フランスの日仏間戦略的パートナーシップ協定に子の拉致や共同親権問題の記載

General information about the resource:

Language: Japanese

What is it about?

フランス国会で2021年4月7日登録された日仏間戦略的パートナーシップ協定批准の報告書に、日本人による子の連れ去り、単独親権、面会交流について説明があり、日本国が国際法を遵守しておらず、深刻な違反があった場合はパートナーシップ協定の停止、およびEUと日本の間の他の二国間協定の停止など、適切な措置を行うと明記されています。

No.4049
国民議会 1958年10月4日の憲法
第15議会  2021年4月7日に国会の議長に登録されました。
欧州連合およびその加盟国と日本との間の戦略的パートナーシップ協定の批准を承認する。

以下、該当箇所(page.21-22)の原文と日本語訳(機械翻訳)です。

A. OBJECTIFS DE L’ACCORD ET VALEURS PARTAGÉES
De façon assez classique, l’article 1er de l’accord en énumère les principaux objectifs, parmi lesquels on trouve :
– le renforcement du partenariat global entre les parties via la coopération politique et sectorielle et le développement d’actions conjointes sur les questions présentant un intérêt commun ;
– l’apport d’un « fondement juridique durable » en vue du renforcement des coopérations bilatérales et au sein des organisations régionales et internationales ;
– la contribution commune à la paix et à la stabilité internationales, en conformité avec les principes de justice et de droit international ;
– la contribution à la promotion de valeurs et principes communs, à commencer par la démocratie, l’état de droit, les droits de l’homme et les libertés fondamentales.
Ces valeurs fondamentales sont réaffirmées à l’article 2, qui prévoit notamment que les parties contribuent à leur promotion dans les enceintes internationales.

A. 協定の目的と共通の価値観
本契約の第1条には、かなり標準的な方法で主な目的が記載されています。
– 政治的・分野的な協力や、共通の関心事に関する共同行動の展開を通じて、両当事者間の全体的なパートナーシップを強化すること。
– 二国間協力および地域・国際機関における協力を強化するための「永続的な法的基盤」の提供
– 正義と国際法の原則に基づき、国際的な平和と安定に共同で貢献すること。
– 民主主義、法の支配、人権、基本的自由をはじめとする共通の価値観や原則の推進に貢献すること。
これらの基本的価値は第2条で再確認されており、特に、締約国は国際的な場での推進に貢献することが規定されています。

Sur ce point, il est important de souligner que l’accord de partenariat stratégique devra aussi apporter un cadre pour aborder d’éventuels points sensibles, parmi lesquels on trouve la question du statut des enfants binationaux qui peuvent se voir privés de leur parent européen en cas de séparation. Si cette situation vaut pour les parents japonais comme pour les parents étrangers (1) et s’explique par le droit national, qui ne reconnaît ni le droit de visite ni le partage de l’autorité parentale – au profit du maintien de la famille en tant que cellule unique – elle n’a pas évolué malgré la signature par le Japon dès 1994 de la convention de New-York sur le droit des enfants et plus récemment, en 2014, de la convention de La Haye sur les enlèvements internationaux d’enfants. Une résolution a été adoptée par le Parlement européen en juillet 2020 « sur l’enlèvement parental international et national d’enfants de l’Union européenne au Japon (2) ». L’Union européenne s’est engagée à réaliser un suivi du nombre de cas non résolus et à mettre à profit le partenariat stratégique avec le Japon pour obtenir des avancées sur ce sujet. Afin de garantir le droit parental de chaque individu et de préserver l’intérêt supérieur de l’enfant à entretenir des relations avec ses deux parents, le Japon doit se conformer aux règles internationales en cas d’enlèvement d’enfant et doit garantir un droit de visite du parent étranger et de partage de l’autorité parentale.

この点については、戦略的パートナーシップ協定が、別居の際に欧州の親を奪われる可能性のある二国間の子供の地位の問題など、デリケートな問題に対処するための枠組みを提供することも重要であると強調したい。このような状況は日本人と外国人の両方の親に当てはまり(1)、面会交流権も共同親権も認めず、家族を単一のユニットとして維持することを優先する国内法によって説明されているが、日本は早くも1994年に「子どもの権利に関するニューヨーク条約」に署名し、最近では2014年に「国際的な子の奪取に関するハーグ条約」に署名したにもかかわらず、この状況は変わっていない。2020年7月に欧州議会で「欧州連合から日本への国際的および国内的な親による子の奪取に関する決議(2)」が採択された。欧州連合は、未解決のケースの数を監視し、日本との戦略的パートナーシップを活用してこの問題を進展させることを約束した。各個人の親権を保証し、両方の親との関係を維持するという子どもの最善の利益を守るために、日本は子の奪取の場合の国際ルールを遵守し、外国人の親の面会権と親権の共有を保証しなければならない。

Le respect des droits de l’Homme, au même titre que la lutte contre la prolifération des armes de destruction massive (article 5), est considéré comme un « élément essentiel », dont la « violation particulièrement grave et substantielle » (article 43) pourrait mener à la suspension de l’accord ou à la mise en oeuvre d’autres mesures appropriées en conformité avec le droit international, telles que la suspension d’autres accords bilatéraux entre l’UE et le Japon.

