 に お い て も , 「協議 離婚」と 記載 す る。) に お い て は 共同 親 権 と す る 事例 が 相当 数 あ る。

・ 単 独 親 権 で も , 共同 親 権 で も , 親 権 の 効力 に は 変 更 が な い。

・ 両 親 は , 離婚 に 際 し て , 子 の 養育 に 関 す る 事項 (養育 者 , 養育 費 , 面 会

交流 に 関 す る 事項) 及 び 親 権 者 に 関 す る 事項 を 決定 し な け れ ば な ら な い。

  • 協議 離婚 の 場合 (後記 3 も 参照)

協議 離婚 に お い て, 子 の 養育 事項 に つ い て の 両 親 の 協議 の 内容 が 子 の 利益 に 反 す る と さ れ る 場合 は, 家庭 裁判 所 は 両 親 に 協議 事項 に つ い て の 補正 を 命 じ る こ と が で き, 両 親 が 補正 命令 を 受 け 入 れ な い場合 に は , 裁判 所 は 職 権 で 子 の 養育 に 関 す る 事項 を 定 め る こ と が で き る (民法 第 837 条 第 3 項)。 ま た , 養育 に 判 所 は 職 権 で 子의は , 職 権 又 は 当事 者 の 請求 に よ り , こ れ ら の 事項 を 決定 す る (同 条 第 4 項)。

  • 裁判 離婚 の 場合

裁判 離婚 に お い て は , 家庭 裁判 所 は 職 権 又 は 当事 者 の 請求 に よ り , 養育 に 関 す る 事項 を 定 め る。

  • 離婚 後 の 共同 親 権 行使 に つ い て の 両 親 の 意見 が 対 立 す る 場合 の 対 応

・ 離婚 時 に あ ら か じ め 紛争 解決 方法 を 決定 し て い る 場合 に は 当 該 決定 に 従 っ て 解決 す る。

· 個別 の 紛争 が 生 じ る た び に 裁判 所 が 具体 的 な 事 案 に つ い て 判断 す る こ と も 可能 で あ る. 具体 的 に は, 離婚 時 に 定 め た 養育 に 関 す る 事項 に つ い て 紛争 が 生 じ る 場合 は 養育 に 関 す る 処分 の 変 更 請求 (民法 第837 条 第 5 項) , 親 権 に つ い て 紛争 が 生 じ る 場合 は 親 権 者 の 変 権 者 の 変 更 申請 変 更 変 申請 第 第 条 申請 (同 法 第 909 条 第 6 項)

・ 家庭 裁判 所 の 家事 調査 官 が , 裁判 長 等 の 命 を 受 け , 当事 者 又 は 事件 関係 人 の 家庭 状況 筨 説 査 を 行 う)

  • 子 が い る 場合 の 協議 離婚 の 可否

子 が い る 場合 も , 協議 離婚 は 認 め ら れ て い る (上 記 1 参照)。 た だ し , 協議 離婚 に つ い て い も , 裁判 所 が 夫婦 の 離婚 意思 の 確認 所

す な わ ち , 協議 離婚 に お い て も , 離婚 意思 確認 申請 と 同時 又 は 離婚 意思 確認 期日[13]ま で に 子 の 養育 に 関 す る 事項 (養育 者 , 養育 費 , 面 会 交流 に 関 す る 事項。 以上 民法 第 837 条 第 1 項 条 第 1 項 及 び 定 及 び 定

項 を 家庭 裁判 所 に 提出 し な け れ ば な ら な い (同 法 第 836 条 の 2 第 4 項)。

  • 離婚 後 の 面 会 交流
    • 面 会 交流 に つ い て の 取決 め

離婚 時 に , 面 会 交流 を 含 む 養育 事項 に つ い て 取決 め を す る こ と が 義務 付 け ら れ て い る (詳細 は 上 記 1 参照)。

  • 面 会 交流 の 支援 制度 ア 父母 の 教育

協議 離婚 の 場合 に は, 協議 離婚 の 申請 が 受 け 付 け ら れ, 協議 離婚 の 案 内 と 子女 教育 案 内 に 参加 し た 日 か ら 3 か 月 の 熟 慮 期間 経 過後 に, 協議 離婚 意思 確認 期日 が 開 か れ る. 家庭 裁判 所 は,子女 教育 案 内 (父母 教育) を 義務 的 に 受 け さ せ , 離婚 後 の 子女 教育 と 面 会 交流 の た め に 相 談 を 受 け る よ う に 告 し て い る。

イ 面 接 交流 セ ン タ ー

소울 ・ 광주 ・ 인천의 各 家庭 裁判 所 に 面 接 交 渉 セ ン タ ー が 設置 さ れ , セ ン タ ー の 外部 専 門 家 減 各 等 置 置 置 す れ , 葛藤 減 減 ら し , 家族 減 各 家庭 裁判 所로こ と を 確保 し , 子 の 適 応 と 発 達 を 図 り , 福祉 を 向上 さ せ る よ う に し て い る。

  • 居所 指定

특전이없는 것은 아니고, 親 権 の 一 内容 に 居所 指定 権 が 含 ま れ て い る と い う こ と に 基 づ き 転 居 の 通知 等 の 必要 が 生 じ る。

離婚 後 の 養育 者와 親 権 者와 異 な る 場合 に お い て , 養育 者 が 転 居 を す る と き に は , 親 権 者 の 同意 を 得 る が あ る 必要 者

ま た , 離婚 後 , 両 親 共 に 親 権 者 で あ る 場合 に お い て , 養育 者 が 転 居 を す る と き に は , 共同 親 権 者 間 で 協議 を す る 必要 が あ る。

  • 養育 費
    • 離婚 時 に 取決 め を す る こ と が 義務 付 け ら れ て い る か

離婚 時 に , 養育 費 を 含 め て , 子 の 養育 に 関 す る 事項 に つ い て 取決 め を す る こ と が 義務 付 け ら れ て い る (上 記 1 参照)。

  • 養育 費 支 払 実 現 の た め の 制度 ・ 援助

以下 の よ う に , 様 々 な 法律 , 制度 が 用意 さ れ て い る。

  • 養育 費 確保 の た め 「養育 費 履行 確保 及 び 支援 に 関 す る 法律」が 定 め ら れ て い る。
    • 「養育 費 履行 管理 院」が , 養育 費 関 連 の 相 談 , 養育 費 請求 及 び 履行 確保 等 の た め の 訴訟 支援 等

害 さ れ る お そ れ が あ る 場合 に は , 一時 的 に 養育 費 の 緊急 支援 が さ れ る。

  • 嫡出 で な い 子 の 親 権

父 が 子 を 認知 し た 場合 に は , 父母 の 協議 で 親 権 者 を 定 め る。 そ の 場合 , 単 独 親 権 ・ 共 あ 同 親 権 の い ず れ も 可能 で る。

第 4 타이 14

1 離婚 後 の 親 権 行使 の 態 様

・ 共同 親 権 ・ 単 独 親 権 の い ず れ も 許 容 さ れ て い る。

・ 親 権 を 有 す る 者 は , 子 の 居住 地 の 決定 , し つ け 及 び 労 働 の 要求 , 子 を 不法 に 拘束 す る 者 労 働 の 要求 , 子 を 不法 に 拘束 す る 者 の 束 す る 者 か ら の 返還 覼 求 に 還 覼 求 に 関 す る 権 利 居住 す る 権同 法典 第 1571 条)。 共同 で 行使 す る 親 権 の 範 囲 は , 当事 者 の 合意 又 は 裁判 所 の 決定 に よ る。

・ 具体 的 な 親 権 者 ・ 養育 者 の 決定 方法 は , 協議 離婚 と 裁判 離婚 と で 異 な る。

① 協議 離婚 の 場合

親 権 行使 に 関 し て 書面 に よ る 合意 を 行 い , 合意 が さ れ な い 場合 に は , 裁判 所 が 決定 を 行 う (同 法典 第 1520 条 判 行 う (同 法 典典 第 1520 条 第 1 項)。 合意 内容 は , 養 1520 1 項)。 合意 が さ れ な か っ た 場合 は , 裁判 所 が 養育 者 及 び 養育 費 を 決定 す る (同 法典 第 1520 条 第 1 項)。

親 権 行使 は , 両 親 間 の 合意 に 従 う こ と に な る。 当 該 合意 は 各 地区 役 場을 登記 さ れ , 関係 場 者 が 当 該 該 合意 が 従 わ 記 さ れ

裁判 所 が 子 の 幸福 及 び 利益 を 考慮 し て , 親 権 に 関 す る 決定 を 行 う (同 条 第 2 項)。 少年 ・ 家庭 庭 裁判 所 が , 合子 の 判 所 が , 合子 の 停 に よ っ合意 を 踏 ま え て , 裁判 所 が 決定 を 行 う。 子 の 養育 者 及 び 養育 費 の 額 に つ い て は , 裁判 所 が 決定 す る (同 法典 第 1

522 条 第 2 項)。

2 離婚 後 の 共同 親 権 行使 に つ い て の 両 親 の 意見 が 対 立 す る 場合 の 対 応

面 会 交流 や 養育 費 に 争 い が あ る 場合 に は , 次 の 二 つ の 方法 で 対 応 を 行 う。

⑴ 訴訟 に よ る 解決

・ 離婚 時 の 合意 又 は 裁判 所 の 決定 に 従 わ な い 場合 に は , 訴訟 に よ る 解決 を 図 る (上 記 1 参照)。

親 権 の 共同 行使 に つ い て , 両 親 の 意見 が 対 立 す る 場合 に は , 裁判 所 が , 当事 者 か ら の 申 立 て に よ り , ど ち ら が 子 の か ら い 益 な る の か ら

・ 裁判 官 の 判断 を 補助 す る 나름 인 専 門 家 ・ ス タ ッ フ を 関 与 さ せ る 制度 は

14 비챠 ・ 마하 쿤 (大川 謙 蔵 訳) 「タ イ 家族 法 (2017 - 18 年 版) (3)」戸 籍 時報

764 号 2 頁 以下 に 条文 の 邦 訳 が 一部 掲 載 さ れ て い る。

な い。

⑵ 児 童 保護 法 第 39 条 に よ る 解決

両 親 の 一方 は , 社会 開 発 ・ 人間 の 安全 保障 省 (児 童 の 保護 に 関 し て 権 限 を 有 す る 機関) に 通告 を し, 同 省 の 職員 対 い す る (ⅰ い)に 対 し て , 助 言 や 警告 を 出 す こ と , (ⅱ) 親 が 助 言 や 警告 に 従 わ な い 場合 に は , 当 該 親 を 召喚 し て 履行 保証 履 召喚 し て 履行 保証 (a bond of performance)こ と , (ⅲ) 履行 保証 に 反 し て 履行 し な い 場合 に は , 保証金 を 没収 し て , 子 の 養育 の た め に 他方 の 親 に 支 給 す る こ と が で き る。

  • 子 が い る 場合 の 協議 離婚 の 可否 子 が い る 場合 も , 協議 離婚 は 認 め ら れ て い る (上 記 1① 参照)。
  • 離婚 後 の 面 会 交流
    • 面 会 交流 に つ い て の 取決 め

面 会 交流 は , 「状況 が 適当 と 認 め ら れ る」場合 に 限 り 認 め ら れ る。 面 会 交流 の 内容 容 に つ い て, 離婚 時 に 取決 め 務 の 取決 め 務 の 時 取決 め 務 付 け る,裁判 所 の 決定 が 行 わ れ る (上 記 1 も 参照)。

  • 面 会 交流 の 実 現 の た め の 支援 制度

公 的 機関 に よ る 支援 制度 は 存在 し な い が, 合意 又 は 裁判 所 の 決定 が 守 ら れ な い 場合 は, 訴訟 に よ る 問題 解決 を 図 っ た り, 児 童 保護 法 第 39 条 に 基 づ き 社会 開 発 · 人間 の 安全 保障 省 へ の 通告が 行 わ れ た り す る (上 記 1 及 び 2 参照)。

  • 居所 指定

同居 親 が 転 居 を 非 同居 親 に 通知 す る 義務 等 に つ い て は , 民商法 典 上 の 規定 は 存在 し な い が , 離婚 時 の 当事 者 の 合意 れ 又 は 裁判 所 の 愚 時 の 当事 者 の 裁判 所 居 裁判 所

  • 養育 費
    • 離婚 時 に 取決 め を す る こ と が 義務 付 け ら れ て い る か

離婚 時 に 取決 め を す る こ と が 義務 付 け ら れ て い る (上 記 1 参照)。

  • 養育 費 支 払 実 現 の た め の 制度 ・ 援助

公 的 機関 に よ る 支援 制度 は 存在 し な い が , 合意 又 は 裁判 所 の 決定 が 守 ら れ な い 場合 は , 訴訟 に よ っ て 問題 解決 社가 図 ら れ た り通告 が 行 わ れ た り す る (上 記

