Japan Childhood poverty rates

LOS ANGELES – With the percentage of children living below the poverty line in both Japan and the United States at an all-time high, the implications for schools are unavoidable. […]

Saving children from poverty

People may be shocked to hear that nearly one out of every six children in Japan live in poverty. An outline of programs to combat child poverty, which the Abe […]

Child poverty in Japan

Children in poor households tend to get limited educational opportunities, which reduces their chance of getting decent jobs and raises the prospect of them living in poverty in the future. […]

父母の離婚後の子の養育に関する海外法制調査結果の公表について

父母の離婚後の子の養育に関する海外法制について 離婚後の親権制度について,我が国の民法では,単独親権制度が採用されているが,その在り方をめぐっては,関係各方面から様々な意見が寄せられているほか,平成23年に成立した「民法等の一部を改正する法律」の附帯決議では,離婚後の親権制度の在り方について検討すべきものとされている。さらに,上記附帯決議においては,離婚後の親権制度と関連する問題である離婚後の子の養育の在り方につき,離婚後の面会交流の継続的な履行を確保するための方策等について検討すべきものとされている。  そこで,法務省においては,このような状況を踏まえ,離婚後の親権制度や子の養育の在り方について,外務省に依頼してG20を含む海外24か国の法制度や運用状況の基本的調査を行った。  本報告書は,主として下記の事項について,各国の政府関係者等からの聞き取りや文献調査を基に,各国の離婚後の親権や子の養育の在り方に関する,主として制度面について取りまとめたものである。もっとも,各国の法制度は様々であり,その法制度によっては下記の事項に直接回答することが困難な場合もあることから,下記の事項の全てについて対象国から網羅的な回答が得られたわけではない。 本調査は,法務省がこれまでに行った海外法制調査より対象国や調査事項を広げて行ったものであり,父母の離婚後の子の養育の在り方を検討するに当たって有用な情報を提供するものである。記 各国の親権の内容及び父母の離婚後の親権行使又は監護の態様ア 父母の離婚後も共同で親権を行使することを許容する制度の有無 アの制度が採用されている場合に,父母が共同して行使する親権の内容 父母の離婚後の子の養育について,父母の意見が対立する場合の対応 協議離婚(裁判所が関与しない離婚)の制度の有無 子の養育の在り方について   ア 父母の離婚時に子に対する面会交流又は子の養育費の支払について取決めをする法的義務の有無・内容イ 公的機関による面会交流又は子の養育費の支払についての支援の有無・内容 ウ 父母の離婚後に子を監護する親が転居をする場合の制限の有無・内容 離婚後共同親権制度の下における困難事例 嫡出でない子の親権の在り方 以上令和2年4月 法務省民事局目  次 【北米】 …………………………………………………………………………………………………………………. 3 第1 アメリカ(ニューヨーク州) ……………………………………………………………………….. 3 第2 […]