Child Abductions Issue: How Japan’s debate on defining “Domestic Violence”, the loophole in enforcing the Hague Treaty, is heading in the wrong direction

General information about the resource:

Type of Resoure: Japan Resources
Language: English, Japanese

What is it about?

Hi Blog.  Here is a report from a Debito.org reader who translates how the debate on Domestic Violence in Japan (being cited as a reason to create loopholes in Japan’s enforcement of the upcoming signatory status with the Hague Treaty on Child Abductions) is being stretched to justify just about any negative behavior (including non-tactile acts) as “violent”.  And note how the checklist of “violent” acts below approaches the issue with the woman as perpetual victim and the man as perpetrator.  If accepted as the standard definition, imagine just how much further this will weaken the fathers’ position in any Japanese divorce negotiation.  Yet another example of how clueless Japanese social scientists are when dealing with issues of human rights.  Courtesy of Chris Savoie, used with permission.  Arudou Debito in Sapporo

////////////////////////////////////////

June 16, 2011

Here is my cut of a translation that is being circulated by an influential NGO in Japan as the standard for recognizing Domestic Violence (“DV”) in Japan. Thanks CJ for finding and posting this!

Note that these standards or substantially similar standards will likely be applied under the new Hague implementation law to deny access and/or return of children to foreign (and Japanese) parents who are victims of parental abduction to and within Japan. Similar standards are already applied in Japanese family courts at present.

The original URL is below and this was a rushed translation, so if someone can clean it up or correct it, please do. Please feel free to forward this to folks involved with Congressional approval if HR1940.

http://saya-saya.net/toujisha/checklist.html

Please note for the avoidance of doubt that I am very much for the protection of both males and females from legitimate partner abuse and certain forms of behavior (like slapping) on this list are SERIOUS infractions, represent CRIMINAL acts and are to be condemned in the STRONGEST possible terms. However, certain of the conduct described below is a given even in otherwise healthy relationships and to include such conduct alongside actual physical violence or serious verbal abuse dilutes the very necessary efforts needed to protect actual abuse victims and for this reason, such ridiculous crap science does more to endanger domestic violence victims than to help them. For these reasons, such a list is highly contemptible. Best, CJS

===============================

CITATION BEGINS

The DV Checklist

“He is kind of scary. Is this even a ’DV’?” “’DV’ I mean, I often hear the term, but I do not know specifically what ‘DV’ is!”…

Often we hear about DV in daily life. If you do too, try completing the following checklist.

We have published this checklist by Dr. Numazaki Ichirou. The survey was designed for men and women, but for sexual minorities, please complete the exercise according to one’s role in the relationship.

Checklist for Women

Please check any of these if you have experienced them:

He sulks if I deviate in any way from what he has requested of me.

He quickly blames me whenever something goes wrong.

When I go out alone, he calls my cell phone regularly.

He is reluctant to associate with my friends and parents.

He is angry if I come home late.

He says I am “stupid” or “incompetent”.

He cops an attitude so that I don’t refuse to comply with his whims.

I do not want him to be angry so I reluctantly listen to him.

I always try to wear clothes that he likes.

He has not problem pointing out my shortcomings in front of other people.

He ignores me when I want to talk with him.

Also complains vocally about my idiosyncrasies.

I am relieved when he is not around.

If I have a temper tantrum, he responds by hitting walls, or throwing objects.

I have been slapped by him.

After he hits me, he is quickly kind and gentle to me and apologizes.

In order not to offend him I have given up a lot.

He insists on sex without taking care of my needs.

Source: by Numazaki Ichirou “Why Do Men Choose Violence?”

========================

Checklist for Men

Please check any of these if you have experienced them:

I have yelled at her.

I wish that she would only have eyes for me.

Sometimes I don’t answer her when she wants to talk to me.

While speaking with her, I have stood up and got close to her.

She has thought that I made fun of her.

I think a woman should look up to her man.

I may have silently stared at her.

I am concerned when she is speaking with other men.

I have secretly checked her cell phone.

I have cheated on her.

I have told her “Don’t get smart with me.”

I may have lifted a hand to her.

I am annoyed when she talks back to me.

I have cussed at her.

I have called her a big mouth.

I feel restless if I am not with her all the time.

I feel hurt if she pushes back at me.

She incurred a debt for me without my permission.

Source: Dr. Numazaki Ichirou “Why Do men choose violence?”

According to Professor Numazaki, the producer of this list, a check mark next to even ONE item indicates a DV event. (For women who checked off one item, they have been a victim of DV and, for men, any checks indicate that that man was a perpetrator of DV.)

One of the items in the men’s list is “I wish that she would only have eyes for me.” One might question “How can ‘wishing’ or “thinking” something amount to violence?” Indeed, “just thinking” does not amount to violence. But if the thought “I think so” represents a strong belief, it is often followed by action. If one thinks “I want her only to have eyes for me” strongly, then the expression of power and domination (violence) is possible.

According to the results of a survey in 2008 by the Cabinet, “33,2% of married women over the age of 20 have been victims of DV.”

