2019年の数字と傾向:行方不明の子供と国境を越えた家族の仲介者のためのホットラインから

リソースに関する一般情報:

どんな内容ですか?

毎年何千人もの子供たちが行方不明になります
虐待、暴力、怠慢のためのヨーロッパ、
紛争、そして貧困。 同等のものがないため
行方不明の子供に関するデータを知ることは困難です
問題の完全な範囲。 だから、
2014年、Missing ChildrenEuropeが収集しました
116000ホットラインからのデータを分析しました
行方不明の子供たちが行方不明の傾向を研究するために
子供の場合と原因を分析し、
子供の失踪の影響。
2019年、行方不明の子供に関連する55284件の電話
ヨーロッパ中のホットラインが回答しました
この調査に回答した人。 実際には、彼らは
を含む合計7582件のケースに取り組みました
以前の新しいケースと未解決のケース
年。 調査に回答したホットラインは少なかった
制限措置として、前年より
その間に取られたCOVID-19の広がり
データ収集のは彼らへのアクセスを制限しました
データベース。 これは、部分的に、衰退を説明しています
応答されたコール数の傾向。 もっとそして
より多くの子供と家族が私たちのメンバーに連絡します
チャットやアプリなどの他の手段を介して。
利用可能な行方不明の子供ホットラインのネットワーク
116000までの番号は現在アクティブです

ヨーロッパの31カ国。 23カ国のホットライン
(20のNGOと3つの政府機関)
このレポートにデータを提供し、34人の国境を越えた家族メディエーターが
国際的な親を解決する彼らの活動
誘拐事件。 行方不明の子供たちヨーロッパ
収集されたデータ:オーストリア、ベルギー、ブルガリア、
クロアチア、キプロス、チェコ共和国、フランス、ギリシャ、
ハンガリー、アイルランド、イタリア、リトアニア、ルクセンブルグ、
マルタ、ポーランド、ポルトガル、セルビア、スロベニア、
スウェーデン、スイス、オランダ、ユナイテッド
王国、そしてウクライナ。
ホットラインは一般的に私たちに与えることができますが
応答した通話に関する情報、詳細
カテゴリ、原因、に関連する特定のデータ
結果などは必ずしも収集されません。 このレポート
したがって、私たちが何をしているのかについての概要のみを示しています
知っていて、完全な範囲を示していません
ヨーロッパで行方不明の子供たちの問題。 それにもかかわらず、
私たちが持っている情報はそれなりに重要です
ヨーロッパ全体で唯一の年次データ収集
行方不明の子供たちに、そしてそれはにいくつかの洞察を与えます
子供が行方不明になる根本的な原因、
これは予防プログラムを構築するために重要です。
以下のすべてのグラフは、2019年のデータに関連しています。
特に指定しない限り。

あなたが興味を持つかもしれない他のリソース

少年の遺容容疑の母、そのの育育育育所へ通わせず

大阪市で鈴木琉聖(りゅうせい)ちゃん(1)とみっち遺体がたた事件で、死体遺忘容疑で捕たたた母の無職鈴木玲奈(れな)容疑者(4)が3月になる、琉聖ちゃんを保育所に通わせ、私たた、関係者への取材でたた。 4月に育育かが急変してネグレクト(育子供ほど)状態ありたた性堅とみる。

続きを読む "
fmp-japan-olympics-campaign-parental-alienation-child-trafficking-2020-1

毎年20万人の日本人の子供たちがお母さんやお父さんを奪いました!

日本の子供たちは国の単一監護法の代償を払い、親の愛を逃します。