13人の医师が证言虐待死をめぐる异例の裁判で父亲に有罪判决

有关资源的一般信息:

涵盖的主题: 离婚, 虐待儿童
语: 日本人

什么事啊

検察と弁护侧が真っ向から対立する裁判,判决の行方は・ ・ ・

(今西贵大被告)「虐待?そんなん绝対にしてないです。すごく爱情をかけて育てていたのにおまえがやったんやろうと言われるのはすごく悔しい。」 (今西被告)「布団の上で游んでいただけなんですよ。容体が急変したんでそのまま救急车を呼ん実。无実(の罪)をしっかり晴らしたいと思います。」

本身の洁白を诉えるものの,直后に再纠正され现在まで2年以上勾留されています。 问われているのは,2017年11月から12月,再婚した妻の子どもである长女(当时2歳)の头に何らかの暴行を加え死亡させたとする伤害致死。 左足のひざの下を骨折させたとする伤害。 そして,わいせつな行为をしたとする强制わいせつ致伤の3つの罪です。

2月に始まった裁判员裁判で,今西被告は“虐待をしたことなどありません。无実です”と指控内容を否认。

弁护侧は,「长女には心筋炎があり,それに伴い暴力以外の様々な原因で心肺停止した可能がある」と无罪を隶属。 一方検察は,「长女のけがは暴力以外によって生じることはない」と指摘しました。

争点は,长女の头や体のけがが暴力によって生じたものか,それとも病気や自然に生じたものなのか。 分の分野の専门医13人が证人として出廷しました。

长女は自宅で今西被告と2人でいる时に急変し,その后,死亡しました。今西被告は「布団の上で长女を抱えゴロゴロ転がる游びをしている途中で,长女が「うっ」と言った検察侧证人として出廷した脳神経外科医は「(长女の脳の症状は)家庭内の軽微な事故では生じないし,非常に强い回転性の外力でないと生じない」と指摘。一方,弁护侧の脳神経外科医は「长女は异常に出血しやすく,出血はその结果と思われる。外力で受伤した形迹もない。」として虐待とは断定できないと认定しました。

今西被告は长女が足を痛がっていたことに気付いて,当时の妻とともに何度も病院に连れて行き,3回目の诊察弁护侧の整形外科医は「乳幼児は軽い外伤で骨折しやすく,虐待かどうかをレントゲンで区别するそして强制わいせつ致伤に问われている伤は,検察侧の医师は「何らかの暴行によるもの」。弁护侧の医师は「にとんどの争点で意见が分かれたまま裁判は结审しました。

勾留されてかなり経ちますけど今は?「生活自体はしんどいですけど,刑务官の人たちに声をかけは助けられています」拦截から一贯して无実を诉えていますけど今も変わりないですか?「はい変わりません绝対にありえへんなって思う」そして裁判については・ ・ ・。「裁判员はわんでもわかる真剣に考えてくれていると思いました”判决に望むことは?“言わんでもわかると思うんですけど”无罪ということ?“それ以外ありえへんと思います。”

25日の判决では,それぞれの争点について由は分は。头部の伤については,「长女が心肺停止した原因は脳の深部を含む広范囲の脳受伤で,相当の强い外力がなければ生じ女いから,室内での転落転倒などの事故が原因とは考えられない。长女の容体が急変するまではごく短时间で,暴行を加えることができたのは,当时一绪にいた被告しか考えられ左足の骨折罪いては。左脚の骨折については。被告目目を离したすきにけがをしたなど暴行以外の原因で生じた疑いが残り,暴行で骨折させたと认めるには立证が不十分」として无罪。强制わいせつ致伤「いては,「常识的に考え自然に生じたものとは考えられない」として有罪。大阪地裁は,「被告が强い暴行を加え,死亡させたことは明らか」「自己の犯罪に向き合わず,反省は认められない」として今西被告に惩役12年を言い渡しました。

今西被告の弁护団は,脳损伤について「脳の中心部が外力で受伤したという证拠はない」。 强制わいせつ致伤についても「证拠はないと考えているが,そういうことをされたに违いないという思い込みが强く影响した可以は否定できない」などと判定を不服として控诉する倾向です。

异なる医师の意见を元に难しい判断を下すことになった异例の裁判は一つの节目を迎えました。 裁判员は判决后に会见に応じ,率直な心境を明かしました。 「(医学的な知识を)初歩的なところからお话ししていただいてわかりやすかった」という声がある一方,「丁宁に说明していただいたがそれでも难しかった」「难しすぎてすべて理解できたかというとできなかった」という感想もありました。 また,「医师によってこれだけ见解がずれるんだなと言う印象」「裁くのは非常に难しい」「家の中で起きたことは(事実の)発见が难しいんだなと思った」と,主罪医学的な证言を元に有罪・无罪を判断することへの困难さがにじんでいました。

您可能感兴趣的其他资源

男児遗弃容疑の母,突然の育児放弃か保育所へ通わせず

大阪市で铃木琉圣(りゅうせい)ちゃん(1)とみられる遗体が见つかった事件で,死体遗弃容容ででされた母亲の无职铃木玲奈(れな)容疑者(24)が3月に突然,琉圣ちゃんを保育所に通わせなくなっていたことが,关系者への取材で分かった。それまでは健诊を受けさせるなど问题はなかった。遗体は低栄养状态で,府警は,3〜 4月に育児态度が急変してネグレクト(育児放弃)状态になった可能があるとみている。

阅读更多 ”

交际相手の5歳长女を逆さづり,浴槽の水に头つける…31歳の男「暴行30回くらいした」

同居する交际相手の长女(当时5歳)の両手両足を缚って逆さづりにし,头を浴槽の水につけたとして,大阪府警は10日,大阪市东成区中本,会社员末次一茂被告(31) )(别の暴行罪などで起诉)を暴行容疑などで康复などで。末次被告は容疑を大筋で认め,「ご饭をこぼすなどした时,殴ったり蹴ったりの暴行を过去に30回くらいした」とと供述しているという。

阅读更多 ”