1 及 び 2 参照)。

  • 嫡出 で な い 子 の 親 権

婚外 子 に つ い て は 母 が 単 独 親 権 者 と な る が (民商法 典 第 1546 条) , 父 と が 子 と し て 届 け 出 た と き , 又 は 裁 に 判 所 が 父 の 子 と 認 め る 判 母 又 る 判 母 父 判 母す る (同 法典 第 1547 条)。

第 5 中国

  • 離婚 後 の 監護 の 態 様

子 に 対 す る 権 限 及 び 義務 は, 離婚 に よ っ て 変 更 を 生 じ な い. 理論 的 に は, 父母 の 離婚 後 も, 父母 が 監護 教育 権 及 び 財産 管理 権 の 双方 を 共同 行使 す る. 父母 は 子 の 「監護 者」とさ れ , 「監護 者」の 責 務 は , 被 監護 者 を 管理 , 教育 し , 被 監護 者 に 代 わ り 民事 活動 を 行 い , そ の 人身 権, 財産 権 及 産 権

  • 離婚 後 の 監護 に つ い て の 両 親 の 意見 が 対 立 す る 場合 の 対 応

個別 の 紛争 が 生 じ る ご と に , 裁判 所 が 具体 的 事情 を 考慮 し て 判断 す る。

  • 共同 親 権 行使 に お け る 解決 困難 な 事項

子 に 疾病 が あ る な ど , 父母 双方 が 養育 に 消極 的 な 態度 で あ る 案件 は , 調整 が 非常 に 困難 で あ る。

  • 子 が い る 場合 の 協議 離婚 の 可否 認 め ら れ る。
  • 離婚 後 の 面 会 交流
    • 面 会 交流 に つ い て の 取決 め 取決 め を す る こ と は 義務 付 け ら れ て い る が , 離婚 と 取決 め の 先後 関係 に つ い て 特 段 の 規定 は な い。

父母 は , 社区 居民委員会 (地域 に 設置 さ れ る 住民 に よ る 自治 組織) , 警

察 署 , 全国 婦女 連 合 会 等 の 組織 や 機構 の 支援 を 要 請 す る こ と が で き る。

  • 居所 指定

転 居 制 限 は な い。

  • 養育 費
    • 離婚 時 に 取決 め を す る こ と が 義務 付 け ら れ て い る か

取決 め を す る こ と は 義務 付 け ら れ て い る が , 離婚 と 取決 め の 先後 関係 に つ い て 特 段 の 規定 は な い。

  • 養育 費 支 払 実 現 の た め の 制度 ・ 援助

父母 は , 社区 居民委員会 , 警察 署 , 全国 婦女 連 合 会 等 の 組織 や 機構 の 支援 を 要 請 す る こ と が で き る。

  • 嫡出 で な い 子 の 親 権

そ の 父母 が 親 権 を 行使 す る。 婚外 子 と 嫡出 子와 法律 上 の 取 扱 い に 差異 は な い。

第 6 피리 핀

  • 離婚 後 の 監護 の 態 様

親 は , 子 に 対 す る 監護 教育 権 , 財産 管理 権 及 び 法定 代理 権 及 及 及 及 及 び 法定 代理 権 及 母 婚 姱 関 親 解 消 対 婚 姣 消 対 婚姻 関 親 姻 関 親 権 権て い な い 親 も 親 権 を 有 す る。

  • 離婚 後 の 監護 に つ い て の 両 親 の 意見 が 対 立 す る 場合 の 対 応

기본적으로는 존재하는 케이스를 가지고 있습니다.

  • 子 が い る 場合 の 協議 離婚 の 可否

認 め ら れ て い な い。 キ リ ス ト 教 の 影響 か ら 離婚 制度 が 存在 せ ず , 婚姻 関係 を 解 消 す る 制度 (결혼의 취소) 認 い が , 同 制度에 は 必 ず 度

  • 離婚 後 の 面 会 交流
    • 面 会 交流 に つ い て の 取決 め

離婚 時 に 取決 め を す る こ と は 義務 付 け ら れ て い な い が , 通常 は 裁判 の 際 に 面 会 の 頻 度 に つ い て 裁判 官 が 判断 す る。

  • 面 会 交流 の 支援 制度

面 会 交流 に 関 す る 公 的 機関 の 支援 は 特 に な い。 た だ し , 虐待 や 育 児 放棄 を 受 け た 子 に 関 し て は , 社会 福祉 開 発 省 職員 祉 開 発 省 職員가

  • 居所 指定

特 に 制 限 は な い。

  • 養育 費
    • 離婚 時 に 取決 め を す る こ と が 義務 付 け ら れ て い る か 義務 付 け ら れ て は い な い。

公 的 機関 か ら の 支援 は な い。

【欧 州】

第 1 이타 리아[14]

  • 離婚 後 の 親 権 行使 の 態 様[15]

別 居 ・ 婚姻 の 解 消 に お い て も , 両 親 は , 親 権 (이타 리아로는 「親 責任」와 う 用語 が 採用 さ れ て い る が , 本 報告 書 に お い て はす る (民法 第 317 条 の 3)。 原則 と し て , 両 親 の 離婚 後 も 双方 に 子 に つ い て の 義務 が 帰 属 す る 共同 分 属 す る 共同 分 属 す る 共同 分 属 す る 共同 分担 監, 単 独 監護 と な る (同 法 第 337 条 の 4 第 1 項)。

  • 両 親 の 合意 が 必要 な 事項

子 の 重要 な 利益 に 関 わ る 決定 (教育 , 健康 , 子 の 居所 の 選 択) に つ い て は , 両 使 の 合意 に よ り 親 権 の 事 の 使 し な け れ ば 3 な の 合 い , 동일한 일이 3 등없는合意 し な い 場合 に は, そ の 決定 は 裁判 官 に 委 ね ら れ る。

  • 単 独 で の 行使 が 可能 な 事項

通常 の 管理 に 関 す る 事項 が 該当 す る。 通常 の 管理 に つ い て は , 裁判 官 は 両 親 が 親 権 を 各 々 で 行使 す る こ と が 3 決定 す る

4 文)。

  • 離婚 後 の 共同 親 権 行使 に つ い て の 両 親 の 意見 が 対 立 す る 場合 の 対 応

両 親 が 子 の 重要 な 問題 に つ い て 合意 を す る こ と が で き な い 場合 に は , い ず れ の 親 も よ り 適 切 と 考 え る 措置 の し て 裁判 官 に 訴 え る이

(民法 第 316 条)。

そ の 場合 に は , 裁判 官 は , 両 親 及 び 場合 に よ っ て は 子 (12 歳 以上 の 子 及 び そ れ 以下 の 年 齢 で も 判 の 断 力 が あ る 年少 者) の 意見 聴 判 見に よ り 有益 と 考 え る 合意 案 を 提示 す る。 そ れ で も 両 親 の 合意 が 得 ら れ な い 場合 に は , 裁判 官 は そ の 事例 に 関 し て 子 の 官 官 す る

裁判 官 は , 決定 が 困難 な 場合 に は , 専 門 的 顧問 を 任命 し , 子 の 利益 の た め の 特別 管 財 人 を 指名 す る こ と が で き る。

  • 共同 親 権 行使 に お け る 困難 事項

判断 が 難 し い 事 案 と し て は , 子 の 居所 指定 の ほ か , 予 防 接種 の 義務 , 特別 な 食 事 の 提供 , 宗 ら 教 の 選 択 の 別 別 な 食 事 の 提供 , 宗 ら る 蓂 択 の 提供, 健康 , 居所 の 選 択) に つ い て は , 一般 的 に

は 問題 な く 決定 が 行 わ れ て い る と い う (民法 第 337 条 の 3 , 前 記 1 参照)。

  • 子 が い る 場合 の 協議 離婚 の 可否

2014 年 11 月 10 日 の 法律 に よ り , 「支援 付 き の 交 渉」の 手 続 が 導入 さ れ た。 子 の 有無 に か わ ら ず , 別 居 や 雡 婚 の 条件 婚 の 条 意 の 合 の 条 意 の 合同 手 続 を 利用 す る こ と が で き る。 双方 の 弁 護士가 管理 を す る こ と で , 交 渉 が 行 わ れ る。

  • 離婚 後 の 面 会 交流
    • 面 会 交流 に つ い て の 取決 め

・ 民法 上 , 裁判 官 は 「各 親 と 子 が 過 ご す 時間 と 態 様 , 扶養 , 養育 , 訓育 , 教育 に そ れ ぞ れ が 関 3 定 与 す る 手段 定 与 す る 手段 定 与 す る 手段 定 与 す る 手段ら れ て い る。 判例 上 は , 通常 の 家庭 生活 に 干 渉 せ ず , 子 の 監護 が 認 め ら れ た 親 の 下 で 年少 者 の 居住 を 維持 す る こ が で き る

と い う 留 保 の 下 , 非 監護 親 と 子 の 面 会 交流 が 認 め ら れ る と さ れ て い る。

・ 両 親 は , 別 居 , 離婚 又 は 同居 の 終了 時 に , 面 会 交流 に つ い て 取 取決 め い す る こ と が 義務 付 け ら れ て い る。 そ の 容容 は, 当事 者의 합병同 条)。 当事 者 の 合意 に つ い て も , 裁判 官 が , 当 該 合意 が 子 の 利益 を 害 さ な い か を 審査 し , 子 の 利益 を 害 さ な い 한계 , 両 親 の 合意 い て も

  • 面 会 交流 の 支援 制度

両 親 へ の 支援 講習 , 家族 へ の 仲裁 , 家族 セ ラ ピ ー 等 の 制度 が 存在 し , 両 親 が こ れ ら の 制度 を 選 択 す る こ と が で き る。

  • 居所 指定

未成年 者의 居所 は , 両 親 の 別 居 ・ 離婚 の 際 に も , 両 親 の 合意 の 下 に 決定 さ れ な け れ ば ら な ら な い (民法 第 337 条 の 337 合 条 の 3 第 3 項)官 に 判断 が 委 ね ら れ る (上 記 2 も 参照)。

  • 養育 費
    • 離婚 時 に 取決 め を す る こ と が 義務 付 け ら れ て い る か

離婚 時 に 養育 費 の 支 払 に つ い て 取決 め を す る こ と は 義務 付 け ら れ て い な い。

  • 養育 費 支 払 実 現 の た め の 制度 ・ 援助

養育 費 の 不 履行 を 防止 す る た め に , 不 履行 の 危 険 が あ る 場合 に は , 親 に 人 的 ・ 物 的 保証 を 供 与 す る 義務 を 負 わ せ て い 法 (民法 笘 行 第 56 止 す る 義務 を 負 わ せ い る)第 1 項)。

  • 嫡出 で な い 子 の 親 権

嫡出 で な い 子 に つ い て も , 認知 が さ れ れ ば , 両 親 が 共同 で 親 権 を 行使 す る こ と な る。

第 2이기리스 (잉 랑드 及 び ウ ェ ー ル ズ)

1 離婚 後 の 親 権 行使 の 態 様

・ 離婚 後 も , 両 親 の そ れ ぞ れ が , 子 に 対 し て 親 権 (イ ギ リ ス で は 親 責任 (부모의 책임) と い う 用語가 採用 さ れ て い る が , 本 報告 書 に お い て 親 権) を 行使 す る。 な お , 親 権 を 有 す る 者 は , 原則 と し て , そ れ ぞ れ 単 独 で そ の 親 権 を 行使 す る こ と が で き る 。。

・ 両 親 は , 離婚 時 に , 子 が 誰 と 住 む か , 子 が 誰 と い つ 一 緒 に 過 ご す か , 子 の 養育 に 関 す る 経 の 済 的 な 負 法 担 等 , 親 権 の 行こ の 調整 又 は 取決 め は , ① 両 親 の 合意 に よ っ て す る こ と が で き る が , 合意 が 成立 し な い 場合 に は , ② 調停 に よ る 調整 が 行 わ れ (2010 年) 은, 両 親 は, 裁判 所 に, 子 に 関 す る 取決 決定 の 申 立 て を す る (19989 年 児 童 法 第 8 条)。가없는 합작, 裁判 判 児 , 両 親 の 合 条当 該 合意 内容 が 子 の 福祉 に と て 問題 が な い と 認 め ら れ る 場合 に は , 手 続 を 中止 す る。

・ 子 に 関 す る 取決 決定 に お い て は , 子 が 誰 と 住 む か , 子 が 誰 と い つ 一 緒 に 過 ご す か , 誰 と い つ 面 判 の 取決 決定 取決 決定 取決 決定 取決 決定 に お い て は , 子 が 誰 と 住 む か , 子 が 誰 と い つ 一 緒 に 過 ご す か , 誰 と い つ 面 判 の 取決 決 判 の 取決 決定 取 の 行 じ又 は 生 じ 得 る 特定 の 事項

