Resource Type: Legal Guidelines

Legal Guidelines

Parental Alienation – Third Party Alienation

Shawn Wygant, M.A., TLLP, is a highly skilled and dedicated forensic psychology associate and expert witness. He specializes in the diagnosis, assessment, and treatment of parental alienation as well as other complex forms of child psychological maltreatment. For the past 6 years, he has worked with Demosthenes Lorandos, Ph.D., J.D., on parental alienation cases throughout the United States as a forensic psychology associate and expert witness helping courts make the best possible decisions concerning the best interest of the child.

Learn More »
Knowledge Products

Parental Alienation – Evidence Based Science

Steven G. Miller talks about Parental Alienation: Among professionals who specialize in child alignment, it is well known that many aspects of parental alienation are highly counter-intuitive. Examples include how to distinguish alienation from estrangement, how to identify hybrid cases, and how to treat alienated children. Other examples abound.

Learn More »
Japan Resources

訴訟について

原告ら(予定)は、日本の家事事件手続法の不備より、自らの意に反し、親子が引き離され、 会えず、養育に関われません。憲法・条約等に違反して、家事事件手続を利用しても親子養育の利益・権利が実現しなかったため、 当事者が集団となり、近いうちに国を相手に損害賠償請求事件、いわゆる集団国賠を提起する予定です。

Learn More »
Japan Resources

父母の離婚後の子の養育に関する海外法制調査結果の概要令和2年4月 法務省民事局

本調査は,法務省において,離婚後の親権制度や子の養育の在り方について,外務省に依頼してG20を含む海外24か国の法制度や運用状況の基本的調査を行ったものである。 本調査では,各国の政府関係者等からの聞き取りや文献調査を基に,各国の離婚後の親権や子の養育の在り方に関する,主として制度面についての取りまとめを行った。もっとも,各国の法制度は様々であり,その法制度によっては直接回答することが困難な事項もあることから,本調査においては各調査事項について網羅的な回答を得られたものではない。  本調査は,法務省がこれまでに行った海外法制調査より対象国や調査事項を広げて行ったものであり,父母の離婚後の子の養育の在り方を検討するに当たって有用な情報を提供するものである。 1-1 離婚後の親権行使の態様[1]   印及びトルコでは単独親権のみが認められているが,その他の多くの国では単独親権だけでなく共同親権も認められている。 共同親権を認めている国の中では,①裁判所の判断等がない限り原則として共同親権とする国(伊,豪,独,フィリピン,仏等),②父母の協議により単独親権とすることもできるとする国(加ブリティッシュコロンビア州,スペイン等),③共同で親権を行使することはまれであるとされる国(インドネシア)の例がある。 なお,英及び南アフリカでは,父母のいずれもが,それぞれの親権を単独で行使することができる。 1-2

Learn More »
Data / Fact Sheet

父母の離婚後の子の養育に関する海外法制調査結果の公表について

 父母の離婚後の親権制度や子の養育の在り方について,当省が外務省に依頼して行っていた海外法制調査の取りまとめ結果と,結果の概要を公表いたします。
 本報告書は,主に以下の事項について,各国の政府関係者等からの聞き取りや文献調査を基に,各国の離婚後の親権や子の養育の在り方に関する,主として制度面について取りまとめたものです。
 ⑴ 各国の親権の内容及び父母の離婚後の親権行使又は監護の態様
  ア 父母の離婚後も共同で親権を行使することを許容する制度の有無
  イ アの制度が採用されている場合に,父母が共同して行使する親権の内容
  ウ 父母の離婚後の子の養育について,父母の意見が対立する場合の対応
 ⑵ 協議離婚(裁判所が関与しない離婚)の制度の有無
 ⑶ 子の養育の在り方について
  ア 父母の離婚時に子に対する面会交流又は子の養育費の支払について取決めをする法的義務の有無・内容
  イ 公的機関による面会交流又は子の養育費の支払についての支援の有 無・ 内容
  ウ 父母の離婚後に子を監護する親が転居をする場合の制限の有無・内容
 ⑷ 離婚後共同親権制度の下における困難事例
 ⑸ 嫡出でない子の親権の在り方

Learn More »
fmp-japan-olympics-campaign-parental-alienation-child-trafficking-2020-1

200,000 Japanese children robbed of their mom or dad each year!

Japanese children pay the price for the country’s single custody law and miss out on the love of a parent.