福岡県田川市伊加利の駐車場に止まっていた乗用車内で14日夕、近くに住む無職の女性(37)と、女性の子ども3人の遺体が見つかった。福岡県警が15日に発表した。死因はいずれも急性一酸化炭素(CO)中毒で、車内には女性の遺書のようなもの2通のほか、しちりんと使用済みの練炭があった。県警は、女性が無理心中を図ったとみて捜査している。

県警によると、子ども3人は小学5年の長女(11)と小1の長男(7)、未就学の次女(2)。遺書とみられる書き置きには、子育てや生活への不安が記されていた。

長女は約1年前から、仕事で東京にいる父親の元で生活しており、約2週間前からは女性宅に遊びに来ていたという。

同居する女性の母親が13日、女性が使っている車がないことに気づき、14日に車を発見。通行人を通じて14日午後4時すぎに110番した。

車が見つかった駐車場はJR田川後藤寺駅から南東に約2.7キロで、商業施設が並ぶ地域。