(子 の 氏 の 変 更 等) に 関 す る 決定 や 禁止 措置 決定 を す る こ と が で き る。

・ 決定 に お い て は , 子 の 意思 ・ 意見 , 子 の 身体 的 ・ 心情 的 ・ 教育 的 な 必要性 , 環境 の 変 化 が 子 に も た ら す 影響 , 子 の 年 齢 ・ 性子 別 ・ 性格 ・ 生 虲 性, 子 の 要求에 対 す る 親 の 適 応 能力 , 裁判 所 の 決定 の 実 効 性 等 が 考慮 さ れ る (同 法 第 1 条 (3))。

2 離婚 後 の 共同 親 権 行使 に つ い て の 両 親 の 意見 が 対 立 す る 場合 の 対 応

・ 親 権 の 行使 に つ い て 争 い が あ る 場合 に は , 裁判 所 が 決定 を す る (上 記 1 参照)。

・ 裁判 官 は, 決定 の 審理 に 際 し て, 証 拠 に 基 づ く 事 実 認定 を す る が, 杝 の 際 て 実 の 認定 す る が, 証人 尋 問 が わ れ る。 拠 学 書 類 だ け で な く , 証人行 わ れ る こ と も あ る。

・ 子 の 福祉 に 関 す る サ ー ビ ス (子 の 福祉 の 促進 , 裁判 所 へ の 情報 所 提供 , 当事 者 に 対 す る が 手 続 に 関 す る 助 言 等) を 提 す る 서비스

政府 外 公共 機関) が , 子 や 家庭 に 関 す る 手 続 に つ い て の 助 言 や 支援 を す る。

裁判 所 は , CAFCASS の 職員 に 対 し て, 子 に 関 す る 調査 及 び 報告 を 命 じ , そ の 報告 内容 を 参考 に し て 決定을

・ 両 親 間 で の 取決 め や 裁判 所 の 決定 対 し て , 両 親 の 一方 が 従 わ な い 場合 は , 裁判 所 対 し て 執行 命 対 判 の 申 て る , 判 判 所에서理由 を 説明 し な い 限 り , 法 廷 侮辱 罪 に 問 わ れ 得 る。

  • 共同 親 権 行使 に お け る 困難 事項

・ 例 え ば , 子 を ど こ の 学校 に 通 学 さ せ る か と い う 問題 が あ り 得 る。

・ そ の 他, 一般 的 に , 判断 が 困難 で , 決定 ま で に 時間 が か る 案件 と し て は , ① 医療 記録 や 警察 記録 の 入手 が 必要 と な る 事 案 他17 , ② 争 点 が 複数 あ り 証 拠 量 が 膨大 な 事 案 , ③ 国際 的 な 要素 を 含 む 事 案 が 挙 げ ら れ て い る。

  • 子 が い る 場合 の 協議 離婚 の 可否

未成年 の 子 の 有無 に か か わ ら ず , 協議 離婚 は 認 め ら れ ず , 裁判 所 の 決定 が 必要 で あ る (1973 年 婚姻 事件 法 第 1 条)。

  • 離婚 後 の 面 会 交流
    • 面 会 交流 に つ い て の 取決 め

面 会 交流 は 認 め ら れ て い る が , 判例 上 , 親 の 権 利 で は な く , 子 の 権 利 と さ れ て い る。 両 と さ れ て い る。 婚後 も 親 権 を 保持 し て い る こ と し か ら , 親 の 責交流 を す る こ と に な る。 面 会 交流 は 2, 離婚 の 合意 又 は 裁判 所 に よ る 子 に 関 す る 子 取決 決 流 取決 決 流 に 取 取決 決 流 に 取 取決 決 流 取決 決 汳 定 取決 決 汳 定 取決 決 流 従 っ て 行 わ れ る こ と に な るこ と は 義務 付 け ら れ て い な い18

  • 面 会 交流 の 支援 制度

・ 両 親 間 の 対 立 が 激 し い , 交流 が 断絶 し て い る 等 , 何 ら か の 理由 で , 両 親 が 子 と の 面 会 交流 を 実 行 す る こ と が で き な い 場合 に は , CAFCA

SS の 家庭 裁判 所 ア ド バ イ ザ ー が 提供 す る CCIs (어린이 연락처

개입) を 利用 す る こ と が で き る 。CCIs は , 担当 者 に よ る 監督 の 下, 面 会 セ ン タ ー で す 子 と の 面 会 を 実 施 し た り , 両 親 に 対 し て 将来 の 面 り 交流 の 調整 る

  1. こ れ ら の 情報 は , 個人 情報 保護 の 観 点 か ら , 裁判 所 に よ る 命令 が な い と 入手 す る こ と が で き ず , 入手 ま で 相当 の 期間 を 要 す る。
  2. 1973 年 婚姻 事件 法 に お い て は , 離婚 時 に , 子 の 福祉 に 関 す る 取決 め が さ れ て い な い 限 り , 離婚 判決 を す る こ と い 婚 い 20 て い た が ,

・ ま た , 面 会 交流 の 取決 決定 に 従 わ な い こ と は , 法 廷 侮辱 罪 に 該当 し 得 る (上 記 2 参照)。

  • 居所 指定

親 権 を 有 す る 者 は , 原則 と し て , 他 の 親 権 者 の 同意 な く 親 権 を 行使 す る こ と が で き る (上 記 1 参照)。 し た が っ に て, 子 の 監護 教育 のか ら 同意 を 得 る 必要 は な い。 た だ し , 子 を 外国 に 連 れ て 行 く 場合 に は , 法律 上 , 親 権 者 全員 か ら 同 か。 も っ も と , 1 月 童 要 要 児 童 要 児 童 要以内 の 旅行 で あ れ ば , 子 と 同居 す る 親 は , 他 の 親 権 者 の 同意 な く 子 を 外国 に 連 れ て 行 く こ と が で き る。

  • 養育 費

⑴ 離婚 時 に 取決 め を す る こ と が 義務 付 け ら れ て い る か

離婚 時 に 養育 費 の 支 払 に つ い て 取決 め を す る こ と は 義務 付 け ら れ て い な い19

이러한 방식으로 작동하는 방식과 상호 작용하는 방식으로 작동하는 방식으로 작동하는 방식으로 작동하는 방식으로 작동하는 방식으로 작동하는 방식으로 작동하는 방식으로 처리되는 방식으로 수행되는 방식으로 수행되는 방식으로 수행되는 방식으로 수행되는 방식은 다음과 같습니다. 命 育 費 の 決定 方法과 両 親 間 で 合意 す る , 公 的 行政 機関 の ス キ ー ム 命令 の 取 命 得 す るが あ る。

  • 養育 費 算 定 の た め の 計算 式 の 提供

子 の 人数, 受 給 し て い る 手 当 , 収入 等 必要 事項 を 入 力 す る こ と で , 養育 て 費 の 額 を 自動 で 計算 す る こ と が で き る 計算 式가 提供 当の 目 安 を 知 る こ と が で き , 目 安 に 基 づ き 養育 費 の 取決 め を 行 う こ と が 可能 に な る。

  • CMO に よ る 情報 提供

CMO (Child Maintenance Option) と い う 行政 機関 に お い て , 養育 費 の 取決 め に 必要 な 情報 提供 等 を 行 い , 両 親 間 の 合意 を 促 す。

  • CMS の 利用 (合意 が 成立 し な い 場合)

CMS (Child Maintenance Service) が , 養育 費 の 取決 め の み な ら ず , 所在 不明 と な っ た 親 の 探索 , 養育 費 の 支 払 の 関 す る 法 的 埊 行 力 の 付 与 , 徴 収 のの 対 処 等 を 行 っ て い る。 た だ し , 同 サ ー ビ ス の 利用 に は , 利用 料 が か か る こ と か ら , 政府 と し て は ,

CMS の 利用 よ り も, 両 親 の 合意 に よ る 養育 費 の 取決 め 及 び そ の 自主

  1. 1973 年 婚姻 事件 法 に お い て は , 離婚 時 に , 子 の 福祉 に 関 す る 取決 め が さ れ て い な い 限 り , 離婚 判決 を す る こ と い 婚 い 20 て い た が ,

的 な 支 払 又 は 直接 徴 収 に よ る 方法 を 利用 す る こ と が 望 ま し い と し て い る。

⑵ 養育 費 支 払 実 現 の た め の 制度 ・ 援助

上 記 ⑴ ウ の CMS が , 養育 費 徴 収 の た め に も 用 い ら れ る。

  • 嫡出 で な い 子 の 親 権

一定 の 事情 が あ る 場合[16]に は , 父親 に も 親 権 が 認 め ら れ る (1989 年 児 童 法 第 2 条 (2))。

第 3 오란 다

  • 離婚 後 の 親 権 行使 の 態 様

両 親 は , 離婚 後 も 共同 し て 親 権 を 行使 す る こ と が 原則 で あ る (民法 第 251 条 第 2 項)。 単 独 親 所 権 に す る 定婚 の 後 も 共同 し て 親 権 を 行使 す る こ と が 原則 で あ る (民法 第 251 条 第 2 項)必要 で あ る が , 厳 格 な 規定 が 存在 す る (同 条 a)[17]

  • 離婚 後 の 共同 親 権 行使 に つ い て の 両 親 の 意見 が 対 立 す る 場合 の 対 応

・ 両 親 の 一方 又 は 双方 の 申 立 て に 基 づ き , 地方 裁判 所 に お い て 決定 が さ れ る (民法 第 253 条 a)。 地方 裁判 所 又 は , 親 権 の 行使 双 権 の 行使の 監護 及 び 養育 義務 を 各 親 に 分配 す る こ と , 子 の 最 善 の 利益 に 資 す る 場合 に は 一方 の 親 と の 接触 を를

・ 裁判 所 は 上 記 決定 の 前 に , 両 親 に와 解 勧 試 を す る こ と も 可能 で あ る。 ま た , 和解 が 不可能 な 場合 に は , 裁判 所 の 職 権 又 又 判 判 所 の 裁判 又限 り , 法 的 な 強制 措置 を 課 す か , 又 は 裁判 所 の 命令 が 即時 の 効力 を 有 す る 旨 の 決定 を す る こ と が で き る (同 条 a 第 5 項)。

・ 裁判 所 は , 子 の 保護 の た め の 関係 機関 で あ る CPA (어린이 보호

대리점) に 追加 の 調査 を 求 め る こ と も で き る。

  • 共同 親 権 行使 に お け る 困難 事項

子 の 居所 に 関 す る 紛争 が 典型 例 で あ る。

  • 子 が い る 場合 の 協議 離婚 の 可否

未成年 の 子 の 有無 に か か わ ら ず , 当事 者 の 合意 の み の 協議 離婚 は 認 め ら れ ず , 離婚 は 常 に 裁判 所에서 婚 時 判 常 婚 時 判 常 婚 時 判 所 婚 い て さ れ る。 離婚 時 判가있어

請求 は , 養育 計画 (부모 플랜) の 提出 と 共 に さ れ な け れ ば な ら な い。

  • 離婚 後 の 面 会 交流
    • 面 会 交流 に つ い て の 取決 め

面 会 交流 の 具体 的 な 内容 は , 養育 計画 (上 記 4 参照) に お い て 定 め る こ と が 必要 で あ り (民法 第 815 条 第 3 項 a) , 離婚 時 容 第 8 婚 時 に

  • 面 会 交流 の 支援 制度

・ 面 会 交流 に 何 ら か の 妨害 が あ っ た 場合 に は , 面 会 は 監督 下 に 置 か れ 得 る。 オ ラ ン ダ に は , 面 会 交流 ・ 調整 を 監督 督 す る 組織 (通称 流 時時))監督 し て い る。

ま た , 面 会 交流 に 障害 が 生 じ た 場合 に は , 当事 者 は , 仲裁 等 の ADR を 通 じ て , 現在 及 び 将来 の 障害 を 取 り 除 く こ と が で き る。

こ れ ら の 手 続 は , 当事 者 の 任意 又 は 社会 福祉 士 (사회 복지사) , 医師 , 法律 家 若 し く は Youth Care Office の 助 言 に 従 っ て さ れ る。 裁判 用 官 手 も 仲裁

・ CPA は , 裁判 官 の 求 め に よ り 面 会 交流 を 再 開 す る た め の 助 言 等 を 行 わ な け れ ば な ら い。

・ 裁判 判官 は , 面 会 交流 の 障害 が 事 実 上 の も の で あ る の か , 又 は 両 親 の 紛争 に よ る も の で あ る か を 審査 す る た め , 試行 な 面 会 交流 い せ る

  • 居所 指定

同居 親 が 子와 共 に 居所 を 変 更 し よ う と す る 場合 に は, 他方 の 親 の 同意 を

得 る 必要 が あ る。 同意 が 得 ら れ な い 場合 に は , 裁判 所 に 判断 が 委 ね ら れ る。

  • 養育 費
    • 離婚 時 に 取決 め を す る こ と が 義務 付 け ら れ て い る か

養育 費 に つ い て は , 養育 計画 (上 記 4 参照) に お い て 定 め る こ と が 必要 で あ り (民法 第 815 条 第 3 め い す こ) , 両 親 は 離婚 親 る え

