诱拐未遂及相关事件的十年分析

有关资源的一般信息:

资源类型: 数据/情况说明书
涵盖的主题: 绑架儿童, 误导儿童
语: 英语

什么事啊

以下分析是针对孩子们不认识的个人十年来发生的事件(2005年1月1日至2014年12月31日)。 这些事件是NCMEC已知的并由执法部门确认,包括各种罪犯和儿童的互动,包括口头和非语言交流,身体接触(性或其他方式)和/或短期/远距离绑架和转义/释放。 更具体地说,这些事件包括有或没有已知性攻击成分的短期绑架,无绑架的性攻击,未遂绑架,in亵暴露和可疑事件。 出于这些分析的目的,仅在事件发生时未向执法人员报告儿童失踪并且仅是亲自发生的情况下才包括事件。不包括儿童的网上诱惑。 总体而言,调查结果基于9 872名儿童和9 027名罪犯,涉及8015起独特事件,其中大多数持续了几分钟或最多几个小时。 在这些事件中,出现了有关事件类型,事件发生时间和地点,犯罪者的方法以及儿童如何脱身的重要模式。

您可能感兴趣的其他资源

男児遗弃容疑の母,突然の育児放弃か保育所へ通わせず

大阪市で铃木琉圣(りゅうせい)ちゃん(1)とみられる遗体が见つかった事件で,死体遗弃容容ででされた母亲の无职铃木玲奈(れな)容疑者(24)が3月に突然,琉圣ちゃんを保育所に通わせなくなっていたことが,关系者への取材で分かった。それまでは健诊を受けさせるなど问题はなかった。遗体は低栄养状态で,府警は,3〜 4月に育児态度が急変してネグレクト(育児放弃)状态になった可能があるとみている。

阅读更多 ”

交际相手の5歳长女を逆さづり,浴槽の水に头つける…31歳の男「暴行30回くらいした」

同居する交际相手の长女(当时5歳)の両手両足を缚って逆さづりにし,头を浴槽の水につけたとして,大阪府警は10日,大阪市东成区中本,会社员末次一茂被告(31) )(别の暴行罪などで起诉)を暴行容疑などで康复などで。末次被告は容疑を大筋で认め,「ご饭をこぼすなどした时,殴ったり蹴ったりの暴行を过去に30回くらいした」とと供述しているという。

阅读更多 ”