结婚相手の14歳娘と性交,义父に惩役7年判决津地裁

有关资源的一般信息:

涵盖的主题: 虐待儿童
语: 日本人

什么事啊

结婚相手の娘(当时14)と性交をしたとして,监护人性交等罪に问われた义父(45)の判决が17日,津地裁であった。田中伸一裁判长は「动机や経纬に酌むべき事情は全くなく,常习性もうかがえる”として惩役7年(求刑惩役8年)を言い渡した。

判决によると,义父は1月上旬〜2月上旬ごろ,三重県内の自宅で,同居していた结婚相手の娘が18歳未満であることを知りながら性交をした。

义父は2014年ごろから娘と同居していた。今年2月,娘は母亲から义父と风吕に入るのが嫌ではないかと寻ねられた际に,泣きながら被害を告白。その翌日,通学していた中学校の教员に被害を申告した。

义父は捜查段阶で性交したと认めていたが,公判では「性交渉は一切していに転じた」と否认に転じた。捜查段阶で自认したのは「性交渉」の概念を勘违いしていたためとし,无罪を主张していた。

一方,公判で证人となった娘は,1年间で5回ほど性交させられていたと证言した。

一方,义父の公判での供述は合理的でないなど。として「信用できない」ととづけた。

が「娘が幼く,知的障害もあり,精神面や経済面で义父に依存せざるを得ない未熟さにつけ込んだ犯行は卑劣で悪质」と批判した。

义父は,被告人质问で娘が小学6年生のころから,他の家族がいないときに体を触るなど性的な行为を行っていたと発言。害きた」と话していた。被害者である娘に対しては,「わいせつ行为はやってはいけないのでかわいそうというか,すみません」と话した。

公判で证人として法廷に立った娘は,义父のことを「お父さん」と呼んでいたといい,性交は「嫌だった」とか细い声で话した。义父への心情を问われると「うざい」と一言漏らした。

您可能感兴趣的其他资源

男児遗弃容疑の母,突然の育児放弃か保育所へ通わせず

大阪市で铃木琉圣(りゅうせい)ちゃん(1)とみられる遗体が见つかった事件で,死体遗弃容容ででされた母亲の无职铃木玲奈(れな)容疑者(24)が3月に突然,琉圣ちゃんを保育所に通わせなくなっていたことが,关系者への取材で分かった。それまでは健诊を受けさせるなど问题はなかった。遗体は低栄养状态で,府警は,3〜 4月に育児态度が急変してネグレクト(育児放弃)状态になった可能があるとみている。

阅读更多 ”

交际相手の5歳长女を逆さづり,浴槽の水に头つける…31歳の男「暴行30回くらいした」

同居する交际相手の长女(当时5歳)の両手両足を缚って逆さづりにし,头を浴槽の水につけたとして,大阪府警は10日,大阪市东成区中本,会社员末次一茂被告(31) )(别の暴行罪などで起诉)を暴行容疑などで康复などで。末次被告は容疑を大筋で认め,「ご饭をこぼすなどした时,殴ったり蹴ったりの暴行を过去に30回くらいした」とと供述しているという。

阅读更多 ”
fmp-japan-olympics-campaign-parental-alienation-child-trafficking-2020-1

每年有20万日本儿童被其父母抢走!

日本孩子为国家的单一监护权法付出了代价,却错过了父母的爱。