What About Me? COPING WITH THE ABDUCTION OF A BROTHER OR SISTER

General information about the resource:

Topics covered: Child Abduction

What is it about?

Each year, there are more than 58,000 non-family abductions and more than 1 million children are reported missing. This is a staggering number, but it doesn’t include the other young victims—the sisters and brothers of those who have been abducted. These overlooked children suffer the loss of their sibling. Their lives are turned asunder, and family patterns are irrevocably changed. This publication is the effort of those who have lived the nightmare of losing a sister or brother. Eight siblings joined with the Office of Justice Programs to write this guide. During its creation, these siblings spoke eloquently and from their hearts about the need for a resource for left-behind children whose needs are often overlooked. At the time of the abduction, these siblings said they felt isolated and overwhelmed by their emotions. They rarely found the support they needed to deal with the gaping loss they faced. Their determination to prevent other young people from experiencing this trauma is to be applauded. In every page of this guide, their compassion shines through.

Other resources that might interest you

Japan Resources

夫の連れ子、重体に…虐待の継母に懲役6年 友人の忠告、聞かずに暴行 子は生涯にわたり回復困難/地裁

草加市の自宅で2017年9月、長男の背中を突き飛ばし重体となるけがを負わせたとして、暴行と傷害の罪に問われた母親の無職高橋冴季被告(27)の判決公判が25日、さいたま地裁で開かれ、一場修子裁判長は懲役6年(求刑・懲役9年)を言い渡した。

Read More »
Japan Resources

「ママ、苦しい…」 3歳児にかかと落とし、ガラス棚に投げ飛ばし 「人生に悔いなし…」と語る20歳男の鬼畜の所業

身長195センチ、体重120キロの大男は、身長98センチの幼子に執拗(しつよう)に暴行を加え続けた。東京都大田区のマンションで新井礼人(あやと)ちゃん(3)が死亡した事件。母親(22)の交際相手の暴力団組員、永富直也容疑者(20)=傷害容疑で逮捕=は「ガンをつけたので頭に来た」などとあまりに幼稚な動機を口にした。かかと落とし、平手打ち、投げ飛ばし…。耳から血を流し、「ママ、苦しい」とつぶやいた礼人ちゃん。だが、救助は呼ばれず、幼い命はそのまま消えた。

Read More »
Japan Resources

大田区の3歳女児死亡 母親自身も両親からネグレクトされていた 止められなかった虐待の連鎖

東京都大田区蒲田の自宅マンションに長女を8日間置き去りにして死亡させたとして、保護責任者遺棄致死の疑いで母親の梯(かけはし)沙希容疑者(24)が警視庁に逮捕された事件は、育児放棄の末、幼い命が奪われた。亡くなった稀華(のあ)ちゃん(3)は部屋に一人っきりで、母が帰ってくるのを待ち続けていたとみられる。

Read More »
Japan Resources

「私の暴行でない」4歳児虐待死、母親が起訴内容否認

2017年のクリスマスイブに大阪府箕面市の集合住宅で当時4歳の長男に暴行を加えて死亡させたとして、傷害致死罪などに問われた母親の筒井麻衣被告(28)に対する裁判員裁判の初公判が15日午前、大阪地裁(大寄淳(おおよりじゅん)裁判長)で始まった。筒井被告は「私自身の暴行によって生じたものではありません」として起訴内容を否認した。

Read More »
Japan Resources

児童虐待~連鎖の軛 第4部(1)目黒5歳児死亡 見逃された母のDV被害

平成30年、東京都目黒区で長女の船戸結愛(ゆあ)ちゃん=当時(5)=を死なせたとして保護責任者遺棄致死罪に問われた優里(ゆり)受刑者(28)だ。事件では「おねがい ゆるして」と記された結愛ちゃんのノートが見つかり、「母親なのに子供を守らなかった」といった糾弾する声が相次いだ。

Read More »