Defining DV:  http://saya-saya.net/dv.html

ENDS

///////////////////////////////////////

JAPANESE ORIGINAL:

http://saya-saya.net/toujisha/checklist.html

DVのチェックリスト

「なんだか彼といると恐い。でもこれって『DV』なの?」 「『DV』っていう言葉はよく聞くけど、具体的にどういうのが『DV』なのかわからない」・・・。

私たちが活動をしていく中でよく聞く声です。そんな場合は、下記の「チェックリスト」をやってみてください。

このチェックリストは、沼崎一郎教授によるチェックリストを掲載させていただきました。女性用、男性用となっていますが、セクシャルマイノリティの方は、それぞれの関係の中での役割に応じて、チェックリストをやってみてください。

女性用チェックリスト

あなたが体験したことのある項目に、○をつけてください。

□ 彼の注文に少しでも疑問を示すと、すぐに不機嫌になる。

□ うまくいかないことがあると、すぐに私のせいにする。

□ 私が1人で外出すると、しょっちゅう携帯に電話してくる。

□ 私が友人や両親と交際するのを嫌がる。

□ 私の帰宅が遅くなると怒る。

□ 私に「バカ」とか「能無し」とか言う。

□ いつも彼の機嫌をそこねないように気を配っている。

□ 彼に怒られるのがいやで、言うことを聞いてしまう。

□ ついつい彼好みの洋服を選んでしまう。

□ 人前でも平気で私の欠点を指摘する。

□ 彼と会話がしたくても、非難されたり、無視されたりする。

□ 私のちょっとしたしぐさにもうるさく文句を言う。

□ 彼がいないと、なぜかホッとする。

□ 癇癪を起すと、壁をなぐったり、物を投げたりする。

□ 彼に平手打ちにされたことがある。

□ 私をたたいた後は、急に優しくなり、私に謝ってくる。

□ 彼を怒らせないために、あきらめたことがいろいろある。

□ 彼は、私の気分などおかまいなしにセックスを求める。

出典:沼崎一郎著「男は何故暴力を選ぶのか」より転載。

チェックリスト結果について

男性用チェックリスト

あなたが体験したことのある項目に、○をつけてください。

□ 彼女に大声を上げたことがある。

□ 彼女には自分だけを見ていて欲しいと思う。

□ 彼女が話しかけても返事をしないことがある。

□ 話の最中、立ち上がって彼女に近づいたことがある。

□ 彼女にバカにされたと思ったことがある。

□ 女は男を立てるべきだと思っている。

□ 黙って彼女をにらんだことがある。

□ 彼女が他の男と話していると気になる。

□ 彼女の携帯をこっそりチェックしたことがある。

□ 浮気をしたことがある。

□ 彼女に「なまいき言うな」と言ったことがある。

□ 彼女に手を上げたことがある。

□ 彼女に何か言い返されると腹が立つ。

□ 彼女をののしったことがある。

□ 彼女は口うるさいと思ったことがある。

□ いつも彼女と一緒でないとイライラする。

□ 彼女に反発されると、とても傷つく。

□ 彼女に無断で借金をしたことがある。

出典:沼崎一郎著「男は何故暴力を選ぶのか」より転載。

チェックリスト結果について

チェックリストの結果

このリストの製作者である沼崎教授によると、上記のチェックリストのうち「一つでも」チェックのついた人はDVとなっています(女性用でチェックがついた方は、DVの被害をうけており、男性用でチェックがついた方はDVの加害をしていることとなります)。

男性用チェックリストの中に「彼女には自分だけを見ていて欲しいと思う」という項目があります。「『思う』だけなら暴力ではないのでは・・・?」と反論があるかもしれません。たしかに「思うだけ」では暴力にはならないでしょう。でも「そのように思う」という強い信念は、しばしば「行動」となって現れます。「彼女に自分だけを見ていて欲しい」と強く思うことが、彼女に対する力と支配の行使(暴力)となる可能性があります。

「20歳以上の既婚女性のうち、33,2%の女性がDVの被害を受けたことがある」という結果が、内閣府によるアンケート調査(2008年度)で出ています。

DVについて、もっと詳しく知りたい方は「DVとは?」をご覧ください。

Other resources that might interest you

Japan Resources

実録公開! 有名離婚弁護士”子の連れ去り指示”の現場

2021年10月10日 本会は、離婚を考えているある女性が、有名な悪徳離婚弁護士に相談に訪れた際のやり取りを、本サイト読者の方からの情報提供により入手しました。その内容を、以下の通り公開します。 Contents 1. 「別居すれば婚姻費用がもらえるよ」 2. 「子供を連れて黙って家を出るんだよ」 3. 「会えないのにお金出す馬鹿いる?」 4. 「どうして離婚したいのかをまだ聞いてない」 5. 「急いで別居、離婚までは長く」 6. 「賢い奥さんは別居するだけであとはほっとく」 7. 「子供をダシにして生きなきゃダメ」 8. 「調停の前は面会交流をブロックできない」 9. 「養育費の10%を5年分いただきます」 10. 「わざと階段から転げてみるとか」 「別居すれば婚姻費用がもらえるよ」 (20XX年X月X日、有名悪徳離婚弁護士の事務所にて) 弁護士:(相談者が書いた質問表を見ながら)離婚した後は、どういうふうにしていこうと?(※太字は弁護士の発言。以下同) 相談者:ちょっと、まだ……。(※細字は相談者の発言。以下同じ) 今住んでるところは賃貸? 賃貸です。 結婚期間が短いから、分けるものが何もないっていう離婚だよ。 そう思ってます。 離婚するときには、子供とお金に関することを決めるんだけど、子供の養育費はもらえます。これは裁判所で、お互いの年収でほぼ機械的に算出されるから。あなたの場合、慰謝料はないし、年金分割も微々たるもの。 もし離婚するってなったら、親権は私が取りたいんですけど。 彼、あんまり子育てしてないんじゃない? 仕事から帰ってくるのが遅くて。帰ると子供に構ってはくれるんですけど。

Read More »

Anatomy of a kidnapping

The Anatomy of a Kidnapping – from ABC Australian Radio Posted on January 1, 2013 by Brian Prager      Rate This The Anatomy of a Kidnapping is a radio documentary by ABC

Read More »