連 れ 子 に 暴行 と わ い せ つ 行為 、 男 に 猶 予 判決 福岡 地 裁

Información general sobre el recurso:

Tópicos cubiertos: Abuso infantil
Idioma: japonés

¿De qué se trata?

同居 す る 女 児 に 対 す る 暴行 と 強制 わ い せ つ の 罪 に 問 わ れ た 30 代 の 男 =福岡 県= の 判決 公 判 が 24 日 、福岡 地 裁で あ っ た。 川口 洋 平 裁判 官 は 懲 役 3 年 保護 観 察 付 き 執行 猶 予 4 年 (求 刑 懲 3 年 6 カ 月) を 言 い 渡 し し た。 公 判 で 検 察 側 は繰 り 返 し て い た と 述 べ て い た。

判決 に よ る と 、 男 は 昨 年 11 月 9 日 昼 、 自 宅 で 妻 の 連 れ 子 で あ る 女 児 (当時 12) の 頭 を 数 回 殴 り 、 、 、 11 月 午前 0 時 ろ に

検 察 側 は 公 判 で, 男 が 女 児 の 部屋 に 監視 カ メ ラ を 設置 し, ピ ア ノ を 練習 し な い と 「や る べ き こ と を や ら な か っ た 罰」 と し て 一 晩 中正 座 を さ せ た り, 夕 食 を 白米 200 グ ラ ム の み に し た りし た ほ か 、 昨 年 4 月 ご ろ か ら は わ い せ つ 行為 も 繰 り 返 し て い た と 指摘 し て い た。

12 日 の 被告人 質問 で 、 川口 裁判 官 は 「言 う べ き か 迷 っ て い る」 と 切 り 出 す と 「私 自身 、 1 人 の 親 と し て 許 許 す こ と は で き い い真 剣 に 考 え て い る こ と は わ か っ た。 結論 を 悩 ん で い ま す 」と 異 例 の 説 諭 を し て い た。

判決 で 川口 裁判 官 は 「家庭 内 と い う 逃 げ 場 の な い 環境 で 相当 期間 に わ た り 、 な 児 童 に 加 え ら れ た 常 習 的 的 行 の 一 環 、 成 成指 弾。 一方 、 妻 が 男 の 監督 を 申 し 出 た こ と や 、 男 が 性 犯罪 者 対 象 の 門 的 処 遇 を け る 意思 を 示 し た こ と な ど ら 「と 述 べ た。 (角 詠 之)