  • 養育 費 支 払 実 現 の た め の 制度 ・ 援助

子 の 養育 費 が , 過去 6 か 月 間 に お い て 1 度 も 支 払 わ れ な い 場合 に は , 子 等 の 申 立 て に 基 づ き , 国家 養育 費 徴 収 庁 (국가 정비

수금 대행 업체) に よ り , 養育 費 の 回収 に 向 け た 手 続 が 進 め ら れ る (同 法 第 408 条 参照)。

具体 的 に は , 養育 費 支 払 義務 者 に 対 し て は , 支 払 が 未了 で あ り 支 払 額 が 増 額 と な る 旨 の 通知 が 発 せ ら れ , 通知 か ら る 4 日 が 経 と な る(同 条 第 5 項)。

  • 嫡出 で な い 子 の 親 権

子 を 認知 し た 者 が 子 の 母 と 共 に 裁判 所 に 対 し て 親 権 に 関 す る 申 出 を し た 場合 に , 当 該 者 も 共 5 行使 す る こ と 共 2 る 2 民 5 第 共 2 る)。

第 4 ス イ ス22

  • 離婚 後 の 親 権 行使 の 態 様

・ 別 居 時 ・ 離婚 後 も 共同 親 権 を 原則 と し , 単 独 親 権 は 例外 親 権 は 例外 親 権 は 例外 親 単 独 親 権 は 例外 親 単 独 親 単 独 親 権 は 例外 親 権 は 例外 親 単 独 親親 単 独 条 第 独 条 第 独 親 単 単 独独 条 第 独 親 単 単 独独 条 第 独 親 るる (同 法 第 298 条 第 1 項, 第 298 条 B 第 2 項, 第 298 条 c). 共同 親 権 を 有 す る 親 が 別 居 す る 場合 に は, 養育 に つ い て 決定 す る 必要 が あ り, 単 独 養育 又 は 交互 養育が 行 わ れ る。

・ 親 権 の 内容 で あ る 子 の 居所 の 決定 , 扶養 ・ 養育 の 実 施 , 第三者 対 す る 子 実 施 , 第三者 対 す る 子 の 代理 , 子 の 財産 管理 本 親 権 の 対 親 権が 共同 で 決定 す る こ と が 必要 で あ る が , 両 親 が 別 居 し て お り , 話 合 い を す る こ と が 難 し い 場合 は, 子 の 要 必要 必要 必要 必要 必要 で す, 他方 の 親 が 合理 的 な 異議 を 申 し 立 て な い こ と を も て 有効 と す る 措置 が 認 め ら れ て い る (同 法 第

301 条 第 1 項)。

  • 離婚 後 の 共同 親 権 行使 に つ い て の 両 親 の 意見 が 対 立 す る 場合 の 対 応

・ 子 の 養育 を め ぐ り 両 親 の 意見 が 対 立 し , 子 の 幸福 が 脅 か さ れ る 場合 に は , 裁判 所 の 婚 判 判 所 は , 離婚 調停 又 は 離婚 判 判決 の 変 更 手 停

・ な お , 裁判 所 は , 離婚 調停 に お い て 決定 を 下 す 際 に 専 門 家 に 鑑定 を 求 め

る こ と が で き る。 児 童 保護 所 が 担当 す る 케이스에 も 同 様 で あ る。

  • 共同 親 権 行使 に お け る 困難 事項

子 の 信仰 上 の 教育 に つ い て 両 親 の 考 え が 一致 し な い 場合 が 該当 す る。

  • 子 が い る 場合 の 協議 離婚 の 可否

・ 未成年 の 子 の 有無 に か わ ら ず , 協議 離婚 は 認 め ら れ て お ら ず , 裁 所 判 手 続 続 が 必要 で あ る。 夫婦가 합병 必要 で あ る。 夫婦 が 合意 に 基 づ い て 離婚 婚 望 て 離婚当 該 合意 が 自由 意思 に 基 づ き , 熟 考 及 び 子 の 扱 い に 関 す る 合意 を 経 て 承認 可能 と な る こ と 1 必 諭 す る (必 諭 す る 必要가)

  • 離婚 後 の 面 会 交流

⑴ 面 会 交流 に つ い て の 取決 め

22条文 訳 は , 松 倉 耕作 「共同 配 慮 権 と ス イ ス 新法」名城 ロ ー ス ク ー ル ・ レ ビ ュ ー 31 号 1

45 頁 以下 参照。

・ 面 会 交流 の 方式 に つ い て は , 離婚 手 続 に お い て , 裁判 所 に よ っ て 決定 さ れ る (民法 第 1333 条)。

・ も っ と も , 面 会 交流 が 子 の 福祉 を 制約 す る 場合 に は , 両 親 は , 両 親 間 の 合意 に 基 づ く 裁判 所 の 決定 拘束 さ れ な 拘束 さ れ な 拘束 さ れ な 拘束 さ れ な 拘束に 限 ら れ る。)。 一方 の 親 が 他方 の 親 の 意思 に 反 し て 面 会 交流 に 関 す る 新 た な 決定 を 求 め る 場合 に

は , 児 童 保護 所 が 申請 に 基 づ い て 決定 す る (同 法 第 275 条 第 1 項)。

・ 面 会 交流 が 子 の 幸福 を 阻 害 す る 場合 に は , 児 童 保護 所 は , 両 親 に 対 し て 警告 又 は 指導 の 又 指導 の 又 指導 又 児 童 又 護 児 童 の 保護 児 童 の 保護 児 童 の 保護 児 童 の 保護 児 童 又 護 児 童 護任命 す る こ と が で き (同 法 第 308 条 第 2 項) , 面 会 交流 権 を 制 限 , 拒 否 又 は 剥奪 す る こ と も で き る (同 法 第 2

73 条 第 2 項 , 第 274 条 第 2 項)。

⑵ 面 会 交流 の 支援 制度

  • 民間 又 は 公共 の 機関 に よ り , 両 親 の た め の 教育 コ ー ス が 提供 さ れ る。
  • 両 親 は 児 童 保護 所 に 支援 を 求 め る こ と も で き る。 面 会 交流 の 実 施 や 不 実 施 が 子 否定 的 に 作用 す る 場合 に は , 児 童 実 施 児 童 実 施 が 子 否定 的 に 作用(同 法 第 273 条 第 2 項 , 上 記 ⑴ 参照)。
  • 裁判 所 や 児 童 保護 所 が , 立 会 人 を 付 し た 面 会 交流 等 , 特別 な 方式 を 命 じ る こ と も 可能 で あ る。 裁判 所 又 は 児 童 保 筷 児 童 保 筷 児 童 保 筷 児 童 保 筷 判 判 所 又 児 所同 制度 の 枠 内 で 民間 の 機関 が 立 会 人 や 面 会 場所 を 提供 す る こ と も で き る[18]
  • 居所 指定

居所 指定 権 は 親 権 の 一 内容 で あ る こ と か ら (民法 第 301 条 a 第 1 項) , 共同 親 権 下 に お い て は , 一方 の 親 が , 子 面 の 居住 地 を 外国 等に 著 し い 影響 を 及 ぼ す 場所 に 変 更 し た い 場合 に は , 他方 の 親 の 同意 を 要 す る (同 条 a 第 2 項)。 他方 の 親 所 第 2 項 第 裁判

な お , 一方 の 親 が (親 権 を 喪失 す る こ と な く) 居住 地 決定 権 を 喪失 す る 場

合, 又 は 親 権는 존재하지 않는다, 当 該 親에 의해 똑같이 及 び 裁判 所 ・ 児 童 保護 児 童 保護 児 童 保護 児 童 保護 所 対 対 対 し, 当 該 親同 条 a 第 3 項)。

  • 養育 費 (養育 費 支 払 実 現 の た め の 制度 ・ 援助)
    • 行政 に よ る 支援 措置

養育 費 の 支 払 義務 を 負 う 親 が 当 該 義務 を 履行 し な い 場合 に は , 州 法 が 指定 す る 部 局 が , 子 又 は 局 が , 子 又 は 他方 指定 す る 部 局 が , 子 又290 条 第 1 項)。

  • 司法 に よ る 支援 措置

両 親 又 は そ の い ず れ か 一方 が 義務 を 怠 る , 逃避 を 企 図 す る , 又 は 財 の 部 の 又 又 は 財 判 所 は , 当 用 該 親 の 債 す る 場 親 者代理人에서 対 し て 直接 支 払 う こ と を 命令 す る こ と が で き る (同 法 第 291 条)。

  • 嫡出 で な い 子 の 親 権

父 が 子 を 認知 す る 場合 に は , 両 親 に よ る 宣言 に 基 づ き , 共同 親 権 が 発 生 (民法 第 298 条 a 宣 裁判 る 宣 裁判 同時 裁判 第 第一 項)発 生 す る (同 法 第 298 条 1c)。

第 5 ス ウ ェ ー デ ン[19]

1 離婚 後 の 親 権 行使 の 態 様

・ 離婚 後 も , 両 親 が 合意 を す れ ば , 親 権 を 共同 行使 す る も の と す る こ と が で き る。

・ 両 親 が 親 権 を 共同 行使 す る 旨 の 合意 を し な い 場合 は , ① 裁判 所 に 決定 求 め て 申 立 て を す る か , ② 両 親 の そ れ ま ぞ れ が 親 の 権 を 親 の ぞ れ が 親

行使 に つ い て 争 い が 生 じ た と き は 両 親 の 合意 に よ り 解決 す る こ と に な る。

① 裁判 所 が 決定 を す る 場合 に は, 両 親 が 合意 可能 な 解決 を 追求 す る こ と が 目的 と さ れ, 子 の 最 善 の 利益 が 最 も 重視 さ れ る. 両 親 と の 緊密 で 良好 な 交流 の た め の 子 の ニ ー ズに 対 す る 特別 の 注意 が 必要 と さ れ , 両 親 の 一方 が 他方 の 親 と 子 と の 交流 対 の 程度 認 め る か と い う こ と も 考慮 し な け れ ば な ら い。

② 両 親 の 合意 に よ る 解決 を 図 る 場合 に は , 社会 福祉 委員会 が 当 該 合意 を 承認 す る 必要 が あ る。 社 当 該 合意 の 承認 す る 必要 が あ る 合 認 員 員 要 が あ る 認 員 要가は 両 親 の 署名 の 付 さ れ た 書面에 의해 만들어진 결과가 아니라면, 社会 福祉 委員会 は, 合意 さ れ た 内容 が 子 の 最 善 の 利益 善 の 益 善 の 容 の 容容 が 子 の 益 善 の 益 善 の 益 善 の 容容 が 子 の 益 善 の 益 善 の 益 善 の 容 の 容容 が 子と き に は こ れ が 明 ら か に 子 の 最 善 の 利益 と 相 い れ な い も の で な い 場合 に は , そ の 合意 を 承認 し な け れ ば な ら い。

  • 離婚 後 の 共同 親 権 行使 に つ い て の 両 親 の 意見 が 対 立 す る 場合 の 対 応

・ 上 記 1①② も 参照。

・ 共同 親 権 は, 両 親 が 対 立 せ ず に 子에 関 す る 問題 の 解決 に 協力 す る こ と の し 協力 す る こ と の し 協 裁判 所 協 裁判 所 協 裁判 所 協 ば 親 の 協力 親 の 協力 親 の 解決

・ 裁判 所 は , 決定 以前 に 親 権 , 居住 地 及 び 連絡 先 に 関 す る 問 関 す る 問題 問題 問 問題 問題가 切 調査 切 認 し な け れ ま, 認 し な け れ ま, 居住 地 及 び 連絡 絡 先 に 関 す る 問題 問問 調査 査 切 認 し な け れ ま,を 与 え な け れ ば な ら ず , ま た , 社会 福祉 委員会 に 対 し て 調査 を 指示 す る こ と が で き る。 社会 福祉 委員会 は , 通常 , 子 及 び 親 る의

  • 子 が い る 場合 の 協議 離婚 の 可否

い か な る 場合 も 協議 離婚 は 認 め ら れ て お ら ず , 裁判 手 続 が 必要 で あ る。 4 離婚 後 の 面 会 交流

  • 面 会 交流 に つ い て の 取決 め

・ 面 会 交流 は 認 め ら れ て い る が , 離婚 時 に 面 会 交流 に つ い て 取決 め を す る こ と は 義務 付 け ら れ て い な い。

・ 面 会 交流 は , 子 の 利益 及 び ニ ー ズ に 基 づ き , そ の 具体 的 内容 が 決定 さ れ る。 面 会 交流 は 親 に つ い て の 無 制 限 の 権 利 と い う わ け で 公 流 は 親 に つ い て の 無 制 限 の 権 利 と い う わ け は な くを 負 う。

  • 面 会 交流 の 支援 制度

裁判 手 続 前 又 は 裁判 手 続 中 の 支援와, 裁判 手 続 終了 後 の 面 会 交流 が 円 滑 に 実 施 さ れ る こ と が 目 指 れ て い る。 ア 裁判 手 続 前 ・ 裁判 手 続 中 の 支援 措置

