Resource Type: Lineamientos legales

Alienación parental: ciencia basada en evidencias

Steven G. Miller habla sobre la alienación parental: entre los profesionales que se especializan en la alineación infantil, es bien sabido que muchos aspectos de la alienación parental son muy contrarios a la intuición. Los ejemplos incluyen cómo distinguir la alienación del alejamiento, cómo identificar los casos híbridos y cómo tratar a los niños alienados. Abundan otros ejemplos.

Aprende más "

Alienación parental – Alienación de terceros

Shawn Wygant, MA, TLLP, es un asociado y testigo experto en psicología forense altamente capacitado y dedicado. Se especializa en el diagnóstico, la evaluación y el tratamiento de la alienación de los padres, así como de otras formas complejas de maltrato psicológico infantil. Durante los últimos 6 años, ha trabajado con Demóstenes Lorandos, Ph.D., JD, en casos de alienación parental en todo Estados Unidos como asociado de psicología forense y como testigo experto ayudando a los tribunales a tomar las mejores decisiones posibles sobre el interés superior del niño .

Aprende más "

Litigio de casos de sustracción internacional de menores en virtud de la Convención de La Haya

El propósito del primer Manual, publicado en 2007, era proporcionar a los abogados una hoja de ruta para litigar casos de sustracción internacional de menores. Desde la publicación del primer Manual, la Corte Suprema de los Estados Unidos emitió su primera opinión sobre la Convención de La Haya sobre los Aspectos Civiles de la Sustracción Internacional de Menores, y más partes han tratado de resolver los asuntos de la sustracción internacional a través de métodos alternativos, incluida la mediación. Este Manual actualizado no solo proporciona una comprensión general de la ley y sus desarrollos recientes, sino que también describe consideraciones prácticas para ayudar a los abogados a defender a sus clientes. Finalmente, plantea problemas y hace sugerencias para mejorar el impacto potencialmente negativo que estos procedimientos pueden tener en los niños involucrados en tales disputas.1 Como es evidente en este Manual, representar a un cliente en un asunto de sustracción internacional requiere un equilibrio de varias consideraciones.

Aprende más "

父母 の 離婚 後 の 子 の 養育 に 関 す る 海外 法制 調査 結果 の 公 表 に つ い て

父母 の 離婚 後 の 親 権 制度 や 子 の 養育 の 在 り 方 に つ い て , 当 省 が 外務 省 に 依 頼 し て 行 っ て い た 海外 法制 調査 の 取 り ま と め , と ,
本 報告 書 は, 主 に 以下 の 事項 に つ い て, 各国 の 政府 関係 者 等 か ら の 聞 き 取 り や 文献 調査 を 基 に, 各国 の 離婚 後 の 親 権 や 子 の 養育 の 在 り 方 に 関 す る, 主 と し て 制度 面 に つ い て 取 り ま と め た も の で す。
⑴ 各国 の 親 権 の 内容 及 び 父母 の 離婚 後 の 親 権 行使 又 は 監護 の 態 様
ア 父母 の 離婚 後 も 共同 で 親 権 を 行使 す る こ と を 許 容 す る 制度 の 有無
イ ア の 制度 が 採用 さ れ て い る 場合 に , 父母 が 共同 し て 行使 す る 親 権 の 内容
ウ 父母 の 離婚 後 の 子 の 養育 に つ い て , 父母 の 意見 が 対 立 す る 場合 の 対 応
⑵ 協議 離婚 (裁判 所 が 関 与 し な い 離婚) の 制度 の 有無
⑶ 子 の 養育 の 在 り 方 に つ い て
ア 父母 の 離婚 時 に 子 に 対 す る 面 会 交流 又 は 子 の 養育 費 の 支 払 に つ い て 取決 め を す る 法 的 義務 の 有無 ・ 内容
イ 公 的 機関 に よ る 面 会 交流 又 は 子 の 養育 費 の 支 払 に つ い て の 支援 の 有 無 ・ 内容
ウ 父母 の 離婚 後 に 子 を 監護 す る 親 が 転 居 を す る 場合 の 制 限 の 有無 ・ 内容
⑷ 離婚 後 共同 親 権 制度 の 下 に お け る 困難 事例
⑸ 嫡出 で な い 子 の 親 権 の 在 り 方

Aprende más "

訴訟 に つ い て

原告 ら (予 定) は 、 日本 の 家事 事件 手 続 法 の 不 備 よ り 、 自 ら の 意 に 反 し 、 親子 が 引 き 離 さ れ 、 会 え ず 、 養育 に 関 わ れ ま ・ ・利用 し て も 親子 養育 の 利益 ・ 権 利 が 実 現 し な か っ た た め 、 当事 者 が 集 団 と な り 、 近 い う ち に 国 を 相 手 手 損害 賠償 請求 事件 、 い わ わ

Aprende más "