日本の
実子誘拐の現状

シェアする

300万人にも及ぶ日本の子供たちは、腐敗した親権制度によって、 親の愛を与えられずにいます。

国際オリンピック委員会、そのスポンサー、そして政府指導者たちに、日本の子供たちの権利のために今立ち向かうようにメッセージを送りましょう。 請願書に署名をお願いします!

毎年推定15万人から20万人の日本の子供たちが、親と連絡手段を奪われています。 1991年以降、親と接触を奪われた子供たちは計300万人にも上り、これは日本の子ども全体の20%に当たります。 日本人と外国人の間に生まれた子供たちが、親によって国外へ連れ去られている問題は、今までに多数のメディアで取り上げられていますが、親によって連れ去られた300万人の子供たちの大多数は、両親が日本人の子供達です。

これらの子供たちは日本の腐敗した親権制度の犠牲者なのです。子供の親達は、子供を誘拐するよう助言され、弁護士は単独親権制度から恩恵(大金)を受けています。裁判官にいたっては片親が子供の人生からいなくなっても子供には一切の影響を受けないと主張しているのです。 日本の弁護士らは当然のことながら、単独親権制度に異議を唱えません。 単独親権制度によって稼げる大金のチャンスを失うからです。

よって、現在の日本の親権制度によって苦しむのは子供達なのです。 この今の日本の現状が子供達に与える心理的、社会経済的影響は深刻であり、子供達の今後の人生に一生影響します。

日本の単独親権制度は、日本の子どもの基本的人権を侵害しており、子どもの最善の利益に反しています。 司法関係者が、無実の子供たちの苦しみから経済的に利益を得ることは、決してあってはいけません。

「子供たちと会えなても、一生懸命働いて、養育費を送ることで ”かっこいいパパ” でいられますよ。 子供を貧困から救えるんですから。 もっと養育費を払えば、子供が成長した時、あなたのことを頼ってきますよ。 そうして、子供と一緒続けられる関係を築けばいいんです。」

子を連れ去られた父親が、人権派弁護士としてよく知られているある著名な弁護士から受けたアドバイス。

日本で親から引き離された子供たち

3,000,000 +

日本の子供のおよそ2割が親との接触を奪われました。

56%

ひとり親家庭の子どもの貧困率

499+

2020年に自殺で亡くなった子供の数

2,172

児童虐待の未成年者の犠牲者

右側は海瑠カイル(12歳)、左側は紫晶シアル(7歳)で、2020/2/13から分離。 Twitterを通じてFMPに提出。
綾乃は生後わずか3ヶ月で母乳育児を続けており、弟の戸和は2歳で母親との接触をすべて失った。 彼らの母親、エミは、夫の弁護士から、彼女が彼に監護権を与えた場合(日本では片方の親だけが監護権を取得することを思い出してください)、彼女はまだ彼女の子供たちを見ることができると約束されました。 綾乃と東和は、母親に会うことに興味を示したにもかかわらず、母親なしで成長することを余儀なくされた。 警察は、遠方からの野外学校行事で東和を見たとして、恵美に嫌がらせをしたことさえある。 ここで彼らの話をもっと読んだり、彼女のポッドキャストを聞いたりすることができます。

単独親権制度

両親が同意しない限り、日本では共同親権は認められていません。 したがって離婚後、ほぼ全てのケースにおいて、一方の親は親権を持ち、もう一方の親は親権を持つ親の同意がない限り子供と会うことが出来ません。

親権を持つことが出来なかった親(80%の確率で父親)は、子供と連絡を取ったり、会う権利がありません。 親権を持つことが出来なかった親が、子供と二度と会えなくなることは珍しいことではなくなってしまいました。 親権のある親は、育児に関する決定権も持ち、共同親権に同意することも出来ますが、強制はされません。 これにより、親権のある親がもう一方の親を子供の人生から完全に消し去ることが非常に簡単に出来るのです。 そして、裁判所が動くこともありません。

実際、シングルマザーと一緒に暮らす子供のうち、父親と接触している子供達は、たったの31%に過ぎず、シングルファーザーと一緒に暮らす子供の48%が母親との接触ができているという数字があります。 そして、それは単に「接触」であり、面会の頻度を測定するものではありません。子供が親権を持たない片親と会う機会は、最低限に抑えられることが親権を持つ親によって可能なのです。

日本の家庭裁判所では、現在の環境や家に留まることが子供にとって最善であると考えていますが、それは大きな間違いです。 家庭裁判所は、子供達が両方の親に会えることの重要性をまったく考慮していません。 父親は離婚後に家を出ることが多く、母親は家にとどまるため、母親が親権を与えられることがほとんどです。

この問題は、ただ親権を得るだけで終わりません。 日本の法制度の下では、親権を持たない親でも子に関するその他様々な権利を失うことになります。 つまり、子供の診療録や、学校関連の情報へのアクセスはもちろん、教育や進路といった意思決定にも携わることが出来ません。また、自分の子が新しい家族に養子に出されても意義を唱える事ができないのです! これは、別居中の夫婦の間にも起きています。