社会 福祉 委員会 が, 裁判 手 続 前 又 は 手 続 中 に 両 親 間 の 協力 の た め の 協議 を 打 診 す る. こ の 協議 は 専 門 家 の 指導 の 下 で 実 施 さ れ, 親 権, 居住 地 及 び 連絡 先 (交流) に 関 す る 問題이 모든 것이 가능 해짐에 따라이 항목을 표시 할 수 있습니다. 共 団 体 は , 両 親 間 の 協力 の た め の 協議 を 無 料 で 実 施 す る 責任 を 負 う。

イ 裁判 所 の 決定

裁判 所 は , 面 会 交流 に つ い て , 社会 福祉 委員会 に よ り 任命 さ れ た 者 が 支援 し な け れ ば 流 援 し な け な れ ば 流 援 し な け な れ ば 流 は ぽ 定 な け れ ば 流 は ぽ 定 な け れ ば 流 し る こ と が で き る。も で き る。

  • 居所 指定

親 権 の 単 独 行使 が 採用 さ れ て い る 場合 に は , 親 権 者 が 子 と 共 に 転 居 を す る に 当 た り 他方 の 親 の 同意 が 必要 で す る に 当 た り 他方 の 親 の 同意 が 必 い う 法と 交流 す る ニ ー ズ を 確 実 に 充足 す る 責任 が あ る こ と に は 注意 が 必要 で あ る[20]

他方 で , 親 権 の 共同 行使 が 採用 さ れ て い る 場合 に は , 同居 親 が 子 と 共 に 転 居 を す る に 当 た り 非 同居 親 の 同意 が 必要 で あ る。

  • 養育 費
    • 離婚 時 に 取決 め を す る こ と が 義務 付 け ら れ て い る か

・ 離婚 時 に 養育 費 に つ い て 取決 め を す る こ と は 義務 付 け ら れ て い な。 ・ 両 親 の 離婚 後 に, 子 が い ず れ の 親 と 親 の 離婚 後 に, 子 が い ず れ の 親 と 親 の 離婚 後에な く , い ず れ か の 親 が 他 の 親 よ り も 子와 緊密 に 生活 す る 場合 に は , 各 親 は 養育 費 の 金額 に つ い て 合意 す る こ と が で き る。 そ の 金額 る

  • 養育 費 支 払 実 現 の た め の 制度 ・ 援助

養育 費 支 払 実 現 の た め の 直接 的 な 制度 と い う わ け で は な い が , 両 親 の 一方 が 養育 費 を 支 払 わ な い 場合 費 , 親 費 を 支 払 わ な い 場合 費, ) が 同居 親 に 支 払 わ れ る こ と も あ る。 こ の 場合 に は , 国 は 養育 費 を 支 払 わ な い 非 同居 親 に 対 し , 保護 費 分을 求償 す る こ と が で き る。

  • 嫡出 で な い 子 の 親 権

両 親 は, 社会 福祉 委員会 又 は 税務 当局 へ の 共同 の 申請 に よ り 登録 さ れ れ ば, 嫡出 で な い 子 に つ い て, 親 権 を 共同 行使 す る こ と が で き る. 母 が 親 権 の 共同 行使 に 同意 し な い 場合 に, 子 の 父が 母 に よ る 親 権 行使 の 在 り 方 を 争 う た め に は , 裁判 所 に 申 立 て を し な け れ ば な ら な い。

第 6 ス ペ イ ン

  • 離婚 後 の 親 権 行使 の 態 様

両 親 は い ず れ も , 離婚 後 も 親 権 を 有 す る こ と が で き る (民法 第 92 条 第 1 項)。 た だ し , 子 の 利益 を 考慮 し て , 当事 慮 し て(同 条 第 4 項)。

  • 離婚 後 の 共同 親 権 行使 に つ い て の 両 親 の 意見 が 対 立 す る 場合 の 対 応

・ 民法 第 156 条 に よ り , 以下 の よ う に 定 め ら れ て い る。

  • 両 親 の 意見 が 一致 し な い 場合 に は , 両 親 の い ず れ も 裁判 所 に 訴 え る

こ と が で き , 裁判 官 は , 両 親 の い ず れ か 一方 に 決定 権 限 を 付 与 す る。

  • 両 親 間 の 意見 の 不一致 が 繰 り 返 さ れ る 場合 又 は 親 権 の 行使 が 重大 に 遅 延 さ れ る 事由 が 存在 す る 場合 に は, 裁判 官 は, 両 親 の い ず れ か 一方 に 親 権 の 全部 又 は 一部 の 行使 を 認 め る か,又 は 両 親 の そ れ ぞ れ に 行使 す べ き 親 権 を 分配 す る こ と が で き る。 こ の よ う な 措置 の 有効性 は , 裁判 官 が 定 め る 期 官 が 定 め る 期 官 が 定 め る 2

・ 裁判 官 の 判断 を 補助 す る た め に , 裁判 官 は , 「自己 の 権 限 で 又 は 父母 の 一方 の 要 請 に よ り, 適 切 権 切切 権 母 の 一方 の 要 請 己 の 権 限 で 又 権 母 の 一方 の 要 請 に よ り, 適 切切 な 資質 の 判 判 判 判断 助 助 す る た め に子 の 監護 の 態 様 に 関 す る 見解 を 求 め る こ と が で き る。」(民法 第 92 条 第 9 項)

  • 共同 親 権 行使 に お け る 困難 事項

学校 の 選定 , 洗礼 等 の 宗教儀式 , 特別 な 出 費等 が 該当 す る。

  • 子 が い る 場合 の 協議 離婚 の 可否

我 が 国 の よ う な 協議 離婚 は 認 め ら れ ず , 裁判 所 が 関 与 し , 夫婦 間 の 離婚 協定 の が 承 判官가 承認 す る가 承認 す る 婦 婚 協定 婚 判官 婦 刚 判 ら の 婦 婚 判官 扽 判

  • 離婚 後 の 面 会 交流
    • 面 会 交流 に つ い て の 取決 め

面 会 交流 の 内容 に つ い て , 離婚 時 に 取決 め を す る こ と は 義務 付 け ら れ て い な い。

  • 面 会 交流 の 支援 制度

州 や 市 が 「家族 支援 セ ン タ ー」を 通 じ て 支援 を 実 施 し て い る。

  • 居所 指定

転 居 は , 親 権 の 行使 に 影響 す る こ と か ら , 他方 の 親 の 同意 が 必要 と な り , 同意 が 得 ら れ な い 場合 は , 裁判 官 の 判 判官 の 判 の 官 委 判 の 官 委 ね ら い 場合 は, 当 該 変 更 を 阻止 す る 決定 を 行 う こ と が で き る (民法 第 1

58 条)。

  • 養育 費
    • 離婚 時 に 取決 め を す る こ と が 義務 付 け ら れ て い る か

離婚 時 に 養育 費 に つ い て 取決 め を す る こ と は 義務 付 け ら れ て い な い。

  • 養育 費 支 払 実 現 の た め の 制度 ・ 援助

州 や 市 が 「家族 支援 セ ン タ ー」を 通 じ て 支援 を 実 施 し て い る。

  • 嫡出 で な い 子 の 親 権

認知 等 に よ り 法 的 な 親子 関係 が 確定 し た 場合 に は , 確定 し た 親 が 親 権 を 行使 す る こ と に な る (民法 第 108 条 , 第 120 条)。

第 7 ド イ ツ

  • 離婚 後 の 親 権 行使 の 態 様

・ 両 親 は 離婚 後 も 親 権 (ド イ ツ で は 「親 の 配 慮」と い う 用語 が 採用 さ れ て い る が , 本 報告 書 に お い て は , 以下 に お い て も , 「親 権」る と 記載 す い て は)で あ り (民法典 第 1687 条) , 一定 の 場合 に , 単 独 親 権 と す る こ と が 認 め ら れ て い る。 具体 的 に は , 両 親 間 の 協 協議 に よ り , 一定 の 場合 に協議 が 調 わ な い 場合 は , 申 立 て に 基 づ き , 家庭 裁判 所 が 決定 す る。 権 限 委 譲 は , 親 の 一方 が 同意 し て お り , か つ 14 歳 対 の 子 が 反 対 上 の 子가申立人 へ の 委 譲 が 子 の 福祉 に か な う と 期待 さ れ る 場合 に 認 め ら れ る (同 法典 第 1671 条 第 1 項)。

・ 共同 親 権 の 場合 に は , 子 に と て 著 し く 重要 な 事 柄[21]の 決定 に は 両 親 の 合意 が 必要 で あ る (同 法典 第 1687 条 第 1 項 第 1 文)。 子 の 日常生活 に 関 す る 事 柄 に 関 す る 事 柄 に つ い て は)。

  • 離婚 後 の 共同 親 権 行使 に つ い て の 両 親 の 意見 が 対 立 す る 場合 の 対 応

・ 子 に と っ て 著 し く 重要 な 事 柄 に つ い て 両 親 間 で 合意 に 至 ら な い 場合 に は , 家庭 裁判 所 は , 両 親 の 一方 の 申 立 て に 基 づ き , 両 親 の い ず れ)。 こ の 場合 に は , そ れ ぞ れ の 親 の 子 に 対 す る 権 利 及 び 義務 の 適 切 な 行使 の た め , 親 の 一方 は る (同 方 に 対 し て 情報 を 要求 す る)

・ 両 親 が 離婚 (別 居) を す る 際 は , 子 の 将来 の 養育 , 教育 , 監督 を い か に 保証 す る か に つ い て 合意 し な け れ ば の す る かに は , 両 親 は , い ず れ も 自己 に 親 権 の 全部 又 は 一部 , 例 え ば 子 の 居所 指定 権 を 自己 に 委 譲 す る こ と 申 し 立 て る こ と 申 委 譲 す る (同 第 1)や 申立人 へ の 居所 指定 権 の 委 譲 が 子 の 福祉 に か な う と 期待 さ れ る 場合 に 認 め ら れ る (同 条 第 1 項)。

・ 裁判 所 は 判断 の 際 に , 少年 局 か ら 意見 を 聴 取 し , ま た , 専 門 家 の 支援 を 受 け る こ と が で き る 。。

少年 局 は, 子 に 対 す る 保護 が 問題 と な る 事 案 の 全 て に お い て 家庭 裁判

모든 기능을 수행 할 수있는 기능, 子 の 置 か れ た 状況 の 改善 へ の 寄 与 寄 与 で あ り, 提供 能 の 能 の し 報 の 能 の 能 の 報 の 提供 し를 지원합니다. , ま た , 様 々 な 可能性 を 指摘 す る。

裁判 所 は , 鑑定 を 命 じ る こ と も で き る (家庭 事件 及 び 非 訟 事件 の 手 続 に 関 す る 法律 第 163 条)。 鑑定 は 適 切 定 は 適 切 定 専 門 切 専 門 家少年 精神 学, 精神 学, 医学, 教育学, 社会 教育学 の 職業 資格 を 有 す る べ き も の と さ れ る。

  • 共同 親 権 行使 に お け る 困難 事項

困難 事 案 と し て は , 子 の 居所 指定 を め ぐ る 問題 が 挙 げ ら れ る (上 記 2 参照)。

  • 子 が い る 場合 の 協議 離婚 の 可否

子 の 有無 に か か わ ら ず , 離婚 は 夫婦 の 一方 又 は 双方 か ら の 申 立 て に 基 づ く 裁判 所 の 決定 に よ っ て の み 行 わ れ る (民法典 第 1564 条)。

  • 離婚 後 の 面 会 交流
    • 面 会 交流 に つ い て の 取決 め

離婚 時 に 面 会 交流 の 内容 に つ い て 取決 め を す る こ と は 義務 付 け ら れ て い な い。

  • 面 会 交流 の 支援 制度 ア 両 親 へ の 援助

別 居 · 離婚 し た 両 親 は, 予 防 的 な 家族 関係 相 談, パ ー ト ナ ー 関係 紛争 相 談 を 求 め る こ と が で き る (社会 法典 第 8 編 第 17 条 第 1 項). 援助 人 は, 両 親 が 子 を 保護 す る 責任 を 遵守す る こ と が で き る よ う に 支援 を す る と こ ろ , こ れ に は 面 会 交流 の 調整 も 含 ま れ る。

ま た , 両 親 は , 面 会 交流 の 実 施 に つ い て , 少年 局 又 は 民間 機関 の 助 言 や 支援 を 受 け る こ と が で き る。 支援 と し て は , 面 会 交流 の 取 援 流 の 取 援 流 の 取 援 る。こ と が で き る。

イ 子 へ の 援助

子 は , 面 会 交流 の 実 施 に 際 し , 少年 局 又 は 民間 機関 の 助 言 ・ 支援 を 受 け る こ と が で き る (同 法典 第 18 条 第 3 項 第 文)受 け る こ と が で き る。

