車内 に 母子 4 遺体 、 無理 心中 か 福岡 ・ 田 川 市

리소스에 대한 일반 정보 :

항목은 다룹니다: 아동 학대
언어: 일본어

그것은 무엇에 관한 것입니까?

福岡 県 田 川 市 伊加利 の 駐 車場 に 止 ま っ て い た 乗用車 内 で 14 日夕 、 近 く に 住 む 無 職 の 女性 (37) と 、 女性 の 子 ど も 3 人 の 遺 日。 が 覙 つ か っ た。 福 県 警は い ず れ も 急性 一 酸化 炭素 (CO) 中毒 で 、 車内 に は 女性 の 遺書 の よ う な も の て 2 通 の ほ か 、 し ち り ん と 使用 済 み の 練 炭 が あ っ た。 県 警 は 、 女性 が 無し て い る。

県 警 に よ る と 、 子 ど も 3 人 は 小学 5 年 の 長女 (11) と 小 1 の 長 男 (7) 、 未 就学 の 次女 (2)。 遺書 と み ら れ る 書 き 置 き に は 、 子 育 て や 生活 へ の 不安 が 記 さ れ て いた。

長女 は 約 1 年前 か ら 、 仕事 で 東京 に い る 父親 の 元 で 生活 し て お り 、 約 2 週 間 前 か ら は 女性 宅 に 遊 び に 来 て い た と い う。

同居 す る 女性 の 母親 が 13 日 、 女性 が 使 っ て い る 車 が な い こ と に 気 づ き 、 14 日 に 車 を 発 見。 通行 人 を 通 じ て 14 日 午後 4 時 す に 110 番 し た。

車 が 見 つ か っ た 駐 車場 は JR 田 川 後 藤 寺 駅 か ら 南 東 に 約 2.7 キ ロ で 、 商業 施 設 が 並 ぶ 地域。

관심을 가질만한 기타 리소스

내 아이들 (납치 이야기)

아이들을 위해 만든 비디오와 일본과 그 국가가 후원하는 아동 납치 및 아동 학대에 대한 인식을 높이기 위해 제작했습니다. 자세한 내용과 납치범의 얼굴은 내 페이지를 참조하십시오.

더 읽기»

「橋本 崇 載」八段 イ ン タ ビ ュ ー 「な ぜ “連 れ 去 り”で 将 棋 を 引退 し た の か 、 全 て お 話 し ま す」

「連 れ 去 り」。 「実 子 誘拐」と も 呼 ば れ る 夫婦 間 で 起 き る こ の ト ラ ブ ル は 、 長 い 期間 、 日本 社会 で 置 き 去 り に 本 れ 洇 の 棋 の が 、 人 気 棋 去 りた こ と で 、 い ま に わ か に 大 き な 関心 を 集 め て い る。 プ ロ 棋士 と い う 輝 か し い 캐리 아오 수 방전 없음 「ば な ら な い ほ た ば か な ら い ほ い ど, 彼 を 追 い 込 ん だ い ど れ 去 り」라고합니다.

더 읽기»

「実 子 誘拐 ビ ジ ネ ス」の 闇 ハ ー グ 条約 を“殺 し た”人 権 派 弁 護士 た ち | 池 田良子

「実 子 誘拐」告 発 カ ン ペ ー ン 第 2 弾! な ぜ 日本 は 「子 ど も の 拉 致 国家」と 呼 ば れ て い る の か。 そ の 裏 に は 、 ハ ー グ 条 級 を “殺 し た”な ぜ 人 権 派 は 共同 養育 に 反 対 す る の か。 子 ど も の 権 利 を ど う 考 え て い る の か。 海外 の ケ ー ス だ け で は い。 国内 の も の か。 海外 の ケ ー ス だ け で は い。触 れ ら れ な か っ た 禁 断 の 扉 が つ い に 開 か れ る!

더 읽기»

交際 相 手 の 5 歳 長女 を 逆 さ づ り 、 浴槽 の 水 に 頭 つ け る… 31 歳 の 男 「暴行 30 回 く ら い し た」

同居 す る 交際 相 手 の 長女 (当時 5 歳) の 両 手 両 足 を 縛 っ て 逆 さ づ り に し 、 頭 を 浴 中 劽 の 水 に つ け た と し て 、 大 阡 庫 本 、 大 阡 庫 本 、 東 哂 市) (別 の 暴行 罪 な ど で 起訴) を 暴行 容 疑 な ど で 逮捕 し た。 末 次 被告 は 容 疑 を 大 筋 で 認 め 、 末 次 被告 は 容 疑 を 容 疑 を 末 ら し た め供述 し て い る と い う。

더 읽기»