人権の尊重、および大量破壊兵器の拡散防止(第5条)は「必須要素」とされており、「特に深刻かつ実質的な違反」(第43条)があった場合には、協定の停止、またはEUと日本の間の他の二国間協定の停止など、国際法に従った他の適切な措置の実施につながる可能性がある

参考文献

(1) Entre 100 et 200 000 parents japonais seraient concernés chaque année ainsi que des centaines de parents étrangers, dont des Français dont le nombre est estimé entre 30 et 300.
日本の親は年間100〜20万人、外国の親は数100人、その中にはフランスの親も30〜300人いると言われています
https://www.lemonde.fr/international/article/2020/01/17/le-drame-des-parents-separes-de-leurs-enfants-au-c-ur-d-un-proces-au-japon_6026155_3210.html

(2) https://www.europarl.europa.eu/doceo/document/B-9-2020-0205_FR.html Cette résolution a été précédée de quelques mois par l’adoption au Sénat de la proposition de résolution de Richard Yung et plusieurs de ses collègues relative aux enfants franco-japonais privés de tout lien avec leur parent français à la suite d’un enlèvement parental (5 février 2020).
この決議に先立ち、上院では、親による拉致後にフランス人の親とのすべての関係を奪われた日仏の子供に関するリチャード・ユン氏と同僚数名による決議案の動議が採択された(2020年2月5日)

Other resources that might interest you

Books

実子誘拐ビジネスの闇 単行本(ソフトカバー)

【告発ノンフィクション】自主規制か、圧力か。NHKでも「放送禁止」となった最大のタブー ルールはひとつ相手より先に我が子を誘拐すること 「パパ、手をにぎってて」 父親はなぜ2歳の娘の手を離さなければならなかったのか。「DV」というレッテルを貼られた父親の10年におよぶ死闘の記録と、家族を壊す人権派弁護士たちの正体を暴く! 《目次》第一章 世にもおそろしい実子誘拐の真実第二章 父親への集団リンチと人格破壊第三章 ハーグ条約を“殺した” 人権派弁護士第四章 「片親疎外」という児童洗脳第五章 家族を壊す日弁連という危険分子第六章 DVシェルターという名の拉致監禁施設第七章 “敵”がたくらむ全体主義社会

Read More »
Books

実子誘拐 – 「子供の連れ去り問題」――日本は世界から拉致大国と呼ばれている – (ワニプラス) 単行本(ソフトカバー)

ある日、突然、配偶者が我が子を連れ家を出る。残されたほうの親は茫然としながら、必死にその行方を捜す。やがて、弁護士から連絡があり、配偶者はDVを受けていたことから離婚を望んでいる、と告げられる。その後は、配偶者と直接話し合うことも、子どもに会うこともできない。こんな「子供の連れ去り問題」が社会問題化しています。数年前からこの問題に取り組んできた、ホワイトプロパガンダ漫画家はすみとしこのマンガと識者・関係者たちの文章、そして資料により、世界から非難を浴びるこの重大な人権問題の実情と構図、背景を、白日の下にさらす。執筆者(掲載順)上野 晃(弁護士)、はすみとしこ(ホワイトプロパガンダ漫画家)、ケント・ギルバート(米国カリフォルニア州弁護士)、エドワーズ博美(メリーランド大学講師)、杉山程彦(弁護士)、中野浩和(弁護士・弁理士)、石垣秀之(臨床心理士)、古賀礼子(弁護士)、藤木俊一(テキサス親父日本事務局長)、ポール・トゥジャー(フランスの当事者団体Sauvons Nos Enfants Japan代表)

Read More »
Books

共同親権が日本を救う ~離婚後単独親権と実子誘拐の闇 単行本(ソフトカバー)

愛する家族と交流できる“当たり前の社会”を目指して 毎年約12万人の親が親権をはく奪され、その多くが子と生き別れになるという、世界に類を見ないガラパゴス社会・日本——。なぜ自分の子どもに会うことすらできないのか。離婚後の養育の在り方や現行制度の課題を提言。 第1章 単独親権制度の何が問題なのか第2章 法学から見た婚姻外共同親権vs単独親権第3章 共同親権の歴史と海外からの非難の大合唱第4章 生物学・心理学的エビデンス第5章 養育費と子どもの貧困問題第6章 婚姻費用 ~ もう一つの諸悪の根源~第7章 日本社会が目指すべき姿

Read More »
fmp-japan-olympics-campaign-parental-alienation-child-trafficking-2020-1

200,000 Japanese children robbed of their mom or dad each year!

Japanese children pay the price for the country’s single custody law and miss out on the love of a parent.