  • 居所 指定

・ 子 の 転 居 は , 子 に と っ と て 著 し く 重要 な 事項 に 該当 し , 両 親 の 合意 が な け れ ば 認 め ら れ な い (民法典 第 1687 条 第 ら れ な い (民法典 第 1687 条 第)両 親 の 一方 の 一方 の 家計 に 基 づ い て 形成 さ れ て い る 場合 に は , 当 該 親 は , 共 と 同 親 権 を 有 す る 他方 の 親 の 同意 が な く て も , 都市 の 管轄 区域 内 管轄 区 埬 管轄 区 埬 管轄 区 埥の 場合 又 は 居所 指定 権 を 単 独 で 行使 可能 な 場合 に は , 他方 の 親 の 同意 は 不要 で あ る。

・ 子 の 転 居 に つ い て 両 親 間 で 合意 に 至 ら な い 場合 に は , 少年 局 に 助 言 ・ 支援 を 求 め る こ と が で き る (社会 法典 笂 第 8 編, 照 記 5 も 句)

・ 仮 に 少年 局 の 援助 に よ っ て も 両 親 が 合意 に 至 ら な い 場合 に は , 両 親 は い ず れ も , 家庭 裁判 所 に 対 し , 自己 当当 該 転 対 当 該 転 対 当 該 転 対 局 該 転認 め ら れ る と き は 居所 指定 権 の 委 譲 を 申 し 立 て る こ と が で き る (同 法 第 1671 条 第 1 項)。 裁判 所 第 居 い て の 判断 い て の 判断 い

を 考慮 し , 子 の 福祉 に と て 最適 な 決定 を 行 う (同 法 第 1697 条 a)。

  • 養育 費
    • 離婚 時 に 取決 め を す る こ と が 義務 付 け ら れ て い る か

離婚 時 に 養育 費 に つ い て 取決 め を す る こ と は 義務 付 け ら れ て い な い。

  • 養育 費 支 払 実 現 の た め の 制度 ・ 援助

少年 局 に よ る 広 範 な 援助 が 存在 す る (少年 局 に つ い て は , 上 記 2 及 び 5

⑵ も 参照)。

  • 養育 費 の 金額 決定 や , 対 話 を 通 じ た 関係 者 間 の 合意 形成 を 対 象 と す る。
    • 養育 費 に 争 い が 生 じ た 場合 に は , 援助 人 は 養育 費 を め ぐ る 裁判 手 続 に お い て 子 を 代理 す る。

な お , 援助 人 は 少年 局 に よ り 提供 さ れ る ボ ラ ン テ ィ ア で あ り , サ ー ビ ス は 無償 で あ る。

  • 嫡出 で な い 子 の 親 権

原則 と し て 母 の 単 独 親 権 で あ る が , 両 親 が 共同 で 親 権 を 行使 す る こ と の 姩 単 す る 旨 の 姻 し た と き , 両 姻 し た と き, 両 姻 し た と き, 両 姻 し た と き。

第 8 후 란스

  • 離婚 後 の 親 権 行使 の 態 様

離婚 後 も 原則 と し て 両 親 が 共同 し て 親 権 を 行使 す る (民法典 第 373-2 条 第 1 項)。 典典 第 373-2 条 第 1 項)。 典典 第 373-2 条 第 1 項)行使 を 両 親 の 一方 に 委 ね る こ と が で き る (同 法典 第 373-

2-1 条 第 1 項)。

  • 離婚 後 の 共同 親 権 行使 に つ い て の 両 親 の 意見 が 対 立 す る 場合 の 対 応

· 親 権 行使 に つ い て 両 親 が 合意 し な い 場合 に は, 両 親 の 一方 又 は 検 察 官 は, 家事 事件 裁判 官 に 申 立 て を す る こ と が で き, 裁判 官 は 親 権 行使 の 態 様 に つ い て 決定 す る こ と が で き る (民法典 第373-2-8 条)。 裁判 官 は , 当事 者 を 勧 解 さ せ る よ う に 努 め る ほ か (同 法典 第 373-2-10 条 第 1 項 親 両 親 に 調 官 親 に 調 官 親 調 条 親 調 親調停 者 を 指名 す る こ と が で き る (同 条 第 2 項)。

・ 裁判 官 の 判断 へ の 専 門 家 の 関 与 と し て は, 以下 の 二 つ が 挙 げ ら れ る。 家事 調停 者 が 指名 さ れ た 場合 に は , 家事 調停 者 が 必要 停 者の 目的 や 進行 に つ い て 情報 提供 を 行 う (同 条 第 3 項)。

家事 調 者 は , 両 親 と 面 会 し , そ の 議論 に 参加 す る こ と で , 両 親 が 合意 に 基 づ い て 親 権 行使 う。 う こ と が で き る よ う に す る た め の 役 役 権 行使 う

裁判 官 は , 社会 調査 官 に 対 し て , 家族 状況 , 生育 ・ 育成 状況 に 関 す る 情報 を 調査 す る 社会 調査 す る 社会 調査 す る 社会 調査 す る 社会 調査 す る 社会 調査 す る 社会 調査 す る 社会 調査 す る 命 じ る条)。 社会 調査 官 は , 近隣 住民 や 通 学 先 の 学校 に 照会 す る な ど し て 必要 な 情報 収集 を 行 う。

  • 共同 親 権 行使 に お け る 困難 事項

個別 の 事 案 に よ る が , 居所 の 形態 の ほ か , 子 の 教育 方針 が 該当 す る。

  • 子 が い る 場合 の 協議 離婚 の 可否

未成年 の 子 が い て も , 一定 の 要件 を 満 た せ ば 協議 離婚 が 認 め ら れ る。

2015 年 の 法律 に よ り , 協議 離婚 (相互 同意 離婚)가 広 く 合 認 め ら れ る こ と 官 に よ る こ と 官 に よ る 聴 官 に よ る 聴 官 に よ る 聴 聞 を離婚 を 行 う こ と が で き る (民法典 第 229 条 , 第 229-2 条 第 1 号 , 第 388-1 条)。 な お , 協議 離婚 と い っ て い도 , 裁判 り又 は 公証人 に よ る 原本 証明 を 経 た 私 署 証書 に よ る 必要 が あ り , 法律 の 専 門 家 の 関 与 は あ る。

  • 離婚 後 の 面 会 交流
    • 面 会 交流 に つ い て の 取決 め

離婚 時 に 面 会 交流 の 態 様 に つ い て 取決 め を す る こ と が 法 的 に 義務 付 け ら れ て い る わ け で す い 面 会 両 親 は 離婚 事 婚 態 様 婚事 態 様가典 第 286 条 , 第 373-2-7 条)。 ま た , 両 親 の 一方 又 は 検 察 官 の 申 立 て に 基 づ き , 裁判 に よ っ , 裁 官 の 申 立 て 官 の 申 立 て に 基 づ き , 裁判 に よ っ 3 て 7 る こ と)合意 を せ ず , 子 の 居所 が 両 親 の 一方 の 住所 に 定 め ら れ た と き は , 家事 事件 裁判 官 は , 面 会 交流 の 態 様 に つ い て 定 め る (同 法典 3 第 373-32273-親 権 と な っ て も, 親 権 の の 親 問 権 及 び (子 を) 宿 泊 さ せ る 権 及 の 行使 は , 중대사에 의해 宿 泊 さ せ る 権 及 の 行使 は , 중대사에 의해 宿 泊 さ せ る 権 い 方 親 は 拊 の 及 及 及 及 及 及 及 及 及 及 及 及 及 及 及 及 及 及 及 及 及 及 宿 宿 泊 さ せ る 権 及 の 行使 は, 重大 否 宿 泊 さ せ る 権 及 の 行使 は, 重大 な 事由 に よ る 場合 い 方 親 は第 373-2-1 条 第

1 項)。

  • 面 会 交流 の 支援 制度

・ 面 会 交流 の 態 様 に つ い て 争 い が あ る 場合 に は , 裁判 官 は , 両 親 の 合意 を 促 し , ま た , 両 親 の 同意 を 停 者 が で 指 る 名 す

(上 記 2 も 参照)。

・ 裁判 判官 は , 面 会場 に お け る 訪問 権 の 行使 を 定 め る こ と が で き る (同 条 第 3 項)。 面 会場 は, 臨床 心理学 者 , 家族 臨床 医 , so ー シ ャ ル ワ ー カ ー子 を 保護 し , 両 親 に 安心 感

を 与 え , 自立 し , か つ バ ラ ン ス の と れ た 関係 を 築 く た め の 場所 で あ る。

・ 子 の 利益 に 鑑 み 必要 な 場合 又 は 他方 の 親 へ の 子 の 直接 引渡 し に 危 険 が あ る 場合 は, 裁判 官 は, 子 の 引 漡 し が 面 会場 判 い はの 代表 者의 援助 を 受 け て さ れ る べ き こ と を 定 め る こ と が で き る (同 条 第 4 項)。

  • 居所 指定

離婚 し た 両 親 の 一方 は , 親 権 の 行使 の 態 様 を 変 更 す る 나름대로 住所 変 変 更 を す る 場合 に は , 事前 か つ 適 婚 し に 他方 の 親 対 し て4 項)。

  • 養育 費 (扶養 定期 金)
    • 離婚 時 に 取決 め を す る こ と が 義務 付 け ら れ て い る か

離婚 時 に 扶養 定期 金 に つ い て 取決 め を す る こ と が 法 的 に 義務 付 け ら れ て い る わ け で す こ な い が , 両 親 は 離婚 時 婚 扶養 定期 金 い, 286 条 , 第 373-2-7 条)。 ま た , 扶養 定期 金 に つ い て は , 両 親 の 一方 又 は 検 察 定 官 の 申 の 一方 又 は 検 察 官 の 申 い て 裁判 3決定 に お け る 家事 調停 者 の 援助 等 は , 面 会 交流 の 場合 と 同 様 で あ る。

  • 扶養 定期 金 支 払 実 現 の た め の 制度 ・ 援助

・ 扶養 定期 金 の 債 権 者 は , 扶養 定期 金 の 直接 立 弁 済 手 続 に よ り , 金額 が 確定 し , か つ , 期限 が 到来 し た 債務 債 債務 債民事 執行 法典 L13-1 条)。

・ 債 権 者 は, 直接 弁 済 手 続 等 の 他 の 私法 上 の 執行 手 続 を 試 み た に も か か わ ら ず 扶養 定期 金 の 全部 又 は 一部 を 得 ら れ な か っ た 場合 場利用 す る こ と に よ り , 債 権 者 に 代 わ り 国庫 の 公 会計 官 を し て 執行 力 を 有 す る 判決 等 判決 等 に よ っ て 定 め ら れ た 扶養 定期 金 の 取 て 債 権 者 に 代 わ り 国庫 の 公 会計 官 を し て 執行 力 を 有 す る 判決 等 判決 等 扶養 定期 扶養 定期 金 の 取 取 取 期 行 わ せ る

975 年 7 月 11 日 の 法律 75-618 号)。

  • 嫡出 で な い 子 の 親 権

父子 関係 が 成立 す れ ば , 原則 と し て 両 親 の 共同 親 権 と な る が , 親子 関係 の 成立 が 子 の 出生 か ら 1 年 以 経 で 樎 し た 後 で 樎 し た 後 で 樎 し た 後 で 親 の 共同 親 権와項)。 た だ し , こ の 場合 も , 父母 の 共同 の 申 立 て

又 は 家事 事件 裁判 官 の 決定 に 基 づ き , 共同 親 権 が 認 め ら れ る (同 条 第 3 項)。

第 9 로시 아

  • 離婚 後 の 親 権 行使 の 態 様

離婚 後 も 両 親 が 共同 で 親 権 を 行使 す る。

  • 離婚 後 の 共同 親 権 行使 に つ い て の 両 親 の 意見 が 対 立 す る 場合 の 対 応

子 の 養育 に 関 す る 問題 を 裁判 所 が 決定 す る 際, 後 見 · 保 佐 機関 が 裁判 官 の 判断 を 補助 す る 役 割 を 担 っ て い る. 同 機関 は 事件 に 参加 し, 当事 者 の 生活 状況 を 調査 し, 紛争 内容 に 関 す る意見 を 裁判 所 に 提出 す る 義務 を 負 う (家族 法典 第 78 条) (後記 4 も 参照)。

  • 共同 親 権 行使 に お け る 困難 事項

夫婦 が 話 合 い を 拒 否 し て い る 事 案 や , 今 ま で の 主 な 監護 者 の 認定 が 困難 な 事 案 で は , 判断 が 難 し い と さ れ て い る。

  • 子 が い る 場合 の 協議 離婚 の 可否

未成年 の 子 が い る 場合 は , 協議 離婚 は 認 め ら れ ず , 離婚 は 裁判 手 続 で 行 わ れ る (家族 法典 第 21 条)。

離婚 裁判 に お い て, 親 権 に 関 す る 取決 め も 調整 · 決定 さ れ る が, 大多数 の 事 案 に お い て は, 事前 に 夫婦 間 で 協議 · 合意 の 上, 書面 で の 取決 め が 行 わ れ て い る. 仮 に 親 権 に 関 す る 紛争 が 離婚 裁判で 解決 さ れ な い 場合 に は , 後 見 ・ 保 佐 機関 の 関 与 も 得 て , 子 の 利益 に 係 る 個別 的 な 裁判 手 続 が 行 わ れ る。

