1歳男児を暴行し死亡させた疑い 母親の元交際相手逮捕

General information about the resource:

Topics covered: Child Abuse
Language: Japanese

What is it about?

交際相手だった女性の長男(当時1歳2カ月)に暴行を加えて死亡させたとして、大阪府警は17日、兵庫県伊丹市の建設作業員、東向(とうこう)貴志容疑者(23)を傷害致死の疑いで逮捕し、発表した。「何もしていない」と否認しているという。

捜査1課によると、東向容疑者は昨年5月3日午後0時50分~同1時10分ごろの間、当時交際していた女性(24)が住んでいた大阪市平野区のアパートの一室で、長男に何らかの暴行を加えて、4日午前4時ごろ、死亡させた疑いがある。司法解剖の結果、死因は肝臓損傷による失血死だった。外出先から帰宅した女性が、男児の異変に気づき119番通報していた。

女性は当時、長男と長女(3)の3人暮らし。東向容疑者は事件当時、女性宅にいたという。府警の任意の事情聴取に「泣き出した男児をあやそうと『高い高い』をした」と説明し、暴行を否定。府警は、複数の医師から「相当強い力が加わらなければ起こりえない症状」と指摘され、東向容疑者が暴行したと判断した。朝日新聞は昨年7月、東向容疑者に接触したが、無言で立ち去っていた。

Other resources that might interest you

Japan Resources

夫の連れ子、重体に…虐待の継母に懲役6年 友人の忠告、聞かずに暴行 子は生涯にわたり回復困難/地裁

草加市の自宅で2017年9月、長男の背中を突き飛ばし重体となるけがを負わせたとして、暴行と傷害の罪に問われた母親の無職高橋冴季被告(27)の判決公判が25日、さいたま地裁で開かれ、一場修子裁判長は懲役6年(求刑・懲役9年)を言い渡した。

Read More »