親による誘拐に関する米国国務省の年次報告書

リソースに関する一般情報:

言語: 英語

どんな内容ですか?

米国は、1980年10月25日の国際的な子の奪取の民事面に関するハーグ条約(条約)の当事者として、一般的に、子供の常居所の裁判所が監護権の問題を解決するのに最適な立場にあるという原則に取り組んでいます。 、そしてその誘拐された子供たちは、常居所の国に迅速に戻されるべきである。 国務省は、条約のパートナー国と協力して、条約の遵守を強化し、相互に懸念する問題に取り組んでいます。 同様に、私たちは、国際的な親による子の奪取を解決し、条約の当事者となるために必要な制度と手続きを開発するために、条約に参加していない国々と提唱します。 国際的な親による子の誘拐に関する2020年の年次報告書は、2019年中の国際的な親による子の誘拐を防止および解決するための国務省の取り組みを示しています。

あなたが興味を持つかもしれない他のリソース

少年の遺容容疑の母、そのの育育育育所へ通わせず

大阪市で鈴木琉聖(りゅうせい)ちゃん(1)とみっち遺体がたた事件で、死体遺忘容疑で捕たたた母の無職鈴木玲奈(れな)容疑者(4)が3月になる、琉聖ちゃんを保育所に通わせ、私たた、関係者への取材でたた。 4月に育育かが急変してネグレクト(育子供ほど)状態ありたた性堅とみる。

続きを読む "
fmp-japan-olympics-campaign-parental-alienation-child-trafficking-2020-1

毎年20万人の日本人の子供たちがお母さんやお父さんを奪いました!

日本の子供たちは国の単一監護法の代償を払い、親の愛を逃します。