結婚相手の14歳娘と性交、義父に懲役7年判決 津地裁

General information about the resource:

Topics covered: Child Abuse
Language: Japanese

What is it about?

結婚相手の娘(当時14)と性交をしたとして、監護者性交等罪に問われた義父(45)の判決が17日、津地裁であった。田中伸一裁判長は「動機や経緯に酌むべき事情は全くなく、常習性もうかがえる」として懲役7年(求刑懲役8年)を言い渡した。

判決によると、義父は1月上旬~2月上旬ごろ、三重県内の自宅で、同居していた結婚相手の娘が18歳未満であることを知りながら性交をした。

義父は2014年ごろから娘と同居していた。今年2月、娘は母親から義父と風呂に入るのが嫌ではないかと尋ねられた際に、泣きながら被害を告白。その翌日、通学していた中学校の教員に被害を申告した。

義父は捜査段階で性交したと認めていたが、公判では「性交渉は一切していません」と否認に転じた。捜査段階で自認したのは「性交渉」の概念を勘違いしていたためとし、無罪を主張していた。

一方、公判で証人となった娘は、1年間で5回ほど性交させられていたと証言した。

判決では、娘の供述内容は具体的で明確だったと判断。羞恥(しゅうち)心を生じさせる内容で虚偽の供述をする事情はないとした。一方、義父の公判での供述は合理的でないなどとして「信用できない」と結論づけた。

さらに「娘が幼く、知的障害もあり、精神面や経済面で義父に依存せざるを得ない未熟さにつけ込んだ犯行は卑劣で悪質」と批判した。

義父は、被告人質問で娘が小学6年生のころから、他の家族がいないときに体を触るなど性的な行為を行っていたと発言。「(娘の)体も変化して欲求がわいてきた」と話していた。被害者である娘に対しては、「わいせつ行為はやってはいけないのでかわいそうというか、すみません」と話した。

公判で証人として法廷に立った娘は、義父のことを「お父さん」と呼んでいたといい、性交は「嫌だった」とか細い声で話した。義父への心情を問われると「うざい」と一言漏らした。

Other resources that might interest you

Japan Resources

実録公開! 有名離婚弁護士”子の連れ去り指示”の現場

2021年10月10日 本会は、離婚を考えているある女性が、有名な悪徳離婚弁護士に相談に訪れた際のやり取りを、本サイト読者の方からの情報提供により入手しました。その内容を、以下の通り公開します。 Contents 1. 「別居すれば婚姻費用がもらえるよ」 2. 「子供を連れて黙って家を出るんだよ」 3. 「会えないのにお金出す馬鹿いる?」 4. 「どうして離婚したいのかをまだ聞いてない」 5. 「急いで別居、離婚までは長く」 6. 「賢い奥さんは別居するだけであとはほっとく」 7. 「子供をダシにして生きなきゃダメ」 8. 「調停の前は面会交流をブロックできない」 9. 「養育費の10%を5年分いただきます」 10. 「わざと階段から転げてみるとか」 「別居すれば婚姻費用がもらえるよ」 (20XX年X月X日、有名悪徳離婚弁護士の事務所にて) 弁護士:(相談者が書いた質問表を見ながら)離婚した後は、どういうふうにしていこうと?(※太字は弁護士の発言。以下同) 相談者:ちょっと、まだ……。(※細字は相談者の発言。以下同じ) 今住んでるところは賃貸? 賃貸です。 結婚期間が短いから、分けるものが何もないっていう離婚だよ。 そう思ってます。 離婚するときには、子供とお金に関することを決めるんだけど、子供の養育費はもらえます。これは裁判所で、お互いの年収でほぼ機械的に算出されるから。あなたの場合、慰謝料はないし、年金分割も微々たるもの。 もし離婚するってなったら、親権は私が取りたいんですけど。 彼、あんまり子育てしてないんじゃない? 仕事から帰ってくるのが遅くて。帰ると子供に構ってはくれるんですけど。

Read More »

Anatomy of a kidnapping

The Anatomy of a Kidnapping – from ABC Australian Radio Posted on January 1, 2013 by Brian Prager      Rate This The Anatomy of a Kidnapping is a radio documentary by ABC

Read More »