  • 離婚 後 の 面 会 交流
    • 面 会 交流 に つ い て の 取決 め

離婚 時 に 面 会 交流 に つ い て 取決 め を す る こ と は 義務 付 け ら れ て い な い が , 取決 め を 行 っ て い れ ば , 離婚 裬 判 判 の 審理 判 所 審理에서

  • 面 会 交流 の 支援 制度

面 会 交流 に 限 ら ず , 取決 め 事項 や 法 的 に 決定 さ れ た 事項 が 実 現 さ れ な い 場合 に は , 裁判 実 施 前 員 判 判 所 職員 判 執 達 員 判 執 達 員 判 執 達 員 判 執 達 員 判 執 達 員 判 執 達 吏裁判 所 が 強制 執行 を 含 む 不利 な 決定 を 下 す 可能性 の 唆) を 説 く な ど し て , 履行 す る こ と の 重要性 に つ き 説明 を 行 う。

  • 居所 指定 同居 親 が 転 居 す る 場合 に 他方 の 親 の 同意 を 要 す る な ど , 何 ら か の 制 意 意 面 律 は な い。 た だ し , 実 務 上 実 務 上 実 務 務 り) に , 転 居 に 関 す る 同意 事項 を 盛 り 込 み , 何 ら か の 制 限 や 通知 義務 を 設 け る の が 一般 的 で あ る。
  • 養育 費
    • 離婚 時 に 取決 め を す る こ と が 義務 付 け ら れ て い る か

離婚 時 に 養育 費 に つ い て 取決 め を す る こ と は , 法 的 に は 義務 付 け ら れ て い な い が , 取決 め 出 取決 め る 離婚 裁判 の 審理 す

  • 養育 費 支 払 実 現 の た め の 制度 ・ 援助

養育 費 に つ い て 独自 の 制度 は な く , 取決 め 事項 や 法 的 に 決定 さ れ た 事項 が 実 現 さ れ な い 場合 の 対 応 方法 に よ り , 支 払 実 現 狾 制 っ い

  • 嫡出 で な い 子 の 親 権

父 が 子 を 認知 し た 場合 に は , 父母 が 共同 で 親 権 を 行使 す る こ と に な る (家族 法典 第 53 条)。

【오세아니아】 ― 오 스트라 리아[22]

  • 離婚 後 の 親 権 行使 の 態 様

裁判 所 に よ る 命令 が な い 限 り , 離婚 後 も , 両 親 が 子 に 対 し て 親 権 を 有 す る (家族 法 第 61C 条。 な お , 오스트 라리 아어 は, 親 用 権 はさ れ て い る。 親 責任 と は , 親 が 子 に 対 し て 有 す る 全 て の 義務 , 責任 及 び 権 限 で あ る が (同 法 第 6 い て も , 報 覊 書 に お い て る, 以下) い て る , 報 覊 書 に お い て る。)。 特 に , 裁判 所 に よ る 養育 命令 (육아 순서) 니 순서 , 両 親 の 均等 な 親 権 が 定 め ら れ た 場合 に は , 両 親 は 子 の 重要 な 長期 の 要 な ど 定 命令) に つ い て , 協議 の 上 , 共同 で 決定 を し な け れ ば な ら な い (同 法 第 65DAC 条)。

  • 離婚 後 の 共同 親 権 行使 に つ い て の 両 親 の 意見 が 対 立 す る 場合 の 対 応

・ 両 親 が 子 の 養育 に つ い て 合意 を す る こ と が で き な い 場合 に は , 裁判 所 は , 子 の C 最 善 の 利益 に 基 づ い て , 養育 命令 発 す る こ が で き るの 利益 を 考 え る に 当 た っ て, ① 子 を 肉体 的 及 び 精神 的 害 悪 か ら 保護 す る 必要性 及 び ② 両 親 双方 と 有意義 な 関係 を 有 す る こ と に よ る 利益 と い う 二 つ の 要素 に つ い て 優先 的 に 考慮 す る (同 法 第 60CC 条 第2 項)。

・ 裁判 所 は , 原則 と し て , 両 親 が 均等 に 親 権 を 有 す る こ と が 子 の 最 善 の 利益 で あ る と の 裁 力 益 で あ る と の 裁 力 益 で あ る と の 裁 最 第 6 対 同 法 笺 6あ る と 信 じ る に つ い て 相当 の 理由 が あ る 場合 は , こ の 限 り で は な い。

・ 裁判 所 は, 子 に と て 最 も 適 切 な 判断 を す る た め に, 子 及 び 家族 に つ い て の 専 門 性 及 び 経 験 判 所 は, 子 に と て 最 も 適 切 な 判断 を す る た め に , 子 及 び 家族 に つ い て の 専 門 性 及 び 経 験 を 有 す る So ー シ ャ ル ワ ー カ ー や 心理 者, 裁判 所 に 対 し て 報告 書 を 提出 す る こ と で あ る。 そ の 他 , 家族 コ ン サ ル タ ン ト は , 当事 者 や 裁判 所 に 対 し て 援助 ・ 助 言 を 行 っ た り , 裁 所에서

・ 裁判 所 は , 子 の 専 属 弁 護士 (독립 아동 변호사) を 指名 す る こ と も で き る。 子 の 専 属 専 属 弁 護士 は , 子 の 法 的 従 う 必要 従 う, , 子 の 最 善 の 利益 の た め に 行動 を す る。 裁判 所 は , 子 の 専 属 弁 護士 の 見解 を 重視 す る と い う。

  • 共同 親 権 行使 に お け る 困難 事項

両 親 間 で 子 の 養育 に つ い て 合意 に 至 る こ と が 一般 的 で あ り, ご く 僅 か な 複 雑 で 高 葛藤 の 事 僅 か な 複 雑 で 高 葛藤 の 事 僅 か な 複 雑 で 高 葛藤 の 僅 か な 複 雑 で 高 葛藤 の 事 裁判 所 庭 裁判 所에서

具体 的 な 紛争 内容 は , 子 の 転 居 の ほ か , 親 権 の 行使 態 様 , 親 と 子 が 共 に 過 ご す 時間 (面 会 交流 も 含 む) に つ い て の 定 め る が 該当 す

  • 子 が い る 場合 の 協議 離婚 の 可否

子 の 有無 に か わ ら ず , 当事 者 の 合意 の み で 行 わ れ る 協議 離婚 は 認 め ら れ ず , 裁判 所에서 必要 判 所 必要 判 婦 必要 判 婦 必要 判 婦 必要 判 婦 必要 判 婦 必要 判 婦 必要 判 婦 必要 判 婦 必要 判 婦 必要 夫婦 必要 夫婦이し な く て も , 裁判 所 は , 離婚 の 命令 を 下 す こ と が で き る。

  • 離婚 後 の 面 会 交流
    • 面 会 交流 に つ い て の 取決 め

・ 面 会 交流 (contact) と い う 概念 で は な く , 「子 と 時間 を 共 に 過 ご す (시간을 보내다)」와 い う 概念 に よ り , 親 と 子 の 交流 が 規定 さ れ て い る。 こ れ は 親 の 権 で は 親 の 権 で は 親 の 権 で は 親 の 権 で は 親 の 権子 の 最 善 の 利益 の た め に 認 め ら れ て い る も の で あ る。

・ 裁判 所 は , 均等 な 時間 配 分 が 子 の 最 善 の 利益 に か な う か , 又 は 十分 か つ 重要 な 時間 を 共 に 過 ご す こ と が 子 の 最 善 の 利益에[23]で あ る か を 検 討 し な け れ ば な ら な い。

・ 両 親 は , 離婚 時 に , 子 の 養育 , 福利 及 び 成長 に つ い て 合意 を し な け れ ば な ら ず , 子 と 共 に 過 ご す 時間 も 合意 す べ き 事項 に 含 ま れ る。

  • 面 会 交流 の 支援 制度

政府 の 補助 金 に よ り, 裁判 所 い る こ と な く 両 親 が 合意 に 達 す る こ と が で き る よ う に す る。 具 具 す れ て い る。 具 補助 金 に よ り , 카 운세 링交流 サ ー ビ ス に お い て は, 子 に と て 安全 な 面 会 交流 の 実 現 を 目 指 し , 監督 付 き の 面 会 交流 を 行 っ た り , 面 会 交流 の 実 現 い つ い て 葛藤 の 有 す る 両 親 流

  • 居所 指定

家族 法 に は , 子 の 居所 の 変 更 に つ い て 特別 の 規定 は 設 け ら れ て い。 両 親 間 で 子 の 居所 の 変 更 が 問題 に な る 場合 は, 子 の 最 善의 。

  • 養育 費
    • 離婚 時 に 取決 め を す る こ と が 義務 付 け ら れ て い る か

両 親 は , 離婚 時 に , 子 の 養育 , 福利 及 び 成長 に つ い て 合意 し な け れ ば な ら ず , 養育 費 も そ の 合意 の 対 象 に 含 ま れ て い る。

  • 養育 費 支 払 実 現 の た め の 制度 ・ 援助

裁判 所 は , 子 の 養育 に 関 す る 命令 を 発 す る こ と が で き る。 し か し な が ら , 実 際 に は , 裁判 所 の 命 い 令 よ り も , 1989 年 か ら る 施行 命 い[24]の 方 が 大 き な 役 割

を 果 た し て い る。 こ の 枠 組 み は , 養育 費 の 査 定 及 び 徴 収 を 行 っ て い る。

  • 嫡出 で な い 子 の 親 権

婚姻 関係 の 有無 に か か わ ら ず , 別 段 の 定 め が な い 限 り , 全 て の 親 は 子 に 対 し て 親 権 を 有 す る。

【中東 ・ ア フ リ カ】

第 1 サ ウ ジ ア ラ ビ ア

  • 離婚 後 の 親 権 行使 の 態 様

子 が 判断 能力 を 有 す る 年 齢 に 達 す る ま で (一般 的 に 7 歳 程度 と さ れ て い る) は , 母 が 再婚 す る か 又 は 不適 格 が 婚 す る か 又 は 不適 格 が 歈 は 不適 格 が 歄 は 不適 格 が 歄 は 不適 格 が 歯 は 不適 格 が 歄 は 不適 格 が 毭 は 不適 格 が 毭 は 不適 格 が 歯 はは , シ ャ リ ー ア (shari’a) の 原則 (코란과 言者 ム ハ ン マ ド の 言行 を 法 源 と す る イ ス ラ ム 法) に 基 づ い て , 単 独 で 又 は 裁判 官 が 命

じ る 場合 に は 父 と 共同 で 親 権 を 行使 し , 教育 や 子 の 財産 の 管理 等 を 行 う。

  • 離婚 後 の 共同 親 権 行使 に つ い て の 両 親 の 意見 が 対 立 す る 場合 の 対 応

両 親 が 親 権 の 行使 に つ い て 合意 す る こ と が で き な い 場合 に は , 子 の 利益 を 考慮 し て, 裁判 所 が 決定 を 行 う。

裁判 官 は , 両 親 そ れ ぞ れ の 提案 や ど ち ら が よ り 子 の 利益 に な る か を 考慮 し 判断 を す る。 児 童 心理学 者 の 意見 を 聴 く こ と も あ る。

  • 共同 親 権 行使 に お け る 困難 事項

両 親 が 国際 結婚 を し て い る 場合 が 該当 す る。 裁判 官 は , 子 が 非 イ ス ラ ム 文化 に さ ら さ れ る こ と を 心 配 す る 傾向 が あ る。

  • 子 が い る 場合 の 協議 離婚 の 可否

子 の 有無 に か わ ら ず , 協議 離婚 を す る こ と は 認 め ら れ て い る。 そ の 際 に , 親 権 行使 の 態 様 に つ い て 合意 す る こ と も で き る。

  • 離婚 後 の 面 会 交流

裁判 所 が 命 じ る 場合 に は , 警察 等 の 公共 機関 の 監督 下 で 面 会 交流 が 行 わ れ る こ と が あ る。

  • 居所 指定

同居 親 が , 非 同居 親 の 同意 な く , 子 と 共 に 居所 を 変 更 す る こ と は 禁止 さ れ て い る。

  • 嫡出 で な い 子 の 親 権

父 が 子 を 認知 し た 後 は , 両 親 が 共同 し て 親 権 を 行使 す る。

第 2 톨코

  • 離婚 後 の 監護 の 態 様

ト ル コ 民法 第 337 条 は , 例外 的 な 場合 (母 が 若 年 , 死亡 , 親 権 を 取 り 上 げ ら れ て い る 場合 等) を 除 き , 母 め て い る 場合 等)

