親子関連の州救済訴訟において地方裁判所で被告国を代表する弁護士

どんな内容ですか?

結論については、情報が入手できる範囲で判決に依存します。 係属中の事件に関しては、私は被告国の最新の提出に依存します。

訴訟について

概要

原告(TBD)は、国内関係規則事件手続法(家族手続法)により、両親および未成年の子供から分離されており、子育てに会い、参加することができません。 日本国憲法と国際条約に違反して、子育ての利益と権利が実現されなかったので、彼らはクラスを形成し、州の差し戻し訴訟で損害賠償を求めて数週間以内に政府を訴えることにしました。

訴訟の概要

法律の誤り

原告(TBD)は、仲裁、裁判所および保護措置の訴訟に関連する家族訴訟規則の以下の過失により損害賠償を被りました。

  1. 子供の利益の定義はなく、子供の利益に基づく決定ガイドラインもありません。 Suaの自発的な事実認定、手続きへのSuaの自発的なマイナーな参加の欠如、および未使用のマイナーな手続きの弁護士制度は、存在する唯一の法令です。
  2. 「継続性の原則」(法律ではない)を使用しているにもかかわらず、手続きには半年から1年以上かかります。迅速な手続きはありません。 Suaの自発的な聴聞会の日付設定は存在する唯一の法令です。
  3. 家庭裁判所の捜査官は、親権を持たない親の事実をほとんど調査しておらず、親権を持たない親が子供の利益を実現できる可能性を否定しています。 調査員によるスアの自発的な事実調査は、存在する唯一の彫像です。
  4. 未成年の子との調停・仲裁による離婚や離婚の際には、必要な養育費や面会が確保されていないため、仲裁事件は成功せず、子育ても実現しません。 調停第一の原則と調停への自発的な紹介は、存在する唯一の法令です。
  5. 調停および中間命令の前の処分に関する法令は存在するが、それらは監護権に関する処分の裁定事件では使用されていない。 調停前の中間命令および処分は、相続の場合にのみ使用されます。

憲法と条約の違反

上記の法律の誤りは、日本憲法の第13条(生命、自由、幸福の権利)、14(法の下の平等)、24(国内関係の平等、男女の基本的平等)、32(裁判を受ける権利)に違反している。 )、法の下の平等、裁判を受ける権利、人権および子どもの権利に関する条約における親と子の不可分性に関する彫像。 したがって、原告(TBD)の利益と子育ての権利は失われ、彼らは損害賠償を被った。 さらに、これらの過ちについて立法する義務があるにもかかわらず、国会は長い間立法を行わず、違法な立法の欠如を構成していた。

損害賠償請求

国会は、子育ての恩恵と権利、日本国憲法や国際条約などに違反する違法な立法の欠如を実現することになっていた。 この法律の欠如は、原告の子育ての利益と権利を侵害し、州に差し戻しの責任を負わせた。 したがって、原告(TBD)は損害賠償を求めています。

プランティフの弁護士

久高寛之弁護士(第一東京弁護士会、54892)

平田法律事務所(法曹株式会社)

東京都千代田区藤見1-2-271102-0071日本

ケース

訪問集団訴訟

判決には、被告の弁護士の名前は記載されていません。

共同親権訴訟

による被告の概要3 、弁護士は以下の通りです。

  1. 清衡正博
  2. 本村幸弘
  3. 服部文子
  4. 大野文恵
  5. 倉重竜介
  6. 志田知之
  7. 高橋あゆみ
  8. 三島大輔
  9. 山本耀司

子育て権集団訴訟

による被告の概要1 、弁護士は以下の通りです。

  1. 清衡正博
  2. 本村幸弘
  3. 服部文子
  4. 大野文恵
  5. 倉重竜介
  6. 志田知之
  7. 高橋あゆみ
  8. 三島大輔
  9. 山本耀司

親による子供の誘拐を終わらせるための集団訴訟

による被告の概要2 、弁護士は以下の通りです。

  1. 清衡正博
  2. 本村幸弘
  3. 服部文子
  4. 大野文恵
  5. 倉重竜介
  6. 志田知之
  7. 高橋あゆみ
  8. 三島大輔
  9. 山本耀司