法律専門家たちは、単独親権制度の下で発生するより多額の養育費の支払いから利益を得ているため、実子誘拐に拍車をかけています。 子供が20歳になるまで、弁護士は養育費の最大30%を受け取ることができます。日本の単独親権制度により、弁護士らは子を連れ去られた親から多額の恩恵を受ける事ができるのです。

単独親権と貧困問題

日本の親権制度と子どもの貧困の間には強いつながりがあります。 日本では、ひとり親家庭に住む子どもの半数以上が貧困生活を送っています。 これは、世界の先進国の中でも最も高い比率です。 世界で生活費用が高い国でも知られている日本で、ひとり親世帯では、月およそ10万円の収入で生活しています。 子供が貧困の中で生きることはどういったことを意味するのでしょうか。 それは、子供たちが十分に食べることができず、必要なときに医者に行くことができず、家族を養うために働かざるを得ず、優れた学業支援を受けることが出来ないことなどを意味します。そうして子供達はいつまでも貧困から抜け出せないのです。

世界第3位の経済大国であり、途上国への支援金も高い国であるのにも関わらず、どうして子どもたちがこのような恐ろしい環境で育つことを許しているのだろうか。

裁判所が彼の要求を受け入れないという理由で自殺を試みた父親がいます。 彼は、裁判所が妻側の味方に立っているという妄想に苦しんでいました。 「必死になって裁判所から飛び降られたら迷惑だ。 掃除が面倒なので、外でやってくれ。 裁判所の外でやってくれる分には構わないから、好きな場所でやってくれ。」

子を連れ去られた父親の自殺未遂に対するとある裁判官の言葉。

鈴木 あけお まさ子さん(53)は、息子さん(16)が生まれたカナダで共同親権を持っていました。 日本人の夫との離婚後、日本でも共同親権を持っていました。 しかし、東京家庭裁判所は、元夫のみに単独親権を与えるように変更の判決を下したのです。 彼女の息子さんは11歳のときに父親にカナダから日本に誘拐されました。 その後、彼は行方不明になってしまいました。 まさ子さんは、なんとか息子さんと過去8年間でたったの2回会う事ができました。 2009年10月に息子さんの学校に彼を訪ねた後、彼は姿を消してしまいました。 東京高等裁判所で面会権を否定された彼女は、最高裁判所に上訴しました。 彼女は2009年6月にLeftBehind Parents Japanを設立し、世界中の子供の連れ去り被害の会った親を積極的にサポートしています。 まさ子さんは、息子との再会を目指して人生の大半の時間を費やしていましたが、2019年にお亡くなりになりました。 クレジット:cargocollective.com
横田あきおさん(37)は、2010年11月に妻が子供を連れ去ってから6か月間息子と連絡が取れずにいました。 横田さんは妻からDV(ドメスティック・バイオレンス)を訴えられましたが、横田さんはこれを全面的に否定していました。 横田さんは、息子さんとの半年間の別居中に、うつ病、偏執病、自殺願望などの症状に苦しんでいました。 現在、彼はもうすぐ2歳になる息子さんに、月にたった1時間会うことを許可されています。 補遺:横田さんは、この写真が撮られてから約4か月後の9月12日に自らの命を絶ちました。 クレジット:cargocollective.com

「まず子供の親権を子供の父親から勝ち取るためにしなければいけないことは、子供と一緒に家を出ることです。」

ローカル情報誌で紹介された、実際にあった弁護士から母親へのアドバイス。​

吉田まさひろさんは、2008年のある日、仕事で家をあけている間、元配偶者の女性が当時2歳の娘と突然姿を消しました。 その後、その女性が吉田さんから家庭内暴力を振るわれたと主張しました。 娘さんが近くに住んでいたにもかかわらず、裁判所はこれらの主張の信憑性について調査を行いませんでした。 彼は2年間、娘にずっと会うことが出来なかったため、親権を失ってしまいました。 和解の期間の後、彼は再び彼の娘へのアクセスを拒否されました。 吉田さんが娘さんを保育園から連れ出そうとしたとき、誘拐の罪で逮捕され、23日間拘束されました。 吉田さんは過去4年半の間に娘さんにほんの数回しか会っていません。 補遺:吉田さんは娘さんの誘拐の容疑で 現在、松山刑務所に収容されており、裁判の日を待っています。 クレジット:cargocollective.com

学業

片親なしで育つことの影響は、家の中だけではなく、学業にも影響を与え、それは一生ついて回ります。 ある研究によると、シングルマザーの子供は、既婚の母親と一緒に暮らす子供よりも学校での成績が著しく悪かったという研究結果があります。

シングルマザーは既婚の母親よりも収入が少ない傾向にあり、したがって質の高い学校や塾に通わせる余裕がないからです。 また、親権を持たない親が子育ての権利を与えられない国では、親権を持たない親に養育費を請求することは困難になります。 結果、子供が学業に遅れをとっているのです。