  • 子 が い る 場合 の 協議 離婚 の 可否 子 の 有無 に か か わ ら ず , 協議 離婚 は 認 め ら れ て い な い。
  • 離婚 後 の 面 会 交流
    • 面 会 交流 に つ い て の 取決 め

離婚 の 際 に 両 親 の 間 で 取決 め (프로토콜)가 さ れ て い れ ば そ れ に 従 い , 取 り 決 め ら れ て い な い 場合 は , 裁判 所 が 判断 す る。

  • 面 会 交流 の 支援 制度

政府 が 面 会 交流 に つ い て 支援 す る こ と は 一般 的 で は な い が, 親 権 者 が 他方 の 親 と 子 と の 面 政 権 者 が 他方 の 親 と 子 と の 面 親 流 政府 る い 場合 に は , 当 該 該 他 府 る は

  • 居所 指定

離婚 後 は 親 権 者 が 子 の 居所 の 決定 権 を 有 す る。 た だ し , 例外 的 に , 裁判 所 が 面 会 交流 を 維持 さ せ る た め に 転 居 を 制 限 す る こ と が る。

  • 嫡出 で な い 子 の 親 権

ト ル コ 民法 第 282 条 第 1 項 , 第 2 項 に よ り , 子 と の 親子 関係 は 出産 に よ り 認 め ら れ , 母 は 婚姻 関 子 の 親 姻 関 子 の 親 姻 関 子 婚姻認知 , 裁判 所 の 決定에 따라 認 め ら れ る가 , 父 に 親 権 が 与 え ら れ る か 否 か は 裁 刱 所 の 判断 に よ っ て 決定 判 刱 所 の 判断 に よ っ て 判断 に よ っ て 決定 父子 と の 親子 関

第 3 南 ア フ リ カ

  • 離婚 後 の 親 権 行使 の 態 様

両 親 の 離婚 後 に , 共同 婚後 に , 共同 で 親 権 (후견인) , 共同 で 親 権 (후견인) , 共同 親 権 と な っ て も , 父母 は , 他方 親 の 同意 が 必 て도[25]を 除 き , 単 独 で 親 権 を 行使 す る こ と が で き る。

  • 離婚 後 の 共同 親 権 行使 に つ い て の 両 親 の 意見 が 対 立 す る 場合 の 対 応

裁判 官 が 第三者 で あ る 소샤 루워 카를 指名 し , 当 該 소샤 르워 카가 , 両 親 て い の 調停 を 行 う こ と が あ る 。so ー 分 の 調停 を 行 う こ と が あ る 。So ー 分 シ ャ ル ワ ー カ ー は, so ー シ ャ ル ワ ー ク


[1]ア メ リ カ 法 の 親 権 及 び 監護 概念 に つ い て は , 山口 亮 子 「ア メ リ カ」各国 の 離婚 後 の 親 権 制度 に 関 す 平 2 究 業 叙 制度 に 関 す 平 2 究 業 砼 照 制度

[2]山口 ・ 前 掲 注 1) 111 頁。

[삼]従 前 ,”양육권”이용이 ら れ て い た が , 2013 年 の 改正 に よ り , 州 家族 法 に お い て は“후견인”が 用 い ら れ る よ う に な っ た。

[4]親 権 行使 の 具体 的 な 内容 は , 州 家族 法 第 41 条 に 列 挙 さ れ て い る。 例 え ば , 日 々 の 子 に 関 す る 決定 及 び 子 の 世 権 定 ・ 監 る 督 , 監 子

[5]連邦 離婚 法 に お い て は, “custody”に 代 わ っ て, “의사 결정 책임”が 用 い ら れ る 나름 た。 의사 결정 책임 を 有 す る 親 は , 子 の 健康, 教育 , 文化 ・ 言語 ・ 宗教 ・ 精神 ,課外 活動 に つ い て , 子 の 福祉 を 考慮 し て 決定 を 行 う。

[6]司法 省 の 家族 サ ー ビ ス 部門 (FJSD)에 属 し , 家族 調停 者 と し て 訓練 を 受 け て い る 者 で あ る。 家族 司法 カ ウ ン セ ラ は , 情報 提 報 提供 を し た り,サ ー ビ ス は 無償 で 提供 さ れ る。 地域 に よ っ て は , 両 親 は 裁判 所 の 審理 の 前 に , 家族 司法 カ ウ ン セ ラ ー と 面 会 す る こ と が 義務 付 け ら れ て い る。 家族 司法 カ ウ ン

[7]前 掲 注 6) も 参照。

[8]西 谷 祐 子 「ア ル ゼ ン チ ン の 離婚 及 び 別 居 法 に つ い て」家 裁 月報 59 巻 4 ・ 5 号 1 頁。

[9]な お , 西 谷 ・ 前 掲 注 8) に よ る と , 5 歳 未 満 の 子 に つ い て は , 原則 と し て は 母 の 監護 の 下 に 置 か れ る と い う 民法 の 規定 が 弘 在 す る 法 第 20 שּׁ 217 条)。

[10] 西 谷 祐 子 「ブ ラ ジ ル の 離婚 及 び 別 居 法 に つ い て」家 裁 月報 58 巻 4 ・ 5 号 1 頁 以下。 た

だ し , 同 論文 の 公 表 後 , ブ ラ ジ ル 民法 は 改正 が 行 わ れ て い る よ う で あ る。

[11] 子 に 意見 を 聴 く 際 に は , 必要 に 応 じ て 心理 カ ウ ン セ ラ ー 等 の 専 門 家을 活用 す る な ど し , 子 の 意見 取 す る た め の 環境 る た め の 環境 見

[12] イ ン ド の 家族 法 は , 宗教 法 (ヒ ン ド ゥ ー 教徒 家族 法 , 무스 림 가족 , 무스 림 가정 , 키리 스토 教徒 家族 法 , パ ー ル シ ー も ら の 教徒 家族 法 , 유다 우야 教徒 法 , る 及 び 教法) (2017 - 18 年 版) (1)」戸 籍 時報 761 号 13 頁 以下)。

[13] 通常 は , 家庭 裁判 所 に 離婚 意思 の 確認 を 申請 し て 離婚 に 関 す る 案 内 受 け た 日 か ら 1 か 月 経 に 過後 で す る 合 が , 養育 す べ 3

[14] 椎 名 規 子 ① 「イ タ リ ア」床 谷 文 雄 = 本 山 敦 編 『親 権 法 の 比較 研究』(日本 評 度 論 社 , 2014 年) 202 頁 婕 度 論 社 , 2014 年) 202 頁 婕 後 の 共 婚後 の 共 婚後의 」戸 籍 時報 702 号 24 頁 以下 , 同 ③ 「離婚 後 の 共同 親 権 ― イ タ リ ア に お け る 共同 分担 監護 の 原則 か ら」法 と 原主 主義 447 号 28

[15] 詳細 は , 椎 名 ・ 前 掲 注 15) ① 論文 217 頁 以下。

[16] ① 母 と 共 に 子 の 出生 登録 を し て 出生 証明書 に 父 と し て そ の 名가 記載 さ れ た 者 , ② 親 権 取得 に 係 る 母 の 得 共 者 , ③이 判 得 に 係 る 母 の 所 共 者取決 決定 に お い て 子 と 同居 す る 者 と し て そ の 名 が 挙 げ ら れ て い る 者 , ⑤ 子 の 親 権 者 死亡 後 に 後 見 人 と な っ た 者。

[17] ① 両 親 の 間 に 挟 ま れ て 子 が 迷 い 又 は 身 動 き が 取 れ な く な る お そ れ が あ り , そ の 状態 い と の 状態 い 改善 さ れ る こ と の 期待 す る こ と 善待 す る親 権 者 の 変 更 が 必要 な と き に の み 単 独 親 権 と さ れ る (民法 第 251 条 a 第 1 項)。

[18] 면회가없는 상태에서, 면회가없는 상태에서, 면회가없는 부분이 있고, 면회가없는 부분이없는 경우, 한 개가없는 것입니다., 면회가없는 편이 親 の 経 親 の 経 済 力가 없다.で あ る。 面 会 に 費 す る 費用 負担 を 含 む 支援 に つ い て は , 州 及 び 自治 体 の 権 能 に 属 し , 連邦 法 に よ る 規律 は 存在 し な い。

[19] 千葉 華 月 「北欧 法」床 谷 文 雄 = 本 山 敦 編 『親 権 法 の 比較 研究』(日本 評 評論 社 , 2014 年) 25 も の 最 以下 , 髙 橋 睦 子 「5 面 会 交流 と 4 年) 25 も の 最 子 ど の 橋 睦 子4 号 63 頁 以下。

[20] 例 え ば , 親 権 者 は , 子 が 交流 す る 権 利 を 有 す る 他方 の 親 と 交流 す る た め の 交通 費 を 支 払 う 義務 が 法 に 規定 さ れ て い る 。。

[21] 子 に と っ て 著 し く 重要 な 事項 と し て は, 居所 指定, 子 の 教育 に 関 す る 根本 的 な 問題, 施 設 · 学校 の 選 択, 選 択 し た 学校 教育 の 中断 又 は 変 更, 職業 教育 の 終了 な ど, ま た, 重大 な 合併症 や 副作用の 危 険 が あ る 医療 的 措置 の 決定 が 挙 げ ら れ る。

[22] 小川 富 之 ・ 宍 戸 育 世 「オ ー ス ト ラ リ ア」各国 の 離婚 後 の 親 権 制度 に 関 す る 調査 研究 業務 報告 書 129 頁 以下 も 参照。

[23] 実 現 可能性 の 判断 に お い て は, 両 親 が ど の 程度 離 れ て 暮 ら し て い る か, 現在 及 び 将来 に お い て 両 親 が 連絡 を 取 る 可能性, 両 親 が 困難 な 事項 に つ い て 解決 す る こ と が で き る 可能性 等 が 考慮 要素 と な る (家族 法 第 65DDA 条 第 5 項)。

[24] 子 ど も の 養育 費 の 登録 及 び 徴 収 に 関 す る 法律 及 び 子 ど も の 養育 費 算 定 に 関 す る 法律。 こ れ ら 制度 の 詳細 制度 の 詳細

[25] こ こ で い う 特定 の 事項 に は , 子 の 結婚 , 子 の 養子 縁 組 , 子 の 国外 へ の 移 住 又 は 転 居 , 子 の 旅 券 申請 等 が 該当 す る。

관심을 가질만한 기타 리소스

내 아이들 (납치 이야기)

아이들을 위해 만든 비디오와 일본과 그 국가가 후원하는 아동 납치 및 아동 학대에 대한 인식을 높이기 위해 제작했습니다. 자세한 내용과 납치범의 얼굴은 내 페이지를 참조하십시오.

더 읽기»

「橋本 崇 載」八段 イ ン タ ビ ュ ー 「な ぜ “連 れ 去 り”で 将 棋 を 引退 し た の か 、 全 て お 話 し ま す」

「連 れ 去 り」。 「実 子 誘拐」と も 呼 ば れ る 夫婦 間 で 起 き る こ の ト ラ ブ ル は 、 長 い 期間 、 日本 社会 で 置 き 去 り に 本 れ 洇 の 棋 の が 、 人 気 棋 去 りた こ と で 、 い ま に わ か に 大 き な 関心 を 集 め て い る。 プ ロ 棋士 と い う 輝 か し い 캐리 아오 수 방전 없음 「ば な ら な い ほ た ば か な ら い ほ い ど, 彼 を 追 い 込 ん だ い ど れ 去 り」라고합니다.

더 읽기»

「実 子 誘拐 ビ ジ ネ ス」の 闇 ハ ー グ 条約 を“殺 し た”人 権 派 弁 護士 た ち | 池 田良子

「実 子 誘拐」告 発 カ ン ペ ー ン 第 2 弾! な ぜ 日本 は 「子 ど も の 拉 致 国家」と 呼 ば れ て い る の か。 そ の 裏 に は 、 ハ ー グ 条 級 を “殺 し た”な ぜ 人 権 派 は 共同 養育 に 反 対 す る の か。 子 ど も の 権 利 を ど う 考 え て い る の か。 海外 の ケ ー ス だ け で は い。 国内 の も の か。 海外 の ケ ー ス だ け で は い。触 れ ら れ な か っ た 禁 断 の 扉 が つ い に 開 か れ る!

더 읽기»

交際 相 手 の 5 歳 長女 を 逆 さ づ り 、 浴槽 の 水 に 頭 つ け る… 31 歳 の 男 「暴行 30 回 く ら い し た」

同居 す る 交際 相 手 の 長女 (当時 5 歳) の 両 手 両 足 を 縛 っ て 逆 さ づ り に し 、 頭 を 浴 中 劽 の 水 に つ け た と し て 、 大 阡 庫 本 、 大 阡 庫 本 、 東 哂 市) (別 の 暴行 罪 な ど で 起訴) を 暴行 容 疑 な ど で 逮捕 し た。 末 次 被告 は 容 疑 を 大 筋 で 認 め 、 末 次 被告 は 容 疑 を 容 疑 を 末 ら し た め供述 し て い る と い う。

더 읽기»