自然な親子の権利集団訴訟

による被告の対応、弁護士は以下の通りです。

  1. 清衡正博
  2. 昌寛高橋
  3. 倉重竜介
  4. 志田知之
  5. 高橋あゆみ
  6. 三島大輔
  7. 山本耀司

無料訪問集団訴訟

による被告の対応、弁護士は以下の通りです。

  1. 本村幸弘
  2. 君塚千也子
  3. 緒方信周
  4. 波多野のりお
  5. 藤田直樹
  6. 西凜太郎
  7. 三島大輔
  8. 山本耀司

まとめ

公に入手可能なすべての情報源によると、すべての親子訴訟に関する被告の助言は同じです。 それらも同じ順序で表示されます。

  1. 清衡正博( 57等、15ページ):彼は次の場合に検察官でした。 彼は東京法務局訴訟課弁護士
    1. H16(wa)894バッテリー起訴事件
  2. 高橋正博:中国人との★外婚姻結婚の結婚研究彼は次の場合に政府を擁護した。
    1. 末29年(行コ)第1特許号特許料納付書図書館下特許取消特許特許事事件
    2. 平成29年(行ウ)特許3号特許料納付書図書館下特許取消重複事件
    3. 東京地方裁判所判決第二29年07月04日目黒税務署事申申告書の立申申申申告(税務申告(申号〜)267号被第順号)
  3. 本村幸弘( 62等):彼は以下の事件で検察官でした。 彼は東京法務局訴訟課弁護士
    1. H28(wa)66致命的な過失運転起訴事件
  4. 服部文子:次のような場合に政府を擁護しました。
    1. 東京地方裁判所判決H24 / 7/3法人税調整無効化訴訟
    2. H20(WA)975損害賠償請求事件
    3. H21(GYO U)28調整およびペナルティ申請無効化請求事件
    4. 新潟地方裁判所判決H24 / 1/26所得税調整通知無効請求事件
    5. 東京高等裁判所判決H23 / 10/19所得税調整通知無効請求控訴
    6. 東京高等裁判所判決H22 / 8/26調整無効化請求控訴
    7. 横浜地方裁判所判決H22 / 7/28、調整無効化請求事件(税務訴訟資料、第260巻、シーケンス番号11483)
    8. 横浜地方裁判所判決H22 / 7/28、調整無効化請求事件(税務訴訟資料、第260巻シーケンス番号11484)
    9. 横浜地方裁判所判決H22 / 7/28、調整無効化請求事件(税務訴訟資料、第260巻シーケンス番号11485)
    10. 横浜地方裁判所判決H22 / 7/28、調整無効化請求事件(税務訴訟資料、第260巻シーケンス番号11486)
    11. 横浜地方裁判所判決H22 / 7/28、調整無効化請求事件(税務訴訟資料、第260巻、シーケンス番号11487)
  5. 大野文恵:東京法務局法務担当官
  6. 倉重竜介( 62等):彼は裁判官として以下の事件を試みた。 彼は民事局弁護士法務省で。
    1. H22(WA)15843建築工事等の停止命令
    2. H21(WA)15670損害賠償請求事件
  7. 志田知之( 65等):彼は裁判官として以下の事件を試みた。 彼は民事局弁護士法務省で。
    1. H29(wa)187致命的なバッテリー起訴事件
    2. H28(wa)359致命的なバッテリーと道路違反起訴事件のルール
    3. H29(wa)221致命的な危険運転起訴事件
    4. H29(wa)311建物への不法侵入、窃盗、銃器、刀の所持管理法違反起訴事件
    5. H29(wa)355致命的なバッテリー起訴事件
    6. H28(YO)44トランザクション使用禁止等仮処分コマンド申立事件
    7. H28(wa)247殺人未遂および殺人未遂起訴事件
    8. H25(WA)822損害賠償請求事件
    9. H26(GYO U)23机養管理休不支給静止取消
    10. H26(GYO U)8未支給年等不支給決定取消不正事件
    11. H26(GYO U)5運転免許停止請求事件の取消
    12. H24(WA)486損害賠償請求事件
    13. H25(WA)34損害賠償請求事件
    14. H25(WA)801損害賠償請求事件
    15. H22(GYO U)13政務活動費
    16. H25(GYO U)28災害弔慰金不支給決定取消例外事件
    17. H25(GYO U)8環境内内活動許可取消重複事件
    18. H25(RE)46不当利得請求控訴
    19. H23(WA)1825賠償請求事件
  8. 高橋あゆみ( 66等):彼女は裁判官として以下の事件を試みた。 彼女は民事局弁護士法務省で。
    1. H25(WA)4212損害賠償請求事件
    2. H29(YO)45暴力団組局使用禁止等仮埋処分立事件
    3. H26(WA)12212損害賠償請求事件
    4. H26(WA)49損害賠償請求事件
  9. 三島大輔:法務省民事局民事法務管理者に報告する最初のユニットチーフ
  10. 山本雄二:法務省民事局民事法務管理者に報告する役員

結論

被告国の弁護士には、裁判官、検察官、地方検事としての経験を持つ人が含まれます。

あなたが興味を持つかもしれない他のリソース