このような教育の不平等は、日本の子供達がいずれ就職するにつれて、どのような影響を与えるでしょうか。

幸福と健康

学業と同様に、ひとり親家庭の子供たちの幸福度と健康は悪化しています。 これは学術研究に参加し、子供の健康状態を報告するように要請されたシングルマザーたちによって裏付けられました。

シングルマザーが抱えるストレスは、幸福度、自己評価による健康度、精神的安定度を著しく低下させます。 これによって、子育てに影響を与え、子供達の精神に悪影響を与えることにつながりかねません。 シングルマザーたちは、子供を養うために長時間働かなければならず、日本の労働文化の厳しさを考えると、一日の大半の時間、家を空けなければなりません。 これは、子供たちが一人で暗い家に残されることを意味します。両親なしで、両親の愛なしで。

児童虐待

2020年、日本は恐ろしい新しい記録を残しました。それは、虐待を受けた子供達の数です。 これは報告された児童の数にすぎません。 2020年だけで2,172人の児童が被害にあっており、児童相談所が対応した数は2019年より21%も増えました。 これは、日本政府が最も助けを必要としている子供達の保護ができていないことを意味します。

虐待の加害者は、実の親、義理の親、養父母のいずれかであるケースがほとんどです。 子供が両親二人との接触が可能であれば、片親が子供を通してもう一方の親の言動を把握する事ができますが、単独親権制度がこれを遮断してしまいます。 もし子供が双方の親と接触が可能であれば、虐待の可能性を減らすことができるでしょう。 片方の親が子供の親権を持っている場合、子供は助けを求めることができる人さえも限られてしまいます。

親と子の面会交流というものは、大して重要なことではない。

かつて東京高等裁判所が下した判決。

近藤ただつぐさん(45)は、妻が2011年3月に2人の娘(7歳と8歳)と5歳の息子を連れ去って来、3人の子供達に会えないままです。 彼は現在、親権をめぐり、現在も戦っています。 妻は、ただつぐさんと彼が心から愛する子供たちとの関係は良好と考えているものの、一方的にタダツグさんとの面会を拒否し、離婚を求めています。 クレジット:cargocollective.com
山中ゆかさん(37)は2007年にアメリカ人夫と離婚しました。 結婚以来、ゆかさんがが子供達を誘拐するのではないかと恐れており、元配偶者の男性は9歳と13歳の息子の日本での面会をずっと拒否しています。 ゆかさんのケースは、ハーグ条約によって恩恵を受ける事ができる数少ないケースの一つです。

親権が関わる場合、離婚弁護士らの間に共通したコンセンサスがあります。それは、まず自分のクライアントに子供を保護させることです。

日本弁護士連合会の研究より

家族全員を失う

片親を失うということは、子供のアイデンティティの半分を失うということです。 これらの子供たちは、正当な理由もなく、祖父母、叔父、叔母、そして、いとこ達を失うのです。 片親に育てられた子供達が大きくなってから、もう一方の親と再会を果たせても、失った時間は大きく、普通の関係に戻ることは困難にになるでしょう。 親子の絆を修復するのは、何年もかかるかもしれません。もしかしたら、一生その願いが叶わないこともあることでしょう。

メンタルヘルス

自殺は日本の子供たちの主な死因であり、2020年には500人近くの子供達が自らの命を断ち、10代の自殺数は過去最高を記録しました。 家庭問題と親から叱責は、一般的な子供の自殺理由です。これも日本の単独親権制度が子供達の生活に、致命的な影響を与える可能性があることを示しています。

子供を連れ去られた親も、うつ病や自殺願望に苦しんでいるケースが報告されています。 横田あきおさんは、離婚後、妻だけに親権が与えられ、自らの命を断ちました。 彼は月にたった1時間だけ息子に会うことを許され、うつ病にかかってしまいました。

この請願書は以下によって提出されます。

関連コンテンツ

子供たちと再会する使命を帯びた父親必要な手段。

2018年、VincentFichotは日本の東京にある空き家に帰ってきました。 彼の妻、3歳の息子と11ヶ月の娘は姿を消した。 彼がしたことは、彼が離婚したいかもしれないと提案することだけでした。 それ以来、彼は家族を見たり聞いたりしておらず、家族と連絡を取り合ったり再会したりするためのあらゆる努力は、妻、彼女の弁護士、日本の裁判所、警察、日本の政策立案者、さらには彼の出身国であるフランスによってさえも妨げられています。 。 これには、フランス大統領のエマニュエル・マクロンと、欧州連合の上級代表を務めるスペインの政治家のジョセップ・ボレルが含まれます。

今、他に行くところがないので、ヴィンセントは彼の子供たちと再会するための必死の試みでハンガーストライキを始めました。
このページでは、毎日のビデオ更新とニュース報道でハンガーストライキの彼の旅をたどることができます。

Our goal is to empower individuals around the world through AI technology as a tool to find and reconnect with their families.

By using our site, you agree to our privacy policy and terms.
© 2021 | 740 JARVIS DR. MH, CA 95037 | FIND MY PARENT, Inc., a CA PUBLIC CHARITY, C4616619.