親の疎外-クレイジーメイキングの問題

リソースに関する一般情報:

言語: 英語

どんな内容ですか?

マサチューセッツ州ベンバージェスは、西ミシガン大学で心理学の学位を取得し、現在はカウンセリングとコンサルティングのためのファウンテンヒルセンターで心理学者を実践しています。 2006年以来、彼の主な焦点は、紛争の激しい離婚と別居を経験している個人と家族にサービスを提供することにありました。 個人および家族のカウンセリングに加えて、ベンは、個人、家族、および裁判所が情報に基づいた決定を下すのに役立つ、監護権および育児時間の評価、育児能力の評価などの包括的な評価を提供します。 心理テストを含むさまざまなツールを通じて、彼は人々が彼らの感情的な風景をよりよく理解し、障害を交渉するための戦略を特定するのを助けます。

彼は、親の疎外事件におけるクレイジーメイキングの問題と児童虐待の虚偽の申し立てについて話します。 疎外事件で発生する多くの直感に反する問題のために、1つの深刻な有害な結果は、「疎外している親との無意識の専門家の共謀」であり、それによって疎外を悪化させます。 疎外の専門家ではない人は、外傷の犠牲者である疎外された親が不十分に提示する可能性がある一方で、よく提示する疎外する親によって採用されるようになる可能性が特にあります。 この問題は誇張することはできません。

私たちは、メンタルヘルスの専門家が「恐怖、憎しみ、恐怖の気候」に貢献し、子供と疎外された親との関係に実質的な悪影響を及ぼし、子供の「拒否と善良で、愛情深く、安全な親との子育て時間への抵抗。」 インタビューは、2019年9月に米国フィラデルフィアで開催されたPASG 2019国際会議(親の疎外研究グループ)のロケ地で撮影されました。 このビデオは、アイスランドのEqual Parenting Rights Association(www.foreldrajafnretti.is)によって制作されています。

あなたが興味を持つかもしれない他のリソース

少年の遺容容疑の母、そのの育育育育所へ通わせず

大阪市で鈴木琉聖(りゅうせい)ちゃん(1)とみっち遺体がたた事件で、死体遺忘容疑で捕たたた母の無職鈴木玲奈(れな)容疑者(4)が3月になる、琉聖ちゃんを保育所に通わせ、私たた、関係者への取材でたた。 4月に育育かが急変してネグレクト(育子供ほど)状態ありたた性堅とみる。

続きを読む "
fmp-japan-olympics-campaign-parental-alienation-child-trafficking-2020-1

毎年20万人の日本人の子供たちがお母さんやお父さんを奪いました!

日本の子供たちは国の単一監護法の代償を払い、親の愛を逃します。