同居する交際相手の長女(当時5歳)の両手両足を縛って逆さづりにし、頭を浴槽の水につけたとして、大阪府警は10日、大阪市東成区中本、会社員末次一茂被告(31)(別の暴行罪などで起訴)を暴行容疑などで逮捕した。末次被告は容疑を大筋で認め、「ご飯をこぼすなどした時、殴ったり蹴ったりの暴行を過去に30回くらいした」と供述しているという。

発表では、末次被告は昨年5月31日夜、自宅マンションの浴室で、女児の両手首と両足首を結束バンドで縛ったうえで両脚を持って逆さづりにし、女児の頭を浴槽の水につけた疑い。女児にけがはなかった。

府警は同年6月11日、女児が早朝に同市城東区の路上を一人で歩いているとの通報を受け、市こども相談センター(児相)に通告。その後、保護されていた。

府警は今年4月、女児の頭部を殴ったとする暴行容疑で末次被告を逮捕していた。