男児遗弃容疑の母,突然の育児放弃か保育所へ通わせず

有关资源的一般信息:

涵盖的主题: 虐待儿童

什么事啊

大阪市で铃木琉圣(りゅうせい)ちゃん(1)とみられる遗体が见つかった事件で,死体遗弃容容ででされた母亲の无职铃木玲奈(れな)容疑者(24)が3月に突然,琉圣ちゃんを保育所に通わせなくなっていたことが,关系者への取材で分かった。それまでは健诊を受けさせるなど问题はなかった。遗体は低栄养状态で,府警は,3〜 4月に育児态度が急変してネグレクト(育児放弃)状态になった可能があるとみている。

铃木容疑者らが8月に大阪市に転入するまで住んでいた和歌山県みなべ町などによると,铃木容疑者らが3月,急に「やめる」と言い,同13日から琉圣ちゃんと姊の长女(3)が保育所に来なくなった。大阪市に転居后は,长女だけが保育所に通っていたという。

琉圣ちゃんは昨年12月にみなべ町で10カ月健诊を受け,「异常なし」と判断された。今年2月には水ぼうそうなどの予防接种を受けていた。保育所にも通っており,地元の纪南児童相谈所は「通报もなく,问题のある家庭という情报はなかった」としている。

琉圣ちゃんとみられる遗体は司法解剖の结果,胸の筋肉の発达不良や腹の粪量の低下がみられ,栄养が不十分な状态な。铃木容疑者は「4月に息子を残して府警は,3〜4月に何らかの理由でネグレクト状态になっていたともある,铃木容疑者から当时の状况を聴いている。

您可能感兴趣的其他资源

男児遗弃容疑の母,突然の育児放弃か保育所へ通わせず

大阪市で铃木琉圣(りゅうせい)ちゃん(1)とみられる遗体が见つかった事件で,死体遗弃容容ででされた母亲の无职铃木玲奈(れな)容疑者(24)が3月に突然,琉圣ちゃんを保育所に通わせなくなっていたことが,关系者への取材で分かった。それまでは健诊を受けさせるなど问题はなかった。遗体は低栄养状态で,府警は,3〜 4月に育児态度が急変してネグレクト(育児放弃)状态になった可能があるとみている。

阅读更多 ”

交际相手の5歳长女を逆さづり,浴槽の水に头つける…31歳の男「暴行30回くらいした」

同居する交际相手の长女(当时5歳)の両手両足を缚って逆さづりにし,头を浴槽の水につけたとして,大阪府警は10日,大阪市东成区中本,会社员末次一茂被告(31) )(别の暴行罪などで起诉)を暴行容疑などで康复などで。末次被告は容疑を大筋で认め,「ご饭をこぼすなどした时,殴ったり蹴ったりの暴行を过去に30回くらいした」とと供述しているという。

阅读更多 ”
fmp-japan-olympics-campaign-parental-alienation-child-trafficking-2020-1

每年有20万日本儿童被其父母抢走!

日本孩子为国家的单一监护权法付出了代价,却